人をまっすぐ立たせておいてくれるのは、決まった習慣だ2020-04-09 23:24

今日もジョギングしながら、公園で本を読む。

バックパックに入れたタブレットにダウンロードした本を読む。


読んでいると桜の花びらが舞い落ちてきて、見上げると満開の桜。


ついに尼崎市の図書館も明日10日から臨時休館となった。
HPや玄関には次のように表示されている。
<期間>令和2年4月10日(金)~当面の間

・原則、図書の返却と、予約図書の貸出のみを行います。

・返却及び予約図書の受け渡しカウンター以外の場所は、閉鎖します。

・書架への立ち入りや、新聞・雑誌を含む資料の閲覧はできません。

ジョギングの途中立ち寄って、短時間で本を数冊借りる。

この本にこんな文章がある。

『まわりの全てが崩壊してしまったとき、人をまっすぐ立たせておいてくれるのは、決まった習慣だ』

崩壊とはいえないが、人生100年時代というのが妄言だったと思われるような世情、しばし生き延びて来年の春には四国の谷を巡ってみたいなと妄想している。

この文章が美しい。

街をジョギングしていると、飲食店も休業や持ち帰りサービスを実施する店が多くなっている。いまケガや病気をすることができないので、人と接せずにジョギングやウォーキングで身体を維持するしかないだろう。

adidas Training - 自重トレーニング専用筋トレアプリ by runtasticをタブレットにインストールして、自室でときおり利用している、けっこうきつい。

阪神淡路大震災の時には私は41歳、体力は十分にあった。今回の見えないウイルスに直面している私は66歳、なんとかまだ余力があると信じるしかあるまい。

人をまっすぐ立たせておいてくれるのは、決まった習慣だ

この言葉をしばし反芻しよう。




甲山・北山貯水池の桜2020-04-07 21:47

隠居ものなので世事との接触は少ない、そして日々の定型動作が読書・自転車・散歩・ジョギングなので、人の集まる場所に行くこともほとんど無い。

非社交的で世の中とは縁の薄い生活をしているので三密が少ないかもしれない。
もちろん根拠なく「自分はウイルスとは無縁」と思うほど脳天気ではない。

今日は妻とハイキングに出かけた。公共交通機関は使いたくないので、自転車(私はクロモリロード、妻はママチャリ)と徒歩で甲山周辺を歩くことにした。

午前11時過ぎ、自転車で出発。甲山森林公園入口近くに自転車を置いて、公園を抜けて仁川渓谷沿いの道を歩く。平日、当然ながら出会う人はほとんどない。

甲山(309m)に上ってみる。妻はほんま久しぶりみたい。頂上では若い女性二人がいて、ひとりがダンスしてもうひとりがスマホでそれを撮影している。春山だね。


北山貯水池を眼下にしながら下っていき、北山貯水池まわりの桜を観賞。


池のしだれ桜が見事やね。

人も少なく、乾いた風が吹いて、息苦しさとは無縁。


神呪寺にお参りして、仁王門前の自販機で缶コーヒーを飲む。

以前、夜にここまでロードバイクで走ってきたな。


まだまだ私も若々しかった(56歳!)

こんなところに茶屋があるのは知らなかったな、でもとても入りにくい感じ(爆

そこから散策路を経て森林公園を抜けて、自転車を駐めた場所まで帰る。

帰路は下り基調、快調に走って午後3時頃帰宅。

大阪・兵庫にも緊急事態宣言が発令された。

ロードバイク乗りにはこんな考えもあるだろうな。


ぞんざいにならず、かといって過同調になるのも過去の経験からいって自分を消耗させるだけだとも思う。



土佐好古史談2020-04-06 22:38

桜は満開、でも鬱屈した世相は変わらない。

週末は孫守の手伝い。長男夫婦たちは老人である私たちへのウイルス感染を危惧してくれているが、息子たち・孫たちは運命共同体、孫たちと遊ぶと体力もアップするので悪いことじゃないだろう。

