大きな字2020-07-03 22:36

孫守のヘルプと気分転換のロードバイク。

2020年6月30日(火)
神戸市に大雨洪水警報や暴風警報が出る荒天。長男が急遽、東京に出張に行ったので、5時過ぎに孫たちの保育所迎えに行く。迎えの時には、幸いなことに雨が止み、孫1号を私が自転車に乗せ、妻が孫2号を抱っこして帰る。

すぐに食事。孫2号は最近、ミニトマトがお気に入りで、食欲旺盛。妻が二人を入浴させた頃、長男の奥さんが仕事から帰宅。

孫1号は長男の奥さんと寝室に行き、孫2号は最近は寝るのが遅いとのことで私たちとしばし遊ぶ。犬の玩具を抱いて、孫2号は9時20分頃、就寝。

長男の奥さんが孫1号を寝かせたので、長男宅を辞する。

7月1日(水)
長男は東京滞在。朝6時半過ぎに長男宅に行き、仕事で早出の長男の奥さんを見送って、妻とともに孫二人を保育所まで連れて行く。孫2号が別れ際、すこし泣く。私たちの息子二人も保育所育ちなので、すぐに機嫌を直して保育所で彼らも遊ぶだろう。

午後、7kmほどジョギング。

夕方、孫たちの保育所迎え。長男の奥さんが午後6時半頃、仕事から帰宅。
まもなく5歳と2歳の孫二人、無駄に走り回るのが特徴の男子(息子たちもそうだった)、そして荒っぽくこちらにパンチとか蹴りを入れてくるので、ジイさんは加減が解らず四苦八苦する(苦笑

午後9時前に、長男が東京出張から帰宅。長男夫婦ともかなり疲れている。
午後9時20分頃、孫2号は例によって犬の玩具を抱っこしながら寝る。
長男宅を辞する。



あいまに「土佐の峠風土記」を再読。野根山街道が魅力的だ。
全コース44km、尾根筋に30kmほどが「四国のみち」として整備されているようだ。



縦走すると一泊二日のコースといえようか、シクロクロスだと何とか一日で走破できそうな気もする。

7月2日(木)
梅雨の中休み。曇天で気温も30度を越えないようだ。昼前にカーボンバイクで軽く走ってこようと発進。
猪名川ー県道12号線と北上。ゴルフ橋の工事が終わったようで、畦野方面へ抜けることができる。久しぶりに一庫ダム周遊道路を走る。龍化吊り橋の通行止めは、あいかわらずのようだ。

千軒からゆるい坂道を上って民田集落へ。台風のため法面が崩れて、1年半ほど通行止めだったようだ。
あいかわらず隠れ里のような雰囲気。
上阿古谷からの道(短いが傾斜のキツい坂だ)も昔は裏山道しかなくて、東へ抜ける千軒方面の道が主交通路で、ほとんどの家が能勢の女性を妻に迎えていたとのこと。

猪名川町 三矢の儀式 令和二年、困難を乗り越えて3年ぶりに...


民田八幡神社入り口にて。

丹州街道の説明板の文字が薄れて読みにくくなっていたが、補修されている。

いっきに上阿古谷まで下り、阿古谷集落を経て、帰路の道につく。民田ではちょっと肌寒いかなと思ったが、雲が取り払われると日差しがきつくなり、やはり暑い。

午後4時過ぎに帰宅。62km

7月3日(金)
雨。ウォーキングがてら伊丹市図書館へ。借りていた本を返却して、何冊か本を借りる。喫茶店で読書。


著者の体調が悪かったせいもあるかもしれないが、なにか寂寥感が漂う静かな文章。
2014年に息子さんを事故死で亡くしているのも陰を落としているかもしれない。
人生で子供に先立たれるほど痛ましいことはないだろうから。

「私は何年も文芸評論を書いてきた。そうでないばあいも、だいたいは、書いたのは、メンドーなことがら、こみいった問題をめぐるものが多い。そのほうがよいと思って書いてきたのではない。だんだん、鍋の料理が煮詰まってくるように、意味が濃くなってきたのである。
それが、字が小さいことと、関係があった気がする。
簡単に一つのことだけを書く文章とはどういうものだったか。それを私は思い出そうとしている。
私は誰か。何が、その問いの答えなのか。
大きな字で書いてみると、何が書けるか。」(同書7−8頁)

