スマホ機種変更と女友達2020-12-15 20:10

寒波到来。クロモリロードでの図書館通いも、西風強く寒い。

先週はスマホの機種変更でバタバタ。

6年前、イタリア旅行直前にガラケーからスマホに変更するという暴挙をしたが、バッテリー交換ができる今となっては稀有な機種だったので、騙し騙し使っていた。


先日、起床するとバッテリーが無くなっていて、裏蓋を外して予備のバッテリーに交換して電源は入るも、起動画面から前に進まない。

近くのドコモショップへ赴き相談。補償サービス利用で修理か修理不可の場合であれば、同等品に交換可能だが(3000円から5000円)、S5 ActiveはRAM 2GB ROM16GBとロートルとなっているので、機種変更を選択。

5Gエリアはまだまだ限定的なようなので、従来の4G/LTE機種を選択。バッテリーが持ちそうなAQUOS sense4 SH-41Aにした。

ミドルレンジの機種としては、それなりに使えるだろうし、ハイスペックの機種は不要かな。それにスマホに過度に依存するライフスタイルじゃないし。

不要なアプリは削除して、煩わしい通知をオフにする。

引き継いでインストールしたアプリは以下のアプリ。

・LINE(家族や友人との連絡用)

・家族アルバムみてね(孫の画像・動画閲覧)

・dマガジン、総合書店honto、Amazon kindle(利用している電子書籍閲覧アプリ)

・リアルタイム検索、はてなブックマーク(時勢を眺めるため。なんか偏頗な傾向もあるけど)

・ジョルテカレンダー(6年前からスケジュール管理に使っている。PCやタブレットと同期できるので便利)

・Firefox(PCやタブレットのブックマークと同期しているので)

・Mi Fit(なんちゃってスマートウォッチMi Band 4用管理アプリ)

・山と高原地図(ハイキング用の地図ー比良山系/六甲・摩耶/北摂・京都西山など)

・Yahoo!天気
(雨雲接近通知が便利)

サードパーティのアプリを入れすぎると、負荷が大きくなるし、広告が煩わしいことが多い。

SDカードを装着できるが、従前のスマホに装着していた32GBのSDHCカードを認識しない。そのへんに転がっていた64GB/SDXCカードを装着すると、ちゃんと認識した。

1週間使ってみて、バッテリーは私の使い方だと3−4日は十分もつようだ。

手帳型ケース、ディスプレイの保護フィルムは、アマゾンで選択に悩むほどあるけれど、適当に下記のもの購入。


材質の質感がけっこういい。中のクリアケースにはめ込むようになっていて、安定性も高い。耐久性は未知だが、汚れたら買い換えたらよいだろう。




保護フィルムは浮いたり、気泡が入ることが多いが、これは貼りなおしたときに端に小さく残ったのみで、そこそこいいんじゃないかな。


いろいろなレビューを読むと、このスマホのカメラ機能は貧弱なようだ。動画を撮ることはあまりないが、コマ落ちするというレビューもある。まあスナップ写真と割り切ればよいだろう。

自宅では、ネットや電子書籍閲覧は自宅内無線LANに繋いで、タブレットHP Pro Slate 8を使っているし、煩雑な作業は Ubuntu 16.04 on ThinkPad X220で処理するから、スマホで全てまかなうわけじゃない。

それにしても、今回は当日夜には友人と会食の約束をしていたので、ドコモショップで機種変更したが、オンラインショップだとより廉価で入手できる。

年寄りには対面で手続できるショップは便利な面もあるが、当然その分コストがかかる。今回の引き継ぎ作業なら自分でも可能だったので、オンラインショップを利用した方が機種変更代は安上がりになったね。ちょっと反省。


で先週の夜は会食を2度ほどした。こんなご時世だけど、気のおけない女友達らはとても近しい人々。

まずはアラフォー美女と割烹の店でゆっくりと食事。彼女は公私とも忙しいのに、隠居爺さんに付き合ってくれる奇特な方。

銀杏の煮物、日本酒にとても合う

歓談して、ゆっくりと料理と日本酒を楽しむ。密でなくていい感じ。

そして別の日には、旅行友だちの女性らと会食。

3人でワインを二本空ける。

2年前の今頃は、みなでフランス旅行(7泊8日)に、その前年・前年年には台湾旅行(三泊四日)に行っているが、海外旅行ができるようになれば、まずは過去4回行ったソウル旅行の復活を約束。


