雨の週休日2017-06-21 19:36

週休日なれど雨、ロードバイクに乗れないので、まずは散髪屋で短髪にしてきた。

■ThinkPadのACアダプターを注文
私の母艦ThinkPad X220(Ubuntu 16.04&Windows 10のデュアルブート)と妻のThinkPad T400(Windwos7)のACアダプターは共通仕様なんだが、両方ともコネクタ部分の断線、断線まぢかという状態になったので、Amazonで2個注文した。

まだまだ現役稼働させたいので、必要経費ということになろうか。

■DM200でLinux?
ポメラDM200上でDebian Linuxを走らせている猛者がいる。

Pomera DM200 Linux 動作テスト

すごいね。ポメラは確かDM100からディスプレイは本来カラー液晶だが、それをモノクロ表示させていたはず。だからこの動画でFireFoxがカラー表示できるのも不可能じゃないだろう。

それにして128Mのストレージ容量でLinuxを動かすとすると、CUIかウィンドウマネージャはタイル型などメモリーを消費しないものを選択するということになるだろう。

ただこのためにDM200を買う予定は無し(苦笑

Xubuntu 16.04 on ASUS X205TAが安定稼働しているし、Android版YOGA BOOK上でLinuxエミュレータのTermuxも動かせるし、こちらのほうがストレスもなくキビキビと稼働するでしょう。

■フィッツジェラルド短編集
若者はみな悲しい (光文社古典新訳文庫)
Kindleで読書中。村上春樹の短編集と共通するところがある。
「冬の夢」は「今は亡き王女のための」を
回転木馬のデッド・ヒート (講談社文庫)収録

「こどもパーティ」は「蜂蜜パイ」を想起させる。
神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)収録


村上春樹はフィッツジェラルドにインスパイアされているので、共通点があっても不思議ではないだろう。

ひさしぶりに良き文体を読んだ感じ。

■隠居生活準備中
来年3月末で現在の職場を退職することは公私ともに宣言している。
週休三日制、有給も取得しているので月に半分ほどしか働かないし、職場環境は悪くはない。にもかかわらず65歳までの再雇用期間を1年短縮するのは

・頭の回転速度があきらかに落ちてきていること
・40年近くの組織人としての生活に1日でも早く「自らリタイア」すること

が大切だと痛感しているからだ。

65歳となり傍目にも明らかに仕事ができなくなっているにもかかわらず、組織にしがみつく人々を見てきた。この人たちには「やせ我慢の哲学」はないのだろうか?と若い頃に不思議に思っていた老人に私もなりつつある。

ズルせず自分なりの愉しみをみつけてささやかに生きていくというスタイルを、私は選択したいと昔から考えていた。

だから組織を離れざるを得ないのではなく、「自らリタイア」するというスタイルが自分には必要なのだろう、あとでちょっとは後悔するかもしれないけど(笑

午後からは皮膚科へ。顔の小さなシミを窒素ガスで焼いてもらう。現時点では顔がちょっとヒリヒリしている・・・



サドルの上の自由と3万km2017-06-18 21:15

昨日は長男夫婦と孫が来宅して、家族で夕食。孫と遊び、例によって日本酒を飲んで長男夫婦らが帰ると、すぐに爆睡。

今朝は午前6時半起床、「NHK - Cycle Around Japan: From Sea to Mountains, Spring in Ehime (2017) 」を観る。四国カルストへの道、いいなぁ。


気分がひとり盛り上がってきたので、午前8時半すぎ、カーボンバイクで発進。
一庫ダムー106号線と北上して、ひいらぎ峠を越える。

今日は集団で走っている人が多く、ビシバシと追い抜かれる。マイペースでライドを愉しみましょう。

亀岡旧道を走り、谷性寺近くの「ききょうの里」がプレオープンしている。
ききょうの花は咲き始めのようだ。

農道を走ると田んぼには白い鳥が群れでいる。

73号線を東進。お気に入りの佐々尾神社で休憩。「亀岡の自然100選」の案内をよく見るけど、すべて1日で回るのは無理か?


