余野街道・伊丹図書館などを巡る2020-05-27 22:03

昨夜は、コロナウイルスによる自粛のため長らく会っていない女友だちらとLINE。
来月くらいにひっそりと静かにお会いできたらいいかな。

今日は午後からクロモリロードで走る。余野街道からすこしだけ森の中に入ってみた。
別世界みたいだ。

伊丹のレストラン一番で刺身定食(かんぱち・味噌汁・ごはん小)ですこし腹ごしらえ。走りでエネルギーを使っていないけど、なんとなく寄ってみたくなる店だ。

予約本が届いていたので、伊丹図書館に立ち寄った。
入館者の名前・連絡先をカードに書いて、専用箱に投函。クラスター対策なのだろう。
閲覧席などを利用できず、滞在期間は30分ということが求められているので、館内も予想以上に人が少ない。コロナウイルス前から、Netで蔵書検索してから予約したり、借りたりしていたので、もともと滞在時間は少なかったけどね。


藤井太洋氏の作品をぜんぶ読んでいるが、スピード感があるのと、露悪的でないところが好みかもしれない。

新刊棚にあったので借りてみた。

昔にこんなことも書いているな。


日本の人口減は確定しており、廃村はより増えていくだろう。
しかし人々が生きた軌跡は、できれば残っていって欲しいな。

公園のベンチで借りた本を読む。梅雨前のまだ爽やかな五月の風。

のんびり走って40km




はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2023 asyuu. All Rights Reserved.