大きな字2020-07-03 22:36

孫守のヘルプと気分転換のロードバイク。

2020年6月30日(火)
神戸市に大雨洪水警報や暴風警報が出る荒天。長男が急遽、東京に出張に行ったので、5時過ぎに孫たちの保育所迎えに行く。迎えの時には、幸いなことに雨が止み、孫1号を私が自転車に乗せ、妻が孫2号を抱っこして帰る。

すぐに食事。孫2号は最近、ミニトマトがお気に入りで、食欲旺盛。妻が二人を入浴させた頃、長男の奥さんが仕事から帰宅。

孫1号は長男の奥さんと寝室に行き、孫2号は最近は寝るのが遅いとのことで私たちとしばし遊ぶ。犬の玩具を抱いて、孫2号は9時20分頃、就寝。

長男の奥さんが孫1号を寝かせたので、長男宅を辞する。

7月1日(水)
長男は東京滞在。朝6時半過ぎに長男宅に行き、仕事で早出の長男の奥さんを見送って、妻とともに孫二人を保育所まで連れて行く。孫2号が別れ際、すこし泣く。私たちの息子二人も保育所育ちなので、すぐに機嫌を直して保育所で彼らも遊ぶだろう。

午後、7kmほどジョギング。

夕方、孫たちの保育所迎え。長男の奥さんが午後6時半頃、仕事から帰宅。
まもなく5歳と2歳の孫二人、無駄に走り回るのが特徴の男子(息子たちもそうだった)、そして荒っぽくこちらにパンチとか蹴りを入れてくるので、ジイさんは加減が解らず四苦八苦する(苦笑

午後9時前に、長男が東京出張から帰宅。長男夫婦ともかなり疲れている。
午後9時20分頃、孫2号は例によって犬の玩具を抱っこしながら寝る。
長男宅を辞する。



あいまに「土佐の峠風土記」を再読。野根山街道が魅力的だ。
全コース44km、尾根筋に30kmほどが「四国のみち」として整備されているようだ。



縦走すると一泊二日のコースといえようか、シクロクロスだと何とか一日で走破できそうな気もする。

7月2日(木)
梅雨の中休み。曇天で気温も30度を越えないようだ。昼前にカーボンバイクで軽く走ってこようと発進。
猪名川ー県道12号線と北上。ゴルフ橋の工事が終わったようで、畦野方面へ抜けることができる。久しぶりに一庫ダム周遊道路を走る。龍化吊り橋の通行止めは、あいかわらずのようだ。

千軒からゆるい坂道を上って民田集落へ。台風のため法面が崩れて、1年半ほど通行止めだったようだ。
あいかわらず隠れ里のような雰囲気。
上阿古谷からの道(短いが傾斜のキツい坂だ)も昔は裏山道しかなくて、東へ抜ける千軒方面の道が主交通路で、ほとんどの家が能勢の女性を妻に迎えていたとのこと。

猪名川町 三矢の儀式 令和二年、困難を乗り越えて3年ぶりに...


民田八幡神社入り口にて。

丹州街道の説明板の文字が薄れて読みにくくなっていたが、補修されている。

いっきに上阿古谷まで下り、阿古谷集落を経て、帰路の道につく。民田ではちょっと肌寒いかなと思ったが、雲が取り払われると日差しがきつくなり、やはり暑い。

午後4時過ぎに帰宅。62km

7月3日(金)
雨。ウォーキングがてら伊丹市図書館へ。借りていた本を返却して、何冊か本を借りる。喫茶店で読書。


著者の体調が悪かったせいもあるかもしれないが、なにか寂寥感が漂う静かな文章。
2014年に息子さんを事故死で亡くしているのも陰を落としているかもしれない。
人生で子供に先立たれるほど痛ましいことはないだろうから。

「私は何年も文芸評論を書いてきた。そうでないばあいも、だいたいは、書いたのは、メンドーなことがら、こみいった問題をめぐるものが多い。そのほうがよいと思って書いてきたのではない。だんだん、鍋の料理が煮詰まってくるように、意味が濃くなってきたのである。
それが、字が小さいことと、関係があった気がする。
簡単に一つのことだけを書く文章とはどういうものだったか。それを私は思い出そうとしている。
私は誰か。何が、その問いの答えなのか。
大きな字で書いてみると、何が書けるか。」(同書7−8頁)

