ロードバイクとケン・リュウ2017-10-20 23:39

台風の影響で週末は雨模様のようだ。水曜に茨木市の多留見峠まで走っておいてよかった。茨木や高槻の北摂の山は意外と標高がある。能勢や猪名川町の峠よりは登りが長く斜度があり、加齢を経た私には足が削られるような感じになってきた。

でも街中からしばし登ると、隠れキリシタンの里であるだけに里山の雰囲気が濃厚になる。

新名神高速道路の工事がここまで延伸している。

このあたりの府道110号線は斜度が緩いんですけどね。

キリシタン自然歩道から見山の郷周辺を望む。


いい雰囲気ですね。能勢の浮峠と雰囲気が似ている。

茨木市山脈自然歩道(林道だけど)の最高地点(602m)

本来の多留見峠は地道の奥にあるようだが、カーボンバイクでは突き進むことは無理みたいだから、冬にでもシクロクロスで入ってみよう。

ここから杉林の中をけっこう下っていくが、当然誰にも会わず、静寂の中をカーボンバイクとともにいる。自転車って心身と一体化できる究極のガジエットという感じがするんだ。Di2のウィンという機械音、当て効きさせたときのブレーキパッドの小さな振動音、そして枯れ葉の上を滑らずに踏みしめていくホイール音。

なんか夢の世界にいるような感じだった。

■ケン・リュウ「母の記憶に」
いつもはAmazon Kindleで電子書籍を読むことが多いけど、hontoがときおり30%オフのクーポンを配布するので、hontoからダウンロードした。
Kindle for PCはUbuntuのwine上で利用することができるけど、honto for windowsはMicrosoftのFramenetworkをコンポーネントとしているので、wine上で動かないのが難点かな。おとなしくAndroidタブレットで読んでいる。
母の記憶に (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
中編も含む作品集だけど、作品傾向が多様で、読んでいて惹きこまれていく作品が多い。
読み終えるのが惜しいほどの作品集だ。

雑誌penにケン・リュウのインタビュー記事が掲載されている。
Pen (ペン) 2017年 11/1号 [映画・小説・マンガの名作から最新作まで SF絶対主義。]
なかなか興味深い。

雨なので明日からは隠居後の生活などの計画を考えていこう。




午後からのポタとRIDEXの新刊2017-09-30 21:33

昨日は仕事を早めに終えて、孫の保育所迎えに。長男の奥さんが仕事から帰宅して、孫と別れて自宅で夕食、週末で疲れたのか居間でうたた寝していた。

夜寝る前にKindleをチェックしていると誤ってワンクリック注文をしてしまう。

ボーッとしているときに何度か誤ってクリック注文してしまい、フレット光+無線LANがこんなときは爆速であっというまにダウンロードしてしまう。

こんなときはAmazon.co.jp – カスタマーサービスから返品可能なので、ベッド横にあったThinkPad X40で注文をメールにてキャンセル。数時間後に


「Amazon.co.jp をご利用いただき、ありがとうございます。
件名に明記されたご注文に対する返金手続きが処理されたことをお知らせいたします。
以下の内訳に記載された返金額を返金いたします。ご利用いただいたお支払い方法に応じた返金方法で、2-3営業日以内に入金される予定です。」

との回答メールが到着。

ただしAmazonが返品に応じるかどうかは任意なので、誤ってダウンロードした場合はKindleを読まずに、速攻返品するのがよいでしょう。


今日は午後1時半から5時頃まで近場をクロモリロードでポタリング。
秋晴れで気持ちの良い日だ。
走行距離 48.8km


本屋に立ち寄ってRIDEXの新刊を購入。
RIDEX (ライデックス) 13 (Motor Magazine Mook)
全巻読んでいるので、癖みたいなもんです。

