冬至とシクロクロス2016-12-21 22:33

今日は冬至、されど風も強くなく寒くない。

午後からシクロクロスで久しぶりに走りに出かけた。孫の子守、台湾旅行などでトンと自転車に乗っていなかった。先週末に接種したインフルエンザの予防接種の副作用だろう、右腕が重い感じがする。ロードバイクは身体にすこしでも歪みがあると、乗っていて違和感があるんですよね。


大部峠にいたる古道。

うん、いい雰囲気ですね。

峠から折り返して、そういえば雨森山に登っていなかったなと思い出して林道に入る。

北摂の山〈上〉東部編
「北摂の山 上」では1999年4月の登山記録があり、古い記録を読むと「藪こぎが必要かな」と思っていたが、締まった林道がずっと続いている。
途中、しいたけの原木に利用するのだろうか、伐採したクヌギの木を載せたミニキャタピラー2台とすれ違った。伐採の現場を過ぎると、稜線にとりかかり山頂直下は急登なのでシクロクロスを担いで上る。

ひさしぶりにシクロクロスを担ぐとずっしりと重い、インフルエンザ予防接種の副作用で右腕に違和感があるので、より重く感じたのかもしれない。


途中、ヌタ場がある。上記の本ではこう記されている。

「時々道を塞ぐ倒木を越えながら登っていると傾斜はゆるみ、大きなヌタ場で道は消えた。磁石で方向を確かめ雑木の中を進む。踏跡が現れ、ゆるく下ってゆるく登り返すと雨森山の頂だった。」(同書264頁)


このヌタ場は1999年からそのままあるのだろうか。現在は雨森山までポイントごとに標識があり、道も明瞭で迷うことはない。

雨森山山頂(384m)。ニュータウンの向こうに梅田の高層ビル群も見える。

東方面は能勢妙見山か。

クヌギなどの雑木林。北摂らしい里山だ。

現在は道も整備されていて、一庫ダム方面に下ることができるようだ。次回はそちらから登ってみよう、たぶんほとんどシクロを担ぐことになるだろう。

山頂から折り返して、稜線をシクロで下る。「落石注意」の看板が素敵です(笑

林道ーグラベルロードと繋いで県道12号線経由で、暮れ落ちる猪名川沿いを走って帰宅。


今日の走行距離 59km

冬はやはりシクロで遊ぶと楽しい。日曜などはハイカーが多いだろうから、平日に山に入るほうがいいでしょうね。

孫は今宵はゆず風呂に入ったそうな。

たぶん彼はゆずに齧り付いて苦い顔をしたと思う。
長男夫婦は近くに住んで子供もできて充実した生活を送っている。
次男夫婦は長男夫婦に負けず劣らず仲睦まじい。

私も安心して遊びに傾注できます・・・


シクロで多田銀山・ソエ谷峠2016-11-29 20:59

Xubuntu 16.04 on X205TAもフリーズすることなく稼働しているので、今日はシクロで里山を走ってきた。

午前11時過ぎに発進。空気圧を5気圧ほどにしているが、オンロードでは32Cのタイヤはやはり重い、かつ北風の向かい風。

多田銀山跡から東宝塚GCへ抜ける地道を走る。
シクロだと気を使うことなく走ることができる。

宝塚の大岩岳周辺を走ってみようと思ったが、とりつき口がわからない。
丸山湿原から大岩岳方面に行けるが、ここから先は自転車禁止。

宝塚市境野から北方面を見ると時雨れている。そして半分だけ虹がかかっている。

南方面は晴れ間がのぞいている。冬めいた天気になってきた。

シクロで走るグラベルロードを探索しながら走るが、適当なロードがない。
そうだ、ソエ谷峠に至る道が快適だったなと思い出したが、入り口はどこだっけ?

スマホに「山と高原地図・北摂京都西山」を入れているので位置情報をONにして検索。
工事をしているので入り口の様相が変わっていたんだ。

前回走ったときよりは、次第に道は荒れており、落葉に覆われている。
ソエ谷峠に到着。静かな峠だ。

峠で休憩していると、銀山側からオフロードバイクが上がってきた。

こんな平日、自転車に乗ったりオフロードバイクに乗るのは同世代の同類でしょう(苦笑

ヘルメットをとったライダーは、やはり私と同世代っぽい。

「道が荒れていてたいへんだったでしょう」と尋ねると、「転倒したり、エンストしたりしてたいへんでした。20年前はこんなに荒れていなかったんですけどねー。やはり歳ですわ」

同類相哀れむ、私もシクロでヘロヘロと峠まで上ってきた。

私は50歳になったらオートバイ乗りになりたいなと思っていたのに、機会を失して自転車に乗り続けている。そして63歳と初老になった。まぁこんな人生もいいか。


峠から銀山側に降りると、シクロを担ぎ続けなければならないので、おとなしく宝塚側に引き返す。乗車率100%のグラベルロードを気持ちよく下っていく。

■以前のライド
多田銀山を経てソエ谷峠へ(2011.5.3)

