孫と遊ぶ2016-12-04 23:21

この週末は孫と遊ぶことが多かった。

昨日は長男の奥さんが職場の忘年会のため帰宅が遅いので、長男と孫が我が家にて夕食。

そして今日は長男の奥さんの実家からお刺身が大量に届いたので、「いっしょに食べませんか」との嬉しいお誘いがあり、私たち夫婦が長男宅へ。

午後4時頃から食事を始めて、例によって美味しい日本酒もいただく。
持参したのは大阪府高槻市の日本酒 國乃長・大吟醸。
壽酒造 國乃長 大吟醸 720ml
魚にあうお酒やね。

食事をしながらも、機嫌の良い孫相手に絵本を読んだり、積み木でいっしょに遊んだりする。まるで好好爺みたいです・・・

3時間ほど皆でゆっくり食事をしてから雨の降る道を歩いて帰る。

恵まれた時間です。

帰宅後、ほろ酔い気分でAmazonにてYOGA BOOK(Android版)用のアクセサリーなどを注文した。

・microSDXCカード/64GB
・液晶用ガラスフィルム
・専用ケース

いずれも本体より早く到着する予定だ。来週末からの台湾旅行の準備もしないとあかんのに、なにをしていることやら。


YOGA BOOK(Android版Wi-Fi)をポチった2016-12-03 23:07

昨夜は女友達らと来週末からの台湾旅行の最後の打ち合わせ。
三宮の鍋料理の店にて4人で鍋をつつきながら歓談。
そのあと立ち飲み、エビスBarとまわって帰宅。

来週の今頃は台北にて4人でお酒を飲んでいるだろう。彼女らとは20年来の友人だが、偏狭で協調性のない私と遊んでくれるのだから、彼女らもある意味変人なのでしょう(苦笑

爆睡後、今朝目覚めてGmailをチェックするとLenovoからYOGA BOOK販売再開のご案内メールが届いている。
あわててチェックすると、欲しいなと思っていAndroid/Wi-Fi+LTE版はすでに売り切れ、Windows版はLTE対応のものは残っている。でも私はWindowsが好みじゃない。

ASUS X205TA上のWindows 10はXubuntu16.04に書き換えたし、唯一Gnome 16.04 on ThinkPad X220のmSATA(128GB)にWindows 10をデュアルブートで起動するよう設定してある。
でもこのWindows 10を起動することはめったにない。

YOGA BOOKは実質はタブレットだし、Androidのほうが親和性が高いと勝手に思っている。基本受動的なデバイスで、フルフラットで物理キーのない「Halo(ハロ)キーボード」はソフトウェアキーボードよりはちょっとはマシというレベルかもしれない。

生産性などというちゃちなことは言わずに、変態ガジェットとして楽しむのがよいだろう。

などと妄想しながら、Andoroid/Wi-Fi版をカートに入れたり出したりしていると、残り16台になっている。はい、ポチりました。


現在、タブレットのHP Pro Slate 8を持ち歩いているが主用途は
Amazon Kindle、honto、Dマガジンなどの読書端末となっている。
■購入時記録
HP Pro slate 8、タブレットが2台(2016.1.12)

タブレットは7.9インチ、YOGA BOOKは10.1インチのディスプレイ、重量も690gらしいから、読書端末としても優れているだろう。

・外ではNetに繋ぐことはあまりないので、いざというときはスマホのデザリングを利用する。
・Haloキーボードはちょっとしたメモ作成と割り切る。
・まぁとにかくこのツールで遊ぶ
といったところでしょう。変態ガジェットだから、Linuxを入れてもキーボードが反応しないだろうな。

GPD WIN,ポメラDM200,PORTABOOKなどにも興味があったけど、変態ガジェットの本命であるYOGA BOOKが来るのはかなり楽しみです。

本日でAndroid版の在庫はなくなっている。
Windows版はまだまだ在庫があるようですね。
Lenovo 2in1 タブレット YOGA BOOK ZA160003JP /Windows 10/SIMスロット/Office Mobile搭載/4GB/64GB/10.1インチ

