人生のエネルギー2020-01-27 19:23

2020年1月25日〜27日
25日(土)


クロモリロードで尼崎ー大阪市淀川区ー神崎川河川敷とのんびり走る。
三津屋商店街、大阪下町らしくアーケード・狭い商店街、庶民的でけっこう好きやね。

フラフラ走っていると結局神崎川に行き当たり、川沿いを走る。

41km

独居老人スタイル (ちくま文庫)
「独居老人スタイル」の文庫版あとがきを読んでいると、この本が紹介されていたので読了。
知識人99人の死に方―もうひとつの戦後史 (WONDER X Series)

有吉佐和子の死に方を描いた関川の文章が名文。

---------------------------------------------
サーモスタットのない人生(関川夏央)


私は実はこのたびはじめて有吉佐和子の小説を読んだ。あれだけの流行作家だったのに、なかなかその作品を買えない。ようやく特大書店で捜しあてたのだが、人は死んで三日たてば三百百年前に死んだと同じことになる、という山田風太郎の警句が身に沁みる思いだった。

有吉佐和子は速足で、また、靴のつまさきの内張に深い指の跡が残るほどに前のめりの人生を歩いた。誰でも人生のエネルギーは定量である。凡人はいたずらにそれを気化させて散じるが、非凡人たる彼女は燃焼効率よく集中して燃やし、多数の小説を書いた。しかし、才能に恵まれたかわり、彼女には体内のサーモスタットが生まれつき欠落していたから、肉体の加熱に気づかず、小説を生みだす体内の炎がついに彼女自身をも焼いた、私にはそんなふうに思えるのである。

-------------------------------------------------

「凡人はいたずらにそれを気化させて散じる」というのが私にぴったりで、かえってなるほどなと感心したほどだ。

26日(日)
午前、伊丹図書館に本を返却。近くのホールで来月のコンサートのチケットを購入。
義父の施設訪問、それを終えて、義母宅へ。所用をすます。

帰りに伊丹の長寿蔵で地ビールを飲む。

夕方、長男夫婦と孫が我が家で食事。2時間ほど我が家に滞在して帰宅。

「PUBLIC HACKS」を読了。
PUBLIC HACK: 私的に自由にまちを使う


公共空間が官民一体化で消費生活促進に邁進したり(その究極がカジノ政策ではないか)、「けしからん至上主義者」(ルールから外れることを許さなかったり、自分以外が楽しんでいることを不快に思ったり狭隘な精神をもつ人々)のために街が不自由になっているのは確かだろうな。

清潔でお行儀よくが過ぎると、「けしからん至上主義者」が跋扈することになるんだろうな。

「サードプレイス」という概念も興味深いけれど、「私的に自由にまちを使う」という視点も、隠居生活者から見ても魅力的かなとおもう。
サードプレイス――コミュニティの核になる「とびきり居心地よい場所」


27日(月)

天候不順。音楽を聴きながらウォーキング 
西北ー甲子園口とブラブラ歩いて、11.6km



ぼおっと隠居生活2020-01-20 18:20

2020年1月17日夜~20日

17日(金)夜

10kmほど武庫川ジョギングしてからシャワーを浴びて、電車で神戸へ。待ち合わせ場所は新開地なので三宮から元町商店街を抜けて新開地まで歩くことにした。

途中、古書店に立ち寄って本を探索。


現役の頃、よく食べた新開地の立ち食いうどん屋、ぼっかけうどんがめちゃ旨いのですこし腹ごしらえしようとおもっていると女友達からLINEを受信、すでに待ち合わせ場所に到着しているとのこと。後ろ髪を引かれながら、集合場所へ。

