王子動物園2017-09-18 22:04

台風一過。京阪神は直撃コースだったが、いっとき強い雨が降ったくらいで暴風が吹き荒れるほどではなかった。今朝は良い天気、朝早くに長男からLineが到着して、「動物園に行くけどいっしょに行かへん?」とお誘いがあった。

現地集合で、妻が皆のお弁当を作ってくれて、午前10時過ぎに王子動物園へ。
息子たちがまだ幼かったころ、何度か王子動物園に遊びに来たけど、たぶん何十年ぶりかの来園だろう。

孫はアシカが泳ぐ姿に興味を持っているようだ。
私と孫。長男に言わせると顔がそっくりらしい

長男夫婦・孫といっしょにベンチでお弁当を食べていると、孫は眠くなったようで長男が抱っこするとまもなく寝入ったので乳母車にそっと息子が置く。

孫が目覚めると園内の小さな遊園地などで遊んでから、帰宅。
台風一過。青空が広がり、すこし暑い

武庫之荘の駅で長男夫婦・孫と別れて、帰宅後2時間ほど昼寝。

その後、ケン・リュウの小説を読みながら、やはり伊藤計劃氏のエッセイを思い出した。


私たちは平等に滅んでいく。そのあいだにいろいろな物語を紡ぐのだ。そして、私たちの身体と想像力は「DNAを運ぶ箱船」みたいなものかもしれない。

のんびりした1日だった。




公正的戦闘規範2017-09-10 23:09


今日もクロモリロードで近場をポタリングしたのみ。

古書店で購入した40年近く前の「兵庫の峠」と最近発行された「播磨の峠」を読み比べたりして、Google Mapに登録したりしていた。
播磨の峠ものがたり

藤井太洋氏の最新作が発刊されたので、Amazon Kindle版をダウンロードした。
公正的戦闘規範 (ハヤカワ文庫JA)
「AIは人間の仕事を奪うのか?」などと扇情的に書かれることが多いけど(マスコミは不安を煽るのが商売だから)、藤井氏の小説のほうが遙かに現実的な感じがする。
「量子コンピュータ」の未来なんて荒唐無稽とはとても思えない。


表題となっている「公正的戦闘規範」のみ「伊藤計劃トリビュート」で既読だったが、他の作品は初めて読むけど、藤井氏らしいリズム感のある文体、そして日本に閉じこもらない世界観(宇宙も題材だから当然だけど)を楽しむことができる。

YOGA BOOK(Android版)、タブレット(HP Pro Slate 8)で読んでいる。

ガジェット類はもう現在の所有するもので十分な気がする。
使い方を詰めていくのは、たぶん隠居後になるだろう。

縁側とベースキャンプ2017-09-09 23:14

孫用の玩具、けっこう気に入ってくれたようだ。
昨夜は仕事を終えた長男夫婦が孫とともに来宅して、食事をして帰った。
私たちも共働き夫婦だったのでよくわかるのだが、二人とも仕事・家事・育児と立て込んでいて疲労が重なっているようだ。疲れすぎると人は不機嫌になるし、夫婦だとちょっとしたことで互いに衝突してしまう。


息子たちは中学校や高校の思春期時代にもちろん反抗期があったけれど、彼らは学校や世の中の常識に反抗するタイプで、親たちを批難することは一切なかった。私は10代に親から言われた言葉にしばしば傷ついた経験があるので、息子たちを世の中の評論家みたいに責めることだけはしないでおこうと決めていた。

親というのは「やせ我慢の哲学」が必要なのかもしれない。
社会で疲れた彼らが安心して眠る場所、そしてボーッと縁側に座っておられるような雰囲気のある家庭であればよしと思い、そのように努めてきたつもりだ。

彼らも大人になり、長男夫婦や次男夫婦も三十代前半、人生の上り坂を力強く登っていくべき世代だ。

本隊は彼ら自身で、登山であればピークハントに自らアタックしなければならない。
でも本隊のみでは疲れるだろうし、無理も生じてしまう。だからこそ、親の役目は彼ら夫婦のベースキャンプみたいな位置づけでよいのではないかと、最近考えている。

息子たちの奥さんにとっては、私たちはあくまでも「夫の親」であり、実の両親とは違う。ただ娘と実両親というのは他の方の話を聞いていても、なかなか微妙な関係にあるようだ。甘えれられるだけに遠慮もなく、それがかえって家族ゆえの行き違いも生じるようだ。

