ひいらぎ峠まで2020-01-23 11:49

2020年1月21日〜22日

21日(火)

今日、妻は学生時代の友人と三田のアウトレットへ友人の車でお買い物に行く。老夫婦の生活費は年金と蓄えで賄っているが、現役時代はダブルインカムだったので、ぱっぱっと彼女もショッピングしていたが、今はあまり浪費できない。でも倹約ばかり主眼にするとストレスが溜まるだろうから、「よい服があったら買ってください」と妻に伝える。

明日は夕方から孫守の予定が入っているし、明後日から雨模様の天気が続くようなので、カーボンバイクで北摂まで走ることにした。

午前10時半前に発進して、猪名川堤防道路ー県道12号線と北上する。
緩やかな上りが続き、おもいっきり向かい風なのでちょっとしんどい。左膝に軽い痛みを感じたので、よりギアを軽くして走っていたら、違和感がなくなってきた。

一庫ダムに到着。

ロードバイク用ラックもあるんやね。

ダム周遊道路の能勢町に入る標識も、文字がずいぶんとかすれている。


106号線を北上して、ひさしぶりのひいらぎ峠へ、ここまで39km





ひいらぎ峠を数え切れないほど越えて、亀岡や南丹方面に走ることが多かったが、鈍足で午後4時までに帰りたいので、峠から引き返してR477を南下する。

けやきの里でトイレ休憩。こんな案内図があるんだ、野間周辺は昔は山城が多かったんだな。


野間の大ケヤキで缶のぜんざいを補給。

一庫ダム周遊道路を走って、R173ー猪名川堤防道路と経て午後4時前に帰宅。

走行距離 81km

普段はクロモリロードで街乗りしているが、週一回はカーボンバイクで今年は北摂を走ろうと思っている。隠居生活なのでロードバイク乗る時間は、現役時代より自由にあるが、いかんせん体力は順当に低下している。楽しく、安全に乗ることができればいいかな。

帰宅後、入浴を終えると、妻からLINEあり。友人から小山ロールをいただいて、長男宅にもお裾分けする、遅くなるので外食はどうかという打診。結局、長男と孫、私たちで武庫之荘駅近くの居酒屋に集合して、夕食をとることになった。

個室でいろいろ注文、残業を終えて長男の奥さんも参加してビール大10本、生ビール3杯を4人で空ける、そのあいだに食事を終えた孫2号は妻の腕のなかで眠っている。

当然に私たちの奢りなので、長男夫婦はしっかりと食べる。ほろ酔いで帰宅。

22日(水)

クロモリロードで図書館に行って妻の予約本を受け取る。西北ジュンク堂喫茶室で、ストロング珈琲を飲みながら読書。

23.5km ゆったりと走る。カーボンバイクとちがうゆったりとした走りが、日常の足としてはいいね。

夕方は孫たちの保育所迎えに。長男が東京出張中なので、私たちが助力、持参した食事を孫たちに食べさせる。孫2号を妻が入浴させ、私が着替えさせる。孫2号はヨチヨチ歩きを始め目を離せなくなったが、世話するのにはずいぶんと楽になった。

仕事を終えた長男の奥さんが帰宅したので、大人たちの食事時間。デザートはいただいた小山ロール。孫2号はカステラ部分をおいしそうに頬ばっている。食後、みなでカルタ遊びをする。孫1号はほとんど読むことができるので、読む役をしたり、私が読んで皆でカルタ取りを数回する。そうこうしているうちに孫2号が眠くなったようで、長男の奥さんが寝かしつける。

孫2号が寝たので、長男宅を辞する。

女友だちのアラフォー美女からLINE経由でお食事会のお誘いを着信、前回私が体調不良のためドタキャンしてしまったので、速攻お会いする約束をする。
先日、別の女友達らとの居酒屋放浪でひとりの女友達が「asyuuさんて、いつも穏やかでストレスなく生きているのを敬うわー」と言ってくれたが、もうひとりの女友達は「何ゆうてんの、asyuuさんはめちゃ短気やで。震災(阪神淡路大震災)のとき、働かないおっさんに壁ドンして「ここで働かないと、あんたいつ働くんや!」と問い詰めてたやん」とのこと。

若気の至り、恥ずかしいかぎりだ。私は何度も申し上げているように、非社交的、短気、そして猫の額より狭い心をもった人間なので、なるべくひっそりと生きていこうと10年前くらい前に決めた。隠居生活に入り、その傾向はより大きくなっているかな。

実生活には何の役にも立たない、でも迷惑をかけない、そして独りでも機嫌よく遊べて、若い人に説教するほどの人ではないと自覚する老人になることが当面のライフスタイルかな。

