雨柱2016-08-24 22:27

今日も猛暑日。

クロモリロードで午前10時半に発進するも、すでに十分に暑い。

猪名川を北上して阿古谷にて。ここまでにたっぷりと汗をかいている。木陰に入ると暑さがやわらぐのだが、今夏は133年ぶりの猛暑らしい。133年ぶりといっても誰も比較対照できないけど・・・

歴史街道にて。親子連れが川遊びしていた。水遊びできそうだが天候が読めないので自制。

雨雲レーダーをみると三田方面でゲリラ豪雨の雲が発生している。雨が降る直前の生暖かい風も吹いてきたので、Uターンすることにした。

石道温泉付近で驟雨。公園の藤棚の下のベンチで雨宿りする。ダウンロードしていた電子書籍をスマホで読んでいた。あまり読まない傾向の本なので、意外と面白い。
もう年はとれない バック・シャッツ・シリーズ (創元推理文庫)

雨雲が通り過ぎたので南下すると路面は濡れていない。雨雲が細く横断したようだ。曇り空となり追い風基調でクロモリロードでもそれなりに速く走れる。

軍行橋付近から北側を眺めると猪名川町方面に雨柱が立っている。北上していたらゲリラ豪雨と遭遇しただろう。

午後3時頃帰宅。走行距離 65km

帰宅後、妻と不要品を大型ゴミに出すため車庫まで運ぶ。こちらのほうが重労働でした。


なぜか道迷い(クロモリロード)2016-08-07 22:34

立秋なれど猛暑なり。午前8時半過ぎにクロモリロードで発進。今日は槻並川沿いにあるクヌギの台場、森のオヤジに会って水遊びしてから帰ってくる予定だった。

森のオヤジ(2014.6.26)

槻並の里山。

三草山方面。

このあたりの里山は杉や檜の植林が少なく、雑木林の山が多い。
以前何度か走っているので、簡単にたどり着けると思ったらなぜか道迷いしている。

夏草が茂り道の様相が違っているからだろうか。

溜め池で休止して、スマホのマップで検索するが電波状態が悪い。

虫に刺されて腕が痒くなってしまった。

低山の里山とはいえ、こんなときは経験則上トラブルの端緒となるのであっさりと撤退。

槻並・阿古谷と走って、川西のご飯屋で昼食。ご飯大・肉団子・野菜炒め・ポテトサラダ・味噌汁と注文すると1000円以上した。意外と高いんやね(苦笑

午後1時を過ぎると信号待ちでクラクラするほど暑い。

午後1時半に帰宅、シャワーを浴びて2時間ほど午睡。

それにしてもどの分岐点で道迷いしたのだろう、不思議だ・・・

今日の走行距離 70km





猛暑とKindle Unlimited2016-08-06 19:35

予想通り今夏は猛暑日が続く。そして午後にはゲリラ豪雨が発生したりもする。

今日の最高気温の予想は36度、軽く死にますねー(苦笑

水曜日にクロモリロードで阿古谷周辺を走ったが当然ながらに暑い。

公園の木陰で大休止、Amazon Kindleをベンチに寝転がって読んでいた。

2016年8月3日(水)にAmazonが日本でも、月額980円で書籍読み放題の定額制サービスを開始した。名付けてKindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)、読み放題の対象となるのはコミックを含む和書12万冊以上で、洋書にいたっては120万冊以上らしい。

さっそく30日間無料体験に加入してみた。

Kindle Unlimitedで購読する対象書籍は10冊までを登録でき、11冊目を登録する際には、既存の1冊を削除しないといけない。また最新書籍はベストセラー作品は対象にならないし、参加していない大手出版社も多い。

だけど私はこのサービスを利用するだろう。

■有料の電子図書館
既存の図書館でも話題書や最新書籍は予約がいっぱい、そして重い本を持ち帰って2週間後には返却しなければならない。これが次第に面倒になってくる。
Kindleだとダウンロードしてタブレットなどで読むことができる。
狭い家に紙書籍を増やしていくことは望ましくないので、それに何度も読み返す本は少ないので、電子書籍のほうがもういい。

