意味はなかったけれど、楽しかった2019-11-18 19:41

11月16日(土)
午前中は読書。午後から散歩に出かける。
阪急武庫之荘駅まで歩いて、電車で宝塚へ。宝塚から武庫川左岸を南下、秋晴れで暖かい。ジョギングするには体調がいまひとつなので、ゆっくりと歩くほうがいいだろう。

髭の茶屋跡のコスモス畑はまだ満開状態で、家族連れで賑わっている。
11.5kmウォーキング

11月17日(日)

午後から義父が入所している施設へ、窓拭きのボランティア活動。家族会と私たち有志が1時間ほど外回りの窓をモップや雑巾で水洗いして清掃する。参加者が多かったようで予定通りの時間で終了。義父(94歳)同様に入所者は当然高齢の人が多いので、その家族も私たち夫婦と同様に60代の人が多いようだ。

清掃後、ホールで1時間ほど茶話会。施設長から施設の沿革などを伺い、他のご家族とも介護のことなどで雑談。人が老いていくことはなかなかに難しい。
茶話会が終わり、義父とおやつを食べながら歓談。腕時計が壊れていたのでAmazonで廉価なアナログの腕時計を注文していたので、義父の手にはめてもらう、気に入ってくれたようだ。

義父は、いっとき体調がすぐれず、互助会に入っている葬儀会社と葬儀の段取りや費用も実は私たち夫婦で相談に行っていた。うん百万円があっというまに必要になるのが葬儀の世界、ある程度の算段も必要になるだろうね。
そういえば義父の生まれ育った町を詳しくしらなかったので、義父に尋ねると岡山の山間の集落のようだ。グーグルストリートビューで眺めると、ロードバイクで走ると魅力的だろう林道めいた道路が鳥取まで繋がっていた。

でも体力が低下しているので、鉄道旅して旅ランするほうがいいかも。六角精児の呑み鉄の旅を読んで、六角精児バンドのおっさんの歌を聴くと、旅情がそそられる。

施設を辞して、自宅で食事をするのも面倒になり、グーグルマップで帰り道の途中にある飲食店を検索。手頃な居酒屋があったので、夕方5時、暖簾があがるとともに入店。

前日、録画していた「太田和彦のふらり旅」を見ながら日本酒土佐鶴を飲んでいたけれど、居酒屋としてはなかなか良さげな店。てきぱきしたご主人が注文を聞いてくれる。カウンターは8席ほど、4人がけの座敷が3つ背後にある。まずは生ビール中を頼んで、お造り盛り合わせを注文。つきだしも筍の煮物などなかなか凝っている。

お造り盛り合わせがくると、妻が「スーパーの刺身盛り合わせと違って、味がしっかりしているしペラペラと薄くないね」と笑う。値段相応だから当たり前か(苦笑

生ビールを追加注文して、鳥もつ焼き、だし巻き卵を注文。〆は瓶ビールを頼んで二人で分け合う。生ビールのすっきりした味のあとに、苦みのある瓶ビールはまた別格だ。1時間ほど飲んでいる間に、次々とお客さんが来て、そのあいだバイトの女の子、女将さんもスタッフとして加わり、活気のある居酒屋みたいだ。

私たち夫婦は酒飲み(妻はビール党)なので、性格の相違をなんとかお酒で緩和している面もあるかもしれないね。

週末は息子たちは家族で近場の服部緑地や万博公園で遊んだようだ。
孫1号が布団をまきつけていると思ったら・・・
孫1号(4歳)が布団をかけているなと思ったら・・・

弟がお兄ちゃんの上に寝っ転がっていた!
弟(1歳)がお兄ちゃんの上に乗っていた!


長男夫婦の孫1号がストライダーをカーボンバイクに新調している。やはり走りがかなり軽いようで、大会に出場しても楽しいだろうね。



11月18日(月)

散歩して、近くの公園にてポメラDM100でブログを書いてみる。

丘沢静也「下り坂では後ろ向きに」を再読。

路傍の石にすぎない私たちは自分の人生に意味を見いだそうとする、そして時折アスリートとしてのスポーツに人生の意味を重ね合わせたりする。でも「意味はなかったけれど、楽しかった」ということで充分かもしれない。

公園の紅葉などを見ながら散策。まだまだ暖かい秋の日。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
コメントいただく場合にはスパム防止のため、半角数字「0813」を入力してください。

コメント:

トラックバック


はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2020 asyuu. All Rights Reserved.