Mi Smart Band 4とソーシャルディスタンス2020-04-12 22:29

Xiaomi Mi Smart Band 4を使い始めて1ヶ月半以上が経った。
入浴時・充電時以外は左手首に装着しているが、すごいよね、このスマートバンド。

・SNSやメール、電話受信を振動で知ることができ
・ウォーキング時の音楽の音量調整や曲送りもでき
・スマホが見あたらない(けっこうこれがあるんだな)、スマホを探索して鳴らすことができる。
・廉価、そしてバッテリーが2週間以上(充電量20%未満になると充電する)もつ。

ということで愛用しているが、バンドが黒のみなのでちょっと飽きてきた。
サードパーティから互換性のあるバンドが多く出ていて、複数パックで廉価。
でも純正品がやはりシリコン製の肌触りや、造りもしっかりしているようなので、替えとして「ダークレッド」を注文してみた。

「ブルー」は「ブラック」とそれほど変わらないし、オレンジはスーパー銭湯のロッカー用鍵バンドみたいだし(真夏にはいいかもしれない)、ライトピンクはさすがに爺さんにはまちがいなく不向き。
ということで渋いと思われる「ダークレッド」を注文。

日本郵便にて到着、配達のみなさまご苦労様です。

予想していたよりシックな感じでいいね。
デフォルトの黒バンド

新しいダークレッド

気分で交互に使うことにした。

昨日は13kmほどジョグ&ウォーク。

伊丹の猪名野神社で安寧の神頼み、そして名残の桜。

今日は雨で気温低下なので自宅で読書。

さすがサブスリーランナー、トレイルランと登山用歩き方の相違の指摘が的確やね。

コロナウイルスはグローバリズムと東京一極集中主義の弊害を顕在化させたけれど、落ち着いたあとのライフスタイルを変化させるような気もする。

地球が壊滅的になる前に、ほとんどの人間は歴史上、その生命を終えてきたのだが、それも危ういもの(人類の有限性)だと気づかせた今回のウイルス蔓延状態。
多くが生き延びて、本来の自分の命を老化とともに全うするという当たり前の世の中が必要なんだろうな。

三密以上に、ソーシャルディスタンス(社会的距離)をキチンととりながら生活していくしかないだろう、だからこそ働き方も本来見直すべき時に来ているが、「欲望資本主義」優先できた社会がすぐに変わるのはなかなか難しいだろうね。


この記事は参考になるな。
-----------------------------------------------------------------
ーー週末、みんなにそういう風に過ごしてほしいのですね。

僕は暗いので、一人で長時間のジョギングをするのが好きなんです。2〜3時間、ものすごくゆっくりしたスピードで走ることを「LSD(Long Slow Distance)」というのです。

一人で散歩するイメージで、ゆっくり長時間、小さい負荷をかけながら汗をかく。本当に暗い趣味だからこそ大好きなんですけれども(笑)。こういう活動なら、全然構わないです。いっぱい歩き回って、でも立ち止まって30分以上人とは話さないでほしい。

みなさんも工夫しながらできることはいっぱいあると思うのです。

企業の方にも訴えたいのですが、この行動制限は長期化します。家にいながらできることや、オープンエアでできることを開発するなど、ビジネスが持続できるような至急の開発に協力してもらいたいです

-----------------------------------------------------------------


家に閉じこもるだけでは、私のような老人は身体能力が低下するばかり、身体性を感じる活動は必要だろうな。




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
コメントいただく場合にはスパム防止のため、半角数字「0813」を入力してください。

コメント:

トラックバック


はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2020 asyuu. All Rights Reserved.