昼酒、じょんのび2018-11-22 20:11


午後から梅田に出かけて、新潟地酒処 じょんのびに立ち寄ってみた。
「じょんのび」は、「ゆったり」とか「のんびり」という意味の新潟弁らしい。

HPなどの説明によると

『新潟地酒処 じょんのび』2018年10月9日(火)期間限定オープン


日本一の酒蔵数を誇る国内屈指の酒どころ・新潟。
その新潟の清酒をたっぷり味わえる立ち呑み店が10月9日(火)~11月30日(金)まで期間限定でオープン!

場所 / 大阪市北区小松原町1 梅田地下街4-5号
   ホワイティうめだイーストモール内
   (じょんのびにいがた近く)

阪急梅田駅から地下街に入るけど、場所がよくわからない。ウロウロしていると他の立ち飲みや串カツやなどに目が行ってしまうけど、誘惑に負けずに店舗を探す。

ありました。

8席ほどの小さな立ち飲み。でも回転がいいので、次々と呑み助が立ち寄っていく。

お薦め飲み比べセット(700円)と今日の一杯100円、そしておつまみセット(・栃尾の油揚げ・八海山煎り麦芽・鮭とば 300円)計1100円を支払って飲む。

うまいね。

〆のお酒は「〆張鶴 純」 まろやかで口当たりのよい純米酒やね。
宮尾酒造 〆張鶴 純 純米吟醸 720ml

飲み比べを含めて5杯ほど飲むとすっかりほろ酔い状態になった。立ち飲みなのでダラダラと飲まないのがいいね。

ほろ酔い状態で、電車内で読書。
みんな昔はこどもだった
すんなりと頭に入ってこないや(苦笑

明日はちょっと走らないとね。





はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2019 asyuu. All Rights Reserved.