ひいらぎ峠を越えて2017-03-25 21:26

午前10時過ぎにカーボンバイクで発進。

一庫ダムから府道106号線を北上する。
北上して峠を越えるコースはいろいろあるけれど、このコースが上りもゆるやかで私のような初老の自転車乗りには足に優しいコースだ。

ひさしぶりにひいらぎ峠を越えると、亀岡ののびやかな田園風景が広がる。
お気に入りの農道でサンドイッチ・おにぎりで昼食。

春も近い雰囲気だ。

帰路も同じコースを走るのはつまらないので、府道731に入り加舎の里カントリーの上りを経て半国山と小和田山に挟まれた峠に到着。切り通しの道なので、峠名はないようだ。

国土地理院の地図でチェックすると標高377mの峠だ。ひいらぎ峠は271m、先日走った船坂峠が387m。

北摂・丹波には厳しい峠がないので、しばらくは自走で峠越えをしてのびやかな田園地帯を走れそうだ。

広野ー宿野とダウンヒル。広野で気温9度、まだまだ肌寒い。25Cのタイヤは下りのライン取りが楽で、上りや発進時も23Cと比べて重さを感じない。LAPIERRE SENSIUM 300CPにこの25Cのタイヤは合っているようだ、乗り心地がよくなって巡航速度も安定している。


一庫ダムで休憩。

午後4時半に帰宅。走行距離 98.5km
以前なら遠回りして100km越えにしていたけれど、そんなこだわりはなくなった。楽しく、事故なく走られたら小確幸です。

明日は午後から長男夫婦と孫とお出かけ。甘いジイジ・バアバなので玩具のバスと成長著しいので靴を買ってあげる予定だ。

孫はいろんなことに興味津々


夜は近所の焼肉屋さんで食事。息子たちが保育所の頃からお世話になっているお店で、おばちゃんがひとりで切り盛りしていて、お肉が新鮮で息子たちもお気に入りの店だ。

焼肉会には次男夫婦も大阪から参加の予定。

来年春からの隠居生活に向けて、自分のしたいことをいくつかピックアップしつつある。
そのなかにロードバイク生活は当然あります。




はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2020 asyuu. All Rights Reserved.