武庫川の桜は満開。

今日、スーパーに買い物に出かけると、とくに買い占めは生じていないようだが、カップ麺の棚にけっこう空きがある。私はときおりカップ麺などのジャンクを無性に食べたくなるので、3個ほど自分用に購入。あとは生鮮食品のみ。

旧い本をgoogl play booksで読んでいる。Dマガジン、Amazon Kindle,honto,青空文庫と電子書籍を利用しているが、Play booksでは著作権切れの古書を読めるようだ。

いま面白いのは、高知の郷土史家・寺石正路(慶応4年9月2日(1868年)ー昭和24(1949)年12月23日)著作の「土佐好古史談」

真覚寺日記、もともとは「地震日記」「晴雨日記」という表題で、現在の土佐市宇佐の真覚寺の僧侶・静照(じょうしょう)が書いたものも紹介されている。

安政(1858年)のトンコロリ(コレラ)の流行の際、
「誰言ふとなく唐辛(とうがらし)を頭上に頂けば病来らずとて男女共頭に辛を頂く 遠方より見れば簪(かんざし)の如し

比時静照師は戯れに左の狂歌詠じた

髪のある人は理屈がよけれ共 坊主頭はせん方もなし」

迷信がまだまだ跋扈する江戸末期に、知的な存在としての住職日記は、知的高潔さを感じさせる。いまの下品なマスコミとは当然ながら比べることなどできない。

「土佐史蹟巡遊」という本では浦戸湾内巡航船で桂浜・浦戸を訪れる記載がある。

「共日巡航船 に て 内海 を 航 し 午後 二 時 長濱 に 着 し 同 地 小学校」と記載がある。

「浦戸と長濱とは土佐の鎌倉と江ノ島である 其風光に富み海山 の 景色 麗しく 然も 名社古刹や英雄偉人の墳墓古跡も多くして 旦 城市に近く四 時の遊 者 をして 容易 一日の清遊を試みしめ 風詠と懐古の威 を併せ得せしむる所は相似て居る他日四国鐵道貫通の 暁には 室戸岬と相待ちて必ず日本名勝地の 一に挙げらるる事は疑をまたぬ所である」

私の生まれ故郷は江ノ島みたいにはならなかったが、桂浜は観光地として高知を代表する土地となっている。

宮本常一の民俗学の本を読んでいると、埋もれた史家の文章も面白いなと思う。
世相が不安定になると(阪神淡路大震災のときもそうだったが)、現在の小説などはなぜか読みたくなくなる。大正・昭和初期の市井の学者の本が、みょうに好ましい。


隠居生活3年目2020-04-03 22:36

どんよりとした世相にうかうかと過ごしていたら、今月で隠居後3年目に突入。

組織人としての垢はすっかり落ちたというか、ほとんど思い出すこともない、所詮そんなていどの職業人だったのだろう。再雇用で働く期間を1年早めて退職したが、経済的損失はあったとはいえ、精神的には本来の自分にはやく戻ったような気がする。

本来の自分といっても、元来器が小さく、非社交的なので、静かに日々を送っていくということで、身体に痛みもなく体調もそれほど違和感がなく、日々を過ごしていければ良しという気もする。

退職後1年目、旧組織の「権力に阿るものはいつか権力に裏切られる」という態様を遠くで眺めていた。
2年目、小権力者として傲慢だった人が「奢れる平家は久しからず」という態様になっているのを、より遠くで眺めていた。

器が小さいゆえに、凡庸な組織人でよかったなと正直思っている。

とはいえ昨年6月頃、健康を害して、その面では傲慢な自分がすこし控えめになったかな、人は平等に年老いて、そしていつかは滅んでいく。

今日は午後から武庫川河川敷をジョギング。

コロナウイルスの鬱屈からしばし解放されるのだろう、老人と高校生以下の子ども達で河川敷は賑わっている。三密ではないので、河川敷は好まれるんだろうな。


フラッと走って12.5km

ウイルスに罹患することを防ぐ完璧な手段はないだろう、とするとせめて罹患したときに堪え忍ぶ身体を自分に期待するしかないかもしれない。
ダメなら諦めも肝心だろうな、じぶん。

