トレイルランシューズ到着2018-05-15 19:39

荻原魚雷の「閑な読書人」を読んでいると、こんな文章がある。
閑な読書人

「杉浦日向子の隠居術」という項目で
----------------------------------------------------
「杉浦日向子は勤め人、家族の面倒を見なければならない人のために『晴れ時々隠居』という案を提唱している。現役と隠居のスイッチを切り替えることで人生は豊かになる。たとえば、町中に三畳一間のアパートを借りる。仕事は労働ではなく、道楽と考える。予定を立てず、その日その日のハプニングを楽しむ。効率のよさを求めず、ひと手間かける。新幹線は『のぞみ』や『ひかり』ではなく、『こだま』に乗る。慌てず、急がず、時間をかける。それが杉浦日向子流の隠居術だった。働かなくても食べていける『本隠居』はむずかしくても、『晴れ時々隠居』であれば、会社勤めをしている人にも不可能ではない。休日、あるいはその日の仕事が終わったら、のんびり隠居然として過ごす。隠居の価値観で生きるといってもいい。・・・らくーに、にこにこ生きて死ぬ。これぞ、隠居の理想である」
----------------------------------------------------
作家の杉浦日向子氏によると本隠居とは
・働かない
・食べない
・属さない
という三つを備えたものらしい。それがなかなかに難しいので「晴れ時々隠居」という術(すべ)を示したのだろう。

杉浦氏は34歳で隠居宣言したけれど、これは彼女が難病を抱えていたことも影響していることは逝去後(47歳で亡くなっている)あきらかになっている。確か杉浦氏の江戸本を遠い昔に読んだような記憶があるけれど、本も残ってはいない。でもそのころから私のなかで「隠居」に対する願望があったんだろうな。

本隠居である「働かない」「属さない」を私は十分に充たしている。でも「食べない」というわけにはいかないので、これは無用に華美な食事は不要と言うことだろう。現役時のように、ミシュランガイドに載っているような店にはもう行けないので(それに対する執着もない)、日々質素な食事で事足りるだろう。


ということで本隠居には近づいているような気もする。

昨日はクロモリロードで大型書店に行って新刊をチェック。

今日は自宅の外壁塗装工事などが概ね完成した。施工店が丁寧な仕上げをしてくれているようなのでこちらとしても満足できる出来のようだ。

午後軽くジョギング。6km、走る。

そして昨日、Amazonで注文していたトレイルランシューズが到着。
[アディダス] トレイルランニングシューズ TERREX TRACEROCKER (現行モデル) メンズ
ジョギングに利用しているAdidasのシューズが履きやすかったので、トレイルランシューズもAdidasのエントリーモデルを注文してみた。

先日の生駒山トレイルランで、下りではグリップ力の高いトレイルランシューズが欲しくなった。
ソールはContinentalやVIBRAMが有名だけど、そこまでは必要ではないだろう。

GORE-TEXは重量が増すし、高いし、それほど防水性は期待できないので割愛。

トレイルランシューズはつま先にプロテクションがついているが、過剰装備でないようで好印象。シューズ全体の反り具合も私好みかな。


ロードバイクやランは所詮人間というエンジンが主体なので、ツールであるバイクやシューズは身体に合って、長時間ストレスがないものがよいだろう。

とりあえずはエントリーモデルで里山や低山を走ってみよう。
重量は280gと軽量で、ジョギングシューズは26cmだが今回は26.5cmとワンサイズ大きめにしたが、フィット感は予想通り悪くない。

隠居なので、目標などなく、ブラブラと生きて走っていくだけです。



自由にトレイルラン2018-05-13 16:25

雨の日曜日、隠居には休日はもう関係ないけれど、休日にはなるべく出かけないようにしている。平日に人のすくないメリットを享受できるのに、わざわざ休日に出歩く意味があまりない。

隠居してからの4月ひと月はやたら長かったけど、5月はあっというまに半分が過ぎそうだ。ウカウカしているとこのまま70歳くらいに一気に到達しそうだ(苦笑

今日は午前中は妻とともにスーパーに買い物へ。長男夫婦と孫が夕飯を食べに来るので、二人で食材をチョイス。長男の奥さんが絶賛妊娠安定期となり、二人分ガッツリと食べるので食材も多めだ。滋賀近江高島の地酒も購入した。