私が息子夫婦たちの「ベースキャンプ」であることを望むのは、近すぎず遠すぎない関係性が自分の性に合っていると思うからだ。

今宵も長男夫婦が夕食に来宅。週に1ー2回はゆっくりと食事においでと提案しておいた。

とはいえ孫とひたすら遊んでおりましたが(苦笑

縁側とベースキャンプ、核家族4人から家族関係が拡大していく通過点かもしれません。

洗車日和2017-09-02 21:23

午前中は家の雑事を済ませ、午後からは久しぶりにロードバイク2台を洗車した。
どちらもギアやチェーンの油汚れを念入りに落とします。クロモリロードにワックスをかけてやると、10年選手とは思えないほどちょっと艶めいてくる。もちろんフレームには多くの小さな傷があるけれど、それも悪くない。

新しいオイルを差して、ちょっと走ってみると、やはり走りが軽くなった感じだ。陽射しと風のおかげであっというまにバイクも乾いてしまう。

1時間ほどでバイク清掃を終えて、夕方に長男夫婦と孫が夕食に来るので、部屋を掃除して座卓の準備をしていた。

すっかり汗をかいてしまったので速攻シャワーを浴びる。

長男たちが来るまでに時間があったので、ちょっと興味をもっていた山の本がAmazon Kindle Unlimitedで無料になっているのでダウンロードした。
ゆったり行こう!中国・四国 山歩きガイド
伊予富士や瓶ケ森を通る林道瓶ケ森線は、ロードバイクでぜひ走ってみたい道だ。
天気がよければ、石鎚山、そして遠く土佐湾まで望むことができるという。寒風山トンネル旧道も魅力的な道だ。

来年、隠居生活に入れば時間は十分にあるけれど、人生予定は未定だから、なるべく早く行ってみたいな。

ルートはググってみるとこのブログ記事が参考になった。


大阪南港からフェリーで愛媛の東予港へ、そこから走れば楽しいコースになりそうだ。

夕方、長男と孫が来宅。仕事を終えた長男の奥さんも来宅して、皆で夕食。
毎週末は1日くらい我が家で食事をしていいよと私たちから提案しておいた。

明日は自転車で走る予定。


こはるちゃん2017-08-28 23:42

一昨日の土曜は大阪南港のホテルで八月生まれ誕生会を、日本料理の店で開催した。
次男の奥さんが11月下旬に出産予定なので、次男夫婦の近場のホテルに集結して、長男が予約してくれた日本料理の店の個室で歓談。

今回の料理は鱧尽くし。ホテル内の店なのでそれほど期待してはいなかったけど、なかなか美味、ゆっくりと3時間ほど皆で歓談。

4人(長男の奥さん、次男夫婦、私)が8月生まれなので互いにプレゼント交換すると正直わけがわからない(苦笑
次男夫婦から長男の子供に玩具のプレゼントがあり、孫もとても喜んでいた。


私がお手洗いに行って部屋に戻ると、皆で盛り上がっている。
聞くと次男夫婦の赤ちゃんの命名が決まったとのこと。次男夫婦の子供は女の子だと判っているのだが、呼び名は「こはる」ちゃん。
11月下旬に出産予定なので「小春日和のこはる?」と尋ねると、次男夫婦によると「こはる」は冬の季語らしい。

浅学なので知らなかった、そして漢字は今風の字をあてるようだ。

次男の奥さんはお腹の赤ちゃんに「はるちゃん」と呼びかけているらしい。そして次男から出産後の住まいの予定を聞いて、よい意味で一同びっくりしたけど、次男夫婦も今時考えられないほどよい条件で生活しているなと思う。


長男夫婦・次男夫婦も笑いが絶えない。親冥利に尽きる

次男夫婦はタクシーで帰宅。私たちはホテルのシャトルバスで梅田に戻り、すっかり寝てしまった孫を抱っこして阪急梅田駅へ。

昨日日曜は午後から義母宅へ田舎からの送られてきた野菜を受け取りに、カーボンバイクで走ってきた。例によって遠回りして、バックパックに野菜を入れて帰宅しようとすると妻から電話がかかってきた。