著者の文芸評論を何冊か過去に読んだはずだが、印象が薄い。もちろん私の頭脳が明晰でないことが原因だろうが、「小さな字」を読むことに次第に倦んでいたこともあるだろう。若い頃は、稚拙とはいえ大きな伸びやかな字を書いていたのに、組織人として組織言語を読んだり、書いたりしていると、どんどん字も萎縮していったような気がする。
もちろんそれは私の狭量さにもよる。

いまはPCで文章を書くので、自分の字を眺めることが少ない。「大きな字」の余生を過ごしたいものだ。



一週遅れの父の日2020-06-29 23:01

毎日30度越えの日々、凡々と過ごしている。

クロモリロードでブラッと走って、公園の緑陰で電子書籍を読む。


コロナウイルスを題材にしたSF短編が掲載されている。

そのうち未知だった作者の本を2冊、図書館で借りた。若い世代の作品に興味があるな。


あとは南丹市の定住促進のサイトにある「集落の教科書」をじっくりと読ませてもらった。
南丹市は平成の大合併の際に,平成18年1月1日に園部町・八木町・日吉町・美山町が合併して誕生。当然ながらそれぞれの町の歴史も風土も異なるものだが(ロードバイクで走っていると感じた)、大合併により市町村数が3,232から1,821に減少している。

合併後の市名はとってつけたような名称が多い。でも南丹市はよい名前のような気がする。

私は凡々と隠居として生きて、たぶん阪神間の街で死ぬだろうけれど、若い人は新たに地縁・血縁を結んで、ローカルで生きていくという方法もあるだろうな。そうすると「集落の教科書」も魅力的に見えてくる。

この本を読んでいると

「人口は過疎になっていっても、心は過疎にならない」
人口が減ってゆく町で看護師として働く寺島咲がそういう。いま日本の社会の大きな問題は地方の過疎化だが、大林宣彦監督の「野のなななのか」(14年)は、小さな町にこそまっとうな暮しがあると、静かに語りかけてくる(「なななのか」は、「七つの七日」「四十九日」のこと)。(同書190頁)


映画「君の名は。」に関して次のような文章もある。

こういう緑豊かな小さな町が、彗星の寄って消滅してしまう。そうさせまいとして、少年や少女たちが必死に走る。「国を守る」のではなく「町を守る」。その小さな視点が素晴らしい。(同書218頁)

ローカルでキチンと生きるということは、町を守ること、そして神は細部に宿り給うかもしれないな。

昨日は一週間遅れの父の日を祝う会ということで(それを口実に息子たちが食事に)我が家に長男夫婦・次男夫婦、そして孫たちが集合。大人6人、孫3人だと老夫婦には適正な小さな暮らしも、さすがにこれだけ集まると居間が狭苦しい。窓や襖を開けて換気をよくして、夕方から食事会。

長男夫婦から日本酒大吟醸、次男夫婦からは孫の写真入りのTシャツをプレゼントされた。父親としてはそれほど出来のよいわけではないが、息子たちは私よりは利発に、そしてのびのびと育ったような気がする。3時間ほど歓談、とはいえ部屋を走り回る孫たちを見守ることにも忙しかったな。

今日は長男宅に午後から子守のヘルプに行く。孫2号と遊んでいると、長男からスマホに電話がかかってきた。ふだんはLINEで連絡をとりあっているので、急用かな?と電話に出ると、急遽明日から一泊二日で東京出張に行かなければならず、明日・明後日も子守のヘルプに行くことになった。

次男夫婦たちも奥さんのご両親に子守のヘルプをしてもらっている。
いまの若い夫婦たちも、それぞれの両親のヘルプなしにはなかなかしんどいだろうね。

昨日、我が家の狭い押し入れで遊ぶ孫たち。
息子たちも小さい頃住んでいた借家の押し入れに二人でよく入って、襖に大きな穴をあけてそこから出入りしていた、猫と変わらないや。




