格安SIM2021-12-07 12:43

隠居生活が長くなると、人に倦み、物に倦み、言葉に倦んでしまう傾向があるね。
とはいえ日々の雑事は続く。コロナがしばし落ち着いているので、次男夫婦の次女のお宮参り・お食い初めのため次男宅に赴いたり、ひさしぶりに女友達と三宮で飲んだり、義母のヘルプをしたりして、そこそこ忙しい。

孫娘二人はすくすくと成長している。



女友達らとの会食。三宮は1年ぶりだけれど、高架下にはアジアン風の新しい店が開店している。





ふらっと立ち寄った居酒屋などで、4人で歓談。日本酒をゆっくりと飲んだり、4人で旅行したイタリア、フランス、ソウル、台北などの昔話を楽しむ。こんなたわいもない時間が、人生には必要なんだろう。



(4人で歩いた冬のソウルを思い出す)


最近、はまっていたのは復活したスマホGalaxy S5 Activeの活用方法。2014年12月のイタリア旅行直前にガラケーからスマホに機種変更して、この機種を昨年12月まで6年間使っていた。

RAM 2GB、ROM16GB、バッテリー容量2800Ah、Android6.0.1

じゅうぶんにロートルな機種だが、格安SIMで使うことを検討してみた。現在、メインはキャリアのDoCoMoギガライト。3GBプランを使っているが、だいたい月に3GBほどデータ通信をしている。ahamoに移行するという方法もあるけれど、通信の安定さ、自分の使用方法からすると、特典(Amazon Primeが来年無料になったり、Dポイントが付与されたりする)があったので、ギガライトに移行。

ただ1GBを超過すると、1100円割高になる。そのぶんを格安SIMで補うことにした。当初は、ガジェットヲタクらしく、titanシリーズや英国のCOSMO COMMUNICATORなどで遊んでもいいかなと思ったが、中華のSIMフリー端末はWi-Fiの掴みが悪い傾向があるようだ。

そこでとりあえずは、このロートル機種S5 Activeを再利用することにした。いろいろ調べてみると、まずはSIMロック解除が問題になるようだ。SIMと機種を紐づけているので、DoCoMo、ソフトバンク、auという通信網を自由に利用できないようだ。

S5 ActiveはDoCoMo端末なので、DoCoMoの通信網を利用しているMVNO(格安SIM会社)なら、SIMロック解除をしなくとも利用できる。S5 ActiveはSIMロック解除自由化以前の機種なので、WebからはSIMロック解除できず、店頭で解除が必要。そして3300円の手数料がかかってしまう。

そこでいろいろと検索すると、IIJmioのデータ通信が問題なく利用できるようだ。先月(11月末)で初期費用1円、データ通信が利用開始翌月から1GB×3ヶ月増量されるキャンペーンがあったので、とりあえずデータ通信のみDoCoMo網を利用する2GBコースを申し込んだ。税込748円。
DoCoMoのギガライトだと2GB増量すると1100円になるので、ちょっとお安くなる。

キャンペーン〆切日の11月30日にネットで申し込み。期日時間指定で昨日(12月6日午前)にSIMが到着。

さっそくS5 ActiveにSIMを装着。ネットワーク候補にIIJmioが見つからないので、APN設定。すんなりとネットワークに繋がった。

格安SIMはお昼休み、夕方は通信速度がかなり遅くなるようだ。
装着後、自宅でネットワークに繋いでみると、正午前、夕方と通信速度は20Mbpsくらい。ただ梅田や三宮の街中で通信すると、かなり低下するだろうね。
ちなみにキャリアのDoCoMoは自宅では30Mbpsくらい。

ROM16GBとかなり貧弱なので、不要なアプリを削除(削除できないアプリは更新を停止)。拡張オプションでバックグラウンドの動作を制限、ネットワークにアクセスしない場合は「機内モード」にしてバッテリー消費を抑える。サブスマホとして、使うことになるだろう。

ただ同じDoCoMo網なので、先日のようにDoCoMoに通信障害が生じると、両方とも使えなくなる。

格安SIMを検討していたので、大阪日本橋まで中古PC,スマホのチェックのため2回でかけた。昔、よく利用したジャンクショップは閉店していて、全国展開しているソフマップ、イオシス,PCコンフル、パソコン工房、じゃんぱらなどの店が元気。ただけっこう高いね。