長男夫婦が一昨日の日本料理店で高いワインを注文したので、気を遣って夜は近場のイタリアンでご馳走してくれるらしい。

慌ててカーボンバイクを走らせ、シャワーを浴びてイタリアンに集合。長男夫婦・孫らと2時間飲み放題コースを皆で選択して歓談。孫もだいぶ喋るようになりご機嫌さん。

週末は食べ過ぎ・飲み過ぎでした。


八月に生まれて2017-08-26 14:37

来年度末(2018年3月)で組織人として務めは辞めることを公私ともに宣言しているので、今さら撤回はできない(苦笑 
でも私のリソースが不十分(物事を考える上でスキッとリンクしていかない)になっているので、残りのリソースを自分の思考や趣味のために使いたいと思っている。


ただ私も老人になるのは初めてなので、見本とするライフスタイルが茫洋としている。
人生の晩年が寂しいだけだとつまらないので、いろいろと算段しているがスッキリとした回答などどこにもないだろう。

すごいトシヨリBOOK トシをとると楽しみがふえる
池内紀さんの新著を読んでみた。池内さんは日本の森や里山の本も多く書かれているので、山ヤのときにその著作を読んだ。氏も77歳になられたんだ。

参考になる点もあるが、やはり自分なりのスタイルを選択していくことになるだろう。

今宵は今から大阪のホテルのレストランでディナーの予定。
長男夫婦・孫、次男夫婦、私たち夫婦が集合して、8月生まれ誕生会を開催する。
長男の奥さん・次男が8月3日生まれ、次男の奥さんが8月10日生まれ、私が8月13日生まれと4人の8月生まれがいる。

皆、酷暑の時季に生まれているので、お母さんは大変だったことだろう。

4人の核家族から、息子たちが結婚することによって家族関係が拡がっているが、家族関係の薄い家庭に育った私には不思議な感もする。

でも楽しい会になるとは思う。



焼肉パーティと伊丹台地2017-08-20 21:25

昨日は長男宅で焼肉パーティ。2週間ぶりに孫と会ったが、ちゃんと覚えてくれていた。
長男の奥さんのご両親もこちらに来ているので、ビール・日本酒を飲みながら歓談。

ご両親は私たち夫婦と同世代(それぞれ昭和28年、32年生まれ)だし、場所は違うとはいえ同時代を生きてきたので、比較的話題も共通することが多い。
お二人とも再雇用の道を選ばず、定年後は完全隠居生活をされている。とはいえ向こうでも別のお孫さんがいるので、その世話にけっこう忙殺されている。

長男と奥さんが出会ったのは12年前の学生時代、彼は22歳、彼女は20歳と大学生だったようだ。長男は大学院まで行ったので、なかなか結婚する条件が整わず、途中彼女が神戸での仕事を辞めて実家の鳥取に帰ることもあった。

彼女のお父さんによると「彼(長男)と結婚できなかったら、私は一生独身でいる」と宣言していたようで、長男が院を卒業し就職してからは、当然のごとくトントンと結婚話が進み、孫はまもなく2歳になろうとしている。

今の時代、ある程度安定した仕事に就いて、結婚し子育てしていくことは意外と難しい時代となっているようだ。「平凡な生活」というのは実は贅沢なことかもしれない。

私は家族というものに過度な幻想を抱くべきではないと思っているが、息子たちが良きパートナーを得て、生活していくことは親としては喜ばしいことだ。

4時間ほど飲んで帰宅後、爆睡。

今日も暑い時間は読書。
BiCYCLE CLUB(バイシクルクラブ) 2017年 10 月号 [雑誌]
Dマガジンで「バイシクルクラブ」を読む。
峠特集でこの周辺では、大野山・逢坂峠・六甲山(逆瀬川コース)・五月山などが紹介されている。当然ながらすべて走ったことのある峠だけど、この猛暑では峠を上る気にならない(苦笑

ロードバイクに乗り始めた頃の各峠の私の記事。






昔はけっこう溌剌と峠を走っていましたね。


夕方1時間ほど伊丹台地などを走り、例によって老松丹水をバックパックに背負って帰宅。

Kindleでこの本も読んでいる。
自転車日本一周10000キロの旅で伝えたいこと
6段変速のシティサイクルで日本一周とはすごいですね。若さは最大の武器。
私はこのようなライドは当然ながらできないので、高知・米子・湖西などのちょい住みしながら自転車生活を隠居後は楽しみたいと算段している。

昨夜、長男の奥さんのご両親の隠居生活をお伺いしていて、来年度は組織人を離れる決意をより強くした。



はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2017 asyuu. All Rights Reserved.