繋がっていく2020-06-14 20:30

梅雨入りで天候不順なり、されど毎日10kmほどはジョグ&ウォーキングをしている。

それ以外は、読書。


藤井太洋の新作。CIAも研究者も警察もテロリストもみなしっかりしているけれど(それぞれの信条と技術がある)、コロナウイルスに対応する官僚組織を見ていると、ほんまかいな?と危惧するのは蛇足だろう。小説はスピード感があって一気に読めた。

日経Linux最新号を久しぶりに購入。

まだまだUbuntu 16.04を使用しているが、32bit版は18.04で終了だと今更ながら知った。
Ubuntuデスクトップは私には便利だが、Linuxデスクトップの利用状況はいまだに全OSの2%弱。日本語入力もいまだに2007年版「ATOK X3 for Linux」を使っている。Mozcは日本語入力が貧弱でATOKのほうがまだマシなレベルなんだよね。

ubuntu 20.04以降に移行するのは、新しいThinkPadを購入したときかな、いずれにしても2023年4月以降ということになるだろう。


利用している図書館がやっとこさ利用再開されて、読書生活にはやはり便利だ。

ジョグやクロモリロードで西宮・尼崎・伊丹・宝塚の各図書館に出向く、ちょっとした運動になるし。


『写真でみる日本生活図引』に収録された昭和30年から40年初めの日本の風景や人々の写真を、団塊の世代である林望氏が個人的体験も含めて解説していく。

目次からも想像される写真群。

チャンバラの剣士たち
荒っぽく、しかし仲良く
行水、束の間涼し
テレビ様降臨の日
夏休みと洗濯機
肥溜めの香り
聖なる汚穢
羞恥のありどころ
混浴という美風
鉾をおさめて 伊根浦の捕鯨
隠居の夢

写真を眺めていると、これって明治時代?と思うような写真もあるが、「ついこの間あった昔」なんだな。自分史を含めた昔にトンと興味はなかったが、自分の幼年期と繋がっていく。


柳田國男の自伝「故郷七十年」を読み始めると冒頭に、「故郷というものは、五十年がいきどまりと、かねがね思っていた」とある。
齢を重ねると「故郷は遠きに思うもの」という感慨を持つのかもしれないが、風俗も近しき人の記憶も繋がりは薄れていく、その薄れていく時間が五十年かもしれない。

私も故郷を去って五十年が過ぎようとしている、そんな感慨もあって、そして「ついこの間あった昔」の本に刺激されて、日本の古本屋サイトで土佐の本を検索していると、思いがけない本に行き当たった。

私の小学校時代に交流のあった家のおばあちゃんのひとり語りを、そのお孫さんが追憶の物語として繋げて紡いでいる。

宝塚の図書館に蔵書があったので、クロモリロードで向かい、借りて武庫川河川敷のベンチで読む。

衝撃

子供の頃、何度か遊びにいった不思議なお屋敷だったけれど、市井の人として鄙には珍しい、いや私が知らないだけで、土着故の凛とした生き方をした人々が実在したんだと驚いた。

詳しいことはまた後日、まとめて書いてみたいが、50年以上ぶりに風景、そして故郷の人々の心根に触れて、驚くほど腑に落ちるところが多い。

長く生きてみたことも悪くはない。

手元に一冊置いておきたいので、Netで検索すると、なんとhontoで電子書籍として発刊されている。画像データなので、検索や引用はできないが、終活に向かっている私としては電子書籍はありがたい。さっそくダウンロードした。



Tシャツ2020-06-05 21:33

梅雨入りは6月中旬ぽい、それまでは初夏のような晴天が続くようなので、身体活動。

2020年6月3日(水)
昼前にクロモリロードで中山寺まで行って、中山尾根をトレイルランしようと思ったら、周辺に駐輪場所がない。東進して阪急山本駅まで行き、最明寺滝への地道にロードバイクを駐めて、山道に入る。

