村上春樹「ノルウェイの森」を読む2007-09-15 11:01

関西地方は残暑が厳しい。静かな土曜日の始まりだ。

村上春樹「ノルウェイの森」を読了。
37歳の僕(ワタナベくん)が大学生活を振り返るシーンから始まる。

ワタナベくんは親友のキズキの自死によって「死は生の対極にあるのではなく、我々の生のうちに潜んでいるのだ」という諦観を持つ。キズキ・直子(キズキの恋人)・ワタナベというトライアングル(死んだ者も生者の中で生きるのだ)の中で、ワタナベは直子を愛するようになるが、彼女は死の方に惹かれ心を病んでいく。

いっぽう大学の同窓である緑は死を受け止め、それに圧倒されない強い女性として描かれている。我々の生に潜んでいる死の影に翻弄されることを拒否する強さだ。

「ノルウェイの森」が多くの読者の支持を得たのは,ある者はワタナベに、ある者は直子・緑に自分の姿を投射することができたからだろう。

ワタナベくんは、療養のため京都の療養所(といってもそれはコミューンのような異土だ)に入った直子に時には会いに行き、そしてひたすら手紙を書く。直子と同室のレイコさん(彼女もおなじく死に魅せられた病む人だ)との交流も始まる。

一方、同窓の緑の力強い愛情表現にも惹かれていく。

うむ、やれやれ(ワタナベくんのマネ)、こんなあらすじはどうでもいいだろう。
おもいっきり自分に引き寄せて書いてみよう。

村上春樹のこの小説に私は切ないほど惹かれた。それは甘い感傷じゃないだろう。私は泣かない大人だ。私が惹かれたのは,私の中にあらかじめ喪われたものへの諦観と苛立ちが存在することを、この小説は明らかにさせるからだ。

直子は結局自死し、ワタナベくんは海辺をさまよう。現実は茫洋とし生者と死者の彼我は明瞭ではなくなる。だがワタナベくんはあらゆるものに「あらかじめ喪われていた」のだろうか。
若い頃この本を読んだら、そう思ったかもしれない。

でも、いまこう思う,
あらかじめ喪われているものなどないのだと。
私たちは喪うべくして喪うのだ。

うかうかとして失い
ぞんざいにして喪い
大切なもの、人だと気づかずに喪い
じぶんの心にも気づかずに喪い
日々の細胞が新陳代謝を繰り返していくように昨日を昔日を忘却していく。

村上春樹がこの頃の作品で提示するメッセージは意外とシンプルなのではないか。
・日々の残酷さはまわりだけではなく、あなた自身から発するものもある。
・だからこそ,きちんと生きましょう。疲れていても歯を磨き髭を剃ろう。
・哀しみを哀しみとして受け止め、汗のようにボロボロと涙を流そう。
・好きな人とはきちんとSexしましょう。それが希望と落胆と生と死を含むものとしても。

ワタナベくんと同じ寮に住む東大法学部生の永沢という男が対極的に描かれている。
かれはシステマチックに生きることを命題化し、哀しみから遠いところにいようとする魅力的な人物だ。死後30年を経ていない作家の本を原則として手に取ろうとせず,「『グレート・ギャッビイ』を三回読む男なら俺と友だちになれそうだな」という男だ。

だが彼はシステマチックに生きるという命題を貫いて、恋人のハツミさんを喪う。システマチックであることが、完全な生をもたらすわけじゃない。

村上春樹のこの頃の作品や短編集を読むと、いつも森に静かに降る雨をイメージしてしまう。一粒は目をこらして見なければならないのに、全体としては覆い被さるように降り続ける雨のイメージだ。樹木の葉を濡らし幹を濡らし、そして雨は地中深く流れ込んでいく。

しばらく本棚にある村上春樹の本を再読してみよう。
そしてきちんと生きること、森でテント泊することなどを妄想していこう。

コメント

_ りょーち ― 2008-12-18 13:52

こんにちは。りょーちと申します。
最近「ノルウェイの森」を読み返しました。
asyuuさんは、直子と緑ならどちらを選びますか?
(asyuuさんの感想を拝読いたしますと、どちらも選ばれそうな気もいたします)
ではでは。

_ asyuu>りょーちさん ― 2008-12-19 01:32


おひさしぶりです、りょーちさん。
いつもブログ拝見しております。
>asyuuさんは、直子と緑ならどちらを選びますか?
またまたムツかしいご質問を・・・
論理的には緑を、感情的には直子を選ぶでしょうか。論理と感情が混沌としているasyuuですからご明察の通り両者の間でウロウロしそうですね(苦笑
ではではまた。

_ シーボルト ― 2010-10-04 01:10

こんにちは。記事読ませて頂きました。投稿者さんの意見(永沢さんが直子や玲子と対局に描かれている点や作品の主な主旨として作者の生と死についての見地など)は賛同できるましたが、作品の主旨の後半に掛かれている点(髭をそるや性行為をもつこと)などについては賛同できません。愛する人とも性行為を行わなかったトオルは、緑を愛していながらも直子への純粋な愛を貫いた結果だと私は読み取りました。

_ asyuu>シーボルトさん ― 2010-10-04 23:10

はじめまして、シーボルトさん。
古い記事にコメントありがとうございます。

3年前に書いた記事ですね・・・
村上春樹作品は読み返すたびに新たな発見があるし、100人の読者がいれば100通りの読み方ができるという希有な作家です。

最近のインタビュー集「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです」のあとがきで
村上春樹は「観念的なイシューについては、僕は基本的に、読者の判断に大きく委ねてしまいたいと考えている。それが僕の一貫した希望だ。」と書かれておられます。

いま「ノルウェイの森」を読み返したら、私自身違う感想を持つかもしれません。

若い頃は村上春樹作品を「気取った、独りよがりの小説」と決めつけていたのに
歳を経て読んでみると、彼の文体、人の心の動き、そしてメタファーなどが沁みるように身体に入ってくる。

このような作家を同時代に持てたのは幸福なことだと私は思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック


はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2016 asyuu. All Rights Reserved.