今秋は水曜・金曜と孫の保育所迎えで、やはりバタバタとした週だった。孫はもちろん可愛いけど、子育ては当然ながら長男夫婦が主役であり私たちは脇役だ。

今週末は孫の子守などはないので、明日は妻といっしょに六甲山ハイキングに行く予定。
スマホに「山と高原地図2017年版・六甲・摩耶」をダウンロードした。「北摂・京都西山版」を以前ダウンロードしていたが、今回のトレッキングに備えて用意した次第、でも六甲ではスマホの電波が届かないところが多かったような気がするが改善されているのだろうか。

久しぶりのハイキングなので、たぶん筋肉痛になる予定。



「雲は おぼえてル」2017-09-25 23:03

先週は妙にバタバタした週だったけど、今日からは秋も深まってくる気配がする。

毎年、夏の終わりには、もの悲しい気分になることがある。

「RIDEX ESSAY 雲は おぼえてル」を読んでいる。
RIDEX ESSAY (ライデックス エッセイ)  雲は おぼえてル (Motor Magazine Mook)
「東本昌平RIDE」シリーズで毎号連載していたエッセイを、まとめて1冊のムックにしたものだ。オートバイ乗りではないのに、コミック「RIDEX」シリーズを全巻読んでいる。

オートバイにはスピードが足下に及ばないロードバイクでも、「走る」感覚は共通するものがあるんじゃないかな。

エッセイというか短編小説というか、作者の小気味よい文体・ストーリー展開が好みなんですよね。こんな文章が書けたらいいね。

あとがきの俳句めいた言葉があるけど
「バイク乗り
ケガするまでの
祭りかな。」


ケガはしたくないので、剽窃させていただくロードバイク乗りとしては

「バイク乗り
ガタくるまでの
祭りかな。」

といった感じです。



ケン・リュウ「紙の動物園」とVim2017-09-16 20:20

三連休なれど、台風の影響で雨。
先日、藤井太洋氏の「公正的戦闘規範」を読了。

公正的戦闘規範 (ハヤカワ文庫JA)

その繋がりでケン・リュウ(Ken Liu )のSF小説を知った。

ケン・リュウは1976年中国生まれ、11歳で両親とともに渡米し、ハーバード大学卒業後、コンピュータプログラマー、弁護士を経て作家となった俊才だ。

まずは上記作品を読み進めているが、SF作品としては東洋的な色合いもあり、表題作である「紙の動物園」という短編では情緒的な側面も強い。
これはケン・リュウの出自からしてマージナルマン(境界人)としての傾向があることも影響しているのではないか。マージナルマンは文化のせめぎ合いの中で、どちらの領域(この場合は中国とアメリカ)にも属さず、しかしどちらの領域も自分を生み出した母体として認識しながら、創造する人となったのではないか。

ただケン・リュウ自体はこのインタビューで

「──中国系アメリカ人作家として、作品には中国のカルチャーもよく登場させていますよね。

実は「中国系アメリカ人作家」と呼ばれるのには違和感があるんだ。いつも自分を紹介するときは「アメリカ人作家」と言うようにしている。ぼくはアメリカ人で、中国出身のディアスポラではあるけれど、「中国系アメリカ人」というのはどこか人工的につくられたポジションのように感じるからね。」


と語っている。

ただこの本を読むと、マージナルマンとしての印象は私には強い。

最近、第二作も発刊され解説の藤井太洋氏によるとケン・リュウはVim使いとのこと。

私はこのブログの下書きを、もっぱらVimで書いている。Vimはショートカットが便利だし、軽量・多機能なテキストエディターとしては優れ物だ。
ブラウザのFireFoxのアドオンにVimperatorをインストールし、Vimライクなキーバインドでブラウザをキーボードで操作できるようにしている。このアドオンがあるから、FireFoxが私の基本ブラウザとなっている。


