脱・筋トレ思考2020-02-25 22:27

今日も午後からウォーキング。
Xiaomi Mi Smart Band 4 をワークアウトとして試してみることにした。

でもワークアウト画面になると、画面が固定されて時刻の確認や他の操作はできないんやね。バンドに通知の振動があっても、一瞬表示されるのみで、確認できないや・・・

左手にBand 4、右手にGarmin ForeAthlete 35Jを装着。
Mi Smart Band 4はGPS機能を内蔵していないので、スマホのGPS機能を利用することになる。どちらも1km経過するごとにディスプレイがウェイクアップして、バンドが振動する設定になっている。

ただ歩数や距離は微妙に違う、 Mi Smart Band 4のほうが距離が長く計測される。


お手盛りが Mi Smart Band 4のほうが多いということか(苦笑

 Mi Smart Band 4はGPS内蔵していないのでバッテリ消費が93%から90%に減少したのみ、そのぶんスマホのバッテリー消費は増大する。

ブラブラ歩いていると、銭湯を発見。なかなかよさげ。

昼も早くから開いている。

牛乳石鹸は、多くの銭湯に暖簾を提供しているそうな。

計測していないのを含めると13kmほどウォーキング。

帰宅後、政府のコロナウィルス対策の基本方針をチェック。

・自治体、会社、主催団体などに開催中止などの判断を丸投げ。
・国民は病状が軽微であれば(どう判断する?)受診するな、人混みに出るな、罹患すれば自己責任
としか読めないな。

子供が川で溺れそうになっていても、この人たちは「事態を注視し、今後分析していく」とか「状況を丁寧に説明していく」としか言わないかも。

ということで3月上旬の島根旅行を中止することにした。
長時間高速バスや電車内に拘束されるのは、いまの状況ではリスクが高いし、孫たちに感染させると後悔が大きくなるし。

インターネットから予約取消を行う。高速バスやホテルは違約金は発生しないが、e5489のJR西日本では切符の受け取り前であれば、乗車券が「1枚あたり220円」、特急券が「1予約あたり340円」合計560円で払い戻金が発生する。

二人で払戻手数料 1,120円がクレジットカードから引き落とされることになるけど、最小限の負担でよしとしなければならないだろう。

夜、義父が入所している特養の施設長から電話あり。
当面、3月末までの予定で家族の面会は禁止になるとのこと、ここでもコロナウィルス対策。妻が私たちが訪問不可であることを義父にわかりやすく説明していただくよう施設長に依頼。

それにしても現内閣の無能・無責任っぷりは群を抜いているが、その支持者は自分のことを権力者目線でしか見ていないので(その多くは見捨てられる立場なのに)、その視点の歪みには気づかないのかな(汗

などと愚痴をいっていても仕方ないので
人とあまり接しないところでジョギングしたり、ロードバイクに乗ったりするしかないね。

本を二冊読了。

GPSの威力で身体的経験知の世界把握構造が崩壊する状況になっていることが指摘されている。

「極地ばかりでなく、都市の中でも事情は同じだ。GPSに頼りきって、身体を空間と時間軸上に確定させる作業を怠ると、私たちは外の自然から切り離されて、根っこが切られたようなフワフワと浮遊した存在になってしまう。」(同書50頁)

著者がその冒険にいっさいスポンサーをつけていない(道具は提供してもらうことがあるが)ことに驚いたな、なかなかに潔い。



アスリートや筋肉オタクには筋トレブームみたいだ。
還暦すぎてもムキムキ筋肉を誇示する老人もいるが、いかんせん皮膚の弛みを除くことはできないようだ、かえって悲壮さを感じてしまう。

某雑誌で古稀近い社長の筋トレ写真が掲載されているが、わざわざ陰影をつけて大胸筋を強調している、でも皮膚は当然ながらたるんでいる。

「つけた筋肉」と「ついた筋肉」の違いが如実。

「スポーツに携わらない一般の人が目指すのは健やかなからだを手にいれることである。そのためには、からだからのシグナルに耳を傾け、それを信じることが大切だ。

ー中略ー

歩きスマホをやめて耳に聞こえる音の種類を数えるのもそうだし、街を歩きながら軒を連ねる店舗に目を向けるのもそう。私たちの「このからだ」は、たとえ意識しなくても周囲の情況を知覚しているのだから、意識をスマホの画面に縛りつけることなく外に向けてやれば、必然的にからだの感覚機能は高まるものだ。」(同書190頁から191頁)