帰宅後、本を並行読書。

今日のような凪の時間は意外とそれほど、自分には残っていないかもしれないし、予想に反してしばしあるかもしれない、ただ見たい風景と会いたい人には逢っていたほうがよいかもしれないね。

今日のジョギング中の音楽は石崎ひゅーいのアルバム。ジョギングとの親和性はかなりある。



徳島のほんと2020-04-02 23:55


午前中は、病院の定期受診。2月に受けた特定健診の結果もDrから聴くことになっている。コロナ対策のため、Net予約してから3人づつ待合室で待機することになっている。

健診結果はとくに異状はなく(とはいえ加齢なりの衰えはある)、薬局で処方薬を用意してもらう。薬局も私ひとり、たぶんコロナ対策で病院に行かないほうがよいという選択になっているんだろう。次回、世の中の情況次第では電話でDr判断してもらい、処方箋を薬局にFaxしてもらうことになるだろう。

コロナウイルス、トップの迷走ぶりに(マスク2枚・・・)「これって自分で自分を守るしかないやん」と痛感する。日本という国はこれほど劣化したのか。

官僚はそれなりに優秀だと思っていたが、どうも大いなる錯覚だったようだ。

テレビのニュースやワイドショーを見ても、血圧が上がるだけなので、

旅の本と

題名はきわものっぽいが、力作の本を読む。

徳島ってたぶん鳴門以外、訪れたことがない。装丁、サイズ、そして見開きに写真と解説記事が載っているのが見やすくていいな。

西北のジュンク堂で購入して支払おうとしたら「Dポイントが支払として使えますよ」と店員さんから言われた、知らなかった。
スマホがドコモで、かつ家族会員として4台分を私が一括で支払っているので、Dポイントがそれなりに溜まっている。書籍代として使うのもいいかも。

老人なのでキャッシュレスには妙に抵抗があるけれど、Mi Smart Band5がGoogle Payに対応するかもしれないので、日本版ができれば導入するかもしれないな。

忘れられた日本人2020-03-30 21:35

Mi Smart Band 4のバッテリーが20%以下となったので充電。20%未満になるまで、充電後2週間ほど保つみたいだ。

Dマガジンでアップル信者用雑誌(私はUbuntu on ThinkPad利用者)を読んでいると、鈴木みそ氏はアップルウォッチではなく、シャオミ Mi Band 3を,そして現在はMi Band 4を使っている。

こんなセリフがある。

新しくなっても安い!
解像度も上がってメール本文が読める!
文字盤のデザインもDL可能!
壊れたら捨ててしまっても惜しくない
アフターサービスなんていらんのです。


痛快やと思うと同時に、いたく同感。入浴時・充電時以外は、Band 4を左手首に装着。
22gと超軽量なので違和感はない。
眠気がこない夜は、Amazon Musicやyoutubeで音楽を聴いているが、バンドから曲送りや音量調整ができるのが便利だ。谷山浩子、N.S.Pなどの音楽を聴いている。

アプリ通知や電話・メールなどスマホに着信があると、バンドが振動するので、着信に気づかなかったことに慌てることもなくなった。アプリ通知の対象を厳選すると、これはかなり便利やね。

睡眠のトラッキングも、うたた寝を認識はしないが、就寝時間・起床時間を正確にトラッキングしているようだ。眠りの質も身体の感覚と近い。

最近では抜群のガジェットであるのはまちがいない。

読了した本。


直接は関係ないが、近江鉄道の存続が決まったのは喜ばしいことだ。
地方は車社会だが、残念ながらより高齢化により車自体を利用することも難しくなってくるだろう、そのときに交通の選択肢として鉄道を存続させておくことは重要なことじゃないかな。


近江鉄道にまた自転車同伴で乗りたいね。

旅にまつわる本を、明晰に簡潔に紹介していく。

この本につられて、宮本常一の代表作を読み始める。

日本の村々の人々は意外と豊かで奔放な生き方をした人が多いようだ。グローバル化せずインターネットもない社会、そこは閉鎖的で因習に支配されがちとイメージするようだが、いまの日本のほうが相互監視社会で萎縮社会のような気もするね。

