人をまっすぐ立たせておいてくれるのは、決まった習慣だ2020-04-09 23:24

今日もジョギングしながら、公園で本を読む。

バックパックに入れたタブレットにダウンロードした本を読む。


読んでいると桜の花びらが舞い落ちてきて、見上げると満開の桜。


ついに尼崎市の図書館も明日10日から臨時休館となった。
HPや玄関には次のように表示されている。
<期間>令和2年4月10日(金)~当面の間

・原則、図書の返却と、予約図書の貸出のみを行います。

・返却及び予約図書の受け渡しカウンター以外の場所は、閉鎖します。

・書架への立ち入りや、新聞・雑誌を含む資料の閲覧はできません。

ジョギングの途中立ち寄って、短時間で本を数冊借りる。

この本にこんな文章がある。

『まわりの全てが崩壊してしまったとき、人をまっすぐ立たせておいてくれるのは、決まった習慣だ』

崩壊とはいえないが、人生100年時代というのが妄言だったと思われるような世情、しばし生き延びて来年の春には四国の谷を巡ってみたいなと妄想している。

この文章が美しい。

街をジョギングしていると、飲食店も休業や持ち帰りサービスを実施する店が多くなっている。いまケガや病気をすることができないので、人と接せずにジョギングやウォーキングで身体を維持するしかないだろう。

adidas Training - 自重トレーニング専用筋トレアプリ by runtasticをタブレットにインストールして、自室でときおり利用している、けっこうきつい。

阪神淡路大震災の時には私は41歳、体力は十分にあった。今回の見えないウイルスに直面している私は66歳、なんとかまだ余力があると信じるしかあるまい。

人をまっすぐ立たせておいてくれるのは、決まった習慣だ

この言葉をしばし反芻しよう。




土佐好古史談2020-04-06 22:38

桜は満開、でも鬱屈した世相は変わらない。

週末は孫守の手伝い。長男夫婦たちは老人である私たちへのウイルス感染を危惧してくれているが、息子たち・孫たちは運命共同体、孫たちと遊ぶと体力もアップするので悪いことじゃないだろう。

武庫川の桜は満開。

今日、スーパーに買い物に出かけると、とくに買い占めは生じていないようだが、カップ麺の棚にけっこう空きがある。私はときおりカップ麺などのジャンクを無性に食べたくなるので、3個ほど自分用に購入。あとは生鮮食品のみ。

旧い本をgoogl play booksで読んでいる。Dマガジン、Amazon Kindle,honto,青空文庫と電子書籍を利用しているが、Play booksでは著作権切れの古書を読めるようだ。

いま面白いのは、高知の郷土史家・寺石正路(慶応4年9月2日(1868年)ー昭和24(1949)年12月23日)著作の「土佐好古史談」

真覚寺日記、もともとは「地震日記」「晴雨日記」という表題で、現在の土佐市宇佐の真覚寺の僧侶・静照(じょうしょう)が書いたものも紹介されている。

安政(1858年)のトンコロリ(コレラ)の流行の際、
「誰言ふとなく唐辛(とうがらし)を頭上に頂けば病来らずとて男女共頭に辛を頂く 遠方より見れば簪(かんざし)の如し

比時静照師は戯れに左の狂歌詠じた

髪のある人は理屈がよけれ共 坊主頭はせん方もなし」

迷信がまだまだ跋扈する江戸末期に、知的な存在としての住職日記は、知的高潔さを感じさせる。いまの下品なマスコミとは当然ながら比べることなどできない。

「土佐史蹟巡遊」という本では浦戸湾内巡航船で桂浜・浦戸を訪れる記載がある。

「共日巡航船 に て 内海 を 航 し 午後 二 時 長濱 に 着 し 同 地 小学校」と記載がある。

「浦戸と長濱とは土佐の鎌倉と江ノ島である 其風光に富み海山 の 景色 麗しく 然も 名社古刹や英雄偉人の墳墓古跡も多くして 旦 城市に近く四 時の遊 者 をして 容易 一日の清遊を試みしめ 風詠と懐古の威 を併せ得せしむる所は相似て居る他日四国鐵道貫通の 暁には 室戸岬と相待ちて必ず日本名勝地の 一に挙げらるる事は疑をまたぬ所である」

私の生まれ故郷は江ノ島みたいにはならなかったが、桂浜は観光地として高知を代表する土地となっている。

宮本常一の民俗学の本を読んでいると、埋もれた史家の文章も面白いなと思う。
世相が不安定になると(阪神淡路大震災のときもそうだったが)、現在の小説などはなぜか読みたくなくなる。大正・昭和初期の市井の学者の本が、みょうに好ましい。