女友達らは皆現役で働いており、いろいろとしんどいこともあるだろうが、彼女らは愚痴っぽくなく、凛とキチンと生きていることが共通しているかな。
私は残念ながら猫の額より心が狭い、それ故に、あまり人と交流すると、自分も相手も疲れてしまうだろうから、なるべく人とは接しないようにしている。

でも女友達らとは18年〜25年と長いつきあい(みな若かった)なので、彼女らも私の短所(私にもすこしは長所もある、たぶん)は十分にわかってくれているだろうと勝手に思っている。


マスク会食?


あとは孫の子守を何日かする。

ネットで孫たちへのクリスマスプレゼントを注文した。

読んでみたい本。


子育てにはどうしても忸怩たる部分が親としては残る。ただ楽しい時間をある程度共有したのであれば、それだけでよかったという気もする。

西風強い、武庫川河川敷




まだまだ隠棲生活2020-05-17 21:30


2020年5月15日(金)

午後からジョグ&ウォーキングに。

昆陽池ー天王寺川緑道ー荒牧バラ園ー伊丹天神川緑道

天王寺川緑道


簡易な渡し橋があるとつい渡ってしまうね。

コロナウイルスのため公共施設は今月末まで休止になっているところが多く、各地域でも盛りの花をあえて切り取ってしまう施設もあったようだ。

荒牧バラ園も外からバラの花を覗いてみようかなと訪れると、園内に人が見受けられる。事務所などは休止しているが、園内は自由に散策できる。三密ではないし、バラの花はこんなご時世でも律儀に(もちろん園の人のお世話のおかげだが)咲く。





帰路は伊丹天神川緑道

このあたりは昆陽寺への巡礼道っぽい雰囲気がある。

道標、小さな疎水


のんびり走って15km

5月16日(土)
雨模様。なんちゃってUMPCのドンキ・NANOTEを購入しなかったので、ChromeBook関係の書籍を読んで、ChromeBookを買ってもいいかなと妄想する。

でもガジェット類を増やしても、ましてやジャンク系のThinkPadもいずれ処分しなければならないので、自制。

Xubuntu 16.04 on ASUS X205TAを起動してチェック。

Bluetoothは相変わらず接続しないな、それ以外の無線LAN、サウンドも問題なく稼働するんだけどな。

夕方、焼肉・ワイン、日本酒などを持って長男宅へ,長男の早めの誕生会。

孫2号(1歳半)が本棚から絵本を次々と持ってくるので、膝に座らせて絵本を読み聞かせる。

自粛疲れだろう、TVなどが主体に「制限緩和」と声高に見切り発車しようとしている。
私はもともと隠居の隠棲生活なので感染確率は低い方だろう(もちろん万全はない)、息子たちは老人である私たちに感染させることを心配してくれているが、長男宅の広いリビングで皆で食事。

息子たちとは運命共同体とはいえ、手洗いなどは念入りにする。

長男の奥さんは、長男にGalaxy Watchをプレゼントしていた。私の愛用するXiaomi Mi Smart Band4の10倍はする値段だろうな。私はMi Smart Band 4で十分だけど(でもちょっと羨ましいー爆)

帰宅後、酔いもあって爆睡。

5月17日(日)
昨夜、長男宅でガッツリと食事したので、朝食(昼食も兼ねる)はごはん・漬け物・味噌汁と質素。
部屋を掃除して、昨夜入浴しないまま寝てしまったので、午前風呂に入り、ついでに浴槽などの掃除も済ませた。

午後から武庫川河川敷をジョグ&ウォーキングで南下。

出屋敷近くのワークマンで耐久撥水Airジャケットを購入。昆陽池近くのワークマンではLサイズで好みの色がなかったが、この店では全色揃っている。ロードバイクに乗ったときに目立つほうがいいので、オレンジ色を選択。