■雑誌・コミック

dマガジンで雑誌を読んでおり、サイクル雑誌のBycicle Clubを読むことができる。Kindle Unlimitedではサイクルスポーツも対象となっているので、パラパラと読むにはよい。雑誌は熟読するものでもないし(苦笑
書店での立ち読みは激減するでしょうね。

ちなみに自転車コミックの名作も対象となっている。紙書籍も持っているけどね。
じこまん 1

■ニッチ
KDP(amazonのkindleのみで出版している本)の電子書籍にはニッチな作品が多い。
有料でダウンロードした本が今回は読み放題の対象になっていて、軽いショック(汗
でもニッチな本がいろいろと読めるのはいいかな。

とりあえずダウンロードしている本は以下のもの。趣味や読書傾向は偏頗なものだから、Kindle Unlimitedは楽しめそうかな。
ニッポンの山里 BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族” バイク中編小説「Rider's Story 3」〜アクセルはゆるめない〜 バイク小説短編集「Rider's Story」 モバイル超仕事術 (エイムック 3248)

  CYCLE SPORTS (サイクルスポーツ) 2016年 7月号 [雑誌] Cycling: Bicycling Made Easy: Beginner and Expert Strategies For Performing Better On Your Bike (Cycling Training For Fitness & Sports Competition Beginners & Expert) (English Edition)

今日は伊丹空港付近で最高気温38.1度だったらしい。明日は午前中に山中の気になる川までロードバイクで走る予定だ。

ロードバイク生活も今月で10年目に入った。生き方も趣味も偏波で十分によいでしょう。



猛暑の週末2016-07-31 21:54

猛暑の週末だった。

土曜日
なぜか午前5時頃目が覚める。涼しいうちに走ってこようと、カーボンバイクで2時間走なり。

池田市弁慶の池でパンと缶コーヒーで朝食。

公園では蝉時雨。


猪名川ー最明寺川ー天王川沿いに走って午前7時すぎ帰宅。

走行距離 35.5km

お昼に、子守をしている長男宅へ土用の丑の日なので鰻弁当を差し入れ。長男と二人で鰻弁当を食べる。1時間ほど孫の子守をして、孫が昼寝を始めたので帰宅。私も昼寝なり。

日曜日
暑い。グダグダしているうちに午後になり、午後2時半頃猛暑の中クロモリロードでポタ。

武庫川堤防道路から尼崎の森中央緑地。

閑散とした尼ロック。

尼ロックの木陰で休憩していると北の空が黒い雨雲に覆われている。雨雲レーダーをチェックすると亀岡付近にゲリラ豪雨が発生している。こちらには降りてこないだろうと高をくくっていると、尼崎上空にもゲリラ雨雲が発生して雨が降り始めた。土埃の匂いが際だってきて、熱風と冷風が交互にあらわれる。

公園でしばし雨宿り。小雨となったので周回を諦めて、帰宅の途につくが北方の黒い雲からは落雷の一筋の光が何度か見える。

再度の雨が降る前に帰宅。

走行距離 27.5Km

以前ならば早朝に目覚めた土曜は、暑くてもロングライドに出かけていただろう。でももうあまり無理はしないことにしている。

目覚めたら琵琶湖が見えて、ふらっとバイクに乗って走る。
あるいは鳥取の米子、故郷の高知などにちょい住みして、バイクで街を走る。

そんな生活もしてみたい今日この頃。

念じていればきっと叶うでしょう。



西峠ー小柿渓谷ー秘密の里道2016-07-27 22:14

孫の子守や次男の結婚式でロードバイクに乗ることを控えていたけど、今日は久しぶりに1日自由に使える日だ。

カーボンバイクで発進。まずは義母宅に立ち寄って、届け物を渡す。義父母も次男の結婚をとても喜んでいてくれて、「元気が出たわ」と話してくれたので親としても嬉しい限りです。

午前10時過ぎに義母宅を出て、猪名川を北上。道の駅いながわでトイレ休憩して、歴史街道を走る。歴史街道で川をぼーっと眺めていると、私のバイクをじっと見つめている生き物がいる。