隠居生活3年目2020-04-03 22:36

どんよりとした世相にうかうかと過ごしていたら、今月で隠居後3年目に突入。

組織人としての垢はすっかり落ちたというか、ほとんど思い出すこともない、所詮そんなていどの職業人だったのだろう。再雇用で働く期間を1年早めて退職したが、経済的損失はあったとはいえ、精神的には本来の自分にはやく戻ったような気がする。

本来の自分といっても、元来器が小さく、非社交的なので、静かに日々を送っていくということで、身体に痛みもなく体調もそれほど違和感がなく、日々を過ごしていければ良しという気もする。

退職後1年目、旧組織の「権力に阿るものはいつか権力に裏切られる」という態様を遠くで眺めていた。
2年目、小権力者として傲慢だった人が「奢れる平家は久しからず」という態様になっているのを、より遠くで眺めていた。

器が小さいゆえに、凡庸な組織人でよかったなと正直思っている。

とはいえ昨年6月頃、健康を害して、その面では傲慢な自分がすこし控えめになったかな、人は平等に年老いて、そしていつかは滅んでいく。

今日は午後から武庫川河川敷をジョギング。

コロナウイルスの鬱屈からしばし解放されるのだろう、老人と高校生以下の子ども達で河川敷は賑わっている。三密ではないので、河川敷は好まれるんだろうな。


フラッと走って12.5km

ウイルスに罹患することを防ぐ完璧な手段はないだろう、とするとせめて罹患したときに堪え忍ぶ身体を自分に期待するしかないかもしれない。
ダメなら諦めも肝心だろうな、じぶん。

帰宅後、本を並行読書。

今日のような凪の時間は意外とそれほど、自分には残っていないかもしれないし、予想に反してしばしあるかもしれない、ただ見たい風景と会いたい人には逢っていたほうがよいかもしれないね。

今日のジョギング中の音楽は石崎ひゅーいのアルバム。ジョギングとの親和性はかなりある。



日常と「朱夏」2020-03-20 22:03

世の中、閉塞状態、でも隠居は日々を淡々と生きるしかないだろう。

コロナウイルスの影響で、西宮・伊丹・宝塚と利用している図書館が3月末まで閉館となり、近隣では尼崎市の図書館のみ開館している。ただ自習室や閲覧席は利用できないので、昨日、中央図書館に訪れても来館者は数名のみ。日常、図書館に長時間いる隠居老人が利用しなくなったことも影響しているのだろう。

読了した本。


「ていねいなくらし」が欲望資本主義に翻弄されていないというライフスタイルということか。松浦弥太郎氏に対する違和感がなんとなくこの書籍でわかったような気もする。自己啓発と暮らしのカタログ化、彼はそれを美しく陳列する才能があるのだろうな。


金子光晴の旅と写真家としての著者の旅を重ね合わせる。
引用されているこの詩が心に残る。
----------------------------------------------
「南方詩集」
神経をもたぬ人間になりたいな
本の名など忘れてしまひたいな

女たちももうたくさん。
僕はもう四十七歳で
近々太陽にあたりたいのだ。

軍艦鳥が波にゆられてゐる。
香料列島が流し目を送る。

珊瑚礁の水が
舟の甲板を洗ふ。

人間のゐないところへゆきたいな。
もう一度二十歳になれるところへ。

かへつてこないマストのうへで
日本のことを考えてみたいな。

-------------------------------------------------

私もまもなく67歳、やっとこさこの詩の気分になってきた。


名だたる書評家である北上氏にしても、息子二人の前では普通の父親なんだな。もちろん子育てと関連して多くの小説などが紹介されているが。

私は凡庸な父親だったので、息子たちの見本にならず、邪魔でもなかっただろう。何度も申し上げたように「苦労は買ってでもするな」と息子たちに接してきたくらいかな、あとは楽しく遊ぶのも大事って事くらいか。

今週は長男が残業続きだったので、妻とともに夕方から午後9時くらいまで長男宅で孫守の手伝い。息子たちは結婚して子供ができて、「朱夏の時代」をそれぞれ生きている。
私たちも経てきた時代だからこそ、「玄冬の時代」に入った私たちもすこしは役立つことがあるだろう。


