1秒を削るより1時間を愛おしむ2017-10-25 21:28


午後からクロモリロードで軽く走ってきた。

伊丹台地の神社に立ち寄ったりしながら


旧多田街道を経て猪名川を北上すると、猪名川左岸呉服橋と絹延橋間の堤防道路が以前は砂利道だったのに、アスファルト舗装が完成していた。車道を回避できる選択が増えたのは、よいことかもしれない。


余野街道を走っていると伏尾から五月山山麓へ新道ができていたので(急登)、上ってみると単に車道用に敷設されたようだ(以前は狭すぎて車は通行は不可だったはず)。上ったあとの里の風景はそれほど変化していなかった。

余野街道にて。


猪名川ぞいの農業公園に立ち寄るとバラが咲き始めていて、多くのカメラマンがいる。みな望遠レンズを装備しているので、バラの撮影というよりは野鳥探鳥のために集結しているようだ。お金のかかる趣味っぽい(苦笑

先般の台風のため公園内の樹木も根こそぎ状態で倒れていた。

帰路に義母宅に立ち寄って届け物をして、老松丹水をペットボトルに汲んで帰宅。

のんびりと40km

クロモリロードで走りながら考えた。
組織人として生きてきたのは、「モラトリアム世代」として生きてきたことかもしれない。組織言語を使えば、それなりに生きていけるし、「自分は何か」ということに悩むこともない。そのためか組織人として働き続けることが楽な面もある。

だが組織言語を離れて、1秒を削るのではなく1時間を愛おしむ生活に転換していきたいなと思う。「自分とは何か」ということに相変わらず拘泥はしないが、組織人の鎧はぼちぼち脱ぐときだろう。

帰宅後、新しい本を2冊読み始めた。
玉村豊男 パリ 1968-2010
確か著者の「隠居志願」も読んだ記憶がある。その頃から隠居生活を考えていたのだろう。
隠居志願 (新潮文庫)

頭の体操を兼ねるのと、Markdown記法などの簡潔な説明があるので読んでいる。
Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
コメントいただく場合にはスパム防止のため、半角数字「0813」を入力してください。

コメント:

トラックバック


はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2023 asyuu. All Rights Reserved.