Tシャツ2020-06-05 21:33

梅雨入りは6月中旬ぽい、それまでは初夏のような晴天が続くようなので、身体活動。

2020年6月3日(水)
昼前にクロモリロードで中山寺まで行って、中山尾根をトレイルランしようと思ったら、周辺に駐輪場所がない。東進して阪急山本駅まで行き、最明寺滝への地道にロードバイクを駐めて、山道に入る。

満願寺への道は広くて走りやすいね。


満願寺に立ち寄って、参拝。



引き返して満願寺西山コースへ。このあたりでは珍しいミニ岩場をよじ登っていく感じ。暑くて汗が噴き出てくる。


ある程度上った場所から、霞んだ甲山方面を望む。

馬酔木の花が咲く尾根を何度かアップダウンするが、時間的に中山寺山頂まではとても到達しないし、ロードバイクを駐めた場所からますます離れてしまうことに、今更気づいた。
山手台のニュータウンに下りる道があったので、住宅街に下りて、歩道を阪急山本駅まで走り下りる。意外と傾斜があり、脚にかえって堪えるね。

ロードバイクの駐輪場所へ、そしてクロモリロードに跨ると、ランとライドの際に使う筋肉が違うんだろうな、脚に心地よい。山本駅南にある和菓子「菅屋山本店」に立ち寄って、わらび餅と田舎饅頭を購入。

ロードバイク 25km
トレイルラン 11.1km

6月4日(木)
昨日のちょこっとトレイランとはいえ、脚が削られたのだろう、とてもランニングする気分にはならないので、ウォーキング。気温30度越えになりそうなので、マスク着用もさすがに息苦しいので、まわりに人がいない場合は、マスクをずらす。

西北ジュンク堂に立ち寄って村上春樹新刊「村上T」を購入。コロナウイルスでともすれば鬱屈した(とくにお側用人と茶坊主に囲まれた現政権をみていると)気分になるので、前向きなTシャツ話もいいなと思う。

まっさきにハワイの古着屋でたまたま見つけて買ったTシャツ(Ⅰドル)が登場。胸に書かれていたのが「TONY TAKITANI」、村上春樹氏はこれにインスパイアされて、あの短編の佳品「トニー滝谷」の物語を抽出し、そしてこの作品は映画化もされた。1ドルなのにそれ以上の価値を紡ぎ出したTシャツというわけですね。

初夏から秋まで、私もほとんどTシャツ(下はハーフパンツか七分丈パンツ)で過ごすことが隠居後は多いな。すぐにジョグできるし。Tシャツは次男のお古がほとんど、とはいえ彼が独身貴族の頃に購入したスポーツ用の高価なものか、あるいは彼の趣味のマラソン大会の参加Tシャツも多いな。

このTシャツは私は完走していないのにメッセージ性が強いので、恐縮する(苦笑



村上氏もメッセージTシャツは苦手だと言っているね、たしかに相手がこちらのTシャツの文言を読んでいると思うととても気恥ずかしい気分になる。

Tシャツというと生駒山トレイルランしたときに、下りてきた町にTシャツの自動販売機があった、1000円ほどだったから買っておけばよかったな。

フラッとあるいてJR甲子園口へ。立ち飲み屋で呑もうかなと思うと、その店は定休日。

武庫川を渡って、阪神センタープール駅近くの立ち飲み屋へ。何度か訪れているが、密集していなくて気軽に呑める雰囲気が気に入っている。

午後2時頃、客は私のみ。店主と話すと「コロナで客足はさっぱりですわ」とのこと。でも休業はせずに頑張っておられる由、ビール大瓶・地酒一杯・カンパチ刺身・らっきょうで1600円なり。

ほろ酔いで帰路につくが、7km近く歩かないとダメやん。

ウォーキング 16.9km


6月5日(金)
再開された宝塚市図書館へ、数ヶ月借りていた本(閉館中は返却も自動的に延長となっていた)を返却。

近くに洒落た喫茶店があるけれど、こぢんまりとした店なので、焙煎豆も販売のみでオープンしている。武庫川近くの大きめの喫茶店で水出しアイス珈琲を注文、4月に入った頃がガラガラだったが、客足もだいぶ回復しているようだ。

ブラッとクロモリロードで走って、公園のベンチで読書。

梅雨前なので湿度は高くなくて、身体を動かすには気持がいい季節。
Tシャツがある程度、様(さま)になって、夏旅に出かけることができる身体を維持するために、ブラッと運動はいいかもしれないな。




はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2020 asyuu. All Rights Reserved.