部屋の片付けなど2016-05-03 21:47

この3連休は家族行事が色々と入っている。
今日は部屋の片付け。最近長男夫婦・孫、次男の婚約者などが我が家に集まることが多くなっているので、大人が多人数集まると居間が手狭となっている。居間に鎮座していた私用の本棚を2階にまで運び上げた。

私の部屋には本棚、クロモリロード・シクロクロス2台がベッド横に鎮座することとなった。それなりに幸せな空間です・・・

とはいえ紙書籍は重い、それにほとんどの本は私しか読まないだろうし、読み返す本も少数。だから最近は電子書籍を読むことが多くなっている。紙書籍に過剰な愛着はないし、私が死んでも家族が本の処分に困らない。

■Unix考古学
文系だし仕事にはまったく関係ないのに、この本を読んでみたいなと思っている。
Unix考古学 Truth of the Legend
でもなぜかKindle版がない。コンピュータ関連は電子書籍で読みたいんですよね。達人出版会で委託販売があるかもしれないので、それまではペンディング。


■日本酒頒布会
最近は晩酌に日本酒を飲むことが多い。いつも武庫之荘の地酒屋さんで色々と物色しているのだが、先日、店のおじさんに毎月1本(720ml 1400円)特色ある地酒が月末に頒布されるということなので会員になった。半年後には地酒が1本プレゼントされるらしい。

もうね、外で高い食事をしたりお酒を飲むより、自宅でまったりと飲むほうが楽しい、酔っぱらって電車に乗る必要もないしね(笑

■琵琶湖

無性にロードバイクから琵琶湖が見たくなった。今月、どこかで一泊二日のツーリングライドを画策中。

Amazonでこの本が安くなっていたので購入。最低限の整備はできるようになっていないと困るので復習の意味もあります。
誰でもできる自転車メンテナンス
あとはシクロクロスのタイヤを交換したり、ツーリングライド用のグッズも追加したいな。

dマガジンでこの雑誌を読んでいると「バイクパッキング」なる記事がある。
OUTDOOR STYLE GO OUT(アウトドアスタイルゴーアウト) 2016年 06 月号 [雑誌]

このブログでも詳しく紹介されている。

9Dream


この雑誌も不思議な感覚の本、最近はこんな本が流行っているのかな?
爺さんの私にはあまりわからないけど。
mark 06 理想の24時間 (講談社 Mook(J))
なんかナルシシズムっぽいところもあるけど、趣味は偏波でナルシシズムの傾向がありますしね。この雑誌のサイトにはロードバイク関連の記事もあります。



私は、2年後の今頃はたぶん完全引退しているので、琵琶湖・米子・高知とちょい住みしてその土地をゆっくりと走ってみたい。そこにはもうナルシシズムはないだろうな。

明日は次男の結婚式の衣装合わせ(親の分)のため、大阪まで次男の車で出かけて、大阪でランチの予定。

息子たちが結婚すると家族がどんどん増えていくので、不思議な感もあります。


2016・5月の風とロードバイク2016-05-01 21:03

今日は五月晴れ、午前10時半カーボンバイクで発進。

西峠ー篭坊温泉ーはらがたわ峠旧道と走って96km。

西峠付近で気温25度、半袖ウエアーで十分。

西峠近くの水田。

後川では名残の山桜。

旧後川小学校。八重の一本桜がある。

ドライブイン後川裏手にて「後川村道路元標」を発見。

はらがたわ峠

旧国道らしいウネウネと曲がる峠道。
旧道となったとはいえ植林などは手入れされているようだ。

能勢の里道。

のんびりと100kmほど走ろうというコースだが、微妙なアップダウンに帰宅後はシャワーをしながら足のマッサージをする。加齢とともに疲れがとれにくくなっている。

それでも5月の風とロードバイク、身体はすっきりした。



コナラとクヌギ林にて2016-04-30 22:05

飛び石GW2日目。
昨夜は長男夫婦・孫、そして次男と6人で家庭内居酒屋状態なり。

チョイスした日本酒は「酒醸」。1400円くらいの日本酒が日本酒特有の苦みもあり、ワインぽくないので美味かつコストパフォーマンスが高いみたいだ。
宮本酒造店 夢醸 純米酒 720ml

