オトナの「憩い」2018-05-24 22:16

午前中は散髪屋さんで短髪にして、午後はジョグ&ウォーキング。

隠居生活で地上波のTVなどを見ていると、大学運動部指導者の「突き抜けたクズっぷり」な言動に接して気分が悪くなる。

こんなときは本を読むほうがいいだろう。
杉浦日向子の食・道・楽 (新潮文庫)
杉浦日向子さんのエッセイを読んでいると
「オトナに必要なものは「憩い」」だそうだ。

------------------------------------------------------
「がんばって来た。ほんとうに良くがんばった。ぼちぼち、上手にサボろう。
まずは陽に当たろう。夜は疲れる。ひとりの時間を、ほんのり明るく楽しもう。

憩うとは「ひとり」を楽しむ時間のこと。他人任せの温泉ツアーや、有名シェフの晩餐会でもない。」
------------------------------------------------------

なるほどね。

先日から午後はジョグ&ウォーキングをしている。今日はバスで宝塚まで出て、そこから六甲縦走路の入口である塩尾寺へ。以前、何度かロードバイクで上ったことがあるけれど、こんなに傾斜があったっけ。

途中、木苺が自生しているので口に含んでみた。
やはり懐かしい味がする。


時間がないので六甲縦走路には入らず、塩尾寺にお参りしてから急坂を下り武庫川河川敷をジョグする。

家の近くになると、コンビニで缶ビールとツマミを買って川の流れを見ながら、ビールを陽の下で飲む。ほろ酔いで数Kmを歩いて自宅まで帰る。

こんな「ひとり」を楽しむ時間を過ごせるのも、隠居の特権だろう。

今日は禁煙2ヶ月目なり。
明日は女友達らと隠居後初、夜に三宮で飲む予定。



あつくなくさむくなく・・・2018-05-21 20:59

あつくなくさむくなくまた飢えもせず憂きこと聞かぬ身こそ安けれ

浮世絵師・葛飾北斎の一番弟子、魚屋(ととや)北渓の辞世の句だそうだ。
湿度もなくさっぱりとした青空のもと、「憂鬱なことを聞くこともない」隠居生活を送っている。

この句のように、しばしすっきりと生きていくことができれば僥倖だろう。

この数日間は中山連山をトレイルランしたり、
木漏れ日の雑木林を走る

トレイルランシューズは快適


5ー6kmほどジョギングしたり、ウォーキング・クロモリロードで書店・図書館巡りをしたりと相変わらずのんびりとした生活だ。

隠居後の足であるクロモリロード


公園のベンチで読書するのもなかなかよろしい。

孫引きだけど、作家の片岡義男は自室で読書するのではなく、どこか本を読む場所を設定することが好きで、最良の場所が「旅」だったようだ。


「新幹線のなかで読んで、到着した町のホテルで読んで、町を散歩して、そして歩いているとかならず雰囲気のいいコーヒー・ショップがみつかるので、そこでまた読んで。どうしてこんなに楽しいんだろう、と不思議な気持になるほど、これは楽しいです。感動というものを体で感じますよ」

具体的には国内なら夏の終わりの高知、あるいは京都(「あの町は散歩が出来るし。夜になると誰も歩いていない道がたくさんあるでしょう。いいですよ」)など。

「たとえば夏の終わりの高知の町はずれの喫茶店で、いま読んでいる面白い本のことを考えながら、自分の周囲に日常的にある光景を見るともなく見て、コーヒーを飲んでというう、まるっきり世間離れしたそういう時間は、愛しいですよ」

「夏の終わりの高知の町はずれの喫茶店」などという具体的な場所が、とても魅力的だ。最近、古書で電子書籍化されてインターネットに公開されている「遍路記録」を読んでいるけれど、何回も遍路したとかベテランぶったお遍路が戦前にも横行していたのを読んで、どんな時代にも「自称先達」はいたんだなと思う。

私は静かに町を旅して、ジョグして、本を読む季節も過ごしていきたいな。

今日は長男の奥さん、孫とともにお買い物。長男の奥さんと妻が買い物をしているあいだに、走り回る孫といっしょに走っていたので、ここ数日のジョギングより走った感もある(苦笑