たるんだ皮膚の上に、重い鎧のような見せかけの筋肉をつけるのではなく、老いも受容していくことが必要だろうね。

ライフスタイルにも同じ事がいえるかもしれないと思わせる好著。



ライフログと、なんちゃってスマートウォッチ2020-02-24 22:37

2020年2月21日〜24日

21日(金)

夜、三宮で待ち合わせして女友達らと会食。
うどんすき鍋をいただきながら、ビール・ハイボール・冷酒と飲む。
満腹。

2軒目はワインバー。ひとりが例によってかなり酔いがまわる。
私は、最近は自制心があり(弱くなったこともある)酔いすぎにはならず。

皆とハグして別れる。

それぞれの環境が落ち着いたら、スペイン旅行に行きたいねと話す。3月も会食予定。

22日(土)

雨。読書。

夕方雨が上がったので、6kmほどジョギング。

23日(日)
クロモリロードで散策。湾岸地帯を走る。





暖かい。27.5km

24日(月)
アウトドア雑誌などを読んでいると、Xiaomi Mi Smart Band 4がよく紹介されている。
4000円弱と廉価なれど、なんちゃってスマートウォッチよりは高機能でパフォーマンスがよさそうだ。
Xiaomi Mi Smart Band 4 【日本正規代理店品】スマートバンド 活動量計 万歩計 心拍計 健康管理 睡眠モニター 5ATM防水 着信通知 音楽再生コントロール 最長連続20日間使用可能 高精細カラー有機ELパネル/iPhone&Android対応

Amazonポイントもあるので、前夜、ポチってみた。

午後のウォーキングから帰ってくると、到着していた。

シンプルな箱。

開封してみると、本体・USB専用充電ケーブル・簡易な説明書の三つという、これもシンプルなパッケージ。

さっそくスマホ(galaxy S5 Active)のBluetoothと位置情報を有効にして、ペアリングしてみた。スマホはAndroid 6.0.1で5年2ヶ月使っている、今となってはロートルな機種。でもバッテリーが交換できる(常に予備バッテリーを2台持ち歩いている)という今となっては稀有な機種となったので、ストレージを適宜削減しながら使っている。


イタリア旅行直前にガラケーからスマホへという暴挙をしていたようだ(苦笑


ペアリングが始まり、ファームウェア更新が2度ほど連続して行われた。
バッテリーが16%しか残存がなくなったので充電。いろいろなレビューにあるように本体をバンドから取り外して、充電器にセットしなければならない、たしかにこれは面倒だ。ただコツさえ掴めば簡単に外せるし、バッテリー保ちがよいようなので(公称20日)、そこは不便さと相殺できるかな。

1時間ほどで満充電となる。

バンドも嵌めにくいというレビューがあるがコツを掴めばそれほど難儀でもないだろうね。

このスマートウォッチは、スマホのアプリMi Fitを母艦にして(GPS機能を具備していないので、スマホを媒介にするようだ)、アプリの通知・アクティビティの記録、天気予報などの機能を稼働させるようだ。スマホと連動させないと、その能力を発揮できない。

設定でカスタマイズしたところ。
・ディスプレイ下をタッチすると画面が点灯するが、手首を持ち上げてバンドに時刻を表示できるように設定。初期値の点灯時間が短いので最長の10秒(常時点灯はバッテリ節約から不可となっているようだ)に設定。

・バンドディスプレイをMi Fitから走る雰囲気のものに変更。

・Do Not Disturbモードで就寝時には通知などの際のバンド振動を不可とする。

・座りすぎ通知(動かないでいると通知があるようだ)はウザイのでオフとしている。

・心拍数検出は「自動心拍数検出と睡眠アシスタント」を設定。バッテリー消費が増加するよと警告がでるが、まぁ玩具だし、心拍数もそれほど厳密ではないだろう。

・ワークアウト(ウォーキング、ランニング、サイクリングなど)はスマホのGPS機能を媒介して計測するようだ。とするとスマホのバッテリー消費が増大するかな(苦笑
ジョギングなどにはGarmin ForeAthlete 35Jを使用している。GPS内蔵なので、ジョギングなどで距離、ペース、インターバル、コースなどを記録することができる。
GARMIN(ガーミン) ランニングウォッチ GPS 心拍計 ライフログ 50m防水 ForeAthlete 35J ブラック 【日本正規品】 FA35J 168938

