キミとボクのトレイル2023-08-04 15:37

猛暑が続く。物心ついた頃から、夏大好き人間だった。とくに8月は、
40代の頃でも、20Kgのザックを背負い、由良川源流部を単独遡行して原始の森でテント泊。

口永良部島では噴火前の新岳に単独登山し、海を自在に泳いでいた。
アラ古希(2018.8.16)

50代、2010年夏(57歳)はもっともロードバイクで走り回った月だった。


だが人は加齢する。そして今年のとんでもない猛暑、まだまだ上腕骨折部リハビリ中の影響もあり、戸外活動するだけで熱中症の心配を常にしなければならなくなった。

そんな中、この雑誌を読んでいると、新しいトレイルシューズが欲しくなった。



もうバリバリとアウトドア活動は出来ないけれど、里山ハイクでも役立つだろうし、ウォーキングであろうとテンションは上がる。なんでも気分は大切。



ワイルドでギミックなアウトソール。



ミッドソールは踏破力とクッショニングを兼ね備えている。



メーカーにより靴サイズは微妙に違うが、モントレイルは通常のサイズとそれほど異ならないようなので、26Cmを選択。ロングトレイル用にフィットして適正のようだ。

猛暑なので、10Kmほどウォーキングするかシクロでポタリングする夏。
骨折して、身体が普通に動くのはとんでもなく贅沢なことと改めて気づいた。体幹のバランスが必要だなと、ウォーキングする際などはとくに左右前後のバランスが崩れないように励んでいる次第。



人生も道標のないロングトレイルのようなもの。キミとボクのトレイルをまだまだ歩いていきたいね、自力で。




端正に生きる2023-06-30 13:41

昨日は総合病院で、術後検診。術後6ヶ月が近づいているが、異状はなく、次回の検診は2ヶ月後でいいでしょうとのこと。主治医とリハビリ状況について話す。いまの段階では悪くはない(私もそう思う)。


日々公園などで自主リハビリ



日々の生活への意欲(日々は雑用の集まり)も骨折前と変わらなくなってきたが、右腕は当然ながら可動域制限がまだまだある。日常生活にとんでもなく困ることはないが、重すぎるものを持つと肩が痛むし、ラジオ体操はまずできない。ラジオ体操ができないと、困る人生ではないけれど。

身体の歪みがまだまだある。


日々自主リハビリもしているが、朝起きたら劇的に改善していることもない。数ミリづつ改善していくことがリハビリの要かな。

伸ばすと痛いです(苦笑

生活への意欲は、夏に向かって高まっていくので、シクロでポタリングする日々。6月は11回シクロに乗って、走行距離311Km。このなかにはお使いライドも入っているので、ポタリングは3−40Kmほど走ることが多かった。

池田の久安寺にてアジサイ見学。前日、NHKのローカルニュースで紹介されたせいか、平日にもかかわらす観光客で溢れていた。




そうそうに退散して、お気に入りの水月公園で休憩。


別の日には、藻川や猪名川のグラベルロードも走ります。



骨折後は、より余生の人生なので、端正に生きていきたいなと心がけている。

今宵は女友達らとひさしぶりに三宮で飲み会。

70年近く生きると、楽しいほうが多いような気がするね。



あじさい寺まで2023-06-11 13:26

6月6日で右上腕部骨折手術から5ヶ月が経過。甘めにみて(いつも自分には甘い),可動域は骨折前の7割くらい回復した感じだ。

術後直後は身体能力は3割くらいに低下していたので、
リハビリ目標としては
・右手でラーメンを食べること
・孫の子守ができるようになること
・ロードバイクに乗れるようになること
の3つを主眼にしてきたけど、限定的とはいえ目標に近くなり、日常生活の不便は少なくなってきている。もちろんまだまだリハビリは続く。

雨天時以外は、10Kmウォーキング+公園で自主リハビリか30Kmポタリング(シクロ)+自主リハビリを日々行い、夜は40分ほどフォームローラーで肩甲骨や筋膜をほぐして、自重筋トレ。週1回は整形外科でリハビリ。


可動域も次第に拡がり、術後はやせ細っていた右腕も筋肉が回復してきている。
とはいえ孫の子守やロードバイクに乗ることは限定的で、カーボンバイクにはまだ跨っていない(カーボンバイクはクイックすぎるからね)。ダンシングすると肩が痛むので、上りは基本シッティング。だから峠方面にはまだ行っていない。