中古スマホではCOSMO Communicator,titan,Gemini Padなどの現物もあるけど、やはり高い。店員さんとちょっと話すると、在庫の多い2018年以前のThinkPadはWindows11にはUpdateできないそうな(CPUが対応していない)。ThinkPad T470sの英語キーボード、RAM24GB、SSD512GBの中古美品が6万円弱。Linuxをインストールすれば快適に使えそうだけれど、現在のLinux Mint 20.01(with Regolith 16.1)on ThinkPad X220に置き換えるほどの魅力はないような。

変態PCがあり、玩具として買おうかなと思ったがLinuxをインストールしようにも貧弱な仕様なので自制。


でもひさしぶりの日本橋、けっこう楽しかったな。



スマートウォッチ・ベルト交換2021-10-23 23:16

長男の次男(3歳)の孫守ヘルプの日。午前11時から午後5時半まで孫と遊んだが、子供らしい子供でいつもご機嫌さん。
公園でバッタを捕まえたり、疎水の鯉にいっしょに餌をあげたり、近場のプレイランドで100円乗り物で遊んだりした。
午後2時から4時まで、孫はぐっすりと午睡。わたしもいっしょに小一時間添い寝。

孫がすっきりと目覚めたあと、妻がいっしょに入浴させる。入浴後、スライスした柿、蜜柑などを食べさせていると、長男が迎えにきて、百均でかった玩具を大事そうに抱えて孫帰宅。

秋の日ののんびりとした一日。

晩秋めいた天候なので、夏場には底面が熱くなるのであまり使わなかったLinux Mint 20.04 on ThinkPad X220でこのブログ記事を書いている。
ThinkPad X220を9年近く使っているが、最後の7段キーボードでタッチタイピングしやすく、トラブルなく稼働している。たいしたもんだ。


最近、なんちゃってスマートウォッチのXiaomi SmartBand 4とGARMIN 35Jのベルトが破損したので、換えベルトをAmazonで購入。
35Jはマイナーな機種なので、換えベルトは一種類しかない。SmartBand 4は利用者が多いのだろう、Made in Chinaの製品がたくさんある。

まずは35Jのベルトを交換。付属のドライバーが同封されているはずなのに、入ってない。いずれにしろ使いにくいドライバーだろから、所有する精密ドライバーセットを使ってベルトを交換。35jは妻がジムに行く際に使っており、私は使わないけど。



SmartBand 4は5色セットの廉価版を購入。メーカー正規品と比べても遜色はない。なんちゃってスマートウォッチなので、高価な換えベルトは不要だろう。



Band 4を1年半以上、充電時以外はつねに装着しているが、2個今回と同じように止め穴が切れてしまった。

交換して装着しても、従来のものと違和感はない。まずはオレンジ色ベルトに本体をはめてみたが、なにかに似ているなと思ったら、スーパー銭湯などのロッカーの鍵ベルトの色と酷似しているね(苦笑


SmartBandはすでに新タイプのSmartBand 6となっているけれど、充電が2週間もつこと、私の使い方では旧タイプで十分役立つので買い換えしていない。

・目覚まし
・アプリ通知(スケジュールアプリ・ジョルテからの今日の予定、LINE通知、家族アルバムみてねの更新通知、選択したDoCoMoメール通知、天気予報(雨雲接近中など)通知)
・電話受信通知
など必要最小限。

これがないと生活しにくいほど。

某スマートウォッチのように充電が一日もたないなんて、とてもストレスだと勝手に思うけど。充電がもたないから、2台所有して、充電時には他の1台を使用するなんて、本末転倒じゃないかな、知らんけど。

