私なりのLSD2018-04-14 19:36

禁煙3週間目、呼吸法改善のためにジョギングも続けているけれど、本棚を見ているとこんな本があった。
ゆっくり走れば速くなる―佐々木功のマラソン秘トレーニング (ランナーズ・ブックス)
1984年10月初版で平成10年(1998年)12月第21版を購入している。20年ほど前に買っているが、たぶんこの頃禁煙をしていたような記憶がある。私は当時45歳、山歩きをしている頃で、ジョギングは確かしていなかったけど、ランニングにも興味を持っていたようだ。自分のことなのに記憶が定かでない。

今回、あらためて読んでみた。
 【復刻版】ゆっくり走れば速くなる復刻版もある。
いまは知られるようになったLSD(ロングスローディスタンス)の理論を丁寧に解説したランニング本のようだ。

フルマラソンを
サブ4で走ればランナー
サブ3で走ればアスリート
といえよう。
LSDは過度な負荷をかけずにフォーム・身体の基礎力を高めるためのランニングスタイルといえようか。

私はいまさらフルマラソンを走る気はさらさら無いし(たぶん身体に悪い)、ただ街を野山を、1−2時間ある程度のスピードで走ればいいやという感じだ。

著者の佐々木功氏がけしてエリートランナーであったわけではないので、才能の有無の残酷さ、アスリートが陥る練習過多なども説明されている。
ただ佐々木氏は1995年に51歳の若さでガンのため逝去されている。この本を読んでいると、ほんまマラソンを愛していたんやなと思われるので、本人も無念な面があったことだろう。

今日は午前はスーパーに妻と一緒に買い出しに出かけ、昼食後、私なりのLSDに出かける。クロスカントリーっぽい要素も取り入れたかったので、武庫川を渡り、甲山森林公園を目指す。

仁川から上ヶ原浄水場を経て甲山森林公園へと上っていく。
展望台から大阪方面を望む。

甲山の北側に「甲山湿原」などに至る山道があるようだ。

初めて入ってみることにした。

三つ葉ツツジのなか適度なアップダウンのハイキング道が続く。

途中、仁川渓谷の河原まで下りる道もある。

夏には水遊びできるのだろうか。


モリアオガエルの池もあるようだ。5月頃には産卵したボール大の白い泡状の卵も見られるのだろうか。

北山貯水池には向かわずに、引き返して五ケ池ピクニックロードの車道を下る。

ロードバイク乗りには有名な仁川激阪を経て

仁川に下りて阪急仁川駅近くからは仁川の河川敷ー武庫川河川敷と走り次いで帰宅。

私なりのLSD&クロスカントリー 2時間 14.4km


帰宅してストレッチしてシャワーを浴びると、次男夫婦と孫が来宅。
中山寺に安産のお礼参りに行っていたとのことで、帰路に我が家に立ち寄ってくれた。
次男夫婦も元気そうで、孫のこはるちゃんも益々可愛い女の子になっている。


隠居生活2週間目、LSDのように人生をしばし生きていきたい。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
コメントいただく場合にはスパム防止のため、半角数字「0813」を入力してください。

コメント:

トラックバック


はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2018 asyuu. All Rights Reserved.