ぐっすり寝て、今日は午前11時過ぎにカーボンバイクで発進。

定点観測、肝川旧道にて。藤の花が満開になっている。

阿古谷から槻並へ、久しぶりに才の神峠を越えることにした。里山なのに大岩が見えた。冬には一度探索してみよう。

山裾の槻並集落から眺める里山。

ここからコンクリートの林道となるので、途中ロードバイクを降りて押し歩いていく。槻並からは傾斜がキツく、まもなく63才になるオヤジにはなかなかハードな道。もうね、人生も半分以上降りているんだからヨロヨロと上るよりは押し歩いたほうが早い(苦笑

林道の脇にはコナラやクヌギの林が広がり、新緑が美しい。
幹が変形した森のオヤジ(クヌギ)にそっと触れてみる。

誰とも出会わずに才の神峠に到着。

すこし下り降りると長谷の棚田が一望できる場所へ。水田にはすでに水が引かれ田植えの準備が始まるようだ。

ループするように下り降りていく。

下り降りて長谷川にて休憩。

能勢の里道から民田集落へ、摂丹街道・小部峠から阿古谷集落へ下る。

向かい風に抗して帰宅。

走行距離 81km

帰宅後、KindleにてGW期間中雑誌が99円で販売されているので、この本を購入。
NHKラジオ 英語で読む村上春樹 2016年 04 月号 [雑誌]

題材は「四月のある晴れた朝に100%の女の子に出会うことについて」
4月に相応しい小説だと思っていたが、明日から5月だ。



GW直前2016-04-27 19:40

いろいろな雑用があり、うかうかと生きていると時が過ぎていく。

今日は雨。


最近したことと言えば


■Ubuntu 16.04LTS

をVirtual Box環境下で試したこと。常用している14.04LTSが2019年4月までサポートされるので、16.04LTSを導入するのはそれからでよいだろう。いまの環境を一から作り直すのは面倒だし、トラブルの原因になる。現環境で機嫌良く動いているので、そしてとくに困ることもないので、現状維持かな。


■読書

通勤電車の中では電子書籍でこの本を読んでいる。

ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)

訳者村上春樹の後書きを楽しみにしているのだが、なかなか読了とはならない。


あとはこの本を読んだり

私の暮らしかた


ビートルズ関連の本をつまみ読みしている。


■祖父母手帳

先週末、長男夫婦・孫、そして次男の婚約者が我が家で夕食。猫の額より狭い家なので、大人が6人も集まるとかなりぎゅうぎゅう詰めの状態で食事をした。


7月下旬に次男の結婚式があるが式などの細目は彼らに任せている。

親は結婚費用を出すだけです(苦笑


孫は6ヶ月を過ぎてからますます表情も豊かになり、最近は飛行機ブーンの態勢もとるようになってきたのでハイハイし始めるのももうすぐでしょう。


最近は祖父母手帳なるものが自治体で配布されており、さいたま市のPDFをダウンロードしてみた。

祖父母手帳(PDF形式:6,251KB)


私たちも息子2人を育てたけど、子育ての常識は時代によって変わる。スポーツでも、昔は運動しているときは水分をとってはいけないとか、ウサギ跳びがよいとか、いまとなってはトンデモ理論が幅をきかせていた。