ただときおりお会いする友人たちと互いに楽しい時間を過ごすことができ、「小さくてゆるやかな」時間を互いに持てればよろしいかと。



ぼおっと隠居生活2020-01-20 18:20

2020年1月17日夜~20日

17日(金)夜

10kmほど武庫川ジョギングしてからシャワーを浴びて、電車で神戸へ。待ち合わせ場所は新開地なので三宮から元町商店街を抜けて新開地まで歩くことにした。

途中、古書店に立ち寄って本を探索。


現役の頃、よく食べた新開地の立ち食いうどん屋、ぼっかけうどんがめちゃ旨いのですこし腹ごしらえしようとおもっていると女友達からLINEを受信、すでに待ち合わせ場所に到着しているとのこと。後ろ髪を引かれながら、集合場所へ。

今宵は女友達二人と私の三人での居酒屋放浪記、まずは予約してくれていた居酒屋で飲む。
おでん盛り合わせ・量多し

刺身の盛り合わせもリーズナブル

店のお姉さんたちがとても素敵な店で、料金もリーズナブル。ビール、日本酒といただく。
お品書きの古さが味を出している

2軒目は立ち飲み屋福寿で日本酒と漬け物、店が早く閉まるので軽くしめる。

3軒目は割烹の店、オヤジはポテサラ・だし巻き・きずしが好みなのはなぜだろう。純米吟醸紀土をいただく。


4軒目はBar、飲み過ぎを自戒してアイリッシュウィスキーをロックで一杯のみ。女友達のひとりが寝落ちする(爆 

4時間半ほど、昔話(なにしろ25年の付き合い)、旅行の予定相談などしてハグして分かれる。

18日(土)
二日酔いではないので、午後から猪名川ー豊中ー千里ー箕面ー西国街道とクロモリロードでポタリング。千里は並行して走る道路が誤って自動車専用道に入りやすいので(いちど誤って入りそうになったことがある)、地道をおとなしく走る。

57.2km

閲覧用タブレット(HP Pro Slate8)の調子が悪いのでデータを初期化して、アプリを再設定。シャキシャキと動くようになった。
Windows7のサポートが終了した、私はLinux(Ubuntu 16.04 Gnome on ThinkPad X220)を使っており、鈍重で制約の多いWindowsを長らく使っていないので関係ないけど。

19日(日)
クロモリロードで尼崎の森中央緑地までぶらっと23km


夜は大河ドラマ「麒麟がくる」をBSで見る、やけに色彩が派手な衣装、そしてコンピュータグラフィックを多用している。「いだてん」のビートたけしの滑舌の悪いナレーション、せわしないドラマ展開に年寄りはついていけなくてたぶん「ぽつんと一軒家」に視聴が流れたのではないか。「ぽつんと一軒家」を地上波で見る、島根の一軒家だが「どこにでも神様」という島根の風土がよく現れている、でも住民が高齢なので将来的には消滅していく集落かもしれない、日本自体が縮んでいく宿命にあり、「今だけ自分だけお金だけ」の政治家・官僚はまさしく「我が亡き後に洪水は来たれ」のマルクスの言葉を体現している。

WowWowで映画「斬、」を見る、なんかよくわからない映画。上映館で見たら複雑な気分だったろうな。

清野菜名が好きな女優なのでドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」を見たが、演じるミスパンダが映画キックアスのヒットガールみたい。キックアスと違い、妙に深刻な人間ドラマを描こうとするのがあかんね、ここは突き抜けたドラマにしないと(苦笑

20日(月)
返却予定日が雨のようなので余裕があるうちに、図書館に本を返却。数冊本を借りた、バックパックが重い。




西北ジュンク堂の喫茶室で読書。
村上春樹の「品川猿の告白」を読む。「究極の愛情、究極の孤独」が品川猿主体によって語られるという、読者の想像力に任せる短編といえようか。


クロモリロードで23km

かくのごとくぼんやりと隠居生活を送っている。



小さくてゆるやかな2020-01-03 22:22

落ち着いた正月、昨日は義父の施設を訪問、妻が作ったミニ正月料理を食べてもらい、談話室で話す。

今日は次男夫婦・孫と門戸厄神へ初詣。次男の奥さんの厄年が終わったので、お札を返して、皆でお参り。2歳の孫娘は人見知りが激しいが、ちょっと馴れてきて私が抱っこしてお賽銭を投げて祈願する。

