映画「あらうんど四万十〜カールニカーラン〜」2017-10-21 16:35

しっかりと雨。気になっていた映画をAmazonプライムビデオからレンタルして観た。
あらうんど四万十 カールニカーラン [DVD]

役者の夢破れた主人公が郷里の高知県四万十市に帰郷する。高校時代の陸上時代の3人と再会して、それぞれ人生に疲れているアラフォーとなっている境遇を語り合う。高校の大会で有力校に負けて、それからも「人生の負け組」が漂っている4人。
いやいや「負け組」なんかじゃない、もう一度再挑戦しようじゃないか、ということで自転車大会に4人で参加する。

と書くとおっさんの凡庸な夢物語風だけど、ストーリーにメリハリがあって楽しめる。
当初はよろよろとロードバイクに乗っていた4人が、次第に先頭交代しながら集団走行になっていくのも納得できる。とはいえ有力チームに実力では勝てないので、秘策を立てるが、その発想がユニークなのもご愛敬。

ロードバイク乗りなので、ついつい車種に目がいってしまう。
主人公はGARNEAU(ガノー)
他に
FELT
Bianchi(ビアンキ)
そして体重がもっとも重い配役の人には
我らがクロモリロードBASSO Viper(2016年型かな)

愛車のBASSO Viperが登場したので、つい身びいきで観てしまいました(苦笑

私は高知県高知市に19歳まで住んで、プータローになったり大学生になったりして京阪神に住み始めて40年になる。土佐弁についてはヒアリングはできるけどスピーキングはできなくなっている・・・
高知県四万十市は旧中村市で、高知市とは違う幡多弁なので映画を観ていても違うなとわかる。

Wikipediaより
幡多弁と土佐弁の違い     幡多弁                 土佐弁
アクセント          内輪東京式アクセント     京阪式アクセント
理由を表す接続助詞     けん                  きい、きん、け
現在進行             しよる、しよう          しゆう
現在完了             しちょる、しちょう      しちゅう

映画で登場する「何々しよるけん(何々しているから)」とは高知市では使わない。「何々しゆうきい」というのが一般だろう。

監督も出演者も高知出身の人が多く、流暢な幡多弁を駆使している。

あらうんど四万十〜カールニカーラン〜trailer公式 - YouTube

私は京阪神に住んで40年近くになり、高知には遠い親戚しかおらず、骨を埋めるのは京阪神の街だろう。生粋の関西人である息子たちも武庫之荘、大阪に住んでいるので高知は生まれ育った「過去の街」となった。

高知の山や川には思いはあるが、私には帰るべき土地はない。それを哀しいと思わないのは、京阪神の街が私を大人に、父に、そして祖父にさせてくれたからだろう。

ただ来年は隠居して、高知にもちょい住みしてロードバイクに乗るので、四万十方面にも走っていきたい。そのまえに愛媛・徳島との県境の峠に上らなければならないので、今から「旅するバイク」の仕様をどうするか悩ましい(笑






映画「(ハル)」2017-06-03 22:10

午前中はAmazonビデオで映画「(ハル)」を観ていた。

(ハル) [DVD]

確か1996年に映画館で観たはずなのに、ほとんど初見のような印象だ。
私のパソコン歴史からすると、1991年に初めてデスクトップパソコンを購入。全盛期だったNEC、その互換機のエプソンPC286VG、OSはMS-DOS3.0の時代でパソコン通信がモデムを介して行われ、テレホーダイ(23時から翌朝午前8時まで電話代が定額のサービス)を利用して深夜にパソコン通信をすることが多かった。

光ファイバーの常時接続が常態となっている現在では、想像できないほどロースピードの世界だ。SNSもなく、電子メールが連絡し合う手段として全盛期の時代だった。いわばテキスト中心の世界。

映画ではハル(内野聖陽)とほし(深津絵里)が電子メールで互いの交流を深める。映画の画面にそれぞれの電子メールの字面が全文現れる。音声はない。だから映画全体が静かな雰囲気だ。

