来て嬉し 帰って嬉し2020-09-24 21:02

2020年9月22日(火)
午後、クロモリロードで2時間ほどポタリング。
武庫川堤防道路を南下。

河口付近の堤防にて。

浜に下りる鉄の階段が傾いていて、使い物にならなくなっている。

公園でぼーっとする。

帰宅後、午後3時過ぎに長男宅へ。長男夫婦の次男が満2歳になったので、その誕生会を長男宅で行う。長男の奥さんが料理などを用意してくれて、皆で乾杯。孫2号には私たちから、サイクルトレインの玩具をプレゼント。孫1号は来月誕生日だが、なにもないと淋しいだろうから絵本「じごくのそうべえ」をプレゼント。

我が家の息子たちも、この絵本を好んで読んだので、孫たちにも新刊をプレゼントした次第。

誕生日ケーキなどもいただいて、2時間ほど長男宅で歓談、孫が元気に育っているのはなにより、でも長男夫婦たちは無駄に走り回る男の子二人を育てるのに、けっこう疲れているみたいだ(苦笑。
子供は一桁の年齢の頃は「とにかく褒めて育てよ」と誰かがいっていたが、たしかにそうやねと思う。

孫はかわいいが、同時に
「来て嬉し 帰って嬉し」という存在でもある。

エネルギー満載の孫たちと爺さん婆さんを比べるべくもない、だからこそ適度に孫守を手伝って、自分たちの時間も必要というところかな。

9月23日(水)
午後からクロモリロードでポタリング。

どこかの大地くんが、ベンチに忘れたボール。

緑陰で読書。

サブカルとか雑貨とかにはトンと疎いが、客層に少ないだろうが、ウザそうな人もいる(苦笑

以前、バックパッカーはますます既製のルートから外れること
登山者は百名山などを登って、二百名山・三百名山を制覇すること
四国遍路は何十回と回っていること
ロードバイクは高価なバイクと距離と速度を競うこと
などで他者にマウントし自己承認を求める人(おっさん以上の男性に多いようだ)が多く見うけられる。

もう隠居はそんなコミュニティーに興味ないし、著者が言うように、仲間と家族と健康がそこそこあれば十分かな。

9月24日(木)

曇天。昨夜は眠りが浅く、そんなときは夢を、それも悪夢ではなくなんとなく切ない夢を見がちなので、身体がすっきりしない。

午後からカーボンバイクでちょっと走ってくることにした。

伊丹台地の地下水をボトルに補充。

余野街道、伏尾台(ちょっと上る)、猪名川・藻川周回。


3時間で54kmほど。



帰宅すると、日本の古本屋で注文していた「野根山街道 東洋町資料集・第二集」が到着していた。土佐の街道本だが、なぜか在庫は札幌の古書店にのみあり
、そこから購入した。著者は郷土史家で、なかなかの力作。

野根山街道は約35km いずれは歩いてみたいので、資料として重宝しそうだ。



地図を見るとわくわくするね。

あとはNetから自転車保険(au損保)を更新した。
ロードサービスがあるので、お守り代わりにこの保険を継続更新しているが、一度も使わないことが良いことだろうね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
コメントいただく場合にはスパム防止のため、半角数字「0813」を入力してください。

コメント:

トラックバック


はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2020 asyuu. All Rights Reserved.