湖西の山々2015-08-25 23:18

いま読んでいる西近江路の自然と歴史の本の中で、「湖西高島の峠道を歩く」(草川啓三)の章がある。コンパクトに湖西の峠道が紹介されているのだが、草川さんの著作をいくつか所蔵している。

「芦生の森案内」

「近江の山を歩く」
近江の山を歩く


「近江 湖西の山を歩く」

 近江・湖西の山を歩く

「近江花の山案内」

などなど。

とくに「芦生の森案内」「近江 湖西の山を歩く」の2冊は私のバイブルみたいなもので、美しい写真とともに低山なれど歴史と森の息吹を感じさせる本だ。

いくつかの森・峠道を歩いているし、周辺の道をロードバイクで走っている。だが日帰りだと遠い場所なので、完全引退する3年後には湖西のリゾートマンションを短期間借りて、ロードバイクで巡ってみたいなと夢想している。

私は40代後半頃、中年クライシスを回避するためにはどうしたらよいか考えていた。

いちおう至った結論は9年前のブログ記事で書いている。

泣かない子どもと人生の秋(2006.5.13)

そして私はこの9年間はこのスタイルで生きてきたなと思う、と同時にだからこそ喪ったものも多くあるのだろう。

これにさらに付け加えるとするなら
■子供の頃にしたかったことをキチンとする
ということだろうか。

山歩きやロードバイクはこれに繋がっていくものだ。

60年以上生きて、自分の器は小さく、美しいものではなかったことに当然ながら気づいたが、独りの時間があるからこそ美しきものに出会えたのだろう。

そんなことを考えながら、上記の本を再読している。


コメント

_ komatyan ― 2015-08-28 22:56

 「子供の頃にしたかったことをキチンとする」。私が今ロードバイクに乗っているのは正にこのことなのかもしれないと思ってしまいました。ロードレーサーに憧れた中学高校時代。高価なので買えるわけも無く、ただ『サイクルスポーツ』誌を見て憧れるだけ。フラッシャー付きのセミドロップの自転車の不要な物は全部外し、ハンドルをドロップに替えてサイクリグしていました。
 ロードバイクを購入したきっかけも、古くなった自転車の代わりをどうせ買うなら中高校生時代に憧れたロードレーサーを……と思ったのがきっかけですし。子どもの頃にしたかったことを今しているから、ロードバイクに乗ることが続いているのかもしれません(^^;。

_ asyuu>komatyanさん ― 2015-08-29 22:35

子供の頃にしたかったことができるというのは、ささやかなコトでも贅沢なことなんですよねー。

しない理由、できない理由はいくらでも出てくる
でもロードバイクに乗り続けるのって何だろうと考えると
かなり楽しくなってきませんか?

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
コメントいただく場合にはスパム防止のため、半角数字「0813」を入力してください。

コメント:

トラックバック


はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2020 asyuu. All Rights Reserved.