今宵は女友達二人と私の三人での居酒屋放浪記、まずは予約してくれていた居酒屋で飲む。
おでん盛り合わせ・量多し

刺身の盛り合わせもリーズナブル

店のお姉さんたちがとても素敵な店で、料金もリーズナブル。ビール、日本酒といただく。
お品書きの古さが味を出している

2軒目は立ち飲み屋福寿で日本酒と漬け物、店が早く閉まるので軽くしめる。

3軒目は割烹の店、オヤジはポテサラ・だし巻き・きずしが好みなのはなぜだろう。純米吟醸紀土をいただく。


4軒目はBar、飲み過ぎを自戒してアイリッシュウィスキーをロックで一杯のみ。女友達のひとりが寝落ちする(爆 

4時間半ほど、昔話(なにしろ25年の付き合い)、旅行の予定相談などしてハグして分かれる。

18日(土)
二日酔いではないので、午後から猪名川ー豊中ー千里ー箕面ー西国街道とクロモリロードでポタリング。千里は並行して走る道路が誤って自動車専用道に入りやすいので(いちど誤って入りそうになったことがある)、地道をおとなしく走る。

57.2km

閲覧用タブレット(HP Pro Slate8)の調子が悪いのでデータを初期化して、アプリを再設定。シャキシャキと動くようになった。
Windows7のサポートが終了した、私はLinux(Ubuntu 16.04 Gnome on ThinkPad X220)を使っており、鈍重で制約の多いWindowsを長らく使っていないので関係ないけど。

19日(日)
クロモリロードで尼崎の森中央緑地までぶらっと23km


夜は大河ドラマ「麒麟がくる」をBSで見る、やけに色彩が派手な衣装、そしてコンピュータグラフィックを多用している。「いだてん」のビートたけしの滑舌の悪いナレーション、せわしないドラマ展開に年寄りはついていけなくてたぶん「ぽつんと一軒家」に視聴が流れたのではないか。「ぽつんと一軒家」を地上波で見る、島根の一軒家だが「どこにでも神様」という島根の風土がよく現れている、でも住民が高齢なので将来的には消滅していく集落かもしれない、日本自体が縮んでいく宿命にあり、「今だけ自分だけお金だけ」の政治家・官僚はまさしく「我が亡き後に洪水は来たれ」のマルクスの言葉を体現している。

WowWowで映画「斬、」を見る、なんかよくわからない映画。上映館で見たら複雑な気分だったろうな。

清野菜名が好きな女優なのでドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」を見たが、演じるミスパンダが映画キックアスのヒットガールみたい。キックアスと違い、妙に深刻な人間ドラマを描こうとするのがあかんね、ここは突き抜けたドラマにしないと(苦笑

20日(月)
返却予定日が雨のようなので余裕があるうちに、図書館に本を返却。数冊本を借りた、バックパックが重い。




西北ジュンク堂の喫茶室で読書。
村上春樹の「品川猿の告白」を読む。「究極の愛情、究極の孤独」が品川猿主体によって語られるという、読者の想像力に任せる短編といえようか。


クロモリロードで23km

かくのごとくぼんやりと隠居生活を送っている。



がんばらない2020-01-13 20:24

2020年1月12日〜13日

12日(日)
ぶらぶらウォーキング 10.3km

2冊、本を読了。

エッセイを読んで面白かったので、短編集を読んでみた。「東京」の地名が各話ごとに出てくるけれど、あまり地域性は関係ないみたい。悲観、厭世、逃げ癖、放擲癖など生に流されやすい中高年がこれでもかと出てくるけれど、言い訳じみたり居直ったりしない文体がいいね。「清く正しく美しく」ありたい、それを目指すというのは嘘っぽい、でも下品にならないようにするのは難しい。


Dマガジンなどで雑誌を読んでいるが、ほとんどツマラナイ。
住宅関係やインテリアは、「誰がこんなスッキリした豪邸に住むんや?」という感想しか持ち得ないし、ファッション関連もおんなじ感じ。それにそんな金持ちやファッションセンスのよい人は、まずこんな雑誌を読んだりはしないだろう。「読者層」を編集者が勝手に考え、カタログ雑誌化している、そして付録が主体となって雑誌本体がオマケになったりしている。

「一緒に飲んでいて、たとえば「安藤忠雄も終わったよね」なんて言っている建築雑誌の編集者が、じゃあ自分の雑誌で「さよなら安藤忠雄特集」をやるかといえば、それは絶対にしない。ハイファッションなんて買えもしない編集者が誌面では「上質なものと暮らす喜び」なんて記事を作っている。そうやって自分を偽って、それで年収1億円とかならいいけれど、たいていの編集部はつねに薄給&超長時間労働だ。」(同書252頁)