予定では12月7日(水)に到着予定、台湾旅行直前ですわ。



明日は飲み会2016-12-01 22:07

職場でお世話になった方からいただいた日本酒「醸し人九平次」を飲みながら、ブログを更新しております。この日本酒、めちゃうまいやん。

ほろ酔いでブログ更新しています。

■Amazon kindle Unlimited
Unlimitedの会員になっているけど、サービス当初より対象作品は一気に減少している。とくに人気作品は軒並み対象外となっている。
でも会員はそのまま継続中だ。
・自転車雑誌が対象となっていること
・日経Linuxも最近対象となった。

これだけで月額980円の元は取れるでしょう。

■シクロクロス
シクロクロスで走ったらやはり疲れている、でも身体はスッキリしている。冬場はシクロで里山に入ったほうがこれから猛スピードで追いついてくる老いにすこしは距離を置くことができるでしょう。

シクロで走ってくると、片足立で靴下をちゃんと履けます、はい。

■Xubuntu 16.04 on X205TA
□コンピュータ名変更
コンピュータ名をうっかりと「asyuu」としていたので以下のコマンドで変更。
sudoで以下のファイルにあるコンピュータ名を書き換えて保存する。
/etc/hostname
/etc/hosts

これでasyuu@X205TA:~$とターミナル上で表示されるようになった。

□ブルーライトカット
長時間、ディスプレイを見ていると目が疲れるので、ブルーライトカット・アプリのF.luxを導入。

下記の記事が参考になる。
Ubuntu F.luxインジケーター その1 - 概要とインストール・使い方

ターミナル上で下記のコマンドを打つ。
 
sudo add-apt-repository ppa:nathan-renniewaldock/flux
sudo apt-get update
sudo apt-get install fluxgui

X205TAの青みがかったTN液晶がちょっと見やすくなった。

□focuswriter
全画面でタイプできるエディター。ポメラDM200を持たなくても、ブログ作成に専念できる!?他罰的な文章、マイナスな文章を書かないために背景は孫の写真にしております(爆


ただしサウンドを出力できないので、タイピングの際のタイプライターの擬音を利用することはできない。

■村上春樹長編小説新刊
2017年2月に長編小説が発刊されるようだ。例によって新潮社がもったいぶったサイトを立ち上げている。
村上春樹 7年ぶりの本格長編、2017年2月刊行決定!


Kindle版で「色彩のない多崎つくる〜」「TVピープル」「パン屋再襲撃」を読んでいるが、最近の村上春樹の長編はそれほど惹かれない。僭越ながら、クドくて説明的すぎる。初期の短編集にあるような濃密な文章、風景から心理を読ませるコアさが薄れているような気がする。

まぁこれは好みの問題でしょう。

でも新刊も結局購入するでしょう。


明日は、来週末から予定されている台湾旅行の最後の打ち合わせ兼飲み会なり。

美味しい日本酒で気持ちのよい女友達らと酔っ払う予定。



Xubuntu 16.04 on X205TAのキーマッピング修正とタッチパッド無効化2016-11-30 00:03

Xubuntu on X205TA、フリーズを起こすこともなく稼働している。

やはりNotePCには、とくにモバイル系にはLinuxが似合う。



X205TA上でUbuntuを動かす議論をしているフォーラム(英語圏)をチェックしているが、サウンド出力させる方法は現時点でないようだ。



日本語キーボードの一部キーを入力できない問題は、カーネルをバージョンアップする方法が正統派だけど、ググってみると以下の方法があった。


■キーマッピングを修正する。

以下のキー割り当てをする。


「Windows」+「^」(keycode 21) → 「|」(bar)

「Windows」+「[」(keycode 35) → 「\」(backslash)

「Windows」+「/」(keycode 61) → 「_」(underscore)