大腸癌のため58歳で亡くなった新聞記者の連載作品と日記。死はたぶん日常生活の終焉、だからこそ日々のなにげない生活を愛おしく感じるだろう。
世の中が落ち着いたら旅にも出たいね。



坂東眞砂子氏(氏も癌で逝去されている)の次の文章がすてき。

「時たま、最近の日本の小説を読んだりして、何か精神的に汚れた気分になる時がある。そんな時、私は寺田寅彦の随筆を読みたくなる。心が洗われるのだ。」(同書17頁)


「田園雑感」「郷土的味覚」などの短いエッセイは、故郷土佐を題材にしている。大正10年、昭和7年とそれぞれ旧い時代に書かれているのに、私の感覚とそれほど齟齬を感じない、それも魅力かな。

風邪からくるぜん息で体調が悪かったが、ほとんど直ったようだ。
桜もまもなく開花、ロードバイクでふらっと回ることになるかな。




睡眠スコア2020-03-05 22:18

新型コロナのため、街もどんよりとした雲が覆っているような感じ。
もともと独りで遊ぶ(ウォーキング・ジョギング・ロードバイクなど)ことが多く、電車やバスに乗ることもなく、人混みに出かけることもない。

ジョギングをしていると一斉休校中の子ども達が、高架下・河川敷・公園などで友人らと遊んでいる。私を含めた愚かな老人たちが決めたことを、彼らには軽やかに乗り越えていって欲しいなと思う。

穏やかに暮らすには、いま喧しいマスコミの「冷静に、冷静にと囃し立て」のスタイルや、どこで何が起こってかわいそうでというメディアのコントロールされた情報はいらないだろうな。

今日は午前中はスーパーに買い物。トイレットペーパーやティッシュはあいからず陳列台にはないが、その他の商品は普通に買うことができるね。

ジョギングやウォーキングで立ち寄った公衆トイレのトイレットペーパーもちゃんとあって、盗まれるほど人心は荒れていないということか、見た範囲だけど。

粗雑な言葉が溢れているので、詩人のエッセイを読了。
人生の特別な一瞬

昨年三月に訪れた高知の安芸の海を思い出したな。

Miスマートバンド4をずっと装着している、22gと軽量でシリコンのベルトも馴れると快適だ。睡眠スコアは起床したときの感覚と一致しているような気がする。


ただ30分ほどの昼間や食後のうたた寝は認識しないようだ。Master For Mi Bindというアプリで管理できるようだが、Xiaomiのアプリmi fitと競合しそうなので、利用は控えている。

老人になると睡眠と運動管理が必要となるので、意外と役立つガジェットやね、安いし。

一昨日ジョギング 12km
子ども達が公園で元気に遊んでいた。

昨日ウォーキング 8.3km
冷たい雨。

本日ウォーキング 10km
北風強く、ときおり雨雲通過。



誕生日会2020-03-02 22:42

昨日は妻の早めの誕生会(3月3日生まれだが)を我が家で開催。夕方に、長男夫婦・次男夫婦、そしてそれぞれの孫たちが我が家に集まってくれた。
なにしろ狭い家、コロナウィルス的環境としては望ましくないだろうが、息子夫婦たちは免疫力が高そうなので、隠居の私たちが気をつけたほうがよいかもしれないな。
まぁ、正直感染者は世の中にウヨウヨいるだろうし、抵抗力が低下しないことを願うしかないかもしれない。

午前中にスーパーに食材を買いに出かけたが、トイレットペーパー・ティッシュはデマとわかっていても在庫がないと不安(ましてや陳列されていないのだから)が高まり、みな買いだめしたんだろうな。

我が家はあらかじめそれぞれ相応のストックがあったので今のところは1ヶ月以上は十分保つかな、息子夫婦たちも定期的にストックしていたようで、「そんなことになっているの?」と驚いていた。
孫3人(4歳、2歳、1歳)からの攻撃を受ける私(66歳)