ひさしぶりにお神籤を引いてみた。大吉であろうが大凶であろうが、ほとんど気にしないけれど、結果は「半吉」、私らしい中途半端なお神籤結果やね。


西北に戻って次男が予約してくれていたレストランでランチ、孫娘もお子様用プレートで食事していたが、味が気に入ったようで、よく食べる。次男夫婦も仲睦まじくしているようでなにより、孫娘も2歳とはいえこちらの言葉をほとんど理解しているようで、会話も成り立つ。

1時間半ほどゆっくりと食事して、あとは各自自由行動。書店を覗いたり、飲み足りなかったので独り軽く呑んだりする。

昨夜は、友人らとLine,メールで年賀の挨拶をした。20年前、現役時代だったにもかかわらず年賀状は勝手に廃止した。人は孤独という属性を身につけて生きていくしかない、でもそれは孤立ではなく、縁として家族・友人らと過度に相互依存せずに「小さくてゆるやかな」繋がりを持つことができれば、まさしく「半吉」ではないか。

昨夜は何人かの友人らとNet上で短文の挨拶をタイピングして、相手の短文の返事を読む、すこしほっこりとした気分になる。それで十分のような気もする。


本を一冊読了。歳をとりすぎると「小さくてゆるやかな」精神も維持しにくくなるのは義父をお見舞いしていても感じる、でもしばし「小さくてゆるやかな」生活をしていきたいね。


甲山ぐるっとトレイルラン2020-01-01 20:31

あけましておめでとうございます。

Twitterもインスタも、ましてやFacebookもそれほど熱心ではないけれど、ひっそりと書くことができるブログは今年で15年目を迎えることになります。隠居後は「老人日記」になりつつあるけれど、いかなる老人になっていくか自分でも興味がある次第。

穏やかな元旦、老夫婦でおせち料理と日本酒で朝食。
昨夜は紅白歌合戦を見ずにBSの「ワカコ酒」特集を見ながら、日本酒八海山をチビチビと飲んでいた。幼稚園の学芸会のような出演者が多いので、紅白にはほとんど興味がない、たぶん十分に私が老いたせいもあるだろう。

体調がよいので昼前に甲山一周トレイルランに出かけることにした。

家を出て武庫川堤防道路から甲山を眺める。阪急甲東園駅・関学道を経て、甲山森林公園へ。

展望台まで上りが続いて



展望台から眺める梅田方面の高層ビル群、遠くに生駒・金剛山系。

阪神競馬場方面。

キャンプ場横の仁川渓谷沿いのトレイルを走る。




静かでいい道だ、自宅からロードを走って静かなトレイルに入ることができるのがいいね。

仁川河原に下りてみた、黄緑色の鳥が堰堤で遊んでいた。しばし川の流れを眺める。

トレイルに戻り北山貯水池に出る、この間すれ違ったのは若い男女の二人のみ。

せっかくだから甲山大師神呪寺(かんのうじ)にて初詣、けっこう参拝客で賑わっている。


五ケ池ピクニックロードを経て、再度森林公園内へ。未走の軽登山道を走ってみることにした。

途中、甲山を一望できる場所に立つ。

下るだけだと思ったら、上りかえすんや。

このあたりは、徳川幕府による大阪城再建の際に、石垣用石材の石切場として利用された場所でもある。

管理事務所に出てきて、池を眺めながら、関学方面に下っていく。

ロードを含めて16.5km


--------------------------------------------------------------
若い時には自分が老いるということがうまく想像できなかった。
 老いたおかげで、どうして若い時に「老いた自分」想像ができなかったのか、その理由だけはわかった。
「頭の中身は若者のままなのだけれど、身体機能ばかりが衰え、周りからも老人扱される19歳」というような怪しげな生き物の心境を19歳の私に想像できたはずがない。
 いまはその「怪しげな生き物」を日々生きているわけであるから、それがどういう感じのものかはよくわかる。よくわかるけれど、その感じをタイムマシンで50年前にもどって19歳の自分にわかるように説明することはできないだろうと思う。
 19歳の自分にはどれほど情理を尽くして説明しても決して理解できない「感じ」がいまはよくわかるということが「老いの手柄」ということなのかも知れない。
-------------------------------------------------------------

若い頃は、老いも死も、観念的な概念ではないか、だからこそ身体性の異なる思考に切実さを求めるのは的外れなのだろう。世代間断絶というのは、古来、宿命づけられたものかもしれないけれど、それはほら、当方の慎ましさと愛嬌で緩和できればいいけれどね。


