モリアオガエルの池2020-05-14 21:39

2020年5月12日(火)
厭きることなく午後からジョグ&ウォーキング。

西北方面へジョグ。無性にジャンク風食べ物を欲しくなるときがある。
チェーン店の「いきなりステーキ」に入ったことがないので、昼時を過ぎ、店も空いているので入店。

『ワイルドステーキ』(ライス抜き)とグラス生ビールで1300円弱、午後のおやつにはちょうどいいかな。

西北ジュンク堂で新刊をチェック。


ジェンダー視点からサーフィンというスポーツを鳥瞰し、かつ著者の自分史にもなっているようだ。

スポーツに限らず、組織・文化・教育などで、

「女性を欲望の対象としてカテゴリー化する」実践は男性からの身体を通じた直接的権力行使である。この実践の中身は、①過剰な親切、②セクシャル・ハラスメントという二つが想定できる。(著者の論文より)


ということが問題になるだろう。人間関係は隠居にはもう十分にうっとうしい。

LINEで女友達から「自粛疲れで欲求不満、店のためにも?飲み会をしたいな」との提案があった。女友達らとは過去に4人で、ソウル4回(かな)、台湾2回、イタリア、フランスと海外旅行して、国内旅行もいろいろな処に行っている。

私は基本的には人と交わることがあまり好きじゃないし、依存的に組織言語を使う人を好まない(おっさんは組織言語しか使えないんだよな)。

その点気がおけない女友達らとは月いちくらいで歓談していたので、自粛生活はやはりなにかが欠けたライフスタイルやね。ただしばらくは様子見がいいかもしれない。

ジョグ&ウォーキング 14km

5月13日(水)
昨夜は録画していたNHK・BSの「前園真聖 しこく絶景たび」を観て、今朝は【冬の愛媛・高知編5】を観る。前園氏のバイクはディスクロード、音声スタッフのバイクはeバイク(だから坂の上りに付いていけるのだろう)、最後尾は地元のサイクリストのようだ。

ロードバイクの魅力がよく出ている番組だ。


いつか行くだろうロードバイク・四国旅に備えて、体力維持のために、午後からジョグ&ウォーキング。

コースは西国街道東進ー伊丹坂ー緑ヶ丘公園ー瑞ケ池公園ー昆陽池ー昆陽寺

緑ヶ丘公園の池には蓮の花が咲いている。自然はいいね。


今日のジョグ&ウォーキング 14km
シューズはadidas PureBoost Go、NORTH FACEのTシャツ(次男のお古)、パンツはワークマンの(なんちゃって)クライミングパンツ。
ウレタンマスクでもちょっと暑苦しくなってきたね。

5月14日(木)

梅雨入り前の湿度のない青空。ほんまいい季節やね。

アベノマスク到着前に、1ヶ月ほど前に注文していた高密度フィルター不織布マスク(51枚SET)が到着。それほど高価ではなく、品質もまあまあかな。

それにしてもアベノマスクはいらないね、届いたら妻は尼崎市のマスクポストに投函しようかと言っている。でもあのマスク、給食当番マスクをやはり彷彿させ、不人気だろうな。

午後から(なんちゃって)トレイルランに出かける。
クロモリロードで仁川百合野町地区地すべり資料館まで行き、ロードバイクを置かせてもらう。

SPDペダルだが、距離が短いのと、靴を履き替えるのが煩雑なので、トレイルランシューズでここまで走ってきた。トレイルランシューズはグリップ力があるので、それほどSPDペダルとの違和感はない。まあ、のんびり走っているしね。

甲山森林公園に入り、仁川渓谷沿いをトレイルラン。小さな池にモリアオガエルが二つほど産卵している。ひとつは水際に産卵している、うまく孵化するだろうか。



比良山系でモリアオガエルの卵塊を初めて見たが、ロードバイクで訪れた池も今は確か生息地では無くなっているはずだ。




西宮カントリー倶楽部ゴルフ場に隣接する林道っぽい道や、六甲山系特有のザレ場をゆっくりと通過する。


途中、マナーのしっかりしたMTB乗り5人とすれ違う。距離は短いが、100%乗車で楽しめる新緑の森がここにある、隠れたコースかもしれないな。

ゴルフ場沿いや仁川渓谷沿いには縦横に道が張り巡らされているので、気分で小さなアップダウンを道を楽しむ。

名残のツツジか。

堰堤近くの河原では家族連れがミニキャンプを楽しんでいるようだ、子供の歓声が聞こえる。

道路が見えてきたので、再度、甲山を眺めながらアップダウンを繰り返し、仁川を渡り、甲山周遊路に戻る。

森林公園の展望台から、大阪方面・五月山方面を望む。


クロモリロードの駐輪場所に戻り、仁川・武庫川を経て帰宅。


ロードバイク 12km
トレイルラン 10km

裏山みたいな感じで走れるのがいいね(もちろん低山でもケガするときは当然にするので、慢心は注意)。




はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2020 asyuu. All Rights Reserved.