痛快やね、まぁお酒の席で威勢のよいことを言う人は、ほとんど信用できないけどね(苦笑

最近、現代詩集をいくつか読んでみたが、妙につまらない。自分の感受性が劣化していることも影響しているだろうが、この本でも書かれているように

「僕らの言葉に対する感性は、昔の人間に比べて鈍くなっているわけでは、まったくない。むしろインターネットや携帯電話の発達で、いまほどみんなが「筆まめ」になっている時代は、これまでにはないはず。「詩壇」の外側にこそ、スリリングな言葉はまだいくらでも転がっているのではないか。」(同書145頁)

内輪としての組織化された言語は、つまらない。
新聞購読を数年前に止めてしまったのも、論説委員などの調査報道・分析ではないポエムを読まされるのに辟易としてしまったからだ。

ウォーキングしながら、Amazon Musicで音楽を聴いた。「くるり」「ハナレグミ」、そしてNHK ドキュメント72時間主題歌シンガー「松崎ナオ」など。

松崎ナオの「川べりの家」の詩のすばらしさ。
13日(月)
成人の日、午後からクロモリロードで街ぶら。式を終えた晴れ着姿の新成人とすれちがう。二十歳の頃、私はプータローで当然成人式にも出ていない。じゅうぶんに貧しく、じゅうぶんに孤独で、根拠のない自信に溢れていた二十歳、長髪で目つきばかり鋭かった。

ただただ(あまりにも努力家ではないので)運よく今まで生きてきたなと、新成人を眺めながら思う。

尼崎の森中央緑地まで走る。かやぶき民家が公開されていたので、入ってみる。




18世紀後期に建てられた芦屋市の旧小阪家住宅を移築したもの。
構造様式:入母屋造 茅葺き木造平屋建て
延床面積:153㎡

こんな家に老後は住みたいね、むりやけど。

この本を読了。

著者の体調があまりに悪かったようで、pha氏の気怠さが妙に伝わってこない。
「がんばらない練習」をしなくても、隠居者は「がんばれない」のでずいぶんと楽かもしれないね。

録画していた「ドキュメント72時間 尼崎 黄昏(たそがれ)のアミューズメント施設」を見ていたら、ひとりでビリヤードをしていた私と同世代の男性が「もう勝負でビリヤードをするのではなく、自分で極めていく」みたいなスタイルを持っていたけれど、共感したなあ、練習しなくともがんばらないようになるのが、隠居者の特権かもしれない。

クロモリロードで38kmぶらぶら。




1984年と2020年2019-12-31 23:10

365日隠居生活なので、大晦日といえ凡庸な日々の一日に過ぎない感じになってきた、よしよし。

今日は西北までウォーキング、そしてジュンク堂で新刊チェック。

コミックを一冊購入、余生が逆算できる年齢となってきたので、蔵書はなるべく増やしたくない。だから電子書籍をダウンロードしたり、図書館で借りたりすることにしている。
何度も読みかえす本なんて少数だしね。

ただコミックは図書館でも蔵書は少ないし、ちょうどクオカードの残額があったので購入。


あとがきで村上作品への作者の傾倒をこう書く
「僕が村上春樹さんの作品に出会ったのは大学生の時だ。記憶によるとはじめて読んだのが『風の歌を聴け』で、それから一年で七回『風』を読み返している(うち二回は英語版)。砂漠で水を飲むような勢いだ。」

傾倒ぶりが半端ではない。

そしてこんな指摘も。

「『螢』を含む『螢・納屋を焼く・その他の短編』が刊行されたのはその一九八四年で、そして『一九八四年』が三十六年後の未来を見据えて書かれたのだとすると(執筆されたのは一九四八年)、一九八四年からさらに三十六年後の未来は二〇二〇年となる。僕たちはいま、未来のさらに未来にいるわけだ」(105頁。「あとがき」より)