電子メールとはいえ、その文体にはその人の性格みたいなものが現れる。ちょっとした罪のない嘘を乗せても、長らくその文体を読んでいるとその人と成りは意外とリアル像とは大きく離れない。


自宅でゆっくりと映画を観ていると、恋人を亡くしてもう人を愛すまいとしている「ほし」の自室の本棚には村上春樹の諸作品が並んでいる。
喪失の物語を紡ぐ「ほし」のイメージを際立たせる小道具としては、なかなかよくできているのではないか。
この頃は村上作品を読んでいなかった。

映画を見終えてから、クロモリロードで2時間ほどポタリングしてきた。

もう会えなくなった人々を思う。切なくは思うが寂しくはない。その人の中に自分が、自分の中にその人がいるから。



午睡後、Amazonプライムビデオなど2017-04-22 21:22

今日は長男が孫を連れて午前8時半頃に我が家に来て、しばし孫の子守をしていた。
室内でひと遊びした後に、近くの公園へ。孫は一歳半になり、かなりしっかりと歩くようになっている。公園の遊具で遊んだり、葉っぱを拾ったりして一時間ほど遊ぶと、家事を終えた長男が電動自転車で迎えに来たので、バイバイして別れる。
鳩を見つめる孫


長男夫婦・孫は午後から二泊三日で琵琶湖へ旅行。長男の奥さんのいとこが結婚式を挙げるので、それに参列するために琵琶湖湖畔のホテルに長男の奥さんのご両親らと泊まるらしい。

我が家に居候している次男は昨夜は職場の飲み会に参加して、午後11時頃帰宅。最近は仕事が忙しくて、帰宅するのも午後11時頃、だから妊娠初期の次男の奥さんは実家でお世話になり、次男は我が家に居候して会社に通勤している。確かに今の彼の働いているスタイルは、妊娠している奥さんにとっては帰宅を待っている時もストレスだろう。

次男の奥さんは今年の11月下旬に出産予定、私たちにとっては二人目の孫となる。

息子二人とも会社員となり、組織人として働いているわけだが、親は保守的な存在なので、ある程度安心してみていることができる。それに加えてそれぞれの奥さんが利発でしっかりしているというのが、何よりも息子たちにとっては恵まれた環境だろう。

午後からビールを飲んでちょっと昼寝。

午睡後、散髪に出かけ、帰宅してから見かけのAmazonプライムビデオをYOGA BOOKで観た。

「エクス・マキナ」

エクス・マキナ (字幕版)
AIを主題にした映画。映像は綺麗だけど、結末は凡庸。
映画館で観たらたぶんガッカリするレベル(苦笑

「プレミアム・ラッシュ」

プレミアム・ラッシュ [Blu-ray]
以前WowWowで観ていたNYメッセンジャーを主人公にしたサスペンス映画。
ストーリーもリズム感があって、メッセンジャーバイク(ノーブレーキだけどね)でNYをかっ飛んでいくスピード感もなかなかのもの。一級の娯楽作品じゃないかな。

もう映画館に出向いて観たいと思える作品はそれほどないし、めんどくささ感が半端ない(苦笑

あとはAmazon Kindle版の自転車雑誌をパラパラと読んでいた。
自転車関連の物欲はあまりなくなっていて、あとは整備して走るだけ。

今日はゆっくりと過ごしたので明日はカーボンバイクで走る予定だ。



主題歌はEGO-WRAPPIN'2017-02-01 23:53

今日は義父がいったん介護施設に入所するので、その手伝い。
義父宅に迎えに行ってタクシーで介護施設へ。妻とともに施設のスタッフと今後の介護方針などを話し合う、といっても義父は足腰が弱っているとはいえ頭はしっかりしているし、定期的に利用している施設なので面談もスムースに終了した。

義父は今年92歳、共働きの私たち夫婦のために息子たちに親とは違う愛情を注いでくれた。人は必然的に老いていくが、介護サービスを利用しながらしばらくは施設と自宅で暮らしていく予定だ。