明日は友人とハイキング。このスマートウォッチのウォーキングモードを稼働させる予定。



HGW(ホームゲートウェイ)交換2021-09-08 22:24

今日は予約していた、フレッツ光のHGW(ホームゲートウェイ)の無償交換日。
担当者からスマホに電話があって、約束の午後1時ぴったりに来ていただいた。

HGW交換と光電話通話チェックをして、25分ほどで作業は完了。

担当者の方に
「HGWを無償交換される人は多いんですか?」と尋ねると
「それほど多くないですね。動いていたら、それほど気にしないかもしれませんね」
とのこと。

私も無線ルータを買い換えなかったら、このサービスを知らないままだっただろう。

担当者が帰ってから、Linux Mint 20.04 on ThinkPad X220を使って、無線経由でHGWにアクセス。


初期設定でパスワードを設定しなければならないので、設定して、そのあとプロバイダ設定に入る。
ASAHIネットのID/パスワードを設定して、ブラウザで他のサイトにアクセスするとすんなりと繋がった。

この間の所要時間10分ほど。事前にプロバイダ設定を予習していたので、トラブルことはなかった。

V6プラスに旧HGWが対応していないので、新しいHGW(RX-600KI)に交換したが、やはり無線ルータ/RT-AX3000がプロバイダの提供するDS-liteに対応していない。
ファームウェアのバージョンアップを待つしかないかな。

HGWを交換しても無線LANの実効速度が劇的にスピードアップするわけではない。
でも、普通にネットにアクセスするには十分な実効速度だろう。

HGWを交換したメリットは
・10年以上使ったHGWなので筐体がベタベタしてきたので(担当者によるとキレイなほうらしいが)、交換してすっきり。
・交換したHGWは旧タイプより、ひとまわりコンパクトになっている。
といったところかな(苦笑



7月からとりかかったネットワーク関連の変更手続きは、とりあえずこれで終了。

「お祭り資本主義」から遠く離れて2021-08-29 20:26

2週間ほどにわたる長雨も終わって、夏らしい残暑が戻ってきた。
そのあいだに落車による脇腹の痛みも治って、日常生活には支障がなくなった。くしゃみするとまだまだ痛いけど(老人になるとくしゃみがなぜか多くなる)。長雨のあいだに2週間で治ったのだから、骨折やひびは入っていなかったのだろう、多分。

オリンピックは興味のある男女マラソンをTVで観戦したが、それ以外はとんと興味なし。
スポーツはするもので、昭和のオヤジの人生を重ね合わせるものじゃないし。
手のひら返しのマスコミのオリンピック狂騒報道眺めていると、日本は金と効率と異性という「欲望資本主義」から、日常生活にハレを与えておけば国民は熱中するだろう、そしてそれに関係するものたちが利益を得るだろうという「お祭り資本主義」を主眼にしているようにも感じる。

そういった風潮から、隠居生活はかなり遠い。

コロナ蔓延状況の先が見通せない。コロナによって、わたしが制約を受けたことは、気のおけない友人らとの飲み会、自由な海外・国内旅行の機会。この状況はまだまだ数年は続くという予測もある。うんざりする感もあるが、コロナ前の生活スタイルに戻るのはなかなかむつかしいだろう。

高知の野根山街道を歩きたい、そしてその計画も立てていたが、高知もまん延防止等重点措置対象実施区域になった。ワクチンを2回接種しているとはいえ、いま高知を訪れるのは妥当ではないだろう。

隠居生活は家族以外、ほとんど人と接しないので、コロナに感染する確率は低い。
老人になると、「執着」「孤独感」「自己顕示欲」のバランスが崩れて「老害」になりがちだ。そういったものとは離れていたいので、なにもない穏やかな日常(睡眠を十分にとり、決まった時間に毎日お通じがあり、本や音楽に親しむ、そしてときおり孫たちの成長を楽しむ)があればいいのだろう。

あと数年、このような制約された生活が続くとしても、老人なりの楽しみを見つけていくのがよいだろう。昨日は女友達らとのLINEグループで、2022年にはスペイン旅行開催と幹事の女友達から提案があった。このグループで国内旅行のみならず、ソウル4回、台北2回、そしてイタリア・フランスと旅行してきたが、コロナ禍のため旅行が中断している。2022年に現在の状況が改善されるかどうか微妙だが、楽しき予定をたてることは大切だろう。

それまではクロモリロードで街を散策し、緑陰で読書し、秋になれば近場の山をひとりトレッキングする。そんな生活をしばし送っていきたいな。

先日、義父の入所している施設でリモート面会。義父も96歳となり、生き疲れている雰囲気があるが、食欲は旺盛のようなので、100歳まで生きるかもしれない。老いるということはなかなかにむつかしい。