千代川町北の庄から短いが静かな峠を越える452号線に、左折して入る。

無名の峠を越えると南丹市。

左は竹林、右は雑木林。静かな道だ。

八木の旧道から大堰川沿いを走る。

新しい案内板が設置されている。

ロードバイクを停めて、ついつい読み入ってしまう。

大堰川沿いの道を走ってみた。

2015年に廃校となった吉富小学校、プールもなんか寂しそうやね。
堤防道路は遊歩道程度で短い。

下りると鳥羽宿の案内板。

JR吉富駅から454号線に入り、お気に入りの無名の峠を越える。

木陰で栄養補給。昔はちゃんとした店でランチなどをしていたが、汗だくのレーパン姿、それに食べ過ぎると走るのが億劫になるので、もっぱらコンビニで栄養補給しているな。隠居生活に入って、ちょい住みライドを始めたら、もうすこしグルメっぽく走りたい(苦笑


新世紀第2トンネルを抜け、亀岡旧道ーひいらぎ峠ーR477ー大槌峠を経て能勢妙見口に下ってきた。


午後4時前に帰宅。

走行距離 117.5km

今日でカーボンバイクの走行距離が3万Kmを越えた(30,061km)

2011年1月から乗り始め、北摂・丹波仕様のバイクだ。

他にクロモリロードとシクロクロスを保有しているが、
クロモリロードの走行距離は34,283Km
シクロクロスは山用なので2,800kmほどだ。

ロードバイクに乗り始めて、まもなく10年。
サドルの上での自由を楽しめたような気がする。
・身体を壊さず
・事故に遭わず
帰宅したら「自転車の神様」に感謝する生活をまだまだ続けていきたい。
そして隠居後はまた違った意味での豊かな自転車生活を過ごしてみたいと思っている。

帰宅してシャワーを浴びてビールを飲んでいると、次男夫婦が来宅。父の日のプレゼントを二人からいただいた。次男の奥さんは妊婦だけど安定期に入り、元気そうだ。

昨日は長男夫婦と会食、今日はお気に入りライド、父の日のプレゼントと
それなりに愉しい週末でしたわ。
17歳になった孫も見てみたい(笑



今年もピクニックガーデンフェスタ2017-06-11 22:11

今日は仁川の阪神競馬場で開催された「ピクニックガーデンフェスタ」に長男夫婦・孫と一緒に行ってきた。昨年も訪れている。

孫と阪神競馬場へ(2016.6.12)

競馬などのギャンブルにはいっさい興味はないけれど、サラブレッドはやはり美しい。

屋台グルメでスモークターキー、キッシュ、ホットサンド、カレーなどを買って、そして当然ながら瓶ビールをコップに入れてもらい、芝生のベンチで皆でランチした。

今日は薄曇りで暑くもなく、昨年はまだ生後8ヶ月だった孫も今年はまもなく1歳8ヶ月。


子供の成長は早い。昨年の今頃は次男は婚約中だったけど、昨日は中山寺で安産祈願。

そして今日は長男夫婦・孫とともによく歩いた。

帰路に西宮ガーデンズに寄って孫の夏服をチョイス。

自転車人・言語再構築とともにジイジとしての役割も増えていきそうだ。




久しぶりの病院と「退屈なことは〜」2017-06-07 20:25


今日は雨、午前中は近くの皮膚科に行ってきた。
歯科受診を除いたら、今まで病気やケガをしたことがないので病院にかかることはほとんどない。今回も3年ぶりの受診(前回は歯科受診)なので健康保険証を探したりしていた(苦笑

先月から額に突起物ができて、それが次第にイボ状態となりぷっくりと膨らんできた。長男も最近おなじようなものができて、皮膚科で除去処置をしてもらったということなので、受診した。
ウィルス性のイボで放置すると拡がる恐れもあるという。オーソドックスな液体窒素でイボを除去する施術をしてもらい、問診も含めて10分ほどで終了。

イボのできる原因は要は加齢と免疫力の低下によるものらしい。
まもなく64歳、だから最近ロードバイクで100km以上走るとグッタリと疲れるんだ(爆

受診した皮膚科は息子たちが幼児の頃にできた病院だけど、私は皮膚科受診は初めて。妻から何度か息子たちを連れて行ったことがある、だから長男もその病院を受診したんじゃないかなと言っていたが、まったく不案内だった。