定義は~/.Xmodmapに記述し、ログイン時に適用されるようにする。

~/.profileを編集して、ここにxmodmap ~/.Xmodmapと記述すればstartupからロードしてくれる。


■タッチパッドを無効にする。

エディタで文章を作成している時、タッチパッドのカーソルが意図しない行に移動して煩わしい。

テキスト作成などをしているときには、タッチバッドを無効にしたい。


Xubuntuでは

設定>マウスとタッチパッド>振る舞い>キーボードを打っているときはタッチパッドを無効にする

というオプションがあるが変更しても反映しない。


$ xinput listのコマンドを打つと



Elan Touchpadが該当するデバイスみたい。


xinput set-prop "Elan Touchpad" --type=int --format=8 "Device Enabled" 0


とコマンドを打つとタッチパッドが無効なる。

Guakeを常駐させているので、再度有効にするためにはGuakeを起動して

タッチバッドを有効とするコマンドを打つ。


xinput set-prop "Elan Touchpad" --type=int --format=8 "Device Enabled" 1


上記のコマンドをいちいち打つのは面倒なのでさらにググってみると、この記事が参考になった。要はタイピングしている時にはタッチパッドを無効にしておきたいのだ。


Ubuntuでタイピング中はタッチパッドを無効化したい


# syndaemon -d -i 0.5 -t

-iで設定した秒数だけタッチパッドが無効化される。

-dオプションはこのコマンドをデーモン化するかの設定。

-tオプションは、タッチパッドの無効状態でもカーソル移動を許可するというオプション。


このコマンドを自動起動するために

/etc/rc.localというファイルを適当なテキストエディタで開いて最終行に上記のコマンドを書き加える。


再起動するとちゃんとコマンドが効いている。


こちらのほうがスマートで便利だな。


Xubuntu 16.04 on X205TAはあくまでもモバイル専用機、母艦はGnome 16.04 on ThinkPad x220だ。キーボード、処理速度、ディスプレイの見やすさなどThinkPadのほうがはるかに優れている。


ただ、いかんせんThinkPadは重量は1.5kg、X205TAは実測950g、ThinkPadを外に持ち歩きたいとは思わない。片手で筐体を楽に持ち上げることのできるX205TAは3万円弱のNotePCとしては「神機」といえよう。バッテリーも10時間以上もつのはすごい。


でも実際は仕事で出かけるときは、NotePCを休憩時間や通勤電車内で利用することはない。8インチのタブレットを利用することが多いかな、軽いし。


設定に時間をかけているけど、まあ遊びですから。



シクロで多田銀山・ソエ谷峠2016-11-29 20:59

Xubuntu 16.04 on X205TAもフリーズすることなく稼働しているので、今日はシクロで里山を走ってきた。

午前11時過ぎに発進。空気圧を5気圧ほどにしているが、オンロードでは32Cのタイヤはやはり重い、かつ北風の向かい風。

多田銀山跡から東宝塚GCへ抜ける地道を走る。
シクロだと気を使うことなく走ることができる。

宝塚の大岩岳周辺を走ってみようと思ったが、とりつき口がわからない。
丸山湿原から大岩岳方面に行けるが、ここから先は自転車禁止。

宝塚市境野から北方面を見ると時雨れている。そして半分だけ虹がかかっている。

南方面は晴れ間がのぞいている。冬めいた天気になってきた。

シクロで走るグラベルロードを探索しながら走るが、適当なロードがない。
そうだ、ソエ谷峠に至る道が快適だったなと思い出したが、入り口はどこだっけ?

スマホに「山と高原地図・北摂京都西山」を入れているので位置情報をONにして検索。
工事をしているので入り口の様相が変わっていたんだ。

前回走ったときよりは、次第に道は荒れており、落葉に覆われている。
ソエ谷峠に到着。静かな峠だ。

峠で休憩していると、銀山側からオフロードバイクが上がってきた。

こんな平日、自転車に乗ったりオフロードバイクに乗るのは同世代の同類でしょう(苦笑

ヘルメットをとったライダーは、やはり私と同世代っぽい。

「道が荒れていてたいへんだったでしょう」と尋ねると、「転倒したり、エンストしたりしてたいへんでした。20年前はこんなに荒れていなかったんですけどねー。やはり歳ですわ」