バックパックに入れて、再度武庫川河川敷を北上して帰宅。
河川敷も青少年や家族連れがそこそこ出てきている(密集はしていないね)。

マスコミの報道傾向もあって(TV局、とくにCMに依存する民放が自粛疲れしているように思える)、自粛!自粛!!から制限緩和!コロナと共存!!という流れが生じているようだ。

リモートワークなどできずに、毎日通勤電車で通っていた組織人などからしたら「なにが自粛やねん」と思うのはやむを得ないかもしれないね。

私は組織人でもなく、老人で非社交的な人間なので、しばらくは身体維持のライフスタイルでいくしかないかもしれない。

今日のジョグ&ウォーキング 14km


不可能な時間2020-05-06 22:38

GWも最終日、本来ならば「5月の風とロードバイク」ということで、新緑のなかをロードバイクで走るのが楽しい季節だが、コロナウイルスによる自粛傾向のため、もうひとつ気乗りしない。





ここ数日はもっぱら武庫川河川敷をジョギングしたり、甲山森林公園をちょこっとトレイルランしたり、



西国街道を東進して伊丹の蒲鉾屋まで買い物ジョギングしたりしていた。

昨日、ドンキ伊丹店を覗いてみると、UMPCのNANOTEは売り切れたようだ。リアルタイム検索などでチェックしてみると、中国深圳(しんせん)の怪しげなショップで売られている(行ったことないけど)、なかなかディープなUMPCっぽい。WindowsというOSは重厚長大なOSなので、NANOTEのような非力なUMPCには荷が重いだろう。ただLinuxなどを走らせて、玩具として使えばそれなりに楽しいPCだろうね、たぶん。

結局日々の作業PCはUbuntu Gnome 16.04 on ThinkPad X220なんだけれど、英語キーボードが劣化してきたようで、1−5の数字キーが反応しないことがある。
6年以上使用しているので、寿命っぽい。


今は無きジャンク店の大阪PC-NETでX220の日本語キーボードを1000円くらいで補充用に買っていたので、速攻交換。ジャンク漁りもときには役立つこともある。

問題なくタイピングできるね。

非常事態宣言も延長となった。なにやら「新しい生活様式」(和製英語が好きな専門者会議がなぜにレトロな日本語なんやろ)が勝手に提唱されている。以前の生活に戻れるかどうか不確定だし、いずれにしろ1−2年は最低いろいろな制約がある生活になりそうな予感。

桜は来年も咲く、山は逃げないなどと自粛を求めるが、残念ながら高齢の、いや若い人でも来年は生きているという確証はない。山田風太郎の「人間臨終図鑑」によると、39歳で夭折した作家高橋和巳は病床で、鎌倉に家を求めて住み、1年は仕事をせずには釣りすることを夢想した。いずれは誰にでも「不可能な時間」が到来するのだ。

この世界をしばし生き抜いて、70歳になってもある程度歩けて、走れて、旅する身体を維持できていれば少なからず僥倖といえようか。その頃にはコロナウイルス対策にも光明があればよいけれど。

今日は、伊丹の商店街の蒲鉾屋さんまでジョギング&ウォーキングで出かけて、お気に入りの蒲鉾をいくつか購入。バックパックに入れて、西国街道を戻ってきた。

ジョギング&ウォーキング(半分はウォーキング) 12.5km


先月の4月のジョグ&ウォーキングは252.5km
ロードバイクでの走行距離は130km

身長173cm(まだそれほど縮んでない)、体重65kg 今日のシューズ Adidas Pure Boost GO 、草鞋っぽい感覚で街用として愛用している。


ノマドワーカーっぽい場所2018-04-02 00:12

4月1日 隠居生活開始なれど、日曜なので通常の休みの感覚が抜けない。
隠居生活が始まったけれど、緻密な生活設計をしているわけじゃない。
あと1年働いたら、数百万円の節約になったのは計算上間違いないけれど、やはり自由な生活な方が私には魅力的だった。

