花冷えライド(旧はらがたわ峠ー羽束川渓谷)2017-04-12 21:46

サイクルウェアに着替えてSPD-SLシューズを履き、ロードバイクに跨るとシャキッとした気分になる。組織人としての色合いは次第に落ちていき、今までとは違った色彩の人生を残り生きていくだろう。

今日は午前10時過ぎにカーボンバイクで発進。街は桜が満開に近づいているが、里山や峠の桜はどうだろうか。探索のため北上する。

旧県道12号線入り口で通行止めの標識があり、ガードマンが立ち番しているので「自転車もダメですか?」と尋ねると、自転車は通行可能ということでそのまま北上。

エゾヒガンが満開だ。

一部落石している場所があったので通行止めになっているが、エゾヒガン見学のハイキングの人々も多くいるので、自動車以外は大丈夫のようだ。

一庫ダムでトイレ休憩。

知明湖周遊道路を走る。

能勢山辺で気温10度、北風強く向かい風だ。旧はらがたわ峠に向けて次第に斜度がきつくなってくる。旧はらがたわ峠(570m)までの上りで次第に足が削られていく感じだ(汗

旧道っぽくなってきた。

旧はらがたわ峠からダウンヒルして、能勢町立天王小学校の裏手のしだれ桜を楽しみにきたが、まだ開花もしていない。どちらかというと梅や桃の花が咲いていて、このあたりはまだ春は訪れていない。

過去の自分のブログで検索すると4月23日に満開だったので、今年は春が遅いので4月下旬あたりが満開だろうか。再アタックですね(苦笑
新緑の里山と旧はらがたわ峠(2014.4.23)

天王から601号線に入り、羽束川沿いを追い風に乗って気持ちよく下っていく。誰もいない道だ。
篭坊温泉街も春はまだでひっそりとしている。


篠山市後川にて。このあたりで桜が咲き始めている。

羽束川渓谷を下っていく。まだ冬枯れの里山、桜の老木がなんとか花を咲かせている。

三田市小柿に下りてくると、桜もやっと七分咲きといったところか。

前に大船山、右奥に羽束山。

伊丹市立野外センターを抜けて、県道68号線ー宝塚西谷ーそして長尾山トンネルを抜けて、中山五月台の急坂を下って伊丹市へ。335号線を追い風に乗って飛ばす。

午後5時前に帰宅。走行距離 103km

花冷え、そこそこ強い北風で「なんでこんなしんどいことしてるんやろ?」と旧はらがたわ峠手前で思っていたけど、能勢町天王から羽束川沿いの道は追い風・下りで、そして交通量もなく、気持ちよいライドだった。

街中は桜が満開に近いが、里山・峠はまだまだ桜を楽しめそうだ。

そういえばこのルートもいいな。
早春の美山ツーリング・後編(2014.4.13)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
コメントいただく場合にはスパム防止のため、半角数字「0813」を入力してください。

コメント:

トラックバック


はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2017 asyuu. All Rights Reserved.