シクロを駐め、雑木林で風の音を聴いた。登山用ガスバーナーを持参して、珈琲を飲むのもいいな。

33号線に並行する地道を走って、十万辻を越える。

宝塚市街地への下りもシクロのタイヤだと安定性抜群、スピードは減殺されるけど安全第一だ。

武庫川河川敷を走って帰宅。

走行距離 72km

シクロは、高知時代の小学生の自分を思い出させる。近くの里山に独り上って浦戸湾を眺めた。機能不全な家庭に育ち、孤独な少年時代を過ごした。でも息子たちや孫には「不幸の連鎖」をもたらすことはけしてしなかった。

それだけは自分をちょっと褒めてあげたくなる。



自罰的にならず2016-11-26 21:09

いろいろと制約はあるけれど、Xubuntu 16.04 on X205TAの設定も終了。日本語キーボードの一部キーの無反応はxmodmapを作成することで、とりあえず回避している。

PORTABOOKやGPD WINにLinuxをインストールする猛者というか人柱というか、果敢な人がでてきているが、まだまだうまくいっていないようだ。

勇者たちの成果に期待しましょう(苦笑

午後から義母宅に必要書類を届けてから、シクロクロスで河川敷や近くの公園の土手を走ってきた。

定年になってから、「老後の生活」を主題にした本をいくつか読んでみた。
所詮は他者の人生、参考になるものはない。
赤ちゃんとして生まれるのも、老人として過ごしていくのも、誰しもが初めての経験なん
だから、結局は自分で経験していくしかない。
公園で落ち葉と遊ぶ孫

なんとなく考えているのは
他罰的にならず
かといって自罰的にならず
静かに生きていくのがいいかな。

明日は長男夫婦・孫とともに次男宅の新居へ「建物探訪」。
次男夫婦が料理を振る舞ってくれるそうです。妻が、息子たちをキチンと料理ができる人
に育てたので、息子たちは料理のセンスがいい。

ちょっと楽しみです。



女友達2016-11-19 23:31

来月上旬に女友達らと三泊四日の台湾旅行に行くので、仕事終了後皆で集まって旅行社にて旅行代金を支払う。そのあと打ち合わせも兼ねた飲み会へ。

「やきとん」の店を予約していてくれたので、4人で飲みながら旅行の打ち合わせ。幹事の女子が手作りの旅のしおりを作ってくれていた。多謝。


2時間、やきとん、日本酒、メガハイボールを食べて飲んで、2軒目はイタリアン・バルへ。ワインをチョイスして飲んでいたら、いきなり酔いがまわってきた(苦笑

早めに帰宅して爆睡。

読書したりガジェット類を検索しながら、ゆっくりと自宅で過ごす。

夕方前にシクロクロスで公園・伊丹緑道などを走ってきた。

伊丹台地はこの本でも紹介されているが、なかなか味わい深い道だ。
凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩

シクロにはボトルゲージを装着していなかったが、ペットボトルにも対応しているこのゲージを購入して装着。なかなか便利。
TOPEAK(トピーク) モジュラー ケージ 2

ツーリング旅行などにはこのザックを使っているけど、ザック自体が重い。
[ドイター] deuter レース EXP エアー D32133 3170 (オーシャン×ホワイト)
それにシクロを担いだときにペダルがザックの紐と干渉したりする。

ワンデイライドには、軽くて、意外と背中の下部で安定するこのザックのほうが使い勝手がよいようだ。ザックにはスマホ・携帯工具・替えチューブ・携帯空気入れを入れている。
SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) ウルトラSIL DRY デイパック ブラック 1700275

シクロはグラベルや林道では空気圧を調整しなければならないので、軽くて空気を入れやすいこの空気入れを活用することになるだろう。
TOPEAK(トピーク) Road Morph G ゲージ付き ロード用ミニポンプ 英/仏バルブ対応 フレーム装着用クランプ付属

この本をKindle版でダウンロード。
シクロで走るコースの参考とする予定だ。
関西トレイルランニングコースガイド 大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良


久しぶりのシクロ2016-11-16 22:19

今日はとくに予定もないので、カーボンバイクで走ろうとタイヤに空気を入れていると、後輪のタイヤがサイドカットしていてパンクしている。前回のライド後、スローパンクしたようだが気づかなかった。

うーん、タイヤも交換しないとあきません・・・

で今日は昨日より気温が低いので、シクロクロスで走ろうとするとサイコンの電池が切れている。サイコンなどに頼らずに走るのことが、私としては「大人の自転車乗り」というイメージなんだけど、まだ煩悩があってついつい操行距離にこだわってしまう。