蛙ですね。

草むらには同じような蛙が集まっていて、バイクを発進させようとすると一斉に飛び跳ねていた。

くろまんぷを越えようとしたら、トンネル内擁壁工事のため通行止めだ。えっちらと西峠を上る、峠前の気温表示は27度。だが汗はやはり滴り落ちる。

西峠から一気にダウンヒルして篠山市後川へ。
このあたりはいつ走っても気持ちいいな。

小柿渓谷をすべるように下っていく。夏の週末には水遊びに来ている家族連れが多く、車の駐車も多いが、平日なので車はほとんどいない。

小柿にて供養塔道標を発見。
天保6(1835年)に造られており、正面右下「右 きよ水 三田」、(同左下)「左 池田 いた・・・」/正面中央に「奉供養西國三拾三所」と陰刻されている。180年以上前の道標だけど、今まで気づかなかった。ヘロヘロと走ると、こういうものに気づきます(爆

大船山。北摂の林道、山に登るとこの独立峰が視座の目印となることが多い。

伊丹市立野外活動センターを過ぎ、68号線に合流。北摂サイクリストには密かに有名な里道を初めて走ってみることにした。スマホのマップで確認して、香下峠を過ぎて農道のような道に入っていく。

雑木林の細い道を走る。いいねー、日差しを遮ってくれて緑の匂いがする。


下りは1.4m幅の狭い道。山田集落前にダムがある。

しばし走ると千刈CCへの道と合流する。

R176の新名神工事落下部分が復旧したので、西宮市山口町へ。公園の水道で頭から水を被る。猛暑だと温水みたいだが、今日はまだ冷たさを感じる。

陸橋下のトンネルは涼しい。

R176から名塩旧道を下り降りて、宝塚へ。武庫川河川敷を走って帰宅。

走行距離 99.2Km

名塩へのR176でペダルを踏んだら、足が攣りそうになった。やはり夏は夏。

閑話休題。

次男から結婚式の記念にプレートをもらったが、そこには私たちの過ごした日数が記載されている。29年間、10947日。次男が結婚して家を出てしまうと、想像したより寂しい(苦笑

彼は「人たらし」ともいうべき人間なんですよね。まわりに敵を作るんじゃなくて、態度や言葉で人をたらしこんでいくことができます。

私たち親も彼にはたぶんたらし込まれていたのでしょう。

彼の名言?はいくつかあるけど

「僕がこの家に生まれたのは宝くじで1億円あたったような幸運だった。だから運を使い果たしたんじゃないかと心配になる」
とか

妻が母の日のプレゼントは?と次男に催促すると「僕が生まれてきたのが母さんには最大のプレゼントやん」といけしゃあしゃあと宣います。

結婚式のエンドロールでも出席者に対する彼のお礼の言葉をテロップで流していたけど、各自の個性を把握していて、キチンとお礼と感謝を述べている。

ほんま人たらしですわ(笑

息子たちが二人とも夫婦生活を始めているので、親としては
・彼らが連絡してこない限り彼らの生活には干渉しない
・老後の計画もあるので、援助は過大にはしない
といったところかな。

親業は終了なので、ロードバイクにもキチンと乗っていきたいけど、やっぱ暑いわ・・・



嬉しいときにはロードバイクで2016-07-21 23:02

昨日は色々と雑用を処理。

長男夫婦が子供を大学付属病院に連れて行き、検査を受けてきた。
孫は妊娠時に腎臓が肥大していることわかり、水腎症の恐れがあるということで生後3ヶ月頃、検査を受けていた。異状はなかったが念のため6ヶ月後に再検査するということで、再度受診した次第。

Lineで長男から連絡が来なかったので心配していたが、結果は再度異常なしとのこと、祖父母としてもホッとしました。

孫は元気に育っているが内臓関係は目に見えないものなので、ちょっと心配していた。

今後の検査は不要ということなので、そして長男夫婦も疲れていたので、検査卒業祝いを兼ねて武庫之荘の肉バルの店で次男も含めて夕食。

長男宅で珈琲をいただいてから、次男の車で帰宅。

夜風が気持ちよいのでクロモリロードで夜の武庫川河川敷を走ってきた。
宝塚のマンション群の夜景を眺めながら、夜風に吹かれる。

嬉しいときにロードバイクに乗るのは至福の時間。

私は体力を付けるとか、身体を絞るとか、ましてや人と交流するとかというためにロードバイクに乗っているわけではない。
ただただロードバイクに独り衒いなく乗れる時間が持てることを、どこかの神様に祝福されているのだろう。