35Jの機能としては

「接続を維持

互換性のあるスマートフォンとペアリングすると、通知機能やミュージックコントロールなどがForeAthlete35Jで操作可能になり、生活とランニングをより便利なものにします² 。

LiveTrack機能で家族や友人と接続すると、家族や友人はあなたのランニングをリアルタイムで追跡できます。 」


「毎日の活動をモニタリング

ForeAthlete35Jは豊富なライフログ機能を備えているため、毎日装着しない理由はありません。 ライフログは、24時間365日の心拍数モニタリングだけでなく、ステップ数、消費カロリー、距離、睡眠、週間運動量(分)の記録ができます。
さらに活動していない時間も監視して、ムーブバーとバイブレーションアラートで運動のタイミングを知らせます。」



などがあるが
常時装着するには重すぎてデカい。その点、Mi Smart Band 4は軽いし、スマホに到着した通知(みてね、電話、Eメールなどは)をバンドの振動で知ることができる。もちろん内容を全部見たり、電話で話したりする機能はない。だって4000円弱だもの・・・

ライフログとしてもそこそこ遊べそうなスマートウォッチやね。
隠居生活には適度なツールかなと。




25年2020-01-17 12:42

2020年1月16日〜17日

16日(木)

クロモリロードで図書館を巡って、本の返却・予約本の受け取り。

夕方は長男夫婦の孫守の手伝いを頼まれているので、長男宅へ。

長男の奥さんが病院受診のあいだ、孫たちの子守を妻とともにする。
朝にLINEで長男から急遽手伝いを頼まれたけど、子どもから見ると親は「いつまでも元気」で「いつでも面倒をみてくれる」、「自分たちよりお金もある」存在。

でも私たちの老いが深まるまではそれでいいんじゃないかな。4歳と1歳の孫二人は元気いっぱい、そして両親が短時間で揃うことがわかっているので聞き分けもよい。

妻が孫たちにぽんかんを剥いて分け与え、孫2号を入浴させる。2時間ほどして長男の奥さん、仕事を終えた長男が相次いで帰宅。大人ばかりだと辛気くさくなる場面もあるけれど、乳幼児がいると華やかで賑やかな場面もあるのがいいね。

長男らが帰宅したので、長男宅を辞して自宅でゆっくりと食事して、読書。

17日(金)

阪神淡路大震災から25年の日。自宅は一部損壊したけれど、家族に被害はなかった幸運。だがあの頃の仕事での茫然自失状態、そのあと長期間寝泊まりしながら(会社のテーブルに段ボールを敷いて毛布を被って寝た)仕事をしたが、正直その記憶も薄れつつある。

当時私は41歳、もし運悪く死んでいたらこの25年はなかったわけだ。
震災前と震災後は仕事上では人間が変わってしまったとよく友人たちに言われたな、震災前は堅苦しくてとっつきにくい雰囲気、でも震災を経てええかげんやけど前向きな雰囲気だとなぜか言われた。

たぶん多くの人の死を見て(子ども達を大阪の姉に預けて3日目に神戸に入ると体育館に多くの遺体が毛布に包まれて横たわっていた)、人の人生は理由なく不意に終わることを体験した。

今を生きよう
ということで、仕事だけではなく山を歩いて自然に向かい、ロードバイクに乗って風を感じ、よき言葉と出会うために読書した。

死ななくてよかったなと思う
だからこそ、この25年の芳醇な時間を持つことができたのだから。

ただそのあとも大切な友人を病などでなくした、私たちにできることは「その人が生きてきたことを忘れないこと、美しい風景に出会えば傍らにその友人がいることを感じ、端正な文章に出会えば友人が発した言葉を思い出すこと」かもしれない。

今日はいまから軽くジョギングして、夜は神戸で女友達らと居酒屋で飲むことになっている。震災時に同僚だった彼女らと25年の時をいっしょに経てきた。「小さくてもゆるやかな関係」を彼女らともてたことは、とても幸せなことだったと思う。