ただこの記事を読むと、ケン・リュウそれほどVimに拘っているようには思えない。


かなり脱線したけど、雨の日に読むには最適な本だ。短編集だから、好きなところから読めるのもいい。




公正的戦闘規範2017-09-10 23:09


今日もクロモリロードで近場をポタリングしたのみ。

古書店で購入した40年近く前の「兵庫の峠」と最近発行された「播磨の峠」を読み比べたりして、Google Mapに登録したりしていた。
播磨の峠ものがたり

藤井太洋氏の最新作が発刊されたので、Amazon Kindle版をダウンロードした。
公正的戦闘規範 (ハヤカワ文庫JA)
「AIは人間の仕事を奪うのか?」などと扇情的に書かれることが多いけど(マスコミは不安を煽るのが商売だから)、藤井氏の小説のほうが遙かに現実的な感じがする。
「量子コンピュータ」の未来なんて荒唐無稽とはとても思えない。


表題となっている「公正的戦闘規範」のみ「伊藤計劃トリビュート」で既読だったが、他の作品は初めて読むけど、藤井氏らしいリズム感のある文体、そして日本に閉じこもらない世界観(宇宙も題材だから当然だけど)を楽しむことができる。

YOGA BOOK(Android版)、タブレット(HP Pro Slate 8)で読んでいる。

ガジェット類はもう現在の所有するもので十分な気がする。
使い方を詰めていくのは、たぶん隠居後になるだろう。

「兵庫の峠」を読む2017-09-06 19:29

風邪のため体調がもうひとつなので自宅療養中。

先日、神戸の古書店を覗いてみると興味深い本を見つけたので購入した。
「兵庫の峠」(兵庫県民センター 1978年=昭和53年3月発行)

北摂越譜参考文献の中でも、

「兵庫の峠」:兵庫県民サービスセンター発行
    簡単なコメント・所在地を付したものを含めれば、兵庫県内の峠をほぼ完全網羅。300円、B6判200ページ程度の本なのに。あなどれぬ。絶版。(昭和53年刊)


と紹介されている本だ。

古書店で1000円なり。40年ほど前の本としてはまずまずの保存状態だ。最近は蔵書が増えるのがイヤなので電子書籍を購入することが多いけど、紙書籍のほうが長く残って流通していく。電子書籍はその配信母体がサービスを止めたら(Amazonが永遠にネットの覇者であるとは考えられないし)、そのデータはどうなるのかという危惧もある。

なかなか魅力的な本だけれど、40年近く前のデータなので当然そのあとバイパスや高速道路、そしてゴルフ場などができており、現在は廃道となっている峠も多いだろう。

日出坂峠はこの頃はまだ越えることができたようだが、舞鶴若狭自動車道の高架工事で廃道となってしまったようだ。

美濃坂峠もこの頃は地道だったんだなぁ。


36の峠が紹介されているが、巻末に171の峠が挙げられ一口メモと参照地図が紹介されている。
新道や宅地開発、ゴルフ場により廃道となった峠も多いみたいだ。走っているけれど峠の名前を知らなかったものもある(見比峠、青原峠、横山峠など)。

風邪が癒えたらまた走ってみよう。



風邪とブコウスキー2017-09-05 23:31

9月になって一気に最低気温が下がって、案の定昨日は風邪気味。仕事を終えて帰宅すると、ヘロヘロに疲れており午後8時すぎには就寝、今朝の6時半まで爆睡。

過去のブログ記事を読むと、やはり季節の変わり目にキチンと風邪をひいている(苦笑



気分低下なのでブコウコスキーの小説を読んでいる。
パルプ (ちくま文庫)

ハードボイルドを茶化すようなハチャメチャな探偵小説。これはおもしろい。


表紙のイラストも訳者も当然ながらこの本をよいものにしてるんやろね。

なんとなく風邪も悪化しなくなっていくような気分。

先週の日曜は尼崎下町ポタリングしたのみ。やっぱ体調がその頃はよくなかったみたい。



公園で食べたタコ焼きは美味しかったけど。




はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2017 asyuu. All Rights Reserved.