オーウェルの原作を読んでいないが、あまりに現代の政治状況と相似している場面が出てくる、もちろん戦前の特高警察のような存在は今はない。だが結論ありきの統計操作、公文書を文書でないとしたり、シュレッダーにかけたり、保存していないと強弁して「人を操作的に考えること」に優越感さえ持っているかのごとき政治家・官僚組織がある。

苦い読後感のあるコミックだが、いまの時代には必要な苦みかもしれないね。

1984年、わたしは、1歳の男の子の父親で31歳だった、2020年に67歳となる。
精神は未熟なまま身体が次第に老いていくだろう、それも凡庸な人間の定めだろうが、「プロール(労働者層)が求めているもの それはアルコール・ポルノ・ギャンブル・バカ騒ぎ・・・・ そして素朴な愛国心だ」(72頁)という未来にはいたくないね。

風が強い大晦日、10.7km歩いた。




トラブルなれど12月2019-12-04 19:52

2019年12月3日(火)
ここ数日は隣家の取り壊しに伴い、トラブルがありその解決のために元請けや下請けの業者と交渉していた。ひっそりと誰も憎まずに静かに生きていこうと決めている隠居モノにとっては、交渉は苦手でありストレスでもある。「ポツンと一軒家」というTV番組が人気があるのは、煩雑な街中生活とは無縁であるという幻想を抱かせることにもあるだろうな。

だがローカルで暮らすということは地縁・血縁、そしてお金という基盤がないと街中生活よりはストレスとなることは地方出身者としては充分にわかっているつもりだ。

いちおう業者との話し合いでこちらの要望は伝わったみたいなので、大きな問題にはならないだろう。

家にいることが多かったので、ストレス解消には映画をみたり録画していたBS番組などを観た。そうそう音楽を聴くのもいいね。


「恋は雨上がりのように」
昨年、フランス旅行からの帰国の際、飛行機内で観た映画。飛行機でイヤホンなどを利用すると、気圧の関係で頭痛がする体質なので、英語版の字幕で観たが、さすがに科白の細部まで理解することができなかった。あらためてゆっくりと観た。

陸上短距離で嘱望されている女子高生(17歳)がアキレス腱断裂により挫折し、通院帰りに立ち寄ったファミレス店長(45歳、バツイチ、作家志望だが芽が出ずに作品も書けていない)と雨宿りのように出会い、恋する物語。

となると女子高生と中年男性の恋という凡庸な話になってしまうが、ストーリーが秀逸なのは二人のなかにある17歳という核であろう。暴れるような精神をもつ17歳の女子高生と、かつてその精神をもっていた中年店長。老人になるとわかるのだが、人は17歳くらいで人格が完成するような気がする。年老いて老人になっても、いろんな分岐点での判断は17歳頃の自分がいるような気がする。如才なさは所詮生きて溜めてきた脂肪にすぎない、すこし有耶無耶にするには脂肪ももちろん役立つが、最後は17歳の精神が決めるだろうな。そんなことを思い出させる映画、もっとも女優小松菜奈も好きです、はい。

TV「日本風土記十津川」

今年、日本一長い路線バスで十津川村に旅行したが、厳しい風土とともに歴史を感じさせるものがある。
峠・峠で見聞きする「天誅組」の痕跡が興味深い。



でこの本を読むことにした。明治維新前に決起した天誅組は時代の波に乗ることができずに潰えたが、その主力は土佐藩の脱藩浪士である。十津川郷士は朝廷から租税を免除され(実際は、租税を徴収する田畑に乏しい土地だったせいもあるようだが)、尊皇の気風が高く、天誅組に合流したようだ。この本は力作のようで、時代に翻弄された者達の物語としては、興味深い。

クロモリロードで図書館巡りして23km

2019年12月4日(水)
先日、注文していたジョギングシューズとトレイルランシューズが到着した。


サイズはどちらも26.5Cm


トレイランシューズにはGORE-TEXの表示がある。

シューズが増えたので靴箱を整理していると、次男が置いていったトレイルランシューズの箱を発見。アウトソールはほとんど減っておらず、サイズが26Cmなので、たぶん彼の足には窮屈だったのだろう。とはいえ私も次男とそれほど足の大きさは違わないので、サイズ26Cmはぴったりすぎるのは確か。

