スマホ機種変更と女友達2020-12-15 20:10

寒波到来。クロモリロードでの図書館通いも、西風強く寒い。

先週はスマホの機種変更でバタバタ。

6年前、イタリア旅行直前にガラケーからスマホに変更するという暴挙をしたが、バッテリー交換ができる今となっては稀有な機種だったので、騙し騙し使っていた。


先日、起床するとバッテリーが無くなっていて、裏蓋を外して予備のバッテリーに交換して電源は入るも、起動画面から前に進まない。

近くのドコモショップへ赴き相談。補償サービス利用で修理か修理不可の場合であれば、同等品に交換可能だが(3000円から5000円)、S5 ActiveはRAM 2GB ROM16GBとロートルとなっているので、機種変更を選択。

5Gエリアはまだまだ限定的なようなので、従来の4G/LTE機種を選択。バッテリーが持ちそうなAQUOS sense4 SH-41Aにした。

ミドルレンジの機種としては、それなりに使えるだろうし、ハイスペックの機種は不要かな。それにスマホに過度に依存するライフスタイルじゃないし。

不要なアプリは削除して、煩わしい通知をオフにする。

引き継いでインストールしたアプリは以下のアプリ。

・LINE(家族や友人との連絡用)

・家族アルバムみてね(孫の画像・動画閲覧)

・dマガジン、総合書店honto、Amazon kindle(利用している電子書籍閲覧アプリ)

・リアルタイム検索、はてなブックマーク(時勢を眺めるため。なんか偏頗な傾向もあるけど)

・ジョルテカレンダー(6年前からスケジュール管理に使っている。PCやタブレットと同期できるので便利)

・Firefox(PCやタブレットのブックマークと同期しているので)

・Mi Fit(なんちゃってスマートウォッチMi Band 4用管理アプリ)

・山と高原地図(ハイキング用の地図ー比良山系/六甲・摩耶/北摂・京都西山など)

・Yahoo!天気
(雨雲接近通知が便利)

サードパーティのアプリを入れすぎると、負荷が大きくなるし、広告が煩わしいことが多い。

SDカードを装着できるが、従前のスマホに装着していた32GBのSDHCカードを認識しない。そのへんに転がっていた64GB/SDXCカードを装着すると、ちゃんと認識した。

1週間使ってみて、バッテリーは私の使い方だと3−4日は十分もつようだ。

手帳型ケース、ディスプレイの保護フィルムは、アマゾンで選択に悩むほどあるけれど、適当に下記のもの購入。


材質の質感がけっこういい。中のクリアケースにはめ込むようになっていて、安定性も高い。耐久性は未知だが、汚れたら買い換えたらよいだろう。




保護フィルムは浮いたり、気泡が入ることが多いが、これは貼りなおしたときに端に小さく残ったのみで、そこそこいいんじゃないかな。


いろいろなレビューを読むと、このスマホのカメラ機能は貧弱なようだ。動画を撮ることはあまりないが、コマ落ちするというレビューもある。まあスナップ写真と割り切ればよいだろう。

自宅では、ネットや電子書籍閲覧は自宅内無線LANに繋いで、タブレットHP Pro Slate 8を使っているし、煩雑な作業は Ubuntu 16.04 on ThinkPad X220で処理するから、スマホで全てまかなうわけじゃない。

それにしても、今回は当日夜には友人と会食の約束をしていたので、ドコモショップで機種変更したが、オンラインショップだとより廉価で入手できる。

年寄りには対面で手続できるショップは便利な面もあるが、当然その分コストがかかる。今回の引き継ぎ作業なら自分でも可能だったので、オンラインショップを利用した方が機種変更代は安上がりになったね。ちょっと反省。


で先週の夜は会食を2度ほどした。こんなご時世だけど、気のおけない女友達らはとても近しい人々。

まずはアラフォー美女と割烹の店でゆっくりと食事。彼女は公私とも忙しいのに、隠居爺さんに付き合ってくれる奇特な方。

銀杏の煮物、日本酒にとても合う

歓談して、ゆっくりと料理と日本酒を楽しむ。密でなくていい感じ。

そして別の日には、旅行友だちの女性らと会食。

3人でワインを二本空ける。

2年前の今頃は、みなでフランス旅行(7泊8日)に、その前年・前年年には台湾旅行(三泊四日)に行っているが、海外旅行ができるようになれば、まずは過去4回行ったソウル旅行の復活を約束。


女友達らは皆現役で働いており、いろいろとしんどいこともあるだろうが、彼女らは愚痴っぽくなく、凛とキチンと生きていることが共通しているかな。
私は残念ながら猫の額より心が狭い、それ故に、あまり人と交流すると、自分も相手も疲れてしまうだろうから、なるべく人とは接しないようにしている。

でも女友達らとは18年〜25年と長いつきあい(みな若かった)なので、彼女らも私の短所(私にもすこしは長所もある、たぶん)は十分にわかってくれているだろうと勝手に思っている。


マスク会食?


あとは孫の子守を何日かする。

ネットで孫たちへのクリスマスプレゼントを注文した。

読んでみたい本。


子育てにはどうしても忸怩たる部分が親としては残る。ただ楽しい時間をある程度共有したのであれば、それだけでよかったという気もする。

西風強い、武庫川河川敷




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
コメントいただく場合にはスパム防止のため、半角数字「0813」を入力してください。

コメント:

トラックバック


はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2021 asyuu. All Rights Reserved.