四月、無職になった。2018-04-01 05:14

四月、私は無職になった。

3月30日仕事を終えて、他の退職の方と最後の挨拶をした。思いがけず涙が出てきたことに、自分でもびっくりした(苦笑 
合理的に生きていこうとずっと決めていたけれど、40年近く組織人として生きてきたので、想像以上に組織人としての自分が形造られていたのだろう。
職場の方々からお餞別のお菓子などいただく

今の組織や人々を憎んだり愛想を尽かしたりして、辞めるわけではない。でも組織人とは異なる言語や生活スタイルをしたいという欲求が高まってきたので、1年早く組織を辞することになった。

30日の夜は、旅行仲間の女友達、今年度で定年・再雇用で働くハイキング仲間の男友達らと慰労会をした。3時間飲み放題コースなのに、皆さま飲むスピードが速い。

女友達らとは、海外旅行に今年も行くことになるだろう。

退職後はメリハリのある生活をしたいので、一週間ほど前から夜は9時から10時頃には就寝、朝は5時から7時のあいだで起床する生活を始めた。
昨日は妻と来週のスケジュールをチェック。しばらくは退職後の諸手続で三宮に出かけることも多いようだ。

昼は長男と孫で近くの公園でお花見。出来合いのサンドイッチやフランスパンで、赤ワインを芝生の上で飲む。孫と花見して、お猿さんの大道芸などを見てから帰宅。



帰宅後、2時間ほど昼寝。

夕方には長男・孫、そして仕事を終えた長男の奥さんが来宅して我が家で夕食。
日本酒「百黙」を飲む。
長男の奥さんは第二子がまもなく妊娠5か月になるので、来週は皆で中山寺に安産祈願に行く予定だ。長男・次男の奥さんはどちらもしっかりされた女性で、親としても安心して息子たちを任せることができる。私たちとは違った夫婦スタイルで、家庭生活を営んでいくことができるだろう。
長男と孫


四月になったばかりなので、肩書きは「無職」のみだ。
締め切りや業務達成などという概念はないので、新たな仕事をするのか、どんな経済生活を送るのかはゆっくりと考えていく予定だ。



はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2018 asyuu. All Rights Reserved.