今日はこのmontrail Bajada(モントレイル・バハダ)で午後からジョギングすることにしてみた。トレイルランシューズにしては軽いし、ロードでもジョギングなら十分いける感じ。ただやはり爪先に余裕がないので、薄い靴下を履いている。

伊丹図書館まで走って、文庫本を一冊借りて、猪名川沿いを南下。


遠くに梅田の高層ビル群が見える。

園田競馬場に立ち寄ってレースを眺める。平日なれど、私と同じ隠居老人が多数入場しており、ギャンブル依存にならなければ老後の生活としては悪くないんじゃないかな。私はレースを予想することは面倒なので、競馬場の雰囲気を味わうだけで十分。

阪急園田駅まで走り電車で武庫之荘へ。武庫之荘から時雨れ気味の街を自宅まで走る。

今日のジョギング距離 15.8km

今日のシューズは里山トレイルランに使ったほうがいいだろうな。

ということでいつのまにか12月。孫へのクリスマスプレゼントも考えなあかんし、長男夫婦が忘年会の季節なので、孫守の日も何日かあるようだ。




歩いて古書店巡り2019-11-30 12:56

11月29日(金)
前日寝過ぎたせいか眠気が襲ってこない。Amazon Videoで映画「笠置ROCK!」を観る。
約50分と短く、NHK発地域ドラマみたいな映画。ボルダリングというスポーツが題材となっているが、笠置町は「笠置ボルダー」としてクライマーには有名なんやね。

柳生ハイキングで何度かJR笠置駅は利用したが、巨岩には気づかなかったな。


午後からウォーキングに出かける。徒歩で西宮と尼崎周辺の古書店を巡ってみることにした。気温は低いが、快晴。武庫川左岸を南下する。


JR甲子園口駅南口すぐ近くの「清泉堂倉地書店」 

学術系の古本が多いかな。店先に作家別日本文学全集が一冊105円で販売されている。古書店ぽい。

駅南の商店街はかなり旧い感じ。道の交差するところに小さな神社がある。

山手幹線に出て東進。

清泉堂倉地書店で配布している「兵庫の古本屋(平成21年改訂版)」を参考に、JR立花駅周辺の古書店を巡ってみることにした。


駅から真南の橘通にある「U-BOOK」。営業している雰囲気がしない。

JR立花駅南側フェスタ立花南館1Fにある岩田書店。土曜日のみ営業なんや。

駅北側には立花商店街内に文殊屋古書店、商店街を抜けて阪神高速道と山手幹線の中間に彩華堂がある。文殊屋古書店は店の中央に置物みたいに?おばちゃんが鎮座している。大衆店ぽい。

彩華堂は本日まで臨時休業みたい。かなり大きな店舗みたいなので、また来てみよう。


立花駅周辺には立ち飲み屋も多く、昼飲みの誘惑にかられたが、体調維持のため自制。

ウォーキング 17.5km

今日のシューズは[アディダス] トレイルランニングシューズ TERREX TRACEROCKER
トレイルランシューズの割には軽くて、路面をしっかりと捉える。ウォーキングにもいいみたい。ただソールは減りやすいようだ。

その他、Adidas PureBoost GOと次男からプレゼントされたアシックスのジョギングシューズを交互に履いているが、気に入っている靴の在庫がネットにあったので注文した。

 TERREX TRACEROCKER GTX EFW64

TRACEROKERのGTX(ゴアテックス版)。ソールの減り具合はあいかわらずのようだが、軽いこと・廉価であることで注文した。

PUREBOOST GO AH2323

草鞋みたいにしっとりと軽量に動けるシューズ。街中でのファッションの足下としてしても違和感がないデザインと色彩が気に入っている。欲しかったカラーの在庫があったので速攻注文した。

