国勢調査とLinux2020-09-19 21:38

今日は長男夫婦の次男のパート子守日。
午前8時半に長男が孫2号を連れてきて、いつものごとくママチャリのチャイルドシートに乗せて近くの公園へ。

孫が武庫川河川敷への階段を上りたがるので、手を添えて孫と上る。
武庫川の河原に下りて、しばし集めた小石を川面に投げ続ける孫。

まもなく2歳の男の子、乗り物が好きなので新幹線の高架下まで抱っこして連れて行く。

秋晴れの快晴、そして新幹線が通過するたびに目を輝かせる孫2号。1時間半ほどすると眠くなってきたようなのでママチャリに乗せると、うつらうつらと寝始める。

帰宅して布団に寝かせたが、今日は45分ほどで目を覚ました。
妻が、「乃が美」の食パンで作った卵サンド、クリームシチュー、半分に切った甘酢のミニトマトなどを食べさせる。

食後はいつも押し出しだろうか、おおきなウンチをする孫、まだまだウンチが出たことを私たちには伝えない。気ばっている様子から、オムツを確認する。

今日は計3回、立派なウンチをする。保育所ではなんやかんやいっても、孫はウンチを我慢する傾向があるようだ。まわりの雰囲気(保母さんや他の子ども達でいつもバタバタしているのだろう)を察知して、幼児なりにウンチに対する抵抗があるのかもしれない。
ジイジ・バアバだと「立派なウンチやねー」と褒めてくれるので、孫も堂々とウンチできるんだろうな(笑

玩具で遊んだり、絵本を読んだり、最近お気に入りのももクロのMVを見ながら、孫はダンスする。お兄ちゃんが来月の保育所の運動会で踊るダンス曲なので、孫2号も見よう見まねで踊っているようだ。私も何度もMVを見て、いっしょに踊るマネをした。

午後3時半過ぎに長男が迎えに来る。やはりお父さん・お母さん大好きなので、孫は車のチャイルドシートに座ってうれしそう、別れ際には「ありがと」とお礼の言葉を喋るようになっていた。

孫が帰ると、一段落、旅行などの疲れがあるのだろう、小一時間昼寝をする。

夜は国勢調査オンラインで回答しようとすると、Ubuntu 16.04 on ThinkPad X220では回答できない。Linuxは非対応、でもサポート切れのWindows 7は動作環境に入っている。




「メーカーサポートが切れている製品の利用を推奨するものではありません。」と責任回避の弁明を載せているが、それならLinuxも対応させてもいいんじゃないかな。いずれにしてもOSで区別するものではなく、ブラウザ上で回答するものだから。


Androidのタブレットから回答。
回答自体は高齢者無職夫婦なので、回答事項は少なく、数分で終了。

図書館で借りたハッキングに関する本を読んでいる。
なかなか面白い本。




はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2020 asyuu. All Rights Reserved.