夜のポタで23km

明日は孫の子守、そして明後日は次男の結婚式なり。

尼崎の森中央緑地(ポタ)2016-07-17 21:35

3連休なり。

金曜夜は職場関係の人と飲み会、再雇用で働いているけど「誘われるうちが花です」。
2軒目は男3人でBarへ。次男と同年齢の男子が希望するBarにてアイリッシュウィスキーなどを飲む。このBarのウィスキーはやはり美味しい。

男子29歳はいま忙しい部門にいて残業が多いらしい。我が組織も人員は減り、にもかかわらず仕事は増えている。組織風土も私が若い頃よりは悪い方向に向かっているような気がする。先の者として忸怩たる思いがあるが、若さで良き方向に向かって欲しい。

彼はロードバイクに興味をもっていて、5月の連休には友人らと淡路島を走ったとのこと。自前のバイクは持っていないので、レンタサイクルを利用したが、借りたのはなんと100万円のロードバイク。

「すごいですね!すーっと走っていくんですよ。でも1時間ほどでお尻が痛くなりました」と彼は感嘆していたけど、高級バイクであろうとロードバイクの作法が身についていないとまっさきにお尻が痛くなります、はい。

淡路島にはそんなレンタサイクルショップがあるんやね。
100万円のバイクで1日のレンタル料が12,000円らしい。

昨日土曜は長男夫婦・孫、次男らと自宅で次男の結婚直前食事会。
長男宅にて孫の子守を手伝ってから、孫を乳母車に乗せて自宅へ。仕事を終えた長男の奥さんが来宅して、長男夫婦・孫、私たち、次男6人で食事。長男夫婦から次男への結婚祝いをいただいた。

兄らしくご祝儀を奮発してくれて、親としては彼らのやせ我慢に感謝(苦笑

孫は人が多いと、よりご機嫌さんになるようで表情豊かによく遊ぶ。

最近は自宅では、お掃除ロボット・ルンバが孫の天敵らしい。最初はルンバが動き始めると逃げまどっていたが、近頃は果敢に反撃を加えているらしい。

昨夜は日本酒を飲んで、起床すると天候がもうひとつ読めない。午後から時間がすこしできたので、クロモリロードでポタリングに出かけた。

武庫川堤防道路を南進、最近魚釣り公園までサイクリングロードができたそうなので走ってみた。


まぁ比較的走りやすい。しかし誰も走っていないや。

湾岸を走っていると「尼崎の森中央緑地」の標識が見えたので、立ち寄ってみることにした。

大芝生広場。
パークセンター前には「ゐなの花野」という四季折々の野草のエリアがある。ビオトープのような生物環境を目指しているのだろう、花が咲き、溜め池のような場所にはトンボも飛んできている。


パークセンターでパンフレットをいただいていると、館のスタッフから「概要を説明しましょうか?」と声をかけられたので、お言葉に甘えて館に展示されている公園概要をお伺いした。

元々は神戸製鋼などの工場群があった場所だが、それらが移転したり閉鎖した跡地に「100年の森」を創設しようという試み。

主眼は
・地域の森を手本にする
・タネから森を育てる
・みんなの力で育てる
ということらしい。

公園に樹木を整備する場合、樹木を四国や九州から移植するのが一般だが、この森は種や苗木から育成していくらしい。そしてその種や苗木は六甲山系・武庫川流域・猪名川流域から集めてくる、まさに里山を湾岸に創設する感じかな。

森が姿を見せるのは2060年の予定だから、孫たちが見るようになるでしょうね。

芝生以外には自転車でも入れるので、ぼんやりと過ごすにはよい場所かも。

帰路は尼ロック経由。

のんびり走って帰宅。

走行距離 27.55Km

明日はたぶん孫の子守なり。




はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2016 asyuu. All Rights Reserved.