「森の京都」とロードバイク2017-04-30 22:04

昨日は長男宅で、こちらにおいでになっている長男の奥さんのご両親を交えて宴会をした。みな酒飲みなので、午後5時からピッチを早めて食べて飲む(苦笑
鳥取から持参いただいた新鮮な刺身(ひらめ・モサエビなど)と鰻の蒲焼きをアテに、日本酒・千代結びを飲みながら歓談。孫も両家のジイジ・バアバに囲まれてご機嫌さん。

〆はシジミの味噌汁、これは宍道湖産だけど、肉厚で美味しかったな。

調子よくクイクイと日本酒をいただいたので、帰宅後午後10時過ぎには就寝。

今日午前7時に起床すると、ベッド横に充電器に乗ったアルテグラDi2のバッテリーがある。バッテリーが残り少なくなっていたのに気づいていたが、昨夜帰宅後にバッテリー充電した記憶がまったくない。自転車の妖精が今日のライドのために、充電してくれたのでしょう、たぶん(笑

濃いめの珈琲を飲んで、身体をすきっとさせてらか午前9時半にカーボンバイクで発進。今日は天候が安定しているし、初夏のような気持ちよい日だ。南風が強く、能勢を北上すると背中を押してくれるのでかなり楽。

ひいらぎ峠を越える。


とくに目的地もないので、南丹園部・亀岡の気持ちよい道を走ることにした。

船阪親水公園でトイレ休憩。


京都府は以下の里山を「森の京都」と名付けている。
もうひとつの京都、行こう。

「京都府中部地域(亀岡市、南丹市、京丹波町、福知山市、綾部市、京都市右京区京北)の「森の京都」には、日本の原風景が残る美山かやぶきの里や芦生の森をはじめとした豊かな自然、鮎や丹波くりや北山杉などの森の恵み、京都市中心部から約1時間と都会からも近く、人と人とのつながりのある豊かな暮らしが残る地域です。」

この地域のほとんどをロードバイクで走っているが、車も少なく信号もあまりなくて快走できる。

神社に立ち寄ったりしながら


JR吉富駅前のコンビニで栄養補給して無名の峠を越える。


田んぼには水が入り、田植えが始まるようだ。


亀岡の旧道を走る。


帰路は案の定、向かい風。ひいらぎ峠を再度越えて

清正公前を左折して農道に入る。名残の八重桜。


新緑が美しい。


水分補給は100円の自動販売機。


知明湖周遊道路を走り、県道12号線経由で午後5時過ぎに帰宅。

走行距離 129.5km

シャワーを浴びて、ふくらはぎをマッサージする。
やっぱズッシリと疲労感がある。加齢からするとこんなもんでしょ。

飲んで走って、この週末はある意味私らしい。



コメント

_ もも吉 ― 2017-05-06 07:30

「森の京都」って呼称は知りませんでした。
仰るように走りやすく、そして楽しいエリアですよね。
記事のコースも良い雰囲気が沢山です。
暫く訪れていないエリアなので少しうずいてしまいましたw
気温も上がった中での130km、お疲れ様でした。

_ asyuu>もも吉さん ― 2017-05-10 19:54

遅レス、すみません。
今日の火野正平「こころ旅」で綾部上林の脇道が紹介されていましたね。
やはり「森の京都」はなかなか奥深いです。
気軽に行けないのが残念ですが、また走りたくなりました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
コメントいただく場合にはスパム防止のため、半角数字「0813」を入力してください。

コメント:

トラックバック


はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2017 asyuu. All Rights Reserved.