ものするひと2019-11-11 19:37

11月9日(土)
午前中は長男が所用があるため、長男宅で孫二人の子守。孫1号(4歳)はますます活発になり、当然くちごたえもするので、こちらのパワーもより必要になる。

午後帰宅後、孫守に疲れたので(最近はすぐ疲れる)1時間ほど昼寝。秋晴れなので、武庫川河川敷などをジョギング。7kmほど走る。

11月10日(日)
クロモリロードで散歩。尼崎スポーツの森で和太鼓の催しがあり立ち寄って見学、力強い響きやね。


途中、走っているとロードバイクの前輪がパンクした。長らくチューブ・タイヤ交換していないのでチューブもかなり劣化していたのだろう。ツールボックスにタイヤレバー・替えチューブ・CO2ボンベセットなどを常備しているので、公園でチューブを交換して、CO2ボンベで一気に空気を注入して、再度走り始める。

タイヤも交換時期なので、前輪・後輪ともに交換するのがよいだろう。ただ加齢とともに非力となっているので、タイヤを嵌める最後の際に難儀するだろうね。

ロードバイクを停めて、公園の木陰のベンチで読書。
以前から気になっていたコミックが廉価になっていたのでダウンロード、その本を読み始める。
ものするひと 1 (ビームコミックス) ものするひと 2 (ビームコミックス) ものするひと 3 (ビームコミックス)

若い新進作家の日常とそのまわりの人々を描いているが、悪い人は出てこない。興味をひかれるのは主人公の作家がポメラDM100で執筆をしているところ。
このコミックの作者もDM100を愛用しているようだ。

テキストファイルの静謐さを味わうにはもってこいのツールだ。


放置していたDM100を久しぶりに起動しようとすると電池切れだったので新しい単三電池2本を交換して起動。DM100は起動速度が速く、蓋の開閉で編集ファイルに即アクセスできる、そしてネットには繋がることはできないので、テキストファイルの世界に沈殿することができるのが最大のメリットといえようか。

「ものするひと」三冊を一気に読了。
私たちの多くの人生は無名で、路傍の石として死んでいく。ふと今まで出会った人々の物語を想像してみた。「あなたの物語」は同時に「わたしの物語」かもしれない。
そうするとテキストファイルの世界に物語を落とし込んでいくのも、いいかもしれないなと思っている。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
コメントいただく場合にはスパム防止のため、半角数字「0813」を入力してください。

コメント:

トラックバック


はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2021 asyuu. All Rights Reserved.