酒造元によると「棚田保全に取り組む「里山」、春の豊作祈願生原酒。滋賀県唯一の日本の棚田百選「畑の棚田」産米から生まれた香り高く、甘み柔らかな味わい。」らしい。

このあたりの値段の日本酒がいちばんコストパフォーマンスがいいかな。煙草を止めたのでお酒も止めたら健康にはいいかもしれないけれど、それでは人生が味気なさ過ぎるだろう。

先日のトレイルランにて、ほしだ園地などの生駒縦走路に設置された立て看板が要所ごとにあった。

私の場合は高速・ワイルドに野山を走ることなんてできないので、残念ながら?該当しないけれど、ゆっくりと歩いているハイカーを確認したら、こちらに余裕があっても歩きに変更した。


生駒山頂を目指すトレイルでは、高校の授業だろうか、高校生の多くの男女グループがそれぞれに登山していた。若者たちが楽しげに楽々と上っているあいまを縫って、ジイサンである私は追い抜いてから、彼らの姿が見えなくなるとランに切り替えていた(ゼイゼイ)。

だからだろう、平日なのに山上遊園地は賑わっていた。

新緑と若い高校生の集団、やはり眩しい存在だった。

トレイルランも楽しい。ロードと違って止まってはいけないという強迫観念がないし(急登では走ることなんて不可能)、レースに拘らなければ里山をハイキングするよりは早く、長い距離を楽しむことができる。

低山とはいえ、展望に恵まれた場所もある。


自由に、しばらく里山トレイルランもしていこう。トレイル+入浴+ビールセットがまずは必須だろう。



トレイルランと孫の子守2018-05-12 22:11

ざっくりと隠居活動報告

昨日は生駒山山系トレイルラン。とはいえ半分ほどは歩いたかな(苦笑
コースは京阪私市駅ーほしだ園地ーむろいけ園地ー生駒山ー額田駅という20kmコース。

ほしだ園地「松風の道」快走路

ハンバーガー岩、もちろん食べられません(汗

生駒山縦走路 きもちいいね



山頂付近から新石切駅までの下りがいちばんしんどかった。
大阪の高層ビル群を望む

ナメてマラソンシューズで行ったので、これからは下りにも備えてトレランシューズを用意しようと自戒。

新石切駅近くのスーパー銭湯で汗と疲れをとる。さっぱりしてから大阪王将で生ビールセット(生ビール大、焼きそば、餃子)。

めちゃ生ビールが旨い。

距離25.15km 



今日は長男の子供の子守。
ジイジ・バアバと3人で王子動物園へ。ランチも園内で済ませて3時間ほど孫と遊ぶ。
帰路は孫がぐっすりと寝てしまったので、駅からはタクシーを利用。といっても1メーター680円なり。

二日とも小確幸なり。


GWあけらしい2018-05-07 14:55

GWのあとお仕事されている方々、お疲れ様です。
私は隠居なので、GWも通常生活だった。夜はぐっすり寝て、読書したりランしたりロードバイクで軽く走ったり。

5月3日(木)

次男夫婦の子供こはちゃんのハーフバースディ祝いのために、次男夫婦宅に遊びに行く。
孫のこはちゃん

人見知りするけれど、すくすくと育っている女の子。
麦わら帽子をプレゼントするも、ちょっと大きい


5月4日(金)
会社時代の友人と生駒方面へハイキング。
この本でも紹介されている矢田丘陵をハイキング。
関西トレイルランニングコースガイド 大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良

