茨木市狩待峠まで2017-11-05 21:04

秋晴れ、早めの昼食をとって午前11時過ぎにカーボンバイクで発進。

能勢街道ー西国街道を経て茨木市宿川原町へ。
途中、西国街道にて若いパパがロードバイクで、子どもを乗せたチャイルドトレーラーを引いて走っている。子育てと趣味を両立させようという涙ぐましい努力なんでしょうね。


府道110号線を北上する。採石工場がないのでダンプが走っていない、斜度は緩めということで比較的走りやすい道だ。途中、クロスバイクを押し歩いている中年男性がいる。足が攣ったのだろう、右足をかばいながら歩いている。
まぁいろんな経験をしながら、自転車の楽しみを発見していくんだろうな。


110号線から43号線に入り、忍頂寺から見山の郷へ。見山の郷で右折して、「北山自然歩道」を上っていく。斜度が強まり、長谷の集落を過ぎると林道めいた道になる。

すこし荒れた道を登って峠めいた所に到着。スマホを出して「山と高原地図・北摂・京都西山」で現在位置を確認すると狩待峠はもう少し先のようだ。でも下っていくんだけどなぁ?

清阪集落の出合みたいなところが狩待峠と表示されるが、先ほどの無名の峠より標高は低いし、峠の雰囲気がしない(苦笑

お地蔵さんの前で休憩していると、妻からスマホに電話がかかってきた。
次男の奥さんは臨月が近づいているが、破水して入院した、でもまだ子宮口が広がっていないので出産は明日以降になる予定だと。
お地蔵さんの前で知らせを受けたのも何かの縁、お地蔵さんにお祈りする。


転がるような下りが続くが、ここは亀岡市内、走っているとよく目につく「亀岡の自然100選」の標識がここにもある。

山裾の集落の雰囲気が濃厚だ。

46号線に合流し、府道733号線を西進。
バス停で休憩するのが好き

R423に合流して、池田まであとは17kmほどの下りが続く。車と平行して走るので、集中力を高めて下る。

妻から依頼されていたので、義母宅に立ち寄って、預かりものを受け取って午後4時半頃帰宅。

走行距離 80.72km

なかなかおもしろいコースだった。




コメント

_ やの ― 2017-11-06 20:40

狩待峠、すぐ横に新しめの民家があることもあってかあんまり峠という感じがしませんね。確かに清坂方面から上ってくると峠になるんですが。

asyuuさんがおっしゃる通り手前の無名峠のほうがはるかに峠らしいとわたしも思います。

_ asyuu>やのさん ― 2017-11-06 22:55

狩待峠、名前は魅力的なのに、私の中では「ガッカリ度No1」の峠でした(苦笑

茨木市と亀岡市の市境の里山もなかなか侮れませんね。勝尾寺経由だと足が売り切れそうです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
コメントいただく場合にはスパム防止のため、半角数字「0813」を入力してください。

コメント:

トラックバック


はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2017 asyuu. All Rights Reserved.