今日はクロモリロードでふらっと街中を走る。隠居生活後の日常生活の脚はこのクロモリロードになる。

今後の隠居生活などをロードバイクに乗りながら考える。40年間で自分の核の部分まで降り積もった組織言語の層を急がず丁寧に削いでいくこと、使い果たしたであろう健康上の運を欲通しくない範囲で維持したいなと思う。

街中では桜が至るところで満開だ。いつもなら花散らしの雨が早めに降って、桜の季節を終わらせるのだけれど、今年は穏やかな春の日が続いているので、桜も長く咲いているように感じさせるほどだ。

宝塚神社という表示に誘われて立ち寄ってみた。小林の高台にあり、大阪方面の風景もなかなかよろしい。


学問や子授けの神社のようだ。桜とミツバツツジが同時に咲いている。

ランチはラーメン屋で餃子セットでいただく。
今日はバックパックにノートパソコンを入れているので、喫茶店に立ち寄ってブログ記事を更新してみた。

Xubuntu 16.04 on ASUSU X205TAは筐体が970gと比較的軽量でバッテリーもちがよいのでバックパックに入れるパソコンとした。YOGA BOOK(Android版)は筐体は軽い(670g)けれど、外付けキーボードをセットすると(Haloキーボードは長文をタイピングできない)より嵩張り重くなってしまう。
ただタッチタイピング、そしてキー配置はYOGA BOOKと外付けキーボードのほうが快適なようだ。タイピング音が気になる環境ならば、Haloキーボードでとりあえず最低限のタイピングできるのが便利だし。Amazon Kindleやhontoを読むのにも適している。

両者を試してみてモバイル用ガジェットとして、どちらを主力にするか決めればよいだろう。

ノマドワーカーっぽい場所を探してみたが、まだ適当な場所を見つけることはできない。まぁボチボチと隠居生活を始めよう。

フラッと走って52km
読書しているより走っている時間が多かった・・・


ハッカーになろう(妄想編)2018-03-11 22:33

今日は義母の退院手続きに同行。義母は術後の経過もよく、病院から義母宅までタクシーで移動。義母宅で手伝いなどしてから、帰宅。

ちょっと疲れたので昼寝。

先日、職場の同僚(女性)に、「若い頃になってみたいものってあった?」と尋ねると「ハッカーになりたかった」とのまさかの返事。「なぜ?」と再度尋ねると、「だってなんかカッコよさそうじゃない」とのこと。

ミーハーぶりは私も同じようなものだ。Ubuntuを常用OSにしているけど、スキルはとんと上達していない。ちなみに同僚には有名なこのサイトを紹介した。

ハッカーになろう

隠居後は、Linux関連の勉強もキチンとしてみたいなと思っている。



外で使うパソコンとして候補になるのは
■YOGA BOOK
YOGA BOOKはAndroid版だけど、Cli(コマンド・ライン・インターフェース)としてはTermuxしか選択肢がないし、Haloキーボードはやはりタッチタイピングできない。外付けキーボードを装着すると、X205TAと重さはそれほど変わらなくなってしまう。

■Gnome 16.04 on ThinkPad X220
嵩張る、バッテリー保ち悪し、自宅用。

■Xubuntu 16.04 on ASUS X205TA
970g、バッテリー保ち良し、タイピングも嫌いじゃないタイプ。
現時点では、これが現実的な選択かな。

最近は電子書籍で本を読むことが多いけど、Amazon Kindleもhontoも独自形式なので、専用アプリで読むしかなくLinuxに対応していない。WineでKindleを読むことは可能だけれど、hontoは無理みたいだ。

本来PDFやepub形式で書籍をダウンロードできればいいんだけどなぁ。
UNIX独習への近道 (Software Design別冊)
この本は出版社からPDF/epub形式で購入できるので、Paypal支払でダウンロードして読んでいる。