たしかにトレイルランで走っても楽しそうなコースだった。
近鉄南生駒駅から酷道308号線を東進。急な上りが続く。

振り返ると生駒山


野仏も山道に鎮座している。

松尾寺


法隆寺方面に抜けて、斑鳩町立いきいきの里で入浴。500円なり。

JR法隆寺駅前の居酒屋で打ち上げ。昭和っぽい店で、オヤジ二人は大満足。

次回はひとりトレイルランをしてみよう。



5月5日(土)
クロモリロードで西宮北口の図書館へ。
本を数冊借りる。

夕方はジョギング5km


2冊は池内紀氏の著作・編なので、挙げている作家がリンクしていることが多い。
 作家の生きかた (集英社文庫)
両方を平行して読んでいる。

読鉄全書


こんな本も読んでいる。
旅の流儀 (中公新書)

電子書籍などを読んでいると、メールでお薦め本が案内される。
森見登美彦氏の新刊がおもしろそうだ。
太陽と乙女


隠居生活に入って、予想されたことだが自分がずいぶんと怠け者だということに気づいた。よくぞウン十年、組織人を勤めていたものだ。




六甲山・黒岩尾根を登る2017-10-01 21:56

今日は天気も良く、孫の子守もないので久しぶりに六甲山を歩いてきた。

昨夜、妻が「せっかくの天気だから六甲ハイクしてみたいな、(山の本を眺めながら)黒岩尾根なんかどう?」と打診があり、「老いては妻に従え」ということで登ってみることにした。

午前9時半過ぎに阪急三宮から新神戸まで歩いて、布引の滝を目指す。
43歳から10年ほど山歩きを中心に身体活動をしてきたが、10年前からはロードバイク中心の活動となっている。山歩きについては単独行・低山徘徊派で、六甲・北摂・比良山系の主たる登山ルートはほとんど歩いたはずだ。

今回の「黒岩尾根」を何度か登っているが、記憶では急登があり鞍部にいたって登り返すというアップダウンのある登山道だったはずだ。

布引の滝を通過して市ヶ原にて早めの昼食。久しく六甲山から離れているうちに、山ガールやトレイルランナー、そしてシクロクロスやMTBで通過するグループなど新しい山スタイルが増えている。

今日の足回りは次男から譲り受けたグリップ力のある軽量ジョギングシューズ。今回のコースはロードバイクでいえば「ポタリング」レベルなので、軽量ザックを背負い、足回りも軽くしている。本格的な登山靴は、20Kg以上のザックを背負い、ガレ場で爪先を痛めないようにするためにあるものだ。


でもまわりの山の会の中高年グループは本格的な装備が多いな。

黒岩尾根分岐に入ると、初めから急登だ。そして鞍部に達すると再度登り返すということが3回ほど続き、妻はかなりこたえているようだ。私は軽量シューズでそれほど苦じゃないけど(苦笑

休憩を十分取りながら登っていくと、西六甲縦走路が見渡せる場所に達した。
淡路島、明石海峡大橋、神戸市北区のニュータウンを眺望できる。

尾根から雑木林を抜け


まもなく掬星台だ。
「黒岩尾根(悪路)」というほどのコースじゃないけど。

掬星台(690m)から大阪方面を望む。

下山は、山寺尾根は最初が転がり落ちるような山道なので、青谷道を選択。

旧天上寺の山門も修復されていたが(確か屋根が崩落の恐れがあったはず)、味わいはなくなっている。


午後4時頃、阪急王子公園駅に到着。近くの中華料理屋さんで早めの夕食とビール。

マップで計測すると約14Kmほど歩いたようだ。

久しぶりの六甲トレッキング、他にはこんなコースが私のお薦めだが、



妻には歩きやすい道ではないので次回のコースとしては採用されないだろうな。

山歩きはロードバイクとはまた違う筋肉を使うので、明日はたぶん筋肉痛だ。





ロードバイク+半国山ハイク2017-04-02 21:12


先日、ロードバイクで亀岡の千ケ畑を通過した際、「そういえば半国山に登っていなかったな、ここから登山口があったな」と思い出した。

今日は快晴、カーボンバイクで半国山登山口まで走ることにした。午前10時過ぎに発進、一庫ダムを経て能勢町宿野を北上する。千ヶ畑の無名の峠前に登山口がある。

半国山への登山口はひいらぎ峠を越えて亀岡の赤熊から登るのがメインルートみたいだが、千ケ畑登山口で標高370mほど、半国山が標高774mだから最短距離で頂上まで登ることができる。