満願寺への道は広くて走りやすいね。


満願寺に立ち寄って、参拝。



引き返して満願寺西山コースへ。このあたりでは珍しいミニ岩場をよじ登っていく感じ。暑くて汗が噴き出てくる。


ある程度上った場所から、霞んだ甲山方面を望む。

馬酔木の花が咲く尾根を何度かアップダウンするが、時間的に中山寺山頂まではとても到達しないし、ロードバイクを駐めた場所からますます離れてしまうことに、今更気づいた。
山手台のニュータウンに下りる道があったので、住宅街に下りて、歩道を阪急山本駅まで走り下りる。意外と傾斜があり、脚にかえって堪えるね。

ロードバイクの駐輪場所へ、そしてクロモリロードに跨ると、ランとライドの際に使う筋肉が違うんだろうな、脚に心地よい。山本駅南にある和菓子「菅屋山本店」に立ち寄って、わらび餅と田舎饅頭を購入。

ロードバイク 25km
トレイルラン 11.1km

6月4日(木)
昨日のちょこっとトレイランとはいえ、脚が削られたのだろう、とてもランニングする気分にはならないので、ウォーキング。気温30度越えになりそうなので、マスク着用もさすがに息苦しいので、まわりに人がいない場合は、マスクをずらす。

西北ジュンク堂に立ち寄って村上春樹新刊「村上T」を購入。コロナウイルスでともすれば鬱屈した(とくにお側用人と茶坊主に囲まれた現政権をみていると)気分になるので、前向きなTシャツ話もいいなと思う。

まっさきにハワイの古着屋でたまたま見つけて買ったTシャツ(Ⅰドル)が登場。胸に書かれていたのが「TONY TAKITANI」、村上春樹氏はこれにインスパイアされて、あの短編の佳品「トニー滝谷」の物語を抽出し、そしてこの作品は映画化もされた。1ドルなのにそれ以上の価値を紡ぎ出したTシャツというわけですね。

初夏から秋まで、私もほとんどTシャツ(下はハーフパンツか七分丈パンツ)で過ごすことが隠居後は多いな。すぐにジョグできるし。Tシャツは次男のお古がほとんど、とはいえ彼が独身貴族の頃に購入したスポーツ用の高価なものか、あるいは彼の趣味のマラソン大会の参加Tシャツも多いな。

このTシャツは私は完走していないのにメッセージ性が強いので、恐縮する(苦笑



村上氏もメッセージTシャツは苦手だと言っているね、たしかに相手がこちらのTシャツの文言を読んでいると思うととても気恥ずかしい気分になる。

Tシャツというと生駒山トレイルランしたときに、下りてきた町にTシャツの自動販売機があった、1000円ほどだったから買っておけばよかったな。

フラッとあるいてJR甲子園口へ。立ち飲み屋で呑もうかなと思うと、その店は定休日。

武庫川を渡って、阪神センタープール駅近くの立ち飲み屋へ。何度か訪れているが、密集していなくて気軽に呑める雰囲気が気に入っている。

午後2時頃、客は私のみ。店主と話すと「コロナで客足はさっぱりですわ」とのこと。でも休業はせずに頑張っておられる由、ビール大瓶・地酒一杯・カンパチ刺身・らっきょうで1600円なり。

ほろ酔いで帰路につくが、7km近く歩かないとダメやん。

ウォーキング 16.9km


6月5日(金)
再開された宝塚市図書館へ、数ヶ月借りていた本(閉館中は返却も自動的に延長となっていた)を返却。

近くに洒落た喫茶店があるけれど、こぢんまりとした店なので、焙煎豆も販売のみでオープンしている。武庫川近くの大きめの喫茶店で水出しアイス珈琲を注文、4月に入った頃がガラガラだったが、客足もだいぶ回復しているようだ。

ブラッとクロモリロードで走って、公園のベンチで読書。

梅雨前なので湿度は高くなくて、身体を動かすには気持がいい季節。
Tシャツがある程度、様(さま)になって、夏旅に出かけることができる身体を維持するために、ブラッと運動はいいかもしれないな。