著者の文芸評論を何冊か過去に読んだはずだが、印象が薄い。もちろん私の頭脳が明晰でないことが原因だろうが、「小さな字」を読むことに次第に倦んでいたこともあるだろう。若い頃は、稚拙とはいえ大きな伸びやかな字を書いていたのに、組織人として組織言語を読んだり、書いたりしていると、どんどん字も萎縮していったような気がする。
もちろんそれは私の狭量さにもよる。

いまはPCで文章を書くので、自分の字を眺めることが少ない。「大きな字」の余生を過ごしたいものだ。



一週遅れの父の日2020-06-29 23:01

毎日30度越えの日々、凡々と過ごしている。

クロモリロードでブラッと走って、公園の緑陰で電子書籍を読む。


コロナウイルスを題材にしたSF短編が掲載されている。

そのうち未知だった作者の本を2冊、図書館で借りた。若い世代の作品に興味があるな。


あとは南丹市の定住促進のサイトにある「集落の教科書」をじっくりと読ませてもらった。
南丹市は平成の大合併の際に,平成18年1月1日に園部町・八木町・日吉町・美山町が合併して誕生。当然ながらそれぞれの町の歴史も風土も異なるものだが(ロードバイクで走っていると感じた)、大合併により市町村数が3,232から1,821に減少している。

合併後の市名はとってつけたような名称が多い。でも南丹市はよい名前のような気がする。

私は凡々と隠居として生きて、たぶん阪神間の街で死ぬだろうけれど、若い人は新たに地縁・血縁を結んで、ローカルで生きていくという方法もあるだろうな。そうすると「集落の教科書」も魅力的に見えてくる。

この本を読んでいると

「人口は過疎になっていっても、心は過疎にならない」
人口が減ってゆく町で看護師として働く寺島咲がそういう。いま日本の社会の大きな問題は地方の過疎化だが、大林宣彦監督の「野のなななのか」(14年)は、小さな町にこそまっとうな暮しがあると、静かに語りかけてくる(「なななのか」は、「七つの七日」「四十九日」のこと)。(同書190頁)


映画「君の名は。」に関して次のような文章もある。

こういう緑豊かな小さな町が、彗星の寄って消滅してしまう。そうさせまいとして、少年や少女たちが必死に走る。「国を守る」のではなく「町を守る」。その小さな視点が素晴らしい。(同書218頁)

ローカルでキチンと生きるということは、町を守ること、そして神は細部に宿り給うかもしれないな。

昨日は一週間遅れの父の日を祝う会ということで(それを口実に息子たちが食事に)我が家に長男夫婦・次男夫婦、そして孫たちが集合。大人6人、孫3人だと老夫婦には適正な小さな暮らしも、さすがにこれだけ集まると居間が狭苦しい。窓や襖を開けて換気をよくして、夕方から食事会。

長男夫婦から日本酒大吟醸、次男夫婦からは孫の写真入りのTシャツをプレゼントされた。父親としてはそれほど出来のよいわけではないが、息子たちは私よりは利発に、そしてのびのびと育ったような気がする。3時間ほど歓談、とはいえ部屋を走り回る孫たちを見守ることにも忙しかったな。

今日は長男宅に午後から子守のヘルプに行く。孫2号と遊んでいると、長男からスマホに電話がかかってきた。ふだんはLINEで連絡をとりあっているので、急用かな?と電話に出ると、急遽明日から一泊二日で東京出張に行かなければならず、明日・明後日も子守のヘルプに行くことになった。

次男夫婦たちも奥さんのご両親に子守のヘルプをしてもらっている。
いまの若い夫婦たちも、それぞれの両親のヘルプなしにはなかなかしんどいだろうね。

昨日、我が家の狭い押し入れで遊ぶ孫たち。
息子たちも小さい頃住んでいた借家の押し入れに二人でよく入って、襖に大きな穴をあけてそこから出入りしていた、猫と変わらないや。




GPS2020-06-23 21:25

2020年6月22日(月)
ジョグ&ウォーキング10.8km
をしてから

午後、長男夫婦の孫2号の子守ヘルプ。午睡が足らなかったのだろう、珍しく機嫌の悪い孫2号。言葉もまだまだ喋れないので、地団駄を踏んでぐずる、ジイジ・バアバはちょっとおろおろするのみ。

「トムとジェリー」のDVDを再生すると機嫌を直して、そのまま寝入り始めた頃、長男の奥さんと孫1号がピアノ教室を終えて帰宅。

夕食は回転寿司ですます。

6月23日(火)
グングンと気温が上がり、湿度は低いとはいえ、なかなかの暑さ。
とてもジョグできる雰囲気ではないので、午後から武庫川河川敷をウォーキング。
宝塚まで行き、折り返す。