同類相哀れむ、私もシクロでヘロヘロと峠まで上ってきた。

私は50歳になったらオートバイ乗りになりたいなと思っていたのに、機会を失して自転車に乗り続けている。そして63歳と初老になった。まぁこんな人生もいいか。


峠から銀山側に降りると、シクロを担ぎ続けなければならないので、おとなしく宝塚側に引き返す。乗車率100%のグラベルロードを気持ちよく下っていく。

■以前のライド
多田銀山を経てソエ谷峠へ(2011.5.3)

シクロを駐め、雑木林で風の音を聴いた。登山用ガスバーナーを持参して、珈琲を飲むのもいいな。

33号線に並行する地道を走って、十万辻を越える。

宝塚市街地への下りもシクロのタイヤだと安定性抜群、スピードは減殺されるけど安全第一だ。

武庫川河川敷を走って帰宅。

走行距離 72km

シクロは、高知時代の小学生の自分を思い出させる。近くの里山に独り上って浦戸湾を眺めた。機能不全な家庭に育ち、孤独な少年時代を過ごした。でも息子たちや孫には「不幸の連鎖」をもたらすことはけしてしなかった。

それだけは自分をちょっと褒めてあげたくなる。



次男宅「建物探訪」と海遊館2016-11-28 22:22

昨日は長男夫婦・孫といっしょに次男夫婦宅にお邪魔してきた。

暮らしやすそうな部屋の間取りと二人がチョイスした家具やインテリアもなかなかセンスがよろしい。


次男夫婦が作ってくれた手料理で、ビール・ワインを飲みながら歓談。

缶ビールを10本ほど、赤と白のワインを2本皆で飲んで、日曜の昼間から酔っ払っていた。


次男夫婦も長男夫婦に負けず劣らず仲睦まじい。

私たちの親としての役割はもう終わり、息子たちはそれぞれの奥さんとともに人生を生きていくのだろう。


まさしくこれからの人生は私にとっては余生となりつつある。

喜ばしいことです。


3時間ほど次男宅で歓談してから、天保山の海遊館へ孫を連れて行った。日曜とはいえ雨模様、夕方なので空いているかなと思っていたら、海外の観光客も含めて入場者は意外と多い。


孫がいちばん興味をもったのは海月(クラゲ)の水槽でしたね。


海遊館を出ると暗くなっており、イルミネーションがまわりに輝いている。



孫の機嫌がよいので、市バスで大阪駅まで向かった。孫は電車やバスに興味があるようだ。電車やバスのなかでも、孫はぐずることなく興味深そうに乗り物や乗客を眺めている。


孫も1歳1ヶ月、身体もしっかりしてきて抱っこするとずっしりと重くなってきた。


「おとうさん」「おかあさん」と聞こえるような発音を孫がするようになって、長男夫婦は狂喜乱舞しております(笑


冬めいてきた。明日はシクロで里山に入る予定だ。



自罰的にならず2016-11-26 21:09

いろいろと制約はあるけれど、Xubuntu 16.04 on X205TAの設定も終了。日本語キーボードの一部キーの無反応はxmodmapを作成することで、とりあえず回避している。

PORTABOOKやGPD WINにLinuxをインストールする猛者というか人柱というか、果敢な人がでてきているが、まだまだうまくいっていないようだ。

勇者たちの成果に期待しましょう(苦笑

午後から義母宅に必要書類を届けてから、シクロクロスで河川敷や近くの公園の土手を走ってきた。

定年になってから、「老後の生活」を主題にした本をいくつか読んでみた。
所詮は他者の人生、参考になるものはない。
赤ちゃんとして生まれるのも、老人として過ごしていくのも、誰しもが初めての経験なん
だから、結局は自分で経験していくしかない。
公園で落ち葉と遊ぶ孫

なんとなく考えているのは
他罰的にならず
かといって自罰的にならず
静かに生きていくのがいいかな。

明日は長男夫婦・孫とともに次男宅の新居へ「建物探訪」。
次男夫婦が料理を振る舞ってくれるそうです。妻が、息子たちをキチンと料理ができる人
に育てたので、息子たちは料理のセンスがいい。

ちょっと楽しみです。




はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2016 asyuu. All Rights Reserved.