「偶然の旅人」として人は誰かと出会って、いつかは別れてゆく。
そのことを知る25年間だったような気もする。



「みてる」ー十万辻を越えて2020-01-09 21:19

2020年1月8日〜9日

8日(水)

「春の嵐」のような荒天、朝から暴風警報が出ている。夕方は孫の保育所迎えなどの所用がある、その前に軽く武庫川をジョギング。強い北風で上流に向かって走ると背中を押し続けてくれるけど、帰りは当然ながら逆風。

コスモス畑も枯れて、来年まで地中に潜むことになるのだろう。

ジョギング 8km

夕方6時前に、妻とともに長男夫婦の息子二人を保育所に迎えに行き、用意していた夕食を長男宅で孫たちに食べさせる。二人とも育てやすい子供で、そして元気いっぱい。

長男が人間ドックのため病院に泊まるので、孫守を手伝っているが、そうこうするうち長男の奥さんが仕事から帰宅。孫たちの入浴が終わり、孫2号が就寝した午後8時過ぎに帰宅。

9日(木)

妻は早朝から、長男宅に孫の保育所送りの手伝いに出かけた。私は朝は苦手なので、普段通り午前8時頃起床。

朝食のあと、妻は友人と会う予定、そして孫守の予定もないので午前10時半頃、カーボンバイクで走ることにした。今年は暖冬、今日は昨日と違い強風はなく、曇天なれど走りやすそうだ。夏生まれなので、10年前は夏にバリバリとロングライドしていたが、さすがに加齢とともに夏の暑さがこたえるようになってきた。暖冬ならば、空気は重いとはいえ、夏よりは走りやすいかもしれないね。

昨日読んでいた本に、こんな文章があった。

−いまの自分を支えている言葉

ひとつある。1週間前に、自分の高校時代の親友が亡くなったという連絡が同級生から入った。あのね、高知弁で人が亡くなることを、「みてる」と言うんです。ばーさんが「あの人みてたとね〜」と言うと、「あの人死んだとね」という意味です。あるとき、その「みてる」というのが、実は満月の満、「満ちる」という字を書くということを知ったんです。すごい高知の言葉だなと。人生がこんだけ幅がある。バーを埋めていくように、ダウンロードしていくように、色が変わっていって、最後、終わったよというのを「満てる」と。そでれ友人の弔電に書いたんです。あなたの人生が満ちた。フル(full)。ダウンロードし終わった。そういうふうに考えていますよと。これはポジティブシンキングですよね。あらかじめ決められた人生を満たした。高知弁のなかでデザインされた言葉として一番好きなのは「満てる」です。示唆にとんだ言葉ですよ。
(同書8頁)


子供の頃、たしかにおばあちゃんたちが「みてる」と話していた記憶がある、いい言葉やね。

「みてる」まで、生きていけばええんやろうね。
ということで今日は久しぶりに十万辻を越えることにした。クロモリロードで街乗りが中心の自転車生活、里山の峠を越えるのは久しぶり、やはり足が重い。途中、若いローディに軽々と追い越されていく、こちらは足を着かないことが主眼となっている(苦笑

十万辻を越えて切畑ー西谷ー佐曽利と快走路を走る、気持ちいいね。

波豆川沿いの快走路。

途中、時雨れてきた、雨雲レーダーをスマホでチェックすると、薄い雨雲が北摂を通過している。やり過ごせば通過しそうなので、しばし木蔭で雨宿り。

冬枯れの農道。

県道68号線ー千刈CCを経て、神戸市北区道場方面へ。

西宮市山口町の旧道を南下して(とはいえ上り基調)、R176で宝塚に抜けることにした。R176は旧道以外はトラックの通行量などが多いので、緊張しながら赤坂峠を越える。

赤坂峠から里道に入るとほっとするね。

名塩旧道ー生瀬旧道に入ると、緊張してR176を走り抜けたためだろうか、糖分を身体が要求している感じだ。自販機でおしるこを補給、シンプルに旨い。

武庫川右岸を走って、午後3時半に帰宅。
走行距離 70.5km 高度上昇1,217 m、平均速度17km

10年前と比べると如実に脚力は低下しているけれど、安全に楽しく走れるのが嗜みとしていいだろうね。「サドルの上の孤独」は心地よい。




1984年と2020年2019-12-31 23:10

365日隠居生活なので、大晦日といえ凡庸な日々の一日に過ぎない感じになってきた、よしよし。

今日は西北までウォーキング、そしてジュンク堂で新刊チェック。

コミックを一冊購入、余生が逆算できる年齢となってきたので、蔵書はなるべく増やしたくない。だから電子書籍をダウンロードしたり、図書館で借りたりすることにしている。
何度も読みかえす本なんて少数だしね。