病院はどこも混んでいるので、待合室ではYOGA BOOKで電子書籍を読んでいた。
最近は蔵書を増やしたくないので、なるべく電子書籍を選択している。hontoやKindle形式ではなく、PDFやEPUB形式の書籍が汎用性が高いのでそちらを選択したいがコンピュータ関係の書籍関連以外ではやはりKindleなどを利用せざるを得ないのが難点かな。

ずっしりと重い話題のこの本も電子書籍では持ち歩くことができる。
退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング
英語が読めればこのサイトでも十分だけど、英語力が貧弱な私にはちょっとしんどい。

そして著者による「Udemy」オンライン学習サイトも利用できるようだ(現時点で1200円と廉価)。
Automate the Boring Stuff with Python Programming


「Udemy」は日本では2015年にベネッセが米Udemy社と、包括的業務提携契約を締結してサービスを提供・サポートしている。AndroidやiOSにも対応したアプリがあるので、PCだけではなくタブレットやスマホからもアクセスできるし、ダウンロードもできるようだ。

さっそくサインインしてYOGA BOOKにダウンロードしてみた。

趣味なので、気軽に視聴してみようと思うが、なかなか時間はないけどこれも隠居生活後の予行練習といったところか。

関西地方も梅雨入り。明日は仕事をして、明後日は有給をとってロードバイクで軽く走る予定だ。


「勉強の哲学」と組織言語2017-06-05 21:32


先日の日曜は午後からクロモリロードでポタリングしたのみ。

自転車日和だけど隠居後の生活などを考えながら、ちょっと走った。
江戸時代に将軍献上のためにこの道を、長崎から江戸まで当時は珍しい象が運ばれたそうだ。

夜は長男夫婦宅でイタリア家庭料理を振る舞われた。長男が「隠居したら暇になるだろうから、大学で勉強し直したら?」などと言っていた。
よく隠居したら
・旅をする
・勉強をし直す
などということが人気項目としては挙がることが多い。

観光地を巡る旅には興味はないので、地方都市にちょい住みしてロードバイクでブラッと走ったりはしたいな。

「勉強」とっても衒学的なものには興味が無くて、新たな言語を再構築しなければならないなと感じている。仕事を進め、碌をはむために使ってきた組織言語は40年という組織人としての生活の中で自分の心身にまとわりついている。それはある意味快適で、同時に自分を制限づけてきた言語だ。
隠居すればそのような組織言語は、たぶん何の役にも立たない。組織言語を引っ剥がし、新たな言語を好奇心をもって学んでいくほうがよいだろう。

だからこの本をちょっと読んでいる。
勉強の哲学 来たるべきバカのために

人は永遠に生きることはできない。だからこそ「偶然の旅人」としてしばし生きていくのが大事かもしれない。

1歳7ヶ月の孫は生命力に溢れている。

孫は可愛いが、誤解を恐れずに言えば私たちの生き甲斐ではない。私たちは「後になるべき先の者」として生きていくのが大事じゃないかな。





クロモリロード(神崎川ー安威川ー西国街道)2017-05-27 21:12

ここのところ気乗りがもうひとつしない。経済的・家庭的に悩みがあるわけじゃないけれど、たぶん組織言語から次第に離れつつある副作用みたいなものかもしれない。

こんなときはクロモリロードでポタリングに出かけよう。

来年からの隠居生活では私の脚になるだろうクロモリロード、バックパックにYOGA BOOKなどを放り込んで戸外で文章を作成したりするだろう。

午後12時半すぎに発進、尼崎下町を走って神崎川自転車道へ。そのまま上流方向へ、安威川との合流地点で安威川沿いの道を北上する。安威川右岸をいつもは北上するが、今回は左岸を走ってみた。


途中、雑草茂る道から堰堤のような場所に上ってみると、地道があり左右に川が流れている。

遊ぶようにしばしグラベルロードを愉しむ。


左岸の道に再度下りると、増水時には水浸しになるのだろう、所々に砂の堆積物が残っている。ジョガーも散歩している人もおらず、設置されている木製のベンチも度重なる増水のためだろうか傷みが目立つ。

