ロードバイクで走るための最良の場所2014-07-23 21:57

昨夜は先に急逝された安西水丸氏の追悼イラスト集を読んでいた。


安西氏といえば村上春樹の書籍と繋がるけど、始めて村上作品にイラストを書いたのは「象工場のハッピーエンド」に収録されている「鏡の中の夕焼け」ということで、「象工場のハッピーエンド」も読み返していた。

村上春樹の長編小説に馴染めなかったら、彼の短編小説やエッセイを読むといいかもしれない。ボクは「午後の最後の芝生」が短編の中ではいちばん好きなんだけど、それは

・人は生きていく上で大切なものを喪う時がある。
・でも、だからこそキチンと生きていかなければならない。
・思い出は個別的であると同時にたぶん普遍的なもの、だからこそ物語は成り立つ
ということが、この作品には凝縮されているから。

久しぶりに「象工場のー」を読み返していると

春が来るとジョン・アプダイクを思い出す。ジョン・アプダイクを読むと1968年の春を思い出す。我々の頭の中には幾つかのそのような連鎖が存在する。ほんのちょっとしたことなのだけど、我々の人生や世界観はそのような「ほんのちょっとしたこと」で支えられているんじゃないか、という気がする。
(同書48頁 「ジョン・アプダイクを読むための最良の場所」 )


という文章を読んだ。

我田引水だけど、ロードバイクに乗っていると、とくにこんな夏の日に乗っていると、確かに「ほんのちょっとしたこと」に連鎖が存在するなと感じる。

そんなことを思いながら、週休日の今日、ロードバイクに跨る。

夏本番になりつつあるので、今回も楽しく走れる100㎞コースを選択。楽しく走れる160㎞(北摂・丹波周回)、200㎞(美山往復)とあるけど、この暑さだと余裕をみて100㎞コースにしておくのが無難だろう。

コースは
県道12号線ー

106号線ーひいらぎ峠ー
篠山街道

ー南八田ー

赤熊旧道ー

谷性寺(桔梗の里)ー


R477ー731号線ー

畑野ー54号線ーR173ー

民田ー

上阿古谷ー県道12号線

走行距離 117㎞

瑠璃渓か天引林道を上ろうかと思ったけど、いちばん暑い時間に上るのはオヤジにはしんどすぎるので割愛、でもさりげなくアップダウンがあるコースになったので
走りながら
・子供の頃の高知の夏や
・好きだった女の子や女性のことを思い出していたけど
帰宅すると汗とともに流れていました(苦笑)


梅雨明けライド2014-07-21 22:18

昨日は午後からシクロで走り始めたが、ゲリラ豪雨の雨雲が至るところで発生して、京阪神が囲まれてしまった・・・
ちょこっと走って帰宅。

今日は関西地方も梅雨明け。午前10時半過ぎにカーボンバイクで発進。

県道12号線を北上。道の駅いながわから68号線を西進。

3年半ほど乗っているカーボンバイク。癖がなくて乗りやすいバイク。夏になったのでシクロクロスは冬まで休息かな。

三田の波豆川沿いを北上。

大坂峠を越えて、羽束川を北上。

大船山

今日は暑いので小柿渓谷を上っていく。ここは斜度も緩やかでオヤジのボクにはありがたい道。多くの家族連れが水遊びをしている。うん、夏ですね。

篠山市後川の旧道を走って

篭坊温泉を通過。

601号線の水場で顔を洗う。

ここは水遊びに良さそうだ、今度泳いでみよう。

天王トンネルで気温29度。

R173旧道をダウンヒルして、能勢・知明湖周遊道路を走って帰宅。

今日の走行距離 107㎞

やっぱ夏が好き。それほどアップダウンの激しい道ではないので、バテきらずに走ることができた。ただ水分補給が半端無く多くなるので、渓谷沿いや緑陰の100㎞コースが夏はいいみたい。



年寄りってなんだ?2014-07-19 21:41

来月で61歳になるけど、うまく歳を取ることってなんだろうか。いまや先行の団塊世代から老人日本になっていくわけだから、書店でも老人向け雑誌や書籍が増えているし、BSなどを見ると健康食品のCMがやたら多い。

こんな本では

人生も後半戦に入ったら、「世間のため」に生きるのはやめよう。早い時期にしがらみから自由になるのが、老いを成熟させる秘訣

と書いているが、ボクは50歳ころからしがらみからかなり離れているので、これ以上すると「人間」じゃなくなる恐れ(だってややこしいのが人間だから)がある(苦笑)

また著名人の薦める「下り坂人生」も、ボクらのような凡庸な人には付け刃すぎて役立たないだろう。


ということで、よくわからないままシクロで午後から発進。北摂方面は雨雲が通過しそうなので、猪名川地道などを走ろうと思っていると、ゲリラ豪雨をもたらしそうな雨雲が急に発生しているではないか。