ただコミックは図書館でも蔵書は少ないし、ちょうどクオカードの残額があったので購入。


あとがきで村上作品への作者の傾倒をこう書く
「僕が村上春樹さんの作品に出会ったのは大学生の時だ。記憶によるとはじめて読んだのが『風の歌を聴け』で、それから一年で七回『風』を読み返している(うち二回は英語版)。砂漠で水を飲むような勢いだ。」

傾倒ぶりが半端ではない。

そしてこんな指摘も。

「『螢』を含む『螢・納屋を焼く・その他の短編』が刊行されたのはその一九八四年で、そして『一九八四年』が三十六年後の未来を見据えて書かれたのだとすると(執筆されたのは一九四八年)、一九八四年からさらに三十六年後の未来は二〇二〇年となる。僕たちはいま、未来のさらに未来にいるわけだ」(105頁。「あとがき」より)

オーウェルの原作を読んでいないが、あまりに現代の政治状況と相似している場面が出てくる、もちろん戦前の特高警察のような存在は今はない。だが結論ありきの統計操作、公文書を文書でないとしたり、シュレッダーにかけたり、保存していないと強弁して「人を操作的に考えること」に優越感さえ持っているかのごとき政治家・官僚組織がある。

苦い読後感のあるコミックだが、いまの時代には必要な苦みかもしれないね。

1984年、わたしは、1歳の男の子の父親で31歳だった、2020年に67歳となる。
精神は未熟なまま身体が次第に老いていくだろう、それも凡庸な人間の定めだろうが、「プロール(労働者層)が求めているもの それはアルコール・ポルノ・ギャンブル・バカ騒ぎ・・・・ そして素朴な愛国心だ」(72頁)という未来にはいたくないね。

風が強い大晦日、10.7km歩いた。




優雅な読書2019-11-21 20:01

11月19日(火)
伊丹図書館の蔵書の返却日なので、昼前にクロモリロードで図書館へ。電車などで行くと遠回りになるが、クロモリロードだと5kmほどで到着する。

事前にネットで検索していた蔵書を数冊借りたが、目的の本の横に魅力的な題名の本が背表紙をこちらに向けている。

「優雅な読書が最高の復讐である」
優雅な読書が最高の復讐である 山崎まどか書評エッセイ集

たしか村上春樹が「腹が立ったときには、優雅な生き方が最高の復讐であると唱える」とどこかで書いていたなと思い出したが、あとがきを読むと得心した。

「カルヴィン・トムキンズの「優雅な生活が最高の復讐である」は大好きな一冊で「ブック・イン・ピンク」でも紹介している。1920年代の南仏アンチーブで、素晴らしい生活を送っていたジェラルドとセーラのマーフィ夫妻について書いたノンフィクションだ。二人はF・スコット・フィッツジェラルド「夜はやさし」の主人公のモデルと知られている。」

なるほどね、フィッツジェラルド繋がりか。

著者は「優雅」というのは「役に立たない」「人生の非現実的な部分」を意味すればよいと捉える。

次いでこんな説明。

「でも「最高の復讐」って、何に対する復讐なのだろう。
家でじっとしていてもコンテンツや情報が次から次へとやってくる、今の世の中は便利で素晴らしい。でも、家畜のように閉じ込められて、ホースで餌を流し込まれているような気持ちになることもある。そんな時、本を読むと、世間の流れから外れて自由になった気がする。牧舎の柵を壊し、勝手に野原をうろつき回って、草をはんでいる動物のような心地。それは読書でしか味わえない。本は楽譜のようなもので、そこから奏でる音楽は人によって違う。読書の喜びは、本当ところは誰とも分かち合えない。だからこそ本と人の関係は親密だ。ロマンスに近い。何でも「シェア」が基本の現代で、こんなに自分勝手な楽しみは他にない。」