帰宅後、読書して、Amazonプライムビデオを観る。
コミック「リバースエッジ大川端探偵社」をドラマ化した作品。原作のコミックが1話完結の短い作品だが、そのストーリーをうまく膨らませてドラマ化している。

「アイドル・桃ノ木マリン」では某アイドル系グループをさりげなく揶揄していて笑える。

1994年から1996年にかけて放映された「私立探偵 濱マイク」を思い出させるけど、「濱マイク」はカッコいいけど、「リバースエッジ大川端探偵社」を観ると時代は変わったんだなと思う。

どちらの作品も主題歌はEGO-WRAPPIN'



『Neon Sign Stomp』


ego-wrappin の動画検索結果






AmazonプライムビデオはYOGA BOOKで観るのがベスト。音質がいいし、Android版プライム・ビデオは動作が軽い。Ubuntu on ThinkPad X220では
Google Chromeでしかブラウザ上、観られない。


ガジェットが複数選択できるのは、それなりに楽しい。


映画「疾風スプリンター」2017-01-14 16:12

昨日は計画的有給消化にてYOGA BOOKを持ってお出かけ。

午前中は難波の映画館で「疾風スプリンター」を鑑賞。台湾を舞台にした本格的ロードレース映画ということで観たかった映画だ。三宮でも上映しているけど、気分転換に難波に出かけた。


映画館の入り口がわからずウロウロとしてしまったが、上映時間の9時前に入館。平日の午前、マイナーな映画ということで観客は数人ほど。

還暦を過ぎているので割引で1100円、この割引を使うのは初めてなので、長いこと映画館に足を運んでいなかった。



映画自体は期待以上の出来だった。スポ根、恋の鞘あて、登場人物がイケメン揃いとエンタメの王道だけど、レースシーンはカメラアングルに迫力あって楽しめる。ロードレースあるあるも的確に挿入され、台湾、釜山、中国のロードシーンを観られるのもよろしい。ついついバイクのハンドルはどこのメーカーと凝視してしまうのは、ロードバイク乗りの悪い癖だろう。
最後にサプライズ?場面があるけど、これは見てのお楽しみだろう。


上映後は近くに日本橋電電タウンがあるので、中古PCなどを偵察。
ジャンクが揃っているPC-NETでThinkPad X60(アダプター無し)の美品が4980円。以前なら速攻購入していたけど、ガジェット類が家に溢れているので、ちゃんと自制できるようになりました。

ThinkPad X230 25000円、X201 Tablet 29800円。
私はUbuntu 16.04 on ThinkPad X220が母艦、最後の7段キーボードがとてつもなくタイピングしやすい。X220がダメになったらX230に移行する予定だけど、頑丈なX220は壊れる気配がない。
X220,X230は分解しやすく部品も共通している。メンテナンスのしやすさは群を抜いている。

久しぶりにウエムラサイクル梅田に立ち寄って、チューブR-Air2本、SPD-SLクリート、クロモリロード用バーテープを購入。本屋で立ち読みしたり、喫茶店にて、スマホのBluetoothデザリング+YOGA BOOKにてNet閲覧。LTE版が欲しかったけど、日常使いにはこれで十分だろう。

明日も寒さは厳しいが、風は収まるだろうか。



Amazon三昧2016-03-07 23:05

1日が短いと焦る日々。還暦を迎えるまでは、物心着いた頃から睡眠時間が極端に短く、4−5時間の睡眠で事足りていたけど、還暦を過ぎると7時間ほど寝ないと疲れが取れなくなってきた。ということで妄想時間が減ってしまっている(苦笑)

TVはあまり見ないので(とくに地上波は見るべき番組があまりない)、最近は録画しているサイクルスポーツかAmazonビデオ・ミュージックを利用することが多い。

Amazonプライム会員になって便利だなと思うのはビデオ・ミュージックともに意外と面白い番組が多いこと。
自分専用タブレットPro Slate 8で視聴している。
HP Pro Slate 8 APQ8074/T8QX/2.0/S32/A
(ASUS ZenPad S 8.0は妻専用タブレットとなっている)

