生き延びる支度と死んでいく支度2018-01-28 22:43

寒い日が続いて冬眠したい気分だけど、日々の生活は続く。されど最近はこんなことを考えている。
生き延びる支度と死んでいく支度を並行してゆく年齢になったということだ。人生100年時代、最低限70歳までは現役であれなどと言われる風潮があるけど、64歳にもなると健康面では老いを隠せなくなりつつある。それを残念と思うよりは、楽しみに変えていくほうがいいかもしれない。

長男夫婦の子供の世話をすることが多いが、昨日は長男が午前中仕事なので
午前7時半頃、孫を我が家に連れてきた。家遊びだけでは孫も退屈するので、粉雪のなか公園で遊ぶ。走るの大好き男の子なので、いっしょにかけっこをする。

午後からは路線バスにて宝塚ベビーザらスへ。来月下旬に次男夫婦の子どものお食い初めとひな祭りを同時に行うので、ひな祭り用の吊し雛と名前旗を購入して次男夫婦宅に送る手続を済ませた。そのあと妻と宝塚の喫茶店で美味な珈琲を飲みながら暖をとってから帰宅した。

今日は夕方に長男夫婦と孫が我が家で食事。ビール・日本酒・ワインを飲みながら歓談すると午後10時頃になっていた。
結局親世代が、それぞれの夫婦をうまく分担できているのがよいのだろう。
長男の奥さんの姉夫婦は鳥取のご両親が
次男夫婦は奥さんのご両親が
そして長男夫婦は私たちがフォローするということに地理的な要因もあって、役割分担するようになっている。

孫たちの成長を眺めながら、「生き延びる支度」と、いつかは彼ら彼女らにとって「後になるべき先の者」として「死んでいく支度」をすることにそれほど違和感を持たなくなってきている。

今日は午後に粉雪のなかスロージョグで6km走る。
走っていると粉雪も楽しく感じるほどだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
コメントいただく場合にはスパム防止のため、半角数字「0813」を入力してください。

コメント:

トラックバック


はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2023 asyuu. All Rights Reserved.