ということで今年もasyuu@forestをよろしゅうお願いいたします。


年末2019-12-30 19:23

年末なので妙にバタバタとしている。

過日は図書館の帰りに立ち飲み屋にフラッと寄ったところ、はじめは私を含めて3人だったが、常連さんが忘年会とのことで次々と来店して、あっというまに満席。
人生の先輩のおじさんや50代の働き盛りで自営業者の方々と世間話、ついつい気分よく2時間ほど飲んでしまい、酔っぱらう。

8月末の高知旅行でひろめ市場・葉牡丹・居酒屋・ひろめ市場とループ呑みして以来の酔っぱらいぶり。翌日は二日酔い。もうアルコール依存症になる前に、身体のお酒含有能力が低下しているんだろう、かえって暴飲暴食しなくていいかも。

義父の施設訪問、長男夫婦の孫2号が熱があるとのことで、子守の応援をして、そして昨日は姉夫婦・長男夫婦・孫たちが来宅して我が家で忘年会。

元気なうちは皆で年に数回は集まることができれば良いだろうね。

RIDEXの新刊が出ていたので、Amazon Kindleでダウンロード。

オートバイ乗りではないのに、全巻読んでいる。「雨はこれから」がモタモタしたストーリー展開なのに対し、こちらは短編読み切りという感じで、風と風景を感じさせる佳品が多いな、ときおり「オヤジの独りよがり」ぽいストーリーもあるけれど、それはご愛敬。

今日は午後から雨が止んだので、ジョギングに出かける。6.5km

長男夫婦たちは今日から1週間ほど奥さんの実家の鳥取へ里帰り、こちらとしては孫守の心配もなく静かに正月を過ごしそうな感じ、静謐な時間というのはいつになってもなかなか得難いものだ。




クリスマスイブと女友達2019-12-25 19:32

2019年12月22日~24日

22日(日)
散歩しているとLineで連絡があり、長男夫婦らが我が家で食事するという、あわてて帰宅。

5時半過ぎに長男夫婦・孫たちが来宅。
わいわいと皆で食事、長男夫婦たちは仕事も忙しそうで、それに加えて育児もあるのでバテ気味だ。
孫等の入浴も含めて3時間ほど我が家で過ごす。

23日(月)

自転車で妻と義母宅に行き、お歳暮の荷造りの手伝い。義母の故郷は岡山、そこにいる親戚が多く、JAまにわの特産物が送られてきているので、そのお裾分けをいただく。

お餅や懐かしいポン菓子などがセットに含まれている。

コンビニでお歳暮の発送手続をすませ、義父が入所している特養に行き、義父と談話室でおやつをいただきながら話す。いっとき体調がすぐれず施設から救急で病院を受診したが(異状はなかった)、体調は安定しているようだ、100歳くらいまで生きそうな感じ。

施設から帰宅して、ひと休止してから長男宅へ。長男が忘年会なので、孫守の手伝いと皆で夕食をとることになっている。ビールやちょっとしたお総菜はこちらも持参して、みなで食事。孫たちもご機嫌だ、よく遊んだのだろう、午後8時半すぎに孫たちは就寝、長男宅を辞して家でゆっくりと入浴。

24日(火)
夜は女友達らと食事会、そのまえにクロモリロードで散歩。
西北ジュンク堂で新刊チェック。

夭折した従兄弟が残した衣服を叔父夫婦らと焼く文章が、秀逸。私も何人かの大切な人を別れたけれど、風景や音楽、本の中に彼ら・彼女らは現れてくる、それが生きていく者の嗜みかもしれない。

36kmほどのんびり走る。

帰宅後、入浴して髭を丁寧に剃ってから三宮へ。

女友達3人と私、計4人でマカオ料理の店を予約している。前回もこのレストランで食事したが、女友達のひとりが参加できなかったため、今回は全員で集合となった次第。
ビール・ワインを皆で飲みながら、料理を堪能。

2軒目はふらっと立ち寄った居酒屋で日本酒を飲む。このあたりで酩酊。
10時過ぎに解散。

クリスマスイブというのに、飲み友だちが集まった、それでも20年以上経つと、それぞれの環境や家族も当然ながら変化がある。いい変化もあれば、しんどい変化もあるだろう、だがしばしバカ話をしながら飲むのもいいかもしれないね。

そういえば昨年のクリスマスイブには、このメンバーで、パリのホテルの部屋で、地元スーパーで買った食材で料理してもらい、ワインを飲んでいたな。クリスマスイブにはパリのレストランなどはほとんど夜は開いていないせいもあったけど、楽しい夜だった。

旅行幹事によると、いずれはこのメンバーでスペイン旅行に行きたいとのこと、今までソウル・台湾・イタリア・フランスと同一メンバーで海外旅行をしてきたが、私は義父の健康のこともあるし、海外旅行は当面は無理かな。

