64歳から始めるRun2017-12-27 16:22

このブログのカテゴリーに新たに「Run」を追加します。

昨日からジョギングを始めた。
44歳から10年間は低山徘徊派とはいえど、山歩きに熱中し
54歳から10年間は貧脚なれど、ロードバイクに乗り続け
64歳から始めるRunです。

先日、ある件で私の数歳上、いわゆる団塊の世代の男性と話したが、この方がかなり負のオーラ満載の人物だった。現役時代はそれなりの地位に就いていて、小金もそれなりにあるんだろうけど、
・終始不機嫌(顔色がすぐれないので、たぶん体調がよくないのだろう)
・こちらの話が理解できないと怒った上で、上司のように説教する
という老害がかなり進んだ人だった。

正直、腹が立つというよりは、こんな老人にはなりたくないなと痛感した次第。
ということで、Runを始めることにした。

私はいままで大きなケガも病気もすることなく64年間過ごしてきたけど、おそらくそうした運や貯金は尽きかけているなと以前から感じていた。自分もくだんの男性と同様になる恐れがあるだろう。

Runを始めるとしても、もともと運動嫌いの私だから、強さや速さを求めることはない。求めたって、小金のある老人がいきなり株式投資して大損するように、身体を壊したりするのが関の山だ。

来年4月から隠居生活に入るので、自分の身体をそれなりに動かせるようにしておきたい。
ロードバイクや電車と組み合わせると楽しみが拡がりそうなんだ。例えば
・ロードバイクで里山まで走って、周辺をトレイルランする。
・電車で行って山辺の道などを走る、あるいは旧い街並みを走る。

そして10ー15kmほどを楽にいつでも走れるようになっておれば、隠居後の活動範囲も拡げることができる。もちろんロードバイクだと最小限の人力で100kmほど楽に走れるけど、もう少し身体の直接性も加味したほうが、老人となっていく私には必要な気がしている。

ということで、形から入るのが大好きなわたくし
まずはこの本を読んで
ランニングする前に読む本 最短で結果を出す科学的トレーニング (ブルーバックス)

そして感傷家なのでこんな本も読んだ。

シューズはサブスリーだった次男(彼は結婚して子どもができて、マラソンはひと休止状態)が残してくれたものが何足かあり、私にフィットするのでそれを履いて武庫川河川敷などを走ってみた。

当然ながら全然走れない、早足に毛が生えた程度のスピードだ。

でも今日は最高気温7度なれど、身体が温まり、人力移動も楽しいなと思う。
老人になって伸びしろはなくなっていくけど、世の中や人を恨んで、あるいは馬鹿にして生きていくよりは「小さな美学」を持って生きていくために、ロードバイクやRunは私にとって欠かせないものになるだろうなと予感している。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
コメントいただく場合にはスパム防止のため、半角数字「0813」を入力してください。

コメント:

トラックバック


はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2018 asyuu. All Rights Reserved.