蕎麦のようなエッセイ2018-07-22 10:05

連日の酷暑。昨日は午前5時45分からジョギング。上がってくる太陽もまだ雲に隠れていたので、なんとか走ることができる。5kmほど走って公園でストレッチをして帰宅、シャワーを浴びて部屋の掃除などをする。

熱中症予防のため水分補給が必須になっているけれど、戸外でポカリ系飲み物は飲み過ぎると、カロリーも高そうだし胃腸にもやさしい感じがしない。

ミネラル入り麦茶が
・ミネラルを補給できる
・カフェインゼロ
・糖分、カロリーゼロ
らしいので、とりあえずはミネラル入り麦茶で戸外活動中だ。

午後からはクロモリロードで散策。

公園の木陰では風が吹いて比較的涼しい。




暑苦しくて重たい表現の本は、この季節には読みたくないので、Kindle版をダウンロードして公園のベンチで読む。

暗がりの弁当 (河出文庫)
山本周五郎の小説を読んだことはない。ただ気づかないうちに彼の小説を原作とするTVや映画を多く観ているんだな。

エッセイを読むと食事とお酒(ワイン・ウィスキー)、庭に来る鳥たちの話が多い。
仕事場を別に設け、朝食は自炊(ハムエッグ、サラダ、パンなど)、昼はそば、夜は奥さんの手料理(洋食が多い)、煙草は1日60本という生活だ。

暑苦しくなく、しかし、しっかりと練られただろう文章が小気味いい。
うん、上質な蕎麦と出汁という感じの文章やね。

酷暑にはよいエッセイだろう。

山本周五郎は昭和42年(1967年)、63歳で死去。
このエッセイは晩年に書かれたものがチョイスされている。エッセイをあまり書かない作家だったみたいだが。

クロモリロードでポタして帰宅。大相撲では御嶽海が優勝。長男の奥さんが「次男が御嶽海に似ている」と評していたので、今場所は夫婦で応援していた。
関係ないのに、御嶽海の優勝はちょっと嬉しい(笑

ちなみに次男夫婦は孫とともに家族旅行中。夫婦仲睦まじくて、なにより。

夜は風がある。連日、エアコンをつけっぱなしにして就寝していたが、昨夜は午後10時頃、まどを網戸にしてエアコンを付けずに就寝。途中、寝汗をかいて上のTシャツを脱いで上半身はだかで寝ると、ぐっすりと午前7時過ぎまで眠った。

できればエアコンを付けずに寝ることができれば、よい睡眠となるみたいだ。

昨日は
ジョギング 5km
クロモリロード 25km



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
コメントいただく場合にはスパム防止のため、半角数字「0813」を入力してください。

コメント:

トラックバック


はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2022 asyuu. All Rights Reserved.