先日は、川西市の頼光寺(通称あじさい寺)までポタリング。R173沿いに案内板があり、数え切れないほどこの前を通過しているが、立ち寄るのは初めてだ。

能勢電鉄の小さな高架下を抜けると、寺へと至る石段。

ちいさなお寺だけれど、あじさいが大切に育てられている。








骨折後最長の42kmポタリング。

能勢電一の鳥居駅にて


別の日には藻川グラベルを走ったり、

芦屋浜までポタリング。


途中、ひさしぶりにパンク。バラスのとがった石がタイヤに刺さっていた。


まあこれも自転車乗りあるある。

こんな感じでのんびりシクロクロスに乗っているが、カーボンバイクに復帰するのはもう少し身体が回復してからかな。

先日、義父母宅を整理していると、物置状態の部屋から40年前のヴィンテージバイク(片倉シルク号)を発見。ワンサイズ小さいが、数回しか乗っていないランドナーなので手入れすれば、十分に乗れそうだ。秋口までに整備しながら、ランドナーバイクとして復活させる予定。




社会の片隅でひっそりとのんびりと隠居暮らしていくスタイルが、ますます定着しつつある。
次男夫婦の娘二人に夏の帽子をプレゼント



昼飲みとリハビリ2023-05-19 21:45


昨日は右上腕骨骨折により入院・手術した総合病院にて、術後の定期検査(術後4月半ほど)。
固定したプレート・ボルトに問題はない。骨の融合の進捗度もよく、骨壊死の可能性はもうほとんどないだろうとのこと。

まだ右腕で押したり引いたりすると痛みがあるので、自分で自制していたが、主治医に確認すると
「うん、問題ないですよ。どんどん動かして肩甲骨の歪みを直していってください」と励まされた。整形外科医はおだて上手が多い、たぶん。

リハビリ病院でのリハビリと自主リハビリで腕の可動域は広がっているが、右腕の押し引きを自制していたため、右肘がまっすぐに伸びていない弊害を自分でも感じていた。
肩甲骨に凝りが残るし、肩周辺がボキボキと鳴ったりする。そこで昨日からは、筋トレ系の運動も取り入れて、肩甲骨が不安定にならないようしている。
でも口で言うのは簡単だが、実践するのはなかなかむつかしい。シクロでポタリングしたり、ウォーキングしたり、里山ハイキングも取り入れたら、飽きずにリハビリできるだろうな。


先週は骨折後、ひさしぶりに友人と飲み会を2回開催。どちらも20年近くのおつきあい。
水曜昼、猪名川をウォーキングして駅前の食堂で昼飲み。昼はランチに訪れる客が多いけど、ランチタイムを過ぎると、昼飲み客が中心になっているようだ。
できあいの一品料理などをアテにお酒を二人で飲む。店員さんたちも私たちオヤジの客には慣れているようで、さりげないサービスが心地よい。

土曜昼、女友達と神戸で昼飲み。ワインのお店、バリバリの昭和居酒屋、〆のぼっかけうどん店を巡り、談笑。

骨折手術後は、ますます隠居と余生の要素が強くなっている私だけれど、愛想尽かさずに時間を共有してくれる友人の存在はありがたいこと。
加齢とともに夜遅くまで飲むのはしんどくなったので、昼飲みは隠居にとってはありがたい(苦笑

夜はストレッチと読書。

今日は雨で、温柔な時間を過ごした。


先月、息子夫婦たちらとの食事会にて。次男が孫4人を相手している。。


5月の風とロードバイク-20232023-05-07 11:02


右上腕骨骨折手術から4ヶ月が経過した。術後直後は、肘曲がらない、右腕上がらないという事実に愕然として、「こりゃロードバイクに乗れるのは秋口か?」と思ったけれど、地道にリハビリをしていると、凡庸なペースながら徐々に可動域は広がってきている。

根性論の筋トレではなく、ヨガやティラピスで紹介されている可動域改善の運動がけっこう役立つ。

ということで昨年12月21日の受傷以降、ひさしぶりにロードバイクに跨ってみた。カーボンバイクはクイックでまだコントロールする自信はないので、32Cブロックタイヤのシクロで近場をポタリングすることにした。


右腕にはプレートとボルトが装着されており、骨の融合も完全ではないので、ラグビー用のインナーを装着。肩だけでなく鎖骨辺りと首の後ろ部分にもパッドが入っているので、転倒した際のおまじないとしては役立つかもしれない(苦笑


転倒しないことが至上命題だけれど、万一の際にはぞんざいに転倒するのではなく、真剣に転ぶことが必要だろうな。

ガチでいかり肩になるけれど、着心地はわるくない。おまじない、おまじない。



4ヶ月ぶりにシクロに乗るとやはり肩部分が痛い。GWなので、車の多い場所は避けて、武庫川・猪名川などの川沿いを走って、池田の水月公園や甲子園浜などをポタリング。

水月公園にて

甲子園浜


津波対策で防波堤のかさ上げ工事が行われている

ちょっと走ると、小さな児童公園などで肩のストレッチをおこなう。

リハビリはほんま地道な作業。先日、次男が所用で我が家に来たとき、私を見て「父さん、まだまだ身体が歪んでるね」と看破。足と腕の骨折を子供時代に体験し、マラソンでサブスリーを達成した次男はさすがに私の身体の歪みに気づくようだ。