同様に昔の子育ての常識は今の非常識となっていることも多い。


子育ては当然ながら長男夫婦が主役、ジイジ・バアバはあくまでも脇役です。


■ロードバイク

乗れてない(汗

GWは暦どおりの休日となるけど、孫の節句、次男の結婚式の衣装合わせなど予定が入っており、合間を縫ってロードバイクに乗ることになるだろう。

GWを外して5月は一泊二日でツーリングライドに行く予定だ。




新緑の中、憂鬱などない、たぶん。2016-04-20 21:30

快晴、新緑の中を走ろうということで午前9時過ぎにカーボンバイクで発進。

今日はゆるっと里道100kmコース、とはいえざっくりとしたコース取りで走る。蓬莱峡を越えて船坂からダウンヒル、ひさしぶりの金仙寺湖。

三田武庫川CRでは八重桜が満開だ。


三田の未走の里道を走ってみた。

このあたりは溜め池が多い。

ちょっとした高原地帯の趣がある。

須磨田集落にて。

名残の桜。

レンゲ畑。

つくしの里に立ち寄って、草餅とそばかりんとうを購入してバックパックに入れる。麦畑の向こうに羽束山。

風が麦畑に足跡を付けていく。

里道、新緑の中を走っていると、憂鬱なんてどこにあるのという気分になる。
理不尽なことは多いけれど
・不幸さを競わない
・群れない
・マイナスの磁場に立ち入らない
という生きるスタイルは自分の中に定着したような気がする。

非社交的なれど孤立はしていない。

切詰峠ー大坂峠と越えて道の駅いながわへ。いつもの槻並ー阿古谷ー県道12号線を経て午後4時過ぎに帰宅。速攻、入浴して汗を流す。

今宵の晩酌は信州の酒、「夜明け前 しずくどり」
【限定生産】夜明け前 純米吟醸生一本しずく採り【山田錦】27BY:無濾過生原酒 1800ml
フルーティで甘みのあるお酒だけど、油断してクイクイと飲むと酔いがほどよくまわる。

今日の走行距離 111km



午後から能勢周回2016-04-17 21:29

風邪気味の体調も回復し、夜半の雨も上がり午後からは路面も乾いた。


カーボンバイクで正午過ぎ発進、南風がかなり強い。


一庫ダムの知明さくら橋にて。新緑が眩しくなってきた。


能勢の旧道を走って、田園風景へ。10年前、クロスバイクで自走してこの風景を初めて見た。

なんと豊かな風景だろう、それから私のロードバイク生活が始まったのだ。

道も峠も変化していくけど、能勢周辺の風景は10年前とほとんど変わらない。


小川の土手でひと休止。高知の子ども時代、このような川でフナ釣りをしたけど、川面を眺めても魚群は見られない。

土手と青空、ロードバイクは静かに待ってくれている。

能勢の里道、寄り道をして帰宅。帰路はおもいきり向かい風、遠くまで北上しなくて正解だった。


今日の走行距離 75.67km



ハーフバースディ2016-04-16 22:49

今日は孫のハーフバースディ、長男夫婦宅で私たち夫婦・次男が参加してお祝い会でした。


私たちの頃にはHarf Birthdayという習慣はなかったけれど、最近は徐々にお祝い事として浸透しているようだ。たしかに1歳の誕生日までに赤ちゃんは驚くほど成長していく。生後6ヶ月は幼児らしく表情も豊かになり、首もすわり寝返りもうち、かなりしっかりしてくる。


長男夫婦も「この6ヶ月は長かったなー」という思いがあるようで、親・赤ちゃんを祝う節目としてよいかもしれませんね。


長男の奥さん手作りの垂れ幕の下で、孫の6ヶ月の誕生日を祝います。

孫の似顔絵をお母さんが書いているが、実物はこれよりははるかに可愛いような(笑


私たちからはオモチャなどをプレゼント。


お父さん・お母さんはお出かけ用の帽子と音の鳴る絵本をプレゼント。

(よだれかけはお母さん手作りの「はーふ ばーすでー」の文字入り)

長男手作りの料理で(彼は私と異なり、キチンと家事ができる)皆で食事、きっちりと日本酒もいただいた。


熊本で阪神大震災と同様の直下型地震が発生した。阪神大震災のとき長男は小学5年、次男は小学2年生だった。あれから21年が経過したが、運よく二人ともそれなりによい大人になった。


神様はたぶん気まぐれだけど、孫にもよき生活をと願わずにはいられない。




はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2016 asyuu. All Rights Reserved.