コンクリー道を入っていく。バイク・自転車進入禁止の立て札がある。「郷に入っては郷に従え」、それに今日はカーボンバイクなのでもとから自転車で乗り入れることはできない。

ロードバイクをデポして、SPD-SLシューズからadidas adiZEROのランニングシューズに履き替える。


ロードバイクのタイヤと同様に、ソールにはContinentalラバーを使っているのがニクい。軽量でグリップ力もよい感じだ。次男が結婚して家を出るときに、自分の足に合わないシューズをいくつか残していった。彼にはきつめのようなのだが、彼よりすこし足の小さい私にはぴったり。


里山ハイクには軽量シューズと必要最小限のバックパックでスピードハイクするのがよいだろう。

砂利の林道めいた道を上っていくと、里山らしい雑木林が現れた。


関電の巡視路が分岐に多くあるが、標識がしっかりとしているので迷うことはない。


杉などの暗い植林地帯を抜けると、明るい雑木林に行き当たる。


瑠璃渓への道もあるんだ。


頂上まで300m、でもなかなかの急登、ひさしぶりに山歩きの感覚を思い出した。


急登を経て、半国山頂上に到着。登山口から標高差400m・距離3.5kmを50分で登った、予想したより早いな。2人だけ先客がいる。



亀岡市街地方面を望む。


南方向、北摂の山々、そして六甲山系。


亀岡から老ノ坂方面、京都市街地も遠くに見える。


半国山は
「丹波の国が山頂から半分見えることから半国山と名付けられたとされている。その美しい姿から「丹波富士」とも呼ばれる。愛宕山、嵐山、小塩山、ポンポン山、妙見山、六甲山と眺めることができ、条件が良ければ大阪湾まで望める。」と亀岡市の観光協会で紹介されている。

山頂横でおにぎり2個を食べて下山に取りかかる。

コナラなどの雑木林も新緑の準備を始めているようだ。


落ちている、まだ生木の枝をストック代わりにして下っていく。下りにはストックがあるほうが楽だし、身体を維持できるけど、雑木林には自分にぴったりの枝がなぜか落ちているもんです。

いいね、この道。


スマホの「山と高原地図・北摂京都西山」アプリを起動して水場をチェック。この場所みたいだ。野生の力はかなり落ちているので、煮沸しないと飲むことはできなくなっているかもしれない(苦笑


40分で山頂から登山口まで下山。ストック代わりになった枝を自然に帰す。


下り基調、追い風に乗って同じ道を引き返す。午後5時に帰宅。

カーボンバイク走行距離 85km
トレッキング距離 7km(標高差400m)

自宅から人力で自転車・山と遊んできたけど、こんな遊び方が楽しいな。

5月の新緑時には雑木林が緑の海になるだろう。次回は赤熊から登ってみたいな。



PEAKS2017-02-27 22:46

私は電子書籍を読むサービスとして、DマガジンとAmazon kindle Unlimitedを利用している。自転車関連ではDマガジンで「BICYCLE CLUB」を、そしてKindle Unlimitedでは「CYCLE SPORTS」を購読していたが、今月号から「CYCLE SPORTS」は対象外となっている。

Kindle Unlimitedはコロコロと読み放題の対象が変わるので、そのへんは出版社とAmazonの契約関係が影響しているのだろうか。

雑誌はよほどのものでないかぎり、紙書籍を購入することはないので、なかなかに出版状況は難しくなっていくのだろう。

ひさしぶりに登山系の雑誌を読んでみた。

ロードバイクに乗り始めて、山歩きをトンとしなくなったけれど、最近のウルトラライトハイキングの流れが簡潔に紹介されている。20kgのザックを背負い、由良川源流部テント泊をしたのは2002年の夏、まだ40代で体力も十分にあった。

あの野生めいた力はもう望むべくもないけれど,最近のウルトラライトは自転車やトレイルランとの親和性も高いようだ。

山ヤとしてだけでなく、いろんな自由なスタイルが出てきているのは、なんか楽しみだな。




はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2020 asyuu. All Rights Reserved.