来月は新年会をして、春頃には国内旅行をしようかと約束。

隠棲欲求の高い隠居者にとっては、楽しい夜だった。



おまけ2019-12-21 19:41

2019年12月19日~21日

19日(木)

午前中は外壁補修の件で業者と交渉。めんどくさい、でも日々生きていくことは雑事の積み重ねだと充分にわかっているつもりだ、でもめんどくさい。

午後は曇天のなか路線バスでJR立花駅へ。気分転換に立ち飲み屋で昼酒。隠居の特権は平日、混んでいない街をブラブラできること。

食べログにも載っていない店だけど、尼のおねえさん二人がやっている庶民的な店。瓶ビール・ポテトサラダでまずは小手調べ。隣席の男女二人連れのうち女性の方が昼からすでに泥酔状態、片方が泥酔するともう片方は酔いが醒めるのが一般法則だ。若い頃は泥酔したこともあるが、ストレス発散のためにお酒を飲むことはないので、最近はすっきりと飲むことを心がけている。尼なので、TVでは競艇の実況中継が放映されているし、おじいさん二人連れは競艇の予想紙を見ながら、楽しそうに赤丸をつけている。

だし巻き・漬け物盛り合わせをあてに芋のお湯割りを飲む。1500円なり。

ブラブラ歩いて帰宅。ウォーキング7km

夜は録画していた「六角精児の呑み鉄本線・日本旅」を見る。滋賀の近江鉄道・信楽高原鉄道が舞台だ。朝ドラの「スカーレット」の舞台が信楽なので、NHKの信楽押し番組はかなり多い。伊吹山ヒルクライムに参加するため、自走で信楽を越えて貴生川に下り、ロードバイクをそのまま車内に持ち込める近江鉄道を何度か利用した。


たぶん人生の中で活力に溢れていた最後の時代だったような気がする、でもね、65歳を過ぎて生きていればあとの人生は「おまけと養生」の精神でしばし浮き世にとどまっているだけで良しとするのがいいかもしれない。


まさしく「親バカ」満載の本、だが角幡氏の筆力がすごくてぐいぐいと読ませるし、乳幼児をもつ親の気持ちが伝わってくる。乳幼児が女児か男児かで親の子育てスタイルは変わるだろうね。

息子たちが保育所に通っている頃、男児をもつ母親と女児をもつ母親の違いは二の腕に現れるね、と冗談めいて話したことを思い出した。男児は意味なく走り回るので、かれらを追っかけ抱き上げる母親は二の腕が太くなるというわけだ、都市伝説かもしれないけど。

次男夫婦の子供が女児なので、彼女を抱っこすると、ゴツゴツした重みをもつ長男夫婦の息子たちと異なり、柔らかくて比重が軽い感じがする。

乳幼児期、ほ乳類動物のなかで人間ほど手間がかかるものはないけれど、5歳くらいから次第に子供たちも「社会の子」という面が強くなってくる。親が育て庇護する時代から、社会という他者に子供たちが出会う側面が強くなる、その意味では親というのはいつの時代も「反面教師」としての役割を担わざるを得ないかもしれない。

子供たちが自分の頭で考え働き、税金と年金をちゃんと納める人になるかは、運次第のような気もする(爆

「みてね」を見ると長男夫婦の孫2号(1歳3ヶ月)がよちよち歩きをするようになっている、横綱のようにどすんと鎮座していたが、歩くことに目覚めたのだろう。

20日(金)
晴天。午前中は歯科の定期検診。30年近く通っている歯科だが、先生もさすがに年老いたとはいえたぶん年齢よりははるかに若々しい。

いまのところ処置する歯はないので、歯垢を取り除いてもらう。

午後から散歩。
JR立花近くの居酒屋で鮃のお造りと瓶ビール大で軽く飲む、平日はなんと瓶ビール大が380円という激安。
730円なり

ウォーキング 7Km

21日(土)
午前中、電子書籍で自転車雑誌を読む。ディスクロードばっかりであまり興味がそそられない、かえって「LOOP」のような突き抜けたスタイルが魅力的に感じる。

午後からクロモリロードでポタリング。ぐっと冷えてきたので、ワークマンに立ち寄り手袋を購入、980円なり。フィットして暖かい、街乗りではこれで十分だろう。

西北のジュンク堂に立ち寄り、新刊チェック。
公園で音楽を聴く。

なんかキュンとするね。


ブラッと35kmほど走って帰宅。

夕食後、コタツでウトウトする。あとは読書。





はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2020 asyuu. All Rights Reserved.