ここ数日はウォーキングしたりクロモリロードでポタリングしたり。
なんとなく鬱屈した3月。




中山尾根ハイキング・絵画展「ストリート景」2020-03-27 19:58


3月25日(水)
妻と中山尾根をハイキング。
妻が通っているスポーツジムも今月はレッスンが中止、運動不足ということなので軽くハイキングすることにした。隠居後の老夫婦は、できればそれぞれが活動して、卒婚状態になるほうが家庭円満なような気もする(苦笑

私はマイペースな人間で夫としても父親としてもそれほど上等ではなかった、だからこそ、きほん独りのほうがよろしいでしょう。

清荒神近くの登山道から尾根を上っていく。私はモントレイルのトレイルランシューズ、軽くてグリップ力がいい。妻はナイキのトレイルランシューズ。


このあたりは独りでもトレイルランするコース。でも今日はゆっくりと歩いていく。



平日なのに、けっこうハイキングしている人が多い。里山だし、ウイルス感染の確率が低いので登山は意外といまは人気かもしれないね。

中山寺奥の院

前方に甲山


中山寺に下りてきて、家族の健康などを祈願。小さい子供3人連れのご夫婦に写真撮影を依頼される。わたくし、たぶん外見は厳ついのに、なぜか街で道を尋ねられたり、写真撮影を頼まれることが多い、なぜだろう・・・

数枚写真を撮影して、スマホをお返しする。

中山寺境内の花をめでる。



宝塚阪急で鯖寿司、出来合いのおかずなどを買って、路線バスで帰宅。

12kmウォーキング

3月26日(木)
武庫川河川敷を経てウォーキングで阪神尼崎へ。

「朴永子(ぼくえいこ)展-ストリート景- 」を鑑賞。

大阪の街をいきいきと描いていて、自転車のある風景もすてき。
私は芸術にはトンと疎いので、このような時間も大切にしたいですね。



この絵画展は、ひろべぇさんのブログで知った、多謝。

10km ウォーキング。

夜はAmazonビデオで「ロングトレイル」を観る。

3,500キロに及ぶアメリカの自然歩道「アパラチアン・トレイル」踏破の旅を描く。
ロバート・レッドフォード79歳 ニック・ノルティ75歳

レッドフォードが最初見分けつかないほど年老いていたことに驚く、まぁ年齢からすると当然だが。「華麗なるギャツビー」の頃とは当然違うし。

人は平等に老いる、老人を大切にしろなんて、自分が若い頃は思いもしなかったし、自分が老人になることも想像できなかった。だから、飄々と山を歩くように老いていけたらいいけどね。

この映画は「地域人」で紹介されていた。

あと「山と道」のサイトも素敵。

私の山の本の蔵書として多い、草川啓三氏のインタビューがいい。

HIKE / LIFE / COMMUNITY TOUR 2017 REMINISCENCE #20 草川啓三 - journals

以前の草川氏の著作に関するブログ記事


3月27日(金)
雨なれど、午後から図書館巡り。ひたすら歩く、そしてJR尼崎近くの図書室にお目当ての本があるのでウォーキングで借りに出かける。

妻に依頼されていた本を、近場の図書館で数冊借りて、バックパックに入れる。

ちょっと稀少な山の本がJR尼崎近くの図書室にあった。

「山高きを以って貴しとせず、人少なきを以って貴しとす」
「九割の登山者が一割の山(有名な山)へ向かい、一割の人が九割の山に登る」
「登山道からの解放」は「人が決めた名山からの解放」への道となる。
同書(はじめに)


いいね。

草川啓三氏も著者として連なっている。

あとはこの本もいずれは読んでみたいね。

GPS登山は想像力と読図能力を減殺するかもしれないけれど、遭難防止には役立つだろうな(体力維持もとうぜん大切だけど)

ウォーキング 16.5Km




はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2020 asyuu. All Rights Reserved.