義父との面会のあと伊丹の宮前の喫茶店で妻とひと休止。ジビエいりのピザと珈琲を注文して、ビザをシェアしていただく。「意識高い系喫茶店」なので、女性客が多くて、じいさんひとりでは入りにくい店だが、妻と3回目の入店。宍粟市から届いた野菜が店内で販売されていたので、いくつか購入。

最近読んだ本でおもしろかったもの。


ブックカフェなるものは、たしかに「本を読むためのカフェ」をメインとしているものではなく、なんとなく本も置いてある雰囲気の店なんやね。
自宅のソファか公園の緑陰で読書することが多いけど、自宅だとそのへんに配置されているスマホ・Chremebookなどでついつい「時間を溶かしてしまう」ことが多くなる。
このような読書のみする店ーひとりでの来店を前提としていて、パソコン・私語禁止、そして料金体系は2時間半程で2000円は最低支払うというシステムーは、店も経営維持できて目に鱗やね。

隠居生活に入った当初、ジョギングしたりウォーキングしたあと銭湯に入り、立ち飲み屋で飲むことが多かったけど(いまはできない情景)、いちげんさんの立ち位置(そんな店は昼から常連さんがかなり占めている)にやはり馴染めない。店の中にある厳然としたポイント制が、自分には馴染めないのだなとこの本を読んで得心した。

Kindleで「Meets Regional」のバックナンバーを読んだけど、カフェ特集などに対する違和感はそこがなんとなくおしゃれな空間を提供しているだけだからだろう。
余談だが「Meets Regional」に連載されている岸政彦氏の「大阪人になりたい」のエッセイは必読。関西に住む魅力が伝わってくるエッセイ。生まれ育った高知の倍以上、40数年の関西生活はけっこうおもろかったな。

昨日は、ひさしぶりに長男夫婦の次男(まもなく3歳)を預かる。いつものごとく部屋で遊んで、浴室で水遊び。午後2時過ぎから孫は午睡に入り、2時間半ほどぐっすりと寝る。夕方、長男が車で迎えに来たが、当初は「いやや」と帰るのをぐずっていたが、長男が「あめちゃん、あるで」と誘うといそいそと帰り支度を始める。かわいいもんです。

夜は、NHK BSの「大瀧詠一特集」をみて、日本酒を飲みながら読書。

今日は緑陰で読書。燃え殻「これはただの夏」
想像以上にうまい小説。夏の終わりに読むにふさわしく、映像や夏の匂い、都会の喧騒がイメージとしてわきたつ。たぶん映画化されるのを前提としているような小説でもある。


大貫妙子の「その日暮しは止めて」という曲が小説でチョイスされているのも渋い。

緑陰で読書していると、なんちゃってスマートウォッチのXiaom Mi Band 4がバイブする。
スマホに届いた家族アルバム「みてね」の更新通知がスマートウオッチにBluetoothを経て届いたのだ。スマホをみると、次男夫婦の次女(生後2週間)に長女(まもなく4歳)が添い寝している画像と動画。

わたしにとっては凡庸で静かな夏、されど「欲望資本主義」や「お祭り資本主義」に時間を溶かすことなく生きるライフスタイル。肩肘張らずに生きること、それでじゅうぶん。
伊丹の宮水をボトルに補充してポタリング



8月に生まれて(ひよりちゃん)2021-08-18 23:20

8月15日、次男夫婦の次女が生まれた。母子ともに健康。ただコロナ蔓延中なので面会制限があり、父親の次男でも奥さんや子供に面会できたのは1分くらいだったとのこと。

我が家は
8月3日(次男と長男の奥さん)
8月10日(次男の奥さん)
8月13日(わたし)
8月15日(次男夫婦の次女)
と獅子座8月生まれが5人となった。長男家(夫婦と男子ふたり)、次男家(夫婦と娘ふたり)、私たち老夫婦で10人の構成だが、半分が8月獅子座生まれに集中することになる。