途中、河川敷の茂みに野苺を発見。熟れすぎているようで、口に含むとそれほど味がしない。

旬を過ぎているのだろう。


この頃が、野苺の旬なんだろうな。

ウォーキング 13.6km

読了した本。

インタビュアーの高橋秀実氏が、相手の本音や生活歴を聞き出すのがうまいんだろうな、スポ魂じみないのがよろしい。

81歳柔道男性
「よく続けられますね」と感心すると、さらりとこう答えた。
「肉体は衰えますが、昨日と今日はそんなに変わらないですよね」
ーそ、そうですね。
「その変わらなさを継続すればいいんです」(同書27頁)


その継続がなかなか難しいんだけどね。

77歳ボート男性
私などは少し走っただけで「苦しい」と感じるが、それは体力というより自己防衛本能が
いち早く働くからなのだ。
「年寄りになると、その比率はどんどん下がっていきます。僕たちの場合、大体50%くらいで自己防衛本能が働いてしまう」
歳を重ねると、体力は落ち、自己防衛本能が強くなる。体力が向上することは見込めないので、その比率を上げることが彼らの訓練らしい(同書64頁)

年寄りの冷や水との兼ね合いが難しいね、でも自己防衛本能の比率というのは解るような気がする。


スマホとGPS機能、電子山岳地図など登山環境はかなり変化している。
探検家の角幡唯介氏は、GPS(衛星利用測位システム)をあえて拒むと著作で書いている。緯度経度や距離を即座に示すGPSは人間を取り巻くシステムの強力かつ最新の装置で、闇の意味(極夜行)を帳消しにしてしまうからだ。

ただ一般の登山者にはGPSや電子山岳地図は役立つ、でもスマホの画面ばかり眺めていると道迷いは防げないだろうし、経験と周りの状況を判断することは絶対に必要だろうな。

久しぶりに比良山系をトレッキングしてみたいので、山と高原地図「比良山系」電子版をダウンロードした。そしてYAMAPにも登録してみた。
比良山系のコースを40代にほとんど辿っているが、リフトやロープウェイの廃止とともに一般登山道から破線(荒れた登山道)に変わっている道も多くなっているね。

比良のガイドブックを再読している。


会いに行く、会える時間2020-06-21 22:40

2020年6月19日(金)
女友達3人とコロナ自粛解除後(とはいえコロナは存在するだろう)、久しぶりに三宮で食事会。二人とは2月以来、もうひとりは家の所用で参加できなかったので半年ぶりに会うことになる。コロナ前はあいだが開いても二ヶ月に一度はお会いしていたので、リアルに会うことも大切やなと思う時間。

予約してくれていたピザの店で食事、人気店なれどコロナ以降だから空いていると思ったら、ほぼ満席。白ワインを二本ほど注文して歓談、外食はやはり楽しいね。

そのあと、換気のよい居酒屋で日本酒を飲む。このメンバーでソウル・台湾、イタリア、フランスと海外旅行に何度も出かけたが、しばらくは海外旅行は無理だろう。ということでインバウンドで混雑していた京都が、いまは比較的マシだろうということで8月に京都旅行に行こうかなと算段している。

来月はその打ち合わせも兼ねて、台湾料理の店を予約した。

6月20日(土)

長男夫婦の孫2号(1歳9ヶ月)を預かって子守、近くの公園で1時間ほど遊んで寝入った孫を抱っこして自宅に連れ帰る。2時間ほど昼寝。
午睡後は玩具で遊んだり、再度近くの公園へ散歩に出かけたりする。


夕方、長男と孫1号、そして仕事を終えた長男の奥さんが我が家に集合。長男の奥さんの鳥取の実家から送っていただいたイカ・マグロの中トロ、大トロを刺身でたっぷりと贅沢にいただく。脂がのっていて、とんでもなく美味。

次男から連絡があり、来週日曜は長男夫婦、次男夫婦、そして孫たちが我が家に集合することとなった。我が家で食事会の予定。

6月21日(日)

クロモリロードで散歩。伊丹の図書館で予約本を受け取る。


公園や喫茶店で、本2冊を読了。

親との関係は、表現するのは自分が年老いてもむつかしい。短編小説として表現する方がよかったんじゃないかな。


「筋肉は裏切らない」という言葉はあまり好きじゃないな。
たしかに負荷をかけないと、筋肉を含めた身体能力は向上しないけれど、それは強者の論理であって、その論理をいつまでも、とくに老年になっても貫くことは傲慢なような気もする。代謝の悪い身体に、鎧のような筋肉をつけるのは、あまり美しくないなと思う。