ハッカーを描いた「MR.ROBOT」、シリコンバレーで若者4人が起業を目指す「betas」などをちょいちょい見ている。。前者はコミック「王様達のヴァイキング」のハード版と言ったところか。









後者のアメリカ風笑いにはちょっと付いていけないけど、これがアメリカなんかなー、わからないけど面白い(爆

Amazonミュージックでは「ザ・ビートルズ TOP 50」や「読書しながら聴くジャズ」などのプレイリストがいいかな。

Gnome 14.04 on ThinkPad X220上ではLinux版Google Chromeでないと視聴できない。

Amazon三昧でAmazonの戦略に乗せられている感もしてちょっと癪だけど便利さに負けてしまっているかも。



映画「パンターニ/海賊と呼ばれたサイクリスト」2016-01-13 20:15

妻の父母宅に小さな届け物があったので、正午前にカーボンバイクで発進。あれ?アルテグラDi2の変速が効かない。赤点滅してバッテリーが無くなっている。アウタートップで固定されたまま、義父母宅まで走って届け物を渡し、自宅まで折り返す途中、チェーンが波打っている。確認するとプーリーに繊維質の紙が巻きついてる、普通の紙と違うので何でこんなものを巻き込んだのか?

帰宅して、プーリーに絡みついた繊維質の紙を切り取りながら除去。プーリーにしっかりと絡みついていたので、意外と苦労した。

珈琲を飲んで、気分を落ち着かせて再発進したけど、小雨の雨雲に取り囲まれて走りづらい。冬本番になってきたので、防寒仕様となっているのでそれほど寒くはないが、雨はイヤだなー。

ポタリングみたいなもので、走行距離 46.31km

アルテグラDi2は変換効率はいいけど、バッテリー切れは今回が初めてだ。バッテリーは2代目だが、バッテリー保ちは以前より悪くなっているような、走り方が悪いのかな(苦笑)。バックパックに充電したバッテリーをもう1個、念のため放り込んでおいた。

雨雲に囲まれてちょっと消化不良のライドなり。

閑話休題。

マルコ・パンターニの映画情報です。

映画「パンターニ 〜海賊と呼ばれたサイクリスト〜」公式サイト ...

マルコ・パンターニが走った時代を私は知らない。
彼が活躍したのは1995年から2000年のあいだらしく、2004年にはコカイン中毒で亡くなっている。悲劇のクライマーとして語られることが多い。

マルコ・パンターニ―海賊(ピラータ)の生と死
以前、この本を読んだけど、ピンとこなかった。以前のブログでもちょっと触れている。

マイペース・マイタイム・マイスペース(2009.3.7)


薬物中毒、アルコール依存症からロングランナーになったこの本のほうが、はるかに思索に富んでおり読んでいて、人の弱さ・いい加減さ、でも捨てたものじゃない面を大上段になく語っているのがいい。
ザ・ロングラン 人生を走り出す日まで (Kindle Single)

マルコ・パンターニの人生を綴ったドキュメンタリー映画「パンターニ/海賊と呼ばれたサイクリスト」が関西でも公開されることになった。


大阪は「第七藝術劇場」、神戸は「元町映画館」、どちらも知る人ぞ知る、小品ながら佳作を上映する映画館だ。ながらく映画を見にいっていない間に、私もシニア割引(60歳以上)の年齢をとうに過ぎてしまった。

大阪か神戸で観る予定だ。観てから十三で一杯飲めるので、大阪がいいかな(爆

サヨナラCOLOR(2005.9.12)

「第七藝術劇場」は一度は閉館したが、復活した映画館。

孫や次男の婚約などでいろいろと所用があるけど、久しぶりに映画館に行ってみよう。



はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2017 asyuu. All Rights Reserved.