バスで行く美山2017-10-09 20:40

今日は妻と、バスで美山まで遊びに行ってきた。
美山といえば京阪神自転車乗りにのっては、魅力的な場所であり、私も美山周辺の道をほとんど走っている。今回はバスでゆっくりと美山を巡る1日だ。

高速長岡京(阪急西山天王山駅)バス停から午前9時11分に「美山ネイチャー号」に乗車。京都縦貫道にて老の坂ー亀岡ー南丹市八木と進み、京都新光悦村付近で一般道に下りて、日吉を経て道の駅ウッディー京北に午前10時24分着。

ウッディー京北には何度かロードバイクで立ち寄っている。





常照皇寺に午前10時54分着
門前のしだれ桜を眺めたことはあるけれど、寺の中に入るのは初めてだ。禅宗(臨済宗)のお寺らしく質素で落ち着いたお寺だ。


自然文化村河鹿荘に午前12時30分着
河鹿荘には一泊ライドで泊まったことがある。

早春の美山ツーリング・前編(2014.4.13)

地鶏鍋御前を二人で頼み、ビール大瓶を2本空ける。ロードバイクでは味わえないバス観光の醍醐味ですわ(笑

昼食後、河鹿荘から散策道を経てかやぶきの里へ。地道でなかなか味わい深い2kmほどの散策路だ。かやぶきの里はポスト周辺近くまで行ったことがあるが、集落の中に入るのは初めてだ。何面の里山は、季節外れの暑さで、思わず半袖Tシャツ1枚になるほどだ。


かやぶきの里を午後3時10分発
大石酒造 美山路に立ち寄る。

亀岡市薭田野の大石酒造の美山工場がこんなところにあるんだ。
亀岡では立ち寄ったことがある。


以前はなかったのでググってみると
「かやぶきの里で有名な美山。その酒造りに適した冬の環境と、日本でも有数の名水を求めて平成26年10月に酒蔵を移設いたしました。併設の直売店“美山路酒の館”では各種日本酒の販売、漬物や醤油など厳選した商品をバリエーション豊かに取り揃えております。」
ということらしい。

利き酒を味わったが、これもロードバイクで来なかったメリット云々・・・
   

道の駅(美山ふれあい広場)に最後に立ち寄り、お目当ての焼き鯖寿司大を購入。




閉店時間が近いのでお弁当・地鶏サンドイッチ・お餅などが半額になっており、夕食用に購入した。
   
高速長岡京(阪急西山天王山駅)
    午後5時20分到着

自宅に午後7時頃帰着。

亀岡や南丹で京都縦貫道を下から眺めながらロードバイクを走らせていたが、バスの車窓から街並みを眺めることができた。
過去に走った記録を見ると、私の身体的なピークは57歳頃(2010年)だったようだ。毎月、仕事をしながら1000kmほど走っていましたからね。還暦を過ぎてからは、緩やかに体力は低下しており、日帰り200kmライドは帰りに足が売り切れそうだ。

でも泊りなどを挟みながら、楽しいライドをするのも老人になっていくものの智慧かもしれませんね。




はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2023 asyuu. All Rights Reserved.