なぜ運動しないかという理由は、さまざまに挙げることができるのは参考になるね(苦笑


コミックも電子書籍で読了。

作者はかなり自転車に精通しているね。こんなイラストがかなりガチっぽい。

ロードバイクのある生活は、それなりに贅沢な時間。
そして、友人や家族と会える時間があることも芳醇な時間。



SPD-SLシューズ新調2020-06-18 20:44

今年の梅雨はいまのところ晴と雨の境がはっきりとしているようだ。
昨日までの数日は夏日の晴れ。

クロモリロードでのんびり走って、小さな菖蒲園をのぞいたり


公園の緑陰で読書。青空文庫の山本周五郎の短編をいくつか読む。

ジョグ&ウォーキングの途中、ついつい立ち飲み屋に立ち寄ったりもする。
アテ二品、瓶ビール1本・日本酒一杯、2000円以内とすると3-40分ほど飲むことになるかな。ひとりはいいね。

樹木の瘤(こぶ)が動物の顔などに見える、さしずめ亀といったところか。


先日、カーボンバイクでの北摂ライドの帰りに、SPD-SLシューズに違和感があるので確認すると、ソールが剥がれかけている。だましだまし走って帰宅したが、SPD-SLクリートも摩滅しているので両方ともさすがに替え時だろう。

昨日はポチったシューズとクリートが午前中に到着した。

シューズは、シマノ(SHIMANO) RP4 ワイドサイズ

クロモリロードやシクロクロスのペダルはSPDだが、カーボンバイクはSPD-SL

でもレーサーでもないので、楽しく安全に走ることができればよろしい、それに日本人特有の幅広足サイズなので、廉価なこのシューズを選択。

クリートは安定の黄色(SH-11)

クリート位置を適当に決めて、シューズに装着、当然アスリートではないので、サドル高もクリート位置も、ある程度走って身体に違和感がなければOKというぞんざいなスタイルです。


午後から、試走にでかける。Boaダイアルの調整の仕方がわからなかったが、事前にネットの動画で確認済みだ。

さすがに新しいシューズ、クリートはきもちいいね。普段履きのシューズよりワンサイズ大きい26.5cmを選択したが、違和感ないので正解だったみたい。

色がブラックと地味なので靴下だけ華やかにしてみた(苦笑


西国街道を東進、茨木市付近まで走って折り返して帰宅。
46.5km

気温は30度以上、湿度はないといえ十分に暑い。

走行感覚は悪くはないな。

10年前と異なり、身体の耐性は三分の一くらいになっているので、暑いときに走ると身体がそれなりに疲れる。早めにベッドに入り、ゆっくりとお気に入りの音楽集を聴く。



繋がっていく2020-06-14 20:30

梅雨入りで天候不順なり、されど毎日10kmほどはジョグ&ウォーキングをしている。

それ以外は、読書。


藤井太洋の新作。CIAも研究者も警察もテロリストもみなしっかりしているけれど(それぞれの信条と技術がある)、コロナウイルスに対応する官僚組織を見ていると、ほんまかいな?と危惧するのは蛇足だろう。小説はスピード感があって一気に読めた。

日経Linux最新号を久しぶりに購入。

まだまだUbuntu 16.04を使用しているが、32bit版は18.04で終了だと今更ながら知った。
Ubuntuデスクトップは私には便利だが、Linuxデスクトップの利用状況はいまだに全OSの2%弱。日本語入力もいまだに2007年版「ATOK X3 for Linux」を使っている。Mozcは日本語入力が貧弱でATOKのほうがまだマシなレベルなんだよね。

ubuntu 20.04以降に移行するのは、新しいThinkPadを購入したときかな、いずれにしても2023年4月以降ということになるだろう。


利用している図書館がやっとこさ利用再開されて、読書生活にはやはり便利だ。

ジョグやクロモリロードで西宮・尼崎・伊丹・宝塚の各図書館に出向く、ちょっとした運動になるし。


『写真でみる日本生活図引』に収録された昭和30年から40年初めの日本の風景や人々の写真を、団塊の世代である林望氏が個人的体験も含めて解説していく。

目次からも想像される写真群。

チャンバラの剣士たち
荒っぽく、しかし仲良く
行水、束の間涼し
テレビ様降臨の日
夏休みと洗濯機
肥溜めの香り
聖なる汚穢
羞恥のありどころ
混浴という美風
鉾をおさめて 伊根浦の捕鯨
隠居の夢