長男の孫1号のみが我が家にお泊まり。
例によって川の字になって3人で寝る。今朝、長男の奥さんが孫1号を迎えに来た。

孫たちは保育所なので、今回の場当たり的な一斉休校の対象外だが、なにかあれば応援態勢に入る必要があるだろう。

今日は午後からクロモリロードで図書館へ。心なしか来館者が図書館も少ないような気がする。


さもしい行動と粗雑な言葉に溢れている今だからこそ、読む本と写真集。

「丹波路回想」という写真集は、ロードバイクで走った丹波路の写真が多く掲載されていて懐かしいね。



Mi Smart Band 4のある生活2020-02-28 21:48

日本のトップの迷走ぶりに、そして「私が責任を持つ」といった人の中で責任をとった人は皆無というリアルを見てきた隠居としては、最近の出来事に暗澹とした気分になる。

マイナスの言葉が溢れそうなので、スマートウォッチのことなど書いてみよう。

Mi Smart Band 4
で遊んでいた、けっこう使えるね、これ。

一日、こんな感じで使っている。

■起床
毎日、スマホのタイマーを設定していて、バイブで起床することにしているが、再度うたた寝して寝過ごしてしまいそうなことがある。
その防止のため、装着しているBand4のタイマー設定して10分後にバイブするように設定。腕への振動なので、寝過ごすことがすくなくなるだろう。

昨夜の「睡眠スコア」をチェック。
睡眠時間、入眠時刻・起床時刻、深い眠り時間・浅い眠り時間・覚醒時間を確認できる。

心拍数で上記の計測をしているようだ。
心拍数検出を「自動心拍数検出と睡眠アシスタント」に設定。

検出頻度はバッテリー消費も勘案して、10分に設定。


以上の設定で、身体感覚と同じような睡眠スコアになっているようだ。
加齢とともに睡眠の質は悪くなっているような気がする、途中、小用で目が覚めたり、長時間睡眠をとってもスッキリとはしていなかったり。不眠症でないのはマシと思わなければならないか。


■ここが便利

なにしろ廉価なのでApple Watchのような高機能さはない。でもAmazon Kindle UnlimitedでApple Watchの解説本を何冊か読んだけど、信者みたいなものやね、神経症的な使い方だ。バッテリーもせいぜい1日しか保たないみたいだし、高価。

Band 4は機能が制限されているが、電話受信・アプリ通知をバイブで知らせてくれるのが便利。

・電話受信
スマホをバックパックに入れていたりすると、電話の着信に気づかないことがある。ほとんど電話がかかってくることはないが、家族からの急用、義父の特養施設・孫の保育所からは他の家族に繋がらなかったときには私のスマホに電話がくる順番となっている。

めったにない着信だけに気づかないこともあったが、Band 4を装着していれば気づかないことが減少する。

Band 4から電話に出ることはできないが、誰からの(電話帳に登録されていれば)発信かディスプレイに表示される。

・アプリ通知
LINE,みてね、スケジュールアプリ・ジョルテ、Y!天気、ドコモメールなどからの通知もバンドがバイブする。
Y!天気の「雨雲接近」通知がかなり便利。ロードバイクで走っているときなど、雨雲回避に役立つことが多い。

LINEやみてねなどはコメントの一部が表示される。

・音楽

Amazon MusicのアルバムなどをBand 4から曲送り・音量調整ができる。
スマホをポシェットなどに入れているとき、開けずにコントロールできるのは意外と便利。老人になると、ポシェットを開ける際に他のものを落としてしまう危険があるし(苦笑


・その他、Band 4からスマホを探したり(スマホが鳴る)、スマホからBand 4を探したり(Band 4がバイブする)することができる。それほど使う機能ではないだろう。腕時計を上げて見る仕草をするとディスプレイが自動点灯する。


・ワークアウト
万歩計として機能。GPSをオンにすれば、地図トレース、心拍の変化、高度差、分/1kmなど詳細な分析も可能。でも日常生活ではそこまで分析する必要もないだろう、Appleみたいに神経症的なことは意味がない。

■Band 4とGoogle Fit

両者を連携するとBand 4のアクティブティや睡眠データ、心拍数・体重のデータが自動的にGoogle Fitに保存される。Band 4の保存記録が一ヶ月が上限のようなので、データが増えてくると役立つかもしれないね、知らんけど。



定価4000円弱、Amazonポイント残余(ブログからリンクして購入してくれた人に感謝)がいくらかあったので、実質3000円ほどで購入。十分に、あそべるガジェットやね。
23gと軽量なので就寝時に装着していても違和感がないし、バンドも皮膚に対する違和感がない(猛暑になるとわからないが)。


ディスプレイはめちゃ小さい、ウォッチフェイスはいくつかMi Fitから選択できるが、老眼などで見にくいし、戸外では発色が弱い。でも時計型のフェイスにすれば、なんとなく時刻はわかるかな。


今宵はトレイルランの雑誌を読了。

春になったら琵琶湖の山もハイク・ランしてみたいな。





はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2020 asyuu. All Rights Reserved.