このシューズで走る本来のイメージはこんな感じだろうが、私はタラタラとジョギングするのみ。
pureboost go の動画検索結果

優雅な読書2019-11-21 20:01

11月19日(火)
伊丹図書館の蔵書の返却日なので、昼前にクロモリロードで図書館へ。電車などで行くと遠回りになるが、クロモリロードだと5kmほどで到着する。

事前にネットで検索していた蔵書を数冊借りたが、目的の本の横に魅力的な題名の本が背表紙をこちらに向けている。

「優雅な読書が最高の復讐である」
優雅な読書が最高の復讐である 山崎まどか書評エッセイ集

たしか村上春樹が「腹が立ったときには、優雅な生き方が最高の復讐であると唱える」とどこかで書いていたなと思い出したが、あとがきを読むと得心した。

「カルヴィン・トムキンズの「優雅な生活が最高の復讐である」は大好きな一冊で「ブック・イン・ピンク」でも紹介している。1920年代の南仏アンチーブで、素晴らしい生活を送っていたジェラルドとセーラのマーフィ夫妻について書いたノンフィクションだ。二人はF・スコット・フィッツジェラルド「夜はやさし」の主人公のモデルと知られている。」

なるほどね、フィッツジェラルド繋がりか。

著者は「優雅」というのは「役に立たない」「人生の非現実的な部分」を意味すればよいと捉える。

次いでこんな説明。

「でも「最高の復讐」って、何に対する復讐なのだろう。
家でじっとしていてもコンテンツや情報が次から次へとやってくる、今の世の中は便利で素晴らしい。でも、家畜のように閉じ込められて、ホースで餌を流し込まれているような気持ちになることもある。そんな時、本を読むと、世間の流れから外れて自由になった気がする。牧舎の柵を壊し、勝手に野原をうろつき回って、草をはんでいる動物のような心地。それは読書でしか味わえない。本は楽譜のようなもので、そこから奏でる音楽は人によって違う。読書の喜びは、本当ところは誰とも分かち合えない。だからこそ本と人の関係は親密だ。ロマンスに近い。何でも「シェア」が基本の現代で、こんなに自分勝手な楽しみは他にない。」


すぐれたカルチャー女子である14年間ほどの読書や映画、音楽にまつわるエッセイといえようか。文章が魅力的、でも当然ながら追随する読書は私の余生から逆算しても、不可能。それに「自分勝手な楽しみ」は読書のみに帰結するものじゃないしね。

クロモリロードで散策しながら、遠回りして西北のジュンク堂へ。新刊をチェック後、お好みのストロング珈琲を注文して喫茶コーナーでひと休止。
帰りは公園でポメラをタイピング。

枯れ葉の一部がキーボードに舞い落ちてきた。

11月20日(水)
長男夫婦の長男(4歳)の七五三を神社で祝うことにした。現地集合で、午前9時過ぎに伊丹の神社へ。神主さんに祈祷してもらい、昼は近場のレストランで昼食。
孫2号(1歳2ヶ月)はヴァイキング料理のためか、モリモリと食べる、それ以上に父親である長男夫婦のほうがよく食べていたが(苦笑

長男夫婦にお祝いを渡し、孫2号に犬の玩具を買ってあげる。電池で動き吠え、しっぽを振るシンプルな玩具だけど、孫は以前小児科受診した際に気に入ったようなのでプレゼント。

あとで「みてね」にアップされた動画を見ると、孫2号はいたく喜んでいる、なによりだ。

11月21日(木)

月1回の通院日。高血圧・高脂血の傾向があるので、毎月チェックしてもらっている。
最近気になっていた身体の違和感を相談すると、検査してもらって、病気ではないことが判明。ホームドクターを持つことは、老人なので必要かもしれないね。

午後は孫の保育所送迎が必要になるかもしれないので待機していたが、不要となったのでまったりと読書したりしていた。

自転車雑誌をDマガジンなどで読む。雑誌はディスクロードに力を入れているみたい、いま手持ちのロードバイクをゆっくりと乗っていくだけで十分かな。
物欲はトンとない。





はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2020 asyuu. All Rights Reserved.