写真を眺めていると、これって明治時代?と思うような写真もあるが、「ついこの間あった昔」なんだな。自分史を含めた昔にトンと興味はなかったが、自分の幼年期と繋がっていく。


柳田國男の自伝「故郷七十年」を読み始めると冒頭に、「故郷というものは、五十年がいきどまりと、かねがね思っていた」とある。
齢を重ねると「故郷は遠きに思うもの」という感慨を持つのかもしれないが、風俗も近しき人の記憶も繋がりは薄れていく、その薄れていく時間が五十年かもしれない。

私も故郷を去って五十年が過ぎようとしている、そんな感慨もあって、そして「ついこの間あった昔」の本に刺激されて、日本の古本屋サイトで土佐の本を検索していると、思いがけない本に行き当たった。

私の小学校時代に交流のあった家のおばあちゃんのひとり語りを、そのお孫さんが追憶の物語として繋げて紡いでいる。

宝塚の図書館に蔵書があったので、クロモリロードで向かい、借りて武庫川河川敷のベンチで読む。

衝撃

子供の頃、何度か遊びにいった不思議なお屋敷だったけれど、市井の人として鄙には珍しい、いや私が知らないだけで、土着故の凛とした生き方をした人々が実在したんだと驚いた。

詳しいことはまた後日、まとめて書いてみたいが、50年以上ぶりに風景、そして故郷の人々の心根に触れて、驚くほど腑に落ちるところが多い。

長く生きてみたことも悪くはない。

手元に一冊置いておきたいので、Netで検索すると、なんとhontoで電子書籍として発刊されている。画像データなので、検索や引用はできないが、終活に向かっている私としては電子書籍はありがたい。さっそくダウンロードした。



選んだ孤独はよい孤独2020-06-09 22:08

土日月と3日連続で孫守のヘルプ。

今日は梅雨入り前の夏日、梅雨前に走っておこうということで、カーボンバイクで午前10時過ぎに発進。
猪名川を北上して、左折して久しぶりに芋生・若宮の集落を抜けて、長尾山大橋直下の道を上っていくことにした。往来が少ないので、ここでマスクを外す、暑いしね。

芋生・若宮の隠れ里のような雰囲気はそのまま。

順調に加齢しているので、最後のヘアピンカーブ付近で息切れ。老人は無理する意味がないので、バイクを木蔭に駐めて休憩。

33号線に入り切畑を抜けて、溜め池近くの新道を上る。以前の道は廃道になっていくようだ。

西谷ふれあい夢プラザでトイレ休憩、そして小腹が減ったのでよもぎ餅を購入してバックパックに入れる。

琴平神社前の石段でよもぎ餅で栄養補給。

上佐曽利から猪名川町へ抜けて、くろまんぷを通過。

歴史街道を南下して、道の駅いながわで缶コーヒー。暑くて、水分補給がかなり必要だ。


阿古谷に抜けて、公園のベンチでしばしうたた寝。木蔭にはいると、湿度がすくなく気持がよい。

再度、猪名川を南下して帰宅。

走行距離 71.3km

老人には腹八分目の距離になってきたね。

昨夜は竹内まりやのアルバムを寝る前に聴いていた。
「人生の扉」にこんな歌詞がある。

------
竹内まりや 人生の扉 の動画検索結果
------------------------------------
満開の桜や 色づく山の紅葉を
この先いったい何度 見ることになるだろう
ひとつひとつ 人生の扉を開けては 感じるその重さ
ひとりひとり 愛する人たちのために 生きてゆきたいよ
------------------------------------------

うかうかと生きていても明日は来ると思っていた時代が過ぎて、私も「満開の桜や 色づく山の紅葉を この先いったい何度 見ることになるだろう」という白秋の時代を迎えた。

今日も走りながら、5年前に若くして亡くなった山友のMさんのことを思い出していた。
明日も会えるとぞんざいに別れたのに、永遠の別れとなることもある。
だからこそ、今年は比良山系や里山を歩き、そして旅へと向かっていきたいなと思う。

ここ数年、意識的に孤独な生活を選択してきたが、「選んだ孤独はよい孤独」とひとりで唱えている。人と干渉する生活はもういいやとより思うようになったんだろうな。


昨日、ジョギングした道で紫陽花も咲き始めた。




はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2020 asyuu. All Rights Reserved.