川沿いは工場が多いようで、住宅地が近づいてくると雑草も少なくなり散歩している人も増えてきた。見慣れた道路が見えてきたので堤防道路に上がると西国街道に合流。

西国街道を西進。途中のタコ焼き屋をいつも気にしていたが、今日はタコ焼きを購入してバックパックに入れる。公園でおやつとしてタコ焼きをいただく。ソース+マヨネーズをかけたオーソドックスなもので、ロードバイクに乗っていると何でも美味しい。


まもなく乗り始めて10年になるクロモリロード。無名の鉄馬だけれど、乗っていて楽しいバイクだ。フレーム以外はほとんどデフォルトから交換している。


午後4時半過ぎに帰宅。
走行距離 65.7km


ジロ・デ・イタリアも最終ステージが近くなった。デュムランがまさかのトイレタイムロスで、タイム差を減少させ、昨日時点ではマリアローザの行方は最終日までもつれそうだ。

YOGA BOOK(Android Wi-Fi版)でもDAZNを視聴できるようになった。DAZNは便利なのは巻き戻し視聴ができるくらいかな。もうひとつ魅力がわかりにくい。




ピンポン2017-05-19 21:30

最近はひどく疲れている、たぶん身体も精神も加齢による疲労を来たしているのだろう。
帰宅後はサイクルロードレースを観たり、Amazonプライムビデオで映画を観たりしていた。
■映画
「ピンポン」
【Amazon.co.jp限定】ピンポン スペシャル・エディション(ポストカード付) [Blu-ray]
有名なコミックの原作を映画化したもの。王道のスポーツ・青春物語だけど、宮藤官九郎の脚本もあってテンポがよろしい。

「茄子シリーズ」
茄子 アンダルシアの夏 [Blu-ray] 茄子 スーツケースの渡り鳥 [DVD]

やはり名作やね。

「下妻物語」

下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]
尼(尼崎市)市民としては劇中の「尼はジャージで生まれてジャージで死んでいく」という説明は、笑うところだろう。尼に住んで35年、気取らなくて住みやすい街やけどね。
ロリータとヤンキーの少女の友情をこれも小気味よく描いている。亡くなられた映画好きの先輩がこよなく愛した映画で、彼は何度か映画館に足を運び、この映画の素晴らしさを熱く語ってくれた。
私よりは彼は遥かに教養もあり、隠居生活の先達として学ばせていただきたいことがあったのに、私は彼よりも長く生きてしまっている。

結局、自分の隠居スタイルは自分で模索していくしかないのだろう。

■読書
「みみずくは黄昏に飛びたつ」

みみずくは黄昏に飛びたつ

インタビュワーの作家川上未映子氏の突っ込みのお陰で、なかなか面白い構成になっている。
村上春樹氏はほんまに自分の作品を読み返さないし、覚えていないんだ・・・
出力中心の作家ですな


「森の京都」

別冊Disocover Japan_TRAVEL 森の京都 (エイムック 3650 別冊Discover Japan_TRAVEL)
Dマガジンで読めるようになっていた。ロードバイクで走るには魅力的なエリアが満載だ。

「播磨の峠ものがたり」

播磨の峠ものがたり
播磨方面はロードバイクで日帰り走行するにはちょっと遠い。未知の峠が多いので、隠居後に走破してみたい。

■孫の子守
今日は長男夫婦が仕事で遅いので、早めに仕事を切り上げて妻とともに孫の保育所迎えに行ってきた。妻との待ち合わせにすこし時間があったので、YOGA BOOKでブログの下書きをしていた。

公園のベンチで青空の下、タイピングする。



通りすがりの人からみるとかなり変なオヤジですわ。

保育所に迎えに行くと、孫は私たちとそれぞれ手を繋いで家まで歩いて帰る。
保育所ー自分の家の道のりがわかっているようで、自宅が近づくとチャンと路地を曲がって玄関先に向かう。

部屋に入らず玄関先の庭でしばし孫と遊ぶ。

1歳7ヶ月、なかなかやんちゃになってきた。

日々の生活にちょっと疲れていたが、すこし元気になった。

夕飯は外食。妻とビールを飲みながら蕎麦屋で軽くしめる。





はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2017 asyuu. All Rights Reserved.