8月はわたしにとっても年間でいちばん好きな季節なので、これもなにかの縁だろう。

赤ちゃんの名前の読み方は「ひより」ちゃん。長女が「こはる」ちゃんなので語呂もいいのかな。


私たちの世界へようこそ


凡庸な私だけれど、息子たちがキチンと家族を営んでくれていることは素直にうれしい。
私たちが「よい両親」だったかどうかはわからないが、息子たちは確実に私たちよりは、よりよき家族を目指して、かつ楽しみながら子育てをしていくのだろう。なべての親は子供にとっては反面教師なのだから、家族というのは世代を経て、よりよい方向に向かっていくものだとわりと信じている。



バタバタしている時期なのに、次男夫婦から私への誕生プレゼントが届いた。
毎年、なにがしかのプレゼントをいただくのだが、今年は携帯コインホルダー。

ふーん、こんなものがあるんやね。

専用ケースにセットして、硬貨(総収容金額2,775円)をコインホームに挿入。専用ケースの左ポケットにはポイントカード、右ポケットには紙幣(千円札を2枚ほど)収納。これだとちょっとしたお出かけ(ハイキング、ポタリング)には十分な額だろう。

もっとも役立つのはコンビニのレジなどで、小銭をさっと用意できることかな。うしろの人がイライラすることがない。

スマホにキャッシュレスアプリをいくつか登録しているが、旧い世代なのでついつい現金払いにしてしまうことが多い。次男は老人になってもたもたするわたしを想像してプレゼントしてくれたのだろう、老いては子に従えですな。

さっそくLINEで次男へお礼のLINEをする。

午後からは天気が回復したので武庫川河川敷をウォーキング。長雨で水量はあるも、河川敷までじゅうぶんに余裕があるので災害の恐れはなさそうだ。右脇腹の痛みも日々緩和されつつある。




11kmほどウォーキング。


8月の小確幸2021-08-14 13:36

8月某日
友人のIくんと甲山ハイキング。毎年8月には柳生街道ハイキングをおこなっていたが、猛暑・コロナ蔓延、そして二人とも老人(わたし68歳、Iくん64歳)となったので、近場の甲山ハイキングにした次第。


午前10時阪急仁川駅にて待ち合わせ。猛暑なので適宜休憩をいれながら、のんびりと歩く。
地すべり資料館直下の仁川渓谷入り口で、子供や家族連れが水遊びをしている。

甲山周辺をのんびり歩いて、神呪寺門前の茶店で休憩。




残念ながらアルコール提供はされていないので、ノンアルを注文しておでんの盛り合わせをいただく。



お休みどころの縁台を緑陰に動かせてもらい休憩すると、風が通りぬけ気持ちよろしい。

汗をたっぷりとかいたので近場の銭湯を検索すると、阪神競馬場近くに「ほっこり湯」という銭湯がある。





もともとは宝塚市の共同浴場だったが、現在はNPO法人が運営しているようだ。入浴料が300円ととんでもなく安い。でも脱衣場・浴場は清潔で湯量もたっぷり。午後4時頃に入ったが、入浴客は私たち二人と地元の老人と思われる3人。

帰りは阪急小林駅近くの店で夕食。14kmほど歩いたかな。



8月某日
女友達のMさんと夕食。
コロナで長らくあえなかったが(ことしはじめて)、ジャズでも有名な店で歓談。

彼女は長野県松本市の町を、私は高知県安芸市の町を好きなので、落ち着いたらそれぞれ好きな町を旅行することになり、互いの感想を語る。そんな距離感がいいのかな。

8月某日
クロモリロードでポタリング中にたいしたことのない段差にタイヤをとられて、ひさしぶりに落車。今月でロードバイク生活15年目に入るけど、5回目の落車で身体的影響はいちばん大きいかな。とはいえ脇腹の打撲傷っぽい。肋骨を押してもそれほど痛くないし、冷や汗も吐き気もしない。
うん、せいぜい肋骨にひびがいっている感じやねと素人判断。

ホームドクターの定期検診時に診てもらったが、骨折はしてないでしょうねとのこと。湿布薬を脇腹に貼って1週間ほど経つけど体勢を変更するときにまだ痛いね。
40代から50代の身体的頑強さは当然ながら減退していることを痛感(苦笑。