風向きも安定せずに、雨直前の土埃っぽい風に変わってきた。
ローソンで予約していた花火大会のチケットを購入して、帰宅。

帰宅後、まもなく雨が降り始めた。

RIDEXを読んでお気に入りとなった東本昌平の初期作品を購入。

RIDEXが大人の絵本だとすると、タッチも荒いしストーリも若々しい乱暴さがある。

どうせ年老いていくんだから、ロードバイクに乗る時間があればしばらくはいいかな。

明日は天気が安定すればいいけど。


熱風ひいらぎ峠2014-07-16 22:18

今日は週休日なので午前11時過ぎにロードバイクで発進。天候は安定しているようだが、如何せん、かなり暑い。

能勢と亀岡の境、ひいらぎ峠は驟雨が通過しやすい峠だが、今日は生ぬるい風が吹いている。

久しぶりに亀岡に入ると
・湯の花温泉前のR372新道が完成し
・JR亀岡駅から保津川下りに至る高架の新道も完成している。

亀岡市の山陰道を辿ったり、田園地帯を流して帰路につく。

気温32度、汗が滴り落ちて短いひいらぎ峠の上りがいつもより長く感じた。

帰宅後、シャワーを浴びて缶ビール2本をグイッと飲む。

先日のソウル旅行で足のリンパマッサージを受けたけど、今日のようなライドのあとに受けたら気持ちよかっただろうな。

今日の走行距離 110㎞

来週はいよいよ梅雨明けみたいだ。

帰国2014-07-14 22:50

二泊三日のソウル旅行から日曜に帰国しました。

2012年3月、2013年1月、そして今回は3度めのソウル旅行だけどメンバーはいつもの女友だちと一緒でした。

7月なので暑いと思っていたが最高気温28度位で比較的過ごしやすかった。
3回めのソウルなので名所旧跡を回ったりはせずに、ホテルでゆっくりめに起床して食事したり茶店でパッピンス(韓国版かき氷)をいだいたりした。

ボクらはまもなく20年近い付き合いになるけど、長く生きているとそれなりに皆いろんなものを背負って生きてきた。

RIDEX7で中年ライダーの男二人が語り合うシーンがある。

「おまえだって たくさん しょってるじゃないか」
「ああ・・・ 見えないからって 軽いわけじゃないさ」

男だろうと女だろうと、背負っているものにそれほど差はないだろう。

一緒に旅行するメンバーは、家族ではないがもう友達というよりは長く生きてきた同志みたいなものだし、どちらかというと姪っ子のように親しい人なのかもしれないな。

12月にはこのメンバーでイタリア旅行に行くけど、すこしはイタリアの事前学習もしておかないとアカンみたい。

ソウルの夜、三宮の夜、4人で飲みながら、やはりボクはかなり恵まれた人生を生きてきたなと感じた。



明日から2014-07-10 23:58

明日から女友達らと3回めのソウル旅行に行ってきます。

火曜はメンバーと事前打ち合わせで三宮で飲み、
昨日は近しき人と映画に行って夜は居酒屋で飲んだので、
一応胃腸薬と二日酔い止めのハイチオール持参で出かけます。

単独行動の多いボクにとって20年近く友人というのは珍しい。
孤独を自分で選択する、とくに独りでロードバイクに乗ることに「自由」を感じるけど、気のおけないメンバーで旅行するのも楽しいものです。

女友達らと旅行というと世間では奇異に思われるようだけど、20年も経つと男女差を越えた友愛みたいなものが言葉にしなくても存在するのかもしれませんね。

ということで帰国は日曜。台風一過となりそうだけど、ソウルも暑そうですね。

我が名はバイク乗り2014-07-07 23:19

昨日は午前9時過ぎにロードバイクで発進。
最近シクロばかりに乗っていてロング走っていないので、天候が安定しているうちに走ってみようという算段です。

県道12号線を北上して道の駅いながわから68号線を西進、途中サイクルショップのチームや集団走行の人々と遭遇。ボクはいつも独りで走っているので、マイペースで走りながら波豆川にて休憩。
CIMG9294

大阪峠ー切詰峠を越えて山田川沿いの紫陽花を眺める。
群生しているよりは、ひっそりとこのように咲いている場所が好きです。CIMG9299


千丈寺湖周遊道路を走って、篠山方面に向かうのもよいが雲行きが怪しくなってきた。
青野ダムから三木市吉川町に入り、アップダウンのあるコースを走る。
CIMG9303

三田市街地を抜けると雨が降り始めた。
南下せずに神戸市北区道場から川下川ダムを経て切畑へ抜けるが、道場では新名神工事の橋梁が建設途中でCIMG9307

川下川ダム直下の橋梁は完成している。CIMG9311

雨に濡れて緑が美しい。誰も通らない。CIMG9309

十万辻から濡れた路面をダウンヒルするのはリスキーなので、県道324号線を広根奥の谷まで下ることにした。
CIMG9313
以前は静かな雑木林の中の道だったが、ここも新名神工事のために道路が新設されてて味気ない道となってしまった。

雨は次第に強まってくるが土砂降りではないので、そのままライド。

ロードバイクで走り始めた以上、暑かろうが寒かろうが、雪が降っても雨が降っても、自力で帰宅しなければならない、そう思うと雨のライドも楽しからずや。

帰宅後、バイクの汚れをとってシャワーを浴びる。

昨日の走行距離 106㎞

東本昌平「RIDEX7」の帯にこう書かれている。

己が何者なのか・・・この一瞬で確かなこと
我が名はバイク乗り

この場合バイクとはオートバイなんだけど、雨の中でも走っていると「我が名はバイク乗り」と感じますね。

とはいえ雨のライドで神経を使ったのか、昨夜は8時過ぎに寝て今朝は午前6時に起床、もうね、疲れたら素直に寝ることにしました。

近しき人によると寝言でボクが「痛い、痛い」と言っていたので心配したけど、爆睡しているようなので放置したとのこと(苦笑)

当然ながら記憶にはありません・・・




はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加 ブックマークに追加する



Google
Web asyuu@forest
Blog(asyuu@forest)内検索
Copyright© 2005-2014 asyuu. All Rights Reserved.