4人でイタリアンでランチ。帰宅後は、孫もぐっすり昼寝したようだ。
私も帰宅後、しばし昼寝。気持ちのよい5月の1日。


トレイルランシューズ到着2018-05-15 19:39

荻原魚雷の「閑な読書人」を読んでいると、こんな文章がある。
閑な読書人

「杉浦日向子の隠居術」という項目で
----------------------------------------------------
「杉浦日向子は勤め人、家族の面倒を見なければならない人のために『晴れ時々隠居』という案を提唱している。現役と隠居のスイッチを切り替えることで人生は豊かになる。たとえば、町中に三畳一間のアパートを借りる。仕事は労働ではなく、道楽と考える。予定を立てず、その日その日のハプニングを楽しむ。効率のよさを求めず、ひと手間かける。新幹線は『のぞみ』や『ひかり』ではなく、『こだま』に乗る。慌てず、急がず、時間をかける。それが杉浦日向子流の隠居術だった。働かなくても食べていける『本隠居』はむずかしくても、『晴れ時々隠居』であれば、会社勤めをしている人にも不可能ではない。休日、あるいはその日の仕事が終わったら、のんびり隠居然として過ごす。隠居の価値観で生きるといってもいい。・・・らくーに、にこにこ生きて死ぬ。これぞ、隠居の理想である」
----------------------------------------------------
作家の杉浦日向子氏によると本隠居とは
・働かない
・食べない
・属さない
という三つを備えたものらしい。それがなかなかに難しいので「晴れ時々隠居」という術(すべ)を示したのだろう。

杉浦氏は34歳で隠居宣言したけれど、これは彼女が難病を抱えていたことも影響していることは逝去後(47歳で亡くなっている)あきらかになっている。確か杉浦氏の江戸本を遠い昔に読んだような記憶があるけれど、本も残ってはいない。でもそのころから私のなかで「隠居」に対する願望があったんだろうな。

本隠居である「働かない」「属さない」を私は十分に充たしている。でも「食べない」というわけにはいかないので、これは無用に華美な食事は不要と言うことだろう。現役時のように、ミシュランガイドに載っているような店にはもう行けないので(それに対する執着もない)、日々質素な食事で事足りるだろう。


ということで本隠居には近づいているような気もする。

昨日はクロモリロードで大型書店に行って新刊をチェック。

今日は自宅の外壁塗装工事などが概ね完成した。施工店が丁寧な仕上げをしてくれているようなのでこちらとしても満足できる出来のようだ。

午後軽くジョギング。6km、走る。

そして昨日、Amazonで注文していたトレイルランシューズが到着。
[アディダス] トレイルランニングシューズ TERREX TRACEROCKER (現行モデル) メンズ
ジョギングに利用しているAdidasのシューズが履きやすかったので、トレイルランシューズもAdidasのエントリーモデルを注文してみた。

先日の生駒山トレイルランで、下りではグリップ力の高いトレイルランシューズが欲しくなった。
ソールはContinentalやVIBRAMが有名だけど、そこまでは必要ではないだろう。

GORE-TEXは重量が増すし、高いし、それほど防水性は期待できないので割愛。

トレイルランシューズはつま先にプロテクションがついているが、過剰装備でないようで好印象。シューズ全体の反り具合も私好みかな。


ロードバイクやランは所詮人間というエンジンが主体なので、ツールであるバイクやシューズは身体に合って、長時間ストレスがないものがよいだろう。

とりあえずはエントリーモデルで里山や低山を走ってみよう。
重量は280gと軽量で、ジョギングシューズは26cmだが今回は26.5cmとワンサイズ大きめにしたが、フィット感は予想通り悪くない。

隠居なので、目標などなく、ブラブラと生きて走っていくだけです。



自由にトレイルラン2018-05-13 16:25

雨の日曜日、隠居には休日はもう関係ないけれど、休日にはなるべく出かけないようにしている。平日に人のすくないメリットを享受できるのに、わざわざ休日に出歩く意味があまりない。

隠居してからの4月ひと月はやたら長かったけど、5月はあっというまに半分が過ぎそうだ。ウカウカしているとこのまま70歳くらいに一気に到達しそうだ(苦笑

今日は午前中は妻とともにスーパーに買い物へ。長男夫婦と孫が夕飯を食べに来るので、二人で食材をチョイス。長男の奥さんが絶賛妊娠安定期となり、二人分ガッツリと食べるので食材も多めだ。滋賀近江高島の地酒も購入した。

酒造元によると「棚田保全に取り組む「里山」、春の豊作祈願生原酒。滋賀県唯一の日本の棚田百選「畑の棚田」産米から生まれた香り高く、甘み柔らかな味わい。」らしい。

このあたりの値段の日本酒がいちばんコストパフォーマンスがいいかな。煙草を止めたのでお酒も止めたら健康にはいいかもしれないけれど、それでは人生が味気なさ過ぎるだろう。

先日のトレイルランにて、ほしだ園地などの生駒縦走路に設置された立て看板が要所ごとにあった。

私の場合は高速・ワイルドに野山を走ることなんてできないので、残念ながら?該当しないけれど、ゆっくりと歩いているハイカーを確認したら、こちらに余裕があっても歩きに変更した。


生駒山頂を目指すトレイルでは、高校の授業だろうか、高校生の多くの男女グループがそれぞれに登山していた。若者たちが楽しげに楽々と上っているあいまを縫って、ジイサンである私は追い抜いてから、彼らの姿が見えなくなるとランに切り替えていた(ゼイゼイ)。