「これでも大丈夫なんや、という領域に気づいたら一気にリハビリは進むんやけど、やはり恐怖心があるからなあ」という経験者ならではのお言葉(苦笑
まあ「継続は力なり」はリハビリに当てはまるだろうな。



4月末からGWにかけて30Kmほど4回、シクロで走ったが肩の痛さは次第に緩和されつつある。骨折して手術すると、当然ながら健常な部分にもしわ寄せが行き、身体のアンバランスが生じているようだ。それを意識して、可動域改善運動やストレッチをして、腕がぶら下がっているような違和感はなくなったが、肩甲骨下、脇下などに筋肉の拘縮なのだろう、違和感がある。可動域改善とともに、なんかしわを伸ばすように違和感の場所が移っていくのは身体の不思議やね。この違和感をより少なくしていくのが、リハビリの主眼かな。

骨折してしばらくは、本を読む気力もなかったけれど、図書館通いも復活。
電子書籍をいくつか購入して、読んでいる。印刷した本には滋味があるけれど、身体の不自由なときにはスマホやタブレットで読む電子書籍は簡便。


オートバイの本だけれど、ロードバイクでも走り出したくなるコミック。

なんとなく読みたくなった本。

最近の長編を久しぶりに購入。初期作品の雰囲気に戻った感じ。

甲子園浜で海を眺めていると、高知東海岸の海が私にとっての海なんだなと感じる。
今年は夏の高知も旅行したいな。

ついつい欲どおしい生活になりがちだけれど、日々を温柔に、平穏に過ごして静かに誠実に年老いて行きたいね





ブログ、お休みします2022-12-24 08:39

12月21日、里山尾根筋でシクロからジャックナイフ落車。
右上腕部骨折
正月明けに入院手術予定
近況はTwitterでTweetします
興味あるかたは、そちらでどうぞ(苦笑)

気温5度とグラベル2022-12-18 23:36

昨日は朝早くから、長男夫婦の次男ひとりを孫守。雨だったので、近くのイオンに連れて行っていっしょに遊ぶ。甘い祖父母なので、玩具もいくつか高価でないものを買ってあげた。4歳の孫は、我が家に今いる義母のことを「おおばあば」と呼んでなついてくれる。やや認知症気味の傾向が合った義母だが、我が家でキチンと食事を取り、ひ孫と交流すると前よりはしっかりしてきた気もする。

昨夜はプライムビデオで「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」を見る。

ダークーヒーローなのに自分の存在に疑義をもつのは、アメリカンヒーローの伝統芸なのだろうか?もっと突き抜けたキャラのほうがおもしろいのに、ウジウジと悩んだりするダークヒーローってなんか違和感。

あとは見逃していた「岸辺露伴は動かない 第2期」を見る。これは安定のおもしろさ。


今日は最高気温5度らしい。サドルを交換してから調整ライドを続けているが、次第に身体になじみつつある。もうガッツリした走りなんか望べくもないので、身体に痛みが生じなければ良しとしよう。

一昨日は午後から武庫川グラベルを走った。




サドルのfizik argo terra x5はショートノーズサドルとはいえロード用のTEMPO ARGOよりパワー系サドルではないようだ。

TEMPO ARGO R5 150

    全長: 260 mm
    幅: 150 mm
    重量: 229 g
    75mm幅での高さ: 43 mm
    ノーズから75mm幅までの長さ: 103 mm
    レール: 7x7 mm

terra X5は

全長:270mm
幅:150mm
重量:270g
75mm幅での高さ:47mm
ノーズ先端から75mm幅までの長さ:113mm
 レール: 7x7 mm

とショートノーズとはいえ全長があり、座るポイントに余裕があるといえようか。極端に前傾姿勢を求めないサドルかな。

グラベルでは振動を適度にいなしてくれて、ロード用サドルより安定感があるような。


定点観測。


杭瀬商店街のたこ焼きを買って、公園でまったり。41km

今日は武庫川・藻川グラベルを走ってきた。

西風強く、2月並の気温5度。六甲山も上部が雪化粧している。
山用SPDシューズを装着して走る。すこし重いが安定しており、なにより寒くない。



なんちゃってクライミングパンツのなかにパッド入りインナーを履いて走ると、座骨も痛くない。ハンドル・サドルを交換したので、クリート位置を調整。

藻川グラベルなどをブラブラと走り、51kmほど。



寒いときはやはりグラベルバイクやね。



はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2024 asyuu. All Rights Reserved.