11年目のロードバイクー風の歌を聴け2017-08-06 14:42

2007年8月4日に、私はクロモリロードに乗るようになった。それまで1年ほどMTBよりのクロスバイクに乗っていたが、走りが重い、長距離乗るにはクロスバイクでは困難ということでロードバイクに方向転換。無名の鉄馬BASSO VIPERに乗り始め、今月で11年目に入った。

その後、カーボンバイク・シクロクロスが加わり計3台自転車を保有しているが、このクロモリロードがいちばん好きかもしれない。頑丈だし、来年度からの隠居生活では、通勤電車や自動車にも乗らないので、日常生活のよき脚となってくれるだろう。

昨夜は長男夫婦・孫が来宅して、我が家で夕食。孫の相手をしながら、皆で歓談。10年前私は54歳という「遅れてきたロードバイク乗り」だったし、長男は大学院生、次男は大学生だった。30年近く親子4人という核家族で生活をしてきて、その後息子たちは社会人となり素晴らしい伴侶も得て、私たちにも孫ができ、家族関係が拡がっている。
私は機能不全な家庭に育ったので、「家族万歳」という価値観を持っているわけではないが、たぶん運がよかったのだろう、家族には恵まれたなと衒いなく思う。

そのあいだ飽きることなくロードバイクに乗ってきた。

長男夫婦らが帰宅してから、午後9時過ぎには就寝、今朝は4時すぎに目が覚めたので、猛暑になるまえにクロモリロードで走ってくることにした。午前5時過ぎに発進、午前9時半帰宅。

お馴染みの道の駅いながわー槻並ー阿古谷周回コースを走る。

日陰だとまだ涼しい。

木陰で休憩していると、何かの木の実だろうか、見事に枯れて創作品のようになっている。

あっというまに日差しが強くなってきた。

宝塚から天神川経由で帰宅。走行距離 72km

シャワーを浴びて、早めの昼食、そして1時間半ほど午睡した。

けっこうな距離(3台で68,000Kmほどか)をこの10年走ってきたけれど、大きな事故にも遭わず、身体を壊すこともなかった。もちろん加齢ともにある程度ロング走ると、グッタリと疲れるようになった。だからこそ大きなケガをしないようこれからも集中力をもってロードバイクに乗る必要があるだろう。

10年前の夏、このクロモリロードで初めてロング走ったときは、美濃坂峠手前で何度も脚を攣ったのも懐かしい思い出だ。

丹波篠山まで酷暑の中、走る(ヘロヘロ編)(2007.8.18)

自分の不注意による機器トラブルを生じさせたり、小さな落車もした。

Viperは死せず(2010.5.31)

リベンジ!八丁林道(2010.6.13)

上り坂、下り坂、そして「まさか」(2015.8.16)


でも大事に至らなかったのは運もあったのだろう。

来年度は隠居生活、旅するバイク、日常生活の移動手段としてロードバイクを相棒に生活していくだろう。

乗り始めた頃のクロモリロード。ハンドルがかなりアップ気味。

今日のクロモリロード。フレーム以外はほとんど交換している(苦笑 このバイクには死ぬまで乗るだろうな。



そしてずっと風の歌を聴いていたいな。




はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2017 asyuu. All Rights Reserved.