余野街道・伊丹図書館などを巡る2020-05-27 22:03

昨夜は、コロナウイルスによる自粛のため長らく会っていない女友だちらとLINE。
来月くらいにひっそりと静かにお会いできたらいいかな。

今日は午後からクロモリロードで走る。余野街道からすこしだけ森の中に入ってみた。
別世界みたいだ。

伊丹のレストラン一番で刺身定食(かんぱち・味噌汁・ごはん小)ですこし腹ごしらえ。走りでエネルギーを使っていないけど、なんとなく寄ってみたくなる店だ。

予約本が届いていたので、伊丹図書館に立ち寄った。
入館者の名前・連絡先をカードに書いて、専用箱に投函。クラスター対策なのだろう。
閲覧席などを利用できず、滞在期間は30分ということが求められているので、館内も予想以上に人が少ない。コロナウイルス前から、Netで蔵書検索してから予約したり、借りたりしていたので、もともと滞在時間は少なかったけどね。


藤井太洋氏の作品をぜんぶ読んでいるが、スピード感があるのと、露悪的でないところが好みかもしれない。

新刊棚にあったので借りてみた。

昔にこんなことも書いているな。


日本の人口減は確定しており、廃村はより増えていくだろう。
しかし人々が生きた軌跡は、できれば残っていって欲しいな。

公園のベンチで借りた本を読む。梅雨前のまだ爽やかな五月の風。

のんびり走って40km



その傷もまた味になる2020-05-26 14:24

先週前半は気怠さが身体にあって、夏風邪みたいな感じだが、このご時世、加齢とともに不安はどうしても生じてしまう。さっさと早めに寝て(風邪をひくとやたら眠くなる)、戸外活動はウォーキング、でも身体が重かったりして厭な感じ。このブログでも風邪のことをよく書いているな。

後半は気怠さも無くなってきて、昨日は普通にジョギング&ウォーキングできる。
コロナウイルスのため、うかうかとケガをしたり病気になることも自粛せよみたいな風潮があるけれど、身体は自分の都合良くは動いてくれない。ましてや加齢とともに、人は遅かれ早かれ身体が故障がちになってくるのではないか。

10年前、57歳の頃、フルで働きながら毎月1,000Km以上ロードバイクで走り、いちどに100Kmから200kmほど走っても、遅速とはいえ疲れを感じることはなかった。当然ながら、いまはそれを夢だったように感じる。

うかうかと一週間が過ぎると、関西地方も緊急事態宣言が解除され、街に人出が戻ってきているようだ。この2ヶ月電車やバスに乗らず、移動は自転車か徒歩。昨日、武庫川河川敷からJRの鉄橋を通過する電車を眺めると、混雑していないとはいえ、以前より確実に乗客は増えているようだ。


利用している図書館(西宮、尼崎、伊丹、宝塚)も順次、貸し出し再開となっている。
旅の本を尼崎図書館で借りて読む。

「移動しない」というのは個々の選択だが、「移動できない」という制約は、人の精神も制約するものだろう。コロナ後は、旅の仕方も、行き先も以前とは違った傾向になるのではないかな。

日々は凡庸なできごとの繰り返しだが、山田風太郎「人間臨終図鑑」などを読んでいると、日々を凡庸に生きることのできるのは、いまここにある、たまたまの僥倖であることに気づく。加齢とともに、それを次第に感じていくのだが、コロナウイルスは、それを世界的に知らしめたかもしれない。

昨日はジョギング&ウォーキングで15km

後半は公園で缶ビールを飲んでしまい、ほろ酔いで歩いて帰宅。

マスクをするとやはり走りにくい。

村上春樹氏も先日の村上RADIOでこんなことをお話ししている。




「僕は毎日、大体、欠かさず走っていますけど。僕の家は、神奈川の結構、辺ぴなところにあるので、走っていて誰かとすれ違うということは、あまりないんです。東京の都心とは違いますから。だから走る時には基本、マスクはしません。マスクを着けて走ると結構、息苦しいですよね。早く、マスクなんかなしに気持ち良く走れる環境になると良いですね。プールにも行きたいですしね」

