めまい2019-11-15 20:13

11月14日(木)
寝ているときにめまいがする、案の定起床後もめまいがひどい、まわりがクルクルとしていて態勢を変えると目が回る状態だ。

6月に受診した際に、「良性発作性頭位性めまい」と診断されたときと同じ状態だ。
大きく動いたときにめまいと吐き気がするので、寝返り体操をしながら、自宅で静養する。

簡単な夕食を済ませて、午後9時には就寝、寝ているときのめまいに恐怖心があるので部屋の電灯はつけたままにする。

11月15日(金)

起床するとめまいと吐き気は治まっている。静養と寝返り体操が効いたのかな。
65歳まで病気知らずだったけれど、体調不良となることも多くなってきている。人生100年時代なんて根拠のない嘘やね、私はたぶん78歳くらいで寿命が尽きそうな感じ、根拠ないけど身体的な感覚からするとね。
あまり長く生きると、生き疲れてしまいそうな感じがする、わからんけど。

芦生の森・由良川源流部に20Kgのザックを背負い、三泊四日でひとりテント泊をしたのは四〇代後半、森に独りいても恐怖心などを越える体力・気力があった。
ロードバイクで仕事しながらも毎月1000kmほど2年近く走っていたのは五〇代後半、これが体力・気力の最後のピークであとは次第に低下していく。


そして六十代後半、残念ながら体力は10年単位で如実に低下している。
それが老人になるということだろうね。だからこそ、この十年ほどは(元気であればだが)、より自分のスタイルで生きてみたいね。

起床後は、朝食して部屋の掃除をして、Dマガジンを読み始める。
定額とはいえ読むに値する雑誌は数少ない。雑誌の読書コーナーはなぜか同じような新刊が紹介されているけれど、これは映画公開されるとその出演者たちがテレビのバラエティ番組などに急に出るようになるのと同じだろうね、要は出版社のもたれ合い紹介システムになっているようだ。

実につまらない。

だからカルチャー系雑誌の対談で出てくる本などのほうが興味深い。
BRUTUS(ブルータス) 2019年12/1号No.905[ニッポンのホテル。]
(特集には興味ないけど)
今日はBRUTUSのコラムを読んでいると、読書家集団「Riverside Reading Club」とサヌキナオヤ氏の対談が面白かったな。



https://www.instagram.com/www.instagram.com › riversidereadingclub

RIVERSIDE READING CLUB(@riversidereadingclub ...


サヌキ氏のイラストって見たことあるなと思ったら、チャールズ・ブコウスキーの小説の装画を手がけているんやね。

対談で紹介されている本を借りるため、西北の図書館までウォーキングで出かけた。
秋晴れ、めまいも治まったので快調に歩いて、紹介された本3冊を借りる。アメリカ小説の短編集ばかり。

短編集なので目についたところから自由に読めるのがいいかな。

今日は8kmほどウォーキング。



コメント

_ こういち ― 2019-11-18 11:57

季節の変わり目は体調が不安定になりやすいですね お大事にしてください
いつも楽しくブログ拝見しています
bassoviperの事でご意見を頂きたく
今はシマノ105 10速の25スプロケットですが28に変更を検討しています
asyuuさんは スプロケットはどうされてますか?

_ asyuu>こういちさん ― 2019-11-18 19:34

コメント、ありがとうございます。
加齢とともに体力低下しております(汗
スプロケットは11×28Tですね、確か。
この記事から構成はほとんどかわっていないはずです。
http://asyuu.asablo.jp/blog/2013/02/24/6729462
ただギア比が極端に差が生じるのでカーボンバイクは12×25Tですね。
http://asyuu.asablo.jp/blog/2015/07/05/7701194

厳しい峠がなければ12×25Tでしょうね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
コメントいただく場合にはスパム防止のため、半角数字「0813」を入力してください。

コメント:

トラックバック


はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2020 asyuu. All Rights Reserved.