すぐれたカルチャー女子である14年間ほどの読書や映画、音楽にまつわるエッセイといえようか。文章が魅力的、でも当然ながら追随する読書は私の余生から逆算しても、不可能。それに「自分勝手な楽しみ」は読書のみに帰結するものじゃないしね。

クロモリロードで散策しながら、遠回りして西北のジュンク堂へ。新刊をチェック後、お好みのストロング珈琲を注文して喫茶コーナーでひと休止。
帰りは公園でポメラをタイピング。

枯れ葉の一部がキーボードに舞い落ちてきた。

11月20日(水)
長男夫婦の長男(4歳)の七五三を神社で祝うことにした。現地集合で、午前9時過ぎに伊丹の神社へ。神主さんに祈祷してもらい、昼は近場のレストランで昼食。
孫2号(1歳2ヶ月)はヴァイキング料理のためか、モリモリと食べる、それ以上に父親である長男夫婦のほうがよく食べていたが(苦笑

長男夫婦にお祝いを渡し、孫2号に犬の玩具を買ってあげる。電池で動き吠え、しっぽを振るシンプルな玩具だけど、孫は以前小児科受診した際に気に入ったようなのでプレゼント。

あとで「みてね」にアップされた動画を見ると、孫2号はいたく喜んでいる、なによりだ。

11月21日(木)

月1回の通院日。高血圧・高脂血の傾向があるので、毎月チェックしてもらっている。
最近気になっていた身体の違和感を相談すると、検査してもらって、病気ではないことが判明。ホームドクターを持つことは、老人なので必要かもしれないね。

午後は孫の保育所送迎が必要になるかもしれないので待機していたが、不要となったのでまったりと読書したりしていた。

自転車雑誌をDマガジンなどで読む。雑誌はディスクロードに力を入れているみたい、いま手持ちのロードバイクをゆっくりと乗っていくだけで十分かな。
物欲はトンとない。




ものするひと2019-11-11 19:37

11月9日(土)
午前中は長男が所用があるため、長男宅で孫二人の子守。孫1号(4歳)はますます活発になり、当然くちごたえもするので、こちらのパワーもより必要になる。

午後帰宅後、孫守に疲れたので(最近はすぐ疲れる)1時間ほど昼寝。秋晴れなので、武庫川河川敷などをジョギング。7kmほど走る。

11月10日(日)
クロモリロードで散歩。尼崎スポーツの森で和太鼓の催しがあり立ち寄って見学、力強い響きやね。


途中、走っているとロードバイクの前輪がパンクした。長らくチューブ・タイヤ交換していないのでチューブもかなり劣化していたのだろう。ツールボックスにタイヤレバー・替えチューブ・CO2ボンベセットなどを常備しているので、公園でチューブを交換して、CO2ボンベで一気に空気を注入して、再度走り始める。

タイヤも交換時期なので、前輪・後輪ともに交換するのがよいだろう。ただ加齢とともに非力となっているので、タイヤを嵌める最後の際に難儀するだろうね。

ロードバイクを停めて、公園の木陰のベンチで読書。
以前から気になっていたコミックが廉価になっていたのでダウンロード、その本を読み始める。
ものするひと 1 (ビームコミックス) ものするひと 2 (ビームコミックス) ものするひと 3 (ビームコミックス)

若い新進作家の日常とそのまわりの人々を描いているが、悪い人は出てこない。興味をひかれるのは主人公の作家がポメラDM100で執筆をしているところ。
このコミックの作者もDM100を愛用しているようだ。

テキストファイルの静謐さを味わうにはもってこいのツールだ。


放置していたDM100を久しぶりに起動しようとすると電池切れだったので新しい単三電池2本を交換して起動。DM100は起動速度が速く、蓋の開閉で編集ファイルに即アクセスできる、そしてネットには繋がることはできないので、テキストファイルの世界に沈殿することができるのが最大のメリットといえようか。

「ものするひと」三冊を一気に読了。
私たちの多くの人生は無名で、路傍の石として死んでいく。ふと今まで出会った人々の物語を想像してみた。「あなたの物語」は同時に「わたしの物語」かもしれない。
そうするとテキストファイルの世界に物語を落とし込んでいくのも、いいかもしれないなと思っている。



はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2020 asyuu. All Rights Reserved.