私もまわり人がいない場合はマスクを手に持って走っているな(苦笑

ただ河川敷ではなく、街中になるとマスクを必ずつけるけど(なんか雰囲気がねー)。

Brian Wilson: They Can't Take That Away From Me

を紹介した際の、言葉がステキ。


--------------------------------------------------
次はジョージ・ガーシュインの古いスタンダード・ソングですが、ブライアン・ウィルソンがポップな編曲でいかにも楽しそうに歌っています。“They Can't Take That Away From Me”、誰も僕から奪えない。何を奪うことができないのかというと、それは「僕が大事に持っている君の思い出」です。

 思い出って大事ですよね。もし思い出がなかったら、人生なんてかさかさの砂漠みたいなものです。みなさんもいっぱい思い出を増やしてください。歳を取ってからずいぶん役に立ちますよ。
---------------------------------------------------

たしかフジモトマサル氏もエッセイで
「心穏やかに生きるには、なにごとも遠い視点から俯瞰するのがいい。焦るな、その傷もまた味になる」というようなことを書いていた。

67年近く生きてくると、イヤな思い出も当然あるけれど、楽しかった・よかった思い出のほうが甦ってくる。そんな思い出がコロナ後も降り積もればいいなと勝手に思っている。


冷たい水の中をきみと歩いていく2020-04-28 21:27

昨日はクロモリロードで、義母宅にマスクを届けて、調子の悪いという電話機の子機をチェック。電話の子機はバッテリー部分の接触が悪かったようだ、問題なく動く。我が家の在庫のマスクをいくつかを渡した。マスク不足は十分に承知しているので、長男の奥さんが勤めている医院がマスクを購入するとのことなので、それに便乗させてもらい購入し、ネットでも比較的マシそうなサイトでマスクを注文している。

ほとんど人的接触はない隠居生活だが、外出するとマスクをしていないと非国民みたいな厭な雰囲気だ。帰宅後のうがい・手洗いが効果があるような気もするけどね。

マスクは咳エチケットなんやろね。

義母宅を辞して、クロモリロードで街ぶら。自粛!自粛!!と相互監視と他罰的な傾向がある空気感、ロードバイクで能勢(大阪です)の峠などで落車して救急車など呼んだら「自粛中なのに越境して勝手に事故ってけしからん!」などと言われるんやろか。

ほとんどの人は最後は情けなくだらしなく、病や老いで死んでいく、他罰的な人はいつまでも生きる自分を妄想しているのだろうか、ようわからん。

本を2冊購入。


継続して読んでいるコミックの新刊。


いまの空気感が形成される前に発刊された本だけど、他罰性はどこから来るのかを考える上で示唆に富むね。いずれにしても卑しい生き方はしたくないな、せっかく60年以上生きて、いまのところ身体性を維持している甲斐がない。

今日も午後から武庫川河川敷を例によって10kmほどジョグ&ウォーキング。

河川敷のバスケットコートで、中学生や高校生らしい若者がバスケに興じている。その姿を見るのがけっこう好きだ、ばかばかしいほど元気なのが当然に眩しい。

昨夜は、早めにベッドに入り、眠る前に谷山浩子・N.S.P・大瀧詠一の音楽を聴いていた。
「冷たい水の中をきみと歩いていく」の唄など聴いていると、夜の闇とあいまって、これが詩だね、孤独への親和性。

閑話休題

ドンキから「NANOTE」なるUMPC(超小型ノートパソコン)が5月1日から発売されるそうな。構成をみるとCPUは今更ながらのIntel Atom Z8350,そしてメモリ:4GB,ストレージ:eMMC 64GBとなるとWindows10をやっとこさ動かすことができて、マルチタスク作業は鈍重になるやろうね。ただ税別19,800円(税込21,780円)と廉価なので玩具としては面白いかも。

コロナウイルスで消費をほとんどしていないので、この2ヶ月の小遣い未消費分としても十分買うことはできるかな。ただ好事家がLinuxなどインストールしてLinuxマシーンとして活用報告してくれるまで、待つのもありかなっていう気もする(他力本願)。





はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2020 asyuu. All Rights Reserved.