先日、68歳になった。古希までには少しあり、老人としては中途半端な年齢。ただあと10年ほどはこんな生活ができればいいのになと勝手に思っている。いつも自分で人生を選択してきたという傲慢さが私にはつきまとっていたけど、老化のみは「選択」という手段は限られてくるだろうね。

高知新聞のWeb版を読んでいたら、こんな記事があった。


そしてこの短編映画『彼女が夢から覚めるまで』もすてき。


森山未來と菅原小春の二人が、言葉ではなく踊りで、身体と心を感応させあう場面が秀逸。

コロナや長雨で鬱屈した日もあるけれど、ひとりで高知の海にいたり、須崎の古書店バーで飲んだりできればいいなぁ。生きてるっておもろいなという時間があれば、まさしく小確幸。


ホームゲートウェイ交換手続き2021-07-30 16:10

猛暑が続く。そしてコロナウィルスも増大。オリンピックはもともと開催には反対だし、緊急事態宣言下の開催という異状事態。されどマスコミは得意の手のひら返しで、「金メダル獲得!」とお祭り騒ぎ。

なんだかね。身体活動は自分でするもので、アスリートに対し、おっさんの人生観を重ね合わせる悪癖はなんとかならいものか・・・。

日々、午後はクロモリロードで軽く走り、緑陰で読書。

最近、無線LANのRT-AX3000のファームウェアがUpdateされ、V6 プラス対応(DS-Liteには未対応みたい)となっている。


Firmware version 3.0.0.4.386.43588
1. Fix AiMesh issues.
2. Improve system stability.
3. Fix WAN DNS setting cannot setup LAN side pihole server.
4. Modify few IPTV settings.
5. Add IPv6Plus support.
6. Add Google assistant support. (app version later than 1.0.0.6.38)

我が家のネット環境は、
NTT西日本フレッツ 光ネクスト
ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼

プロバイダはASAHI-NET

ASAHI-NETはV6プラスにも対応しているが、肝心のNTT西日本のホームゲートウェイPR-S300NEが第3世代のかなり古い機種でV6プラスに対応していない。たぶん10年前くらいに設置したが、故障していないとはいえさすがにロートル化している。経年劣化で筐体もベタついている。

「ホームゲートウェイ交換」で検索すると、後継世代のホームゲートウェイへの端末交換を無償(有償だと8,360円)で工事してくれるようだ。

本日、NTT西日本の0120に電話。比較的すんなりと繋がって、本人確認のあと手続きを進める。


工事日は9月上旬。

端末交換工事費はキャンペーンで無償(プロバイダとの接続設定は自分でする)
レンタル料金は不要で、利用料金は従来と変わらない。

新しいホームゲートウェイはRX-600シリーズ(型番は未定)になるとのこと。


以上のやりとりで15分ほど会話。事前に調べていたのでスムースに話が進んだ。
でもIPv4 over IPv6、V6オプション、DS-Liteなど知らなかった概念が多くて、実はいまだによく理解していない。日本独自の仕様もあるようだが、たぶん変更しても劇的にはリンク速度は変わらないような気もする(端末のハードが非力なものが多いし)。

隠居生活は年金+貯蓄で生活しているので、現役時代のような無駄使いはできない。かといって投資でもうけるような気力も才もないので、固定費を下げるほうがよいだろう。

今月、固定費で見直したものは、

■電気・ガスを大阪ガスに統一(オプションサービス負担料分が倹約できるかな)

■スマホプランの見直し

長男がahamoに移行して我が家のスマホグループから外れたので、私たちはギガライト2に移行(いままではシェアパック10GB)。妻がオンライン手続きのみのahamoには抵抗があるし、「ahamoは遅い」(当初サブプランとして計画したものを、総務省からの指導でむりやりメインブランドかのように装ったのではないか)という噂もあるのでギガライト2にプラン変更した。

私たち夫婦はオンラインゲームや動画閲覧を戸外ですることはないので、各自毎月のデーター量は3GB以下だ。
このプランだと毎月8000円ほど固定費が安くなる計算。2年前に次男がスマホのファミリーから外れ、今回長男が独立したので二人が大学時代から続いていた息子たちのスマホ代を、やっとこさ支払わなくてよいことになった。

これは大きな固定費節減ですね(苦笑




はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2021 asyuu. All Rights Reserved.