上り坂、下り坂、そして「まさか」2015-08-16 20:44

「人生には 上り坂 下り坂の他に まさかという坂がある」って言われるけど、これはロードバイク生活にも当てはまる。

「まさか」には落車や事故がらみが含まれるだろう。私は2007年8月からロードバイクに乗り始め、全走行距離58,000km以上走っているが、落車は3度だ。
1度目はビンディングシューズに慣れず信号待ちで立ちごけ、まぁ初心者にはよくあること。
2度目は
亀岡・七谷川林道、愛宕谷林道を走る(