サイコンの再設定に手間取り、午後12過ぎにシクロクロスで発進。

北風がそこそこ強い。猪名川地道を往復。

冬本番ではないので、草むらに突っ込むと「ひっつき虫」がしっかりとウェアにまとわりついており、走っていると地肌を刺して痛い。
ひつっき虫を取り除いて、プーリーやスプロケットに絡みついた草の葉を取り除く。

オンロードを走るときとはずいぶんと違う。

神崎川の堤防道路を走って、尼崎りんりんロードへ。

油っぽい匂いのする工業地帯を抜けて、尼崎の森中央緑地へ。

機械式ディスクブレーキじゃなく油圧式を欲しいけれど、「宝の持ち腐れ」になるだろう。シクロは私にとっては遊ぶ道具、「迷子の自由」を愉しみたい。

武庫川コスモス畑を経て、宝塚経由で午後4時過ぎに帰宅。

走行距離 57km

今冬は昨年の暖冬と異なり、寒い冬になるとのこと、シクロで遊ぶルートも再度考えていこう。シクロだと担いだり、グラベルロードを走ってカーボンバイクより負荷があって、別の意味で身体がスッキリする気がする。


雑誌、シクロ2015-06-21 21:44

金曜夜は職場の飲み会で、帰宅後爆睡。昨日は読書などしてゆっくりと過ごしていた。

 ■サイクルスポーツ
サイクルスポーツ 2015年 08 月号 [雑誌]
 ほんと久しぶりに自転車雑誌を購入。カタログ誌としての役割しか、Net時代では雑誌は役立たなくなってきているかもしれない。1年ごとにローテションで同じような特集記事を掲載するスタイルというのも時代遅れになってきているのではないか。

 ■Fine
 Fine(ファイン) 2015年 07 月号

 次男が放置していたファッション雑誌をパラパラと読む。30歳前後の男子を対象にしたファッション雑誌のようだが、見事にファッション、小物などの生活スタイルだけ。人生も恋愛記事もまったく見当たらないのが、かえって新鮮だ。

 次男もいちおう現在の彼女さんと交際は続いているようなので、男子の身だしなみとして読んでいるのでしょう(爆

 自転車に乗っている男子が多いので、意外と自転車ブームなんでしょうか。

 コラムを読んでいると、「僕の好きな、ゆるい音」という文章があり「永遠に聴いていたくなる曲」って

 01スローで跳ねたリズム
 02夕暮れに合う
 03旅に出かけたくなる
 04気持ちのこもった声
 05ペダルスティールギター(ギターを水平にして演奏する、ハワイアン音楽などではおなじみの楽器)
らしい。

 たとえばこんな曲。

 
 私の感性ではよくわからないや(苦笑

 ■ The Program
アームストロングの栄光と没落を描いた映画。日本公開は未定だが、予告編を見ると主役の表情がアームストロングの屈折した笑顔にそっくり。

ロードバイクに乗り始めた頃、こんな本も読んでいた。日本で公開されたら見てみたいな。
 ミラクルトレーニング―七週間完璧プログラム
ただマイヨ・ジョーヌのためでなく (講談社文庫)


ということで今日は午後からシクロで軽く走ってきた。

伊丹坂の伝和泉式部のお墓を初めて訪れた。住宅地のなかにぽつんとあって意外な感じ。


猪名川地道を走って廃寺などをまわって帰宅。

シクロはツーリングバイクにする予定なので、体力をつけるにはよいバイクかもしれない。カーボンバイクはサボっていてもそれなりに進みますからねー。



公園にて2015-06-13 20:40

週休日の水曜に久しぶりにカーボンバイクで峠越えをしたら、疲れが出て木金は仕事のみでエネルギーを消費しきった。

今日は午後からシクロクロスでのんびりポタリング。
街を走って公園にてスマホで電子書籍を読んだりする。この公園は息子達とよく来たけれど、来年の今頃は孫と来ていることでしょう。
3年後の四国遍路で使用するバイクは、このシクロクロスが有力です。カーボンバイクのように急き立てられるように走る必要がないので、遍路には向いているかも。いずれにしろ歩き遍路よりは早く進むことができるので、シクロをツーリング仕様にしようかと今から妄想中。

だいたい四国八十八ヶ所 (集英社文庫)
四国遍路の電子書籍を読みながら、「自分は十分に信心深くないけど、それに自分の人生にあまり後悔はないけれど、自転車遍路っておもろいやん」という動機でもよい気がしてきた。

帰宅後、USB版ThinkPad USキーボードで雑用を処理。自宅のリフォーム関連の見積もりもボチボチ準備しないといけません。

Gnome 14.04 on Thinkpad X220のログイン画面。王様達のヴァイキングのロゴにしているけど、深い意味はあまりない。




はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2017 asyuu. All Rights Reserved.