馬肉2017-08-11 22:38

昨夜は女友達らと馬肉専門店で馬肉の刺身・焼肉をいただいた。牛肉ほどしつこくはなくて、とくに刺身はなかなか美味。〆は桜寿司(馬刺しのお寿司)と味噌汁。

2軒目はピッツアの店でワイン。
3軒目は〆の立ち飲み屋で飲む。

けっこう酔いました。

皆で12月に台湾旅行、来年2月にソウル旅行に行くことが決定。

3連休なれど暦どおりの休みで、とくに盆休みというものはない。
長男夫婦と孫は奥さんの実家の鳥取へ、本日から里帰り中。
孫にとって田舎があるということはとても恵まれていると思う。

今日もなかなかの猛暑。
こんな記事を読んだ。
ネットワーク応用通信研究所 フェロー/まつもと ゆきひろ氏

T460sか。よさげですね。

私の環境下ではGnome 16.04 on ThinkPad X220でまだまだ十分な気がする。
ThinkPadはLinuxと親和性が高いし、7段オールドキーボードをなかなか捨てがたい。


ポメラDM200のLinux化2017-07-16 15:20

昨日は長男・孫とともに義父が入所している介護施設に孫(義父にとっては曾孫)を見せに行っていた。孫は今日で1歳7ヶ月、最近人見知りするので、義父に会ったときの反応が心配だったけど、孫は機嫌良く入所の人や義父にも愛想を振りまいていたのでひと安心。

92歳の義父と1歳7ヶ月の曾孫、義父は「あと90年経ったらこんなになるんやで」と孫に話しかけると孫はキョトンとしていた。命がこういう形で繋がっていくのは、それほど悪いことではないだろう。

帰宅後、仕事を終えた長男の奥さんも合流して自宅で夕食。ワイン・日本酒を飲みながら、長男の2歳頃までのアルバムを皆で見ているとあまり孫に似ていない。長男(次男も)はもっとゴンタな男の子だったような。

菊正宗「百黙」は口当たりはよいが、あとで日本酒特有の切れとまろみがガツンとくるので酔いやすい。宴たけなわ中に孫は眠くなったようで自分でベビー布団に向かって熟睡。その横でちょっと酔った私も添い寝していた(苦笑

昨夜は爆睡して目覚めると午前7時過ぎ、すでに十分に暑い。おそらく梅雨明けしたようで、還暦を境に「夏男」は返上せざるを得なくなったので、夏場はよりのんびりと走るのがよいだろう。

猛暑の中、奈良へ160Kmライド(2008.7.21)

こんな猛暑ライドはもう無理ですわ。

閑話休題
最近、気になっていたポメラDM200のLinux化がより進捗しているようだ。

KING JIM ポメラDM200でEmacs、Vim、Ruby、Pythonが動くなんて素敵すぎる!

ガジェット好きとしては食指が動くけど、そのためにDM200を購入するのはさすがに意味がないだろうと理性が働く。

現在
通勤時はタブレットHP Pro Slate8(Android5.1)
自宅ではLenovo YOGA BOOK(Android6.01+WiFi)
を閲覧端末として使い
このブログはXubuntu 16.04 on ASUS X205TAで書いている。
Gnome 16.04 on ThinkPad X220は夏場は筐体が熱をもって不快なので、X205TAを母艦とすることにした。

DM200は580g
YOGA BOOKは700g弱
X205TAは970g

Linux化しても制約の多すぎるDM200よりはLinux化したX205TAのほうがはるかに使いやすいだろう。
・バッテリーもちがよく(丸1日は十分もつ)
・キーボードがタイピングしやすく、トラックパッドも悪くない。
そしてXubuntu 16.04を制約なく使えるところがやはり魅力的だ。WiFi・サウンド・Bluetoothも問題なく動くし。タブレット+折りたたみキーボード、あるいはYOGA BOOK+Bluetoothキーボードの構成とその重量を比較すると、X205TAの軽さはなかなか侮りがたい。

隠居生活後の外で作業する際はX205TAを使うことが多くなるだろう。

といいながらDM200を衝動買いしたら(安くなったら買ってしまいそう)、すみません(爆
キングジム デジタルメモ ポメラ DM200ブラック
まぁすべては遊びですから。

今日もまもなく長男夫婦と孫が我が家に来て、みなで食事する予定だ。
暑い日にはこんな過ごし方もひとつの方法でしょう。





はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2021 asyuu. All Rights Reserved.