だからだろう、平日なのに山上遊園地は賑わっていた。

新緑と若い高校生の集団、やはり眩しい存在だった。

トレイルランも楽しい。ロードと違って止まってはいけないという強迫観念がないし(急登では走ることなんて不可能)、レースに拘らなければ里山をハイキングするよりは早く、長い距離を楽しむことができる。

低山とはいえ、展望に恵まれた場所もある。


自由に、しばらく里山トレイルランもしていこう。トレイル+入浴+ビールセットがまずは必須だろう。



トレイルランと孫の子守2018-05-12 22:11

ざっくりと隠居活動報告

昨日は生駒山山系トレイルラン。とはいえ半分ほどは歩いたかな(苦笑
コースは京阪私市駅ーほしだ園地ーむろいけ園地ー生駒山ー額田駅という20kmコース。

ほしだ園地「松風の道」快走路

ハンバーガー岩、もちろん食べられません(汗

生駒山縦走路 きもちいいね



山頂付近から新石切駅までの下りがいちばんしんどかった。
大阪の高層ビル群を望む

ナメてマラソンシューズで行ったので、これからは下りにも備えてトレランシューズを用意しようと自戒。

新石切駅近くのスーパー銭湯で汗と疲れをとる。さっぱりしてから大阪王将で生ビールセット(生ビール大、焼きそば、餃子)。

めちゃ生ビールが旨い。

距離25.15km 



今日は長男の子供の子守。
ジイジ・バアバと3人で王子動物園へ。ランチも園内で済ませて3時間ほど孫と遊ぶ。
帰路は孫がぐっすりと寝てしまったので、駅からはタクシーを利用。といっても1メーター680円なり。

二日とも小確幸なり。


旅ランなど2018-05-10 20:37

4月から隠居生活に入って、当面は組織原理の垢落としのための生活をしてきた。
ストレスを理由にして吸う必要もないので煙草を禁煙しているし、以前の仕事や人間関係ともほとんど断絶状態となりつつある。

属していた組織に特別の嫌悪感を持っているわけじゃないけど、過去に組織にしがみついたり、退職後も過度に組織と繋がりたがる人々を見てきて、それは自分の好みじゃないということがあるのだろう。

もちろん個人的に親しくしていただいた方々とは退職後も連絡は取り合って、遊んでいただくことになるだろう。

今日は西宮北口の本屋までジョギングしながら向かう。
本屋で新刊をチェックして、図書館で本を眺める。
郊外型古書店も幾つかまわる。

今夏はこの古本市をゆっくり1日まわりたいな。

2018年「下鴨納涼古本まつり」日程です: 京都古書研究会ブログ

先日、矢田丘陵を友人とトレッキングした際、やはり奈良の落ち着いた街並みはいいなと改めて思った。奈良の静かなお寺には峠道・丘陵地帯がセットとなっているので、トレイルランコースとしても魅力的だ。

この本を読みながら、コース選択もしている。
大和の美と風土―街道をあるく
明日は生駒山系を独りトレイルランしてくる予定だ。

隠居なので、テレビもBSを中心に見ることが多い。
忌野清志郎の東北ライドや旅ラン番組を録画して見たりしている。J-SportsとWowWowは解約した。自分にとっては、読んでいると映像が浮かぶような小説やエッセイのほうが好みのようなので、映画やテレビを熱心に見ることはない。

今日のジョグ 7.7km

行き当たった神社には必ず立ち寄って由来を読み、じっと手を合わせることにしている。



過去なれど2018-05-08 20:40

森見登美彦のエッセイ集を読んでいたら、頭があっちこっちと良い意味で巡ってしまう、と同時にインプットのみではひどく疲れてしまう。

彼のエッセイを読んでいると、昔のことを思い出すことが多かった。今までは過去に拘泥することなく、未来をまだまだ生きるという感じだったけれど、隠居生活に入り、恥ずべき過去も衒いなく思い出すことができるようになったのだろう(苦笑

幾つになっても過去はたぶん多くの「反省」で成り立っているかもしれない。

とはいえ人生をやり直すことはできないので、そしてよく言われるように再選択の機会が仮にあったとしても同じような選択をしてしまうのが人生かもしれないなと思う。

今日はリンクした過去の思い出を幾つか文章としてアウトプットする。
でもブログなどでいきなりアップするのではなく、しばらく寝かせるのが良いみたいだ。

旧いことを調べているうちに、国会図書館デジタルコレクションや

http://dl.ndl.go.jp


国文学研究資料館(電子資料館)を

http://www.nijl.ac.jp/pages/database


利用できることに今さらながら気がついた。

先日、矢田丘陵地をトレッキングして、生駒山地などに興味を持っている。
森見氏も東京を引き払って生駒山地を眺める奈良に戻って、執筆活動に専念しているようだ。

この美術館も近く訪ねてみたいな。
大和文華館

公益財団法人 中野美術館|Nakano Museum of Art

両美術館が池を挟んであるのが魅力的だ。

今日は天候不順。
インプットに疲れたので、30分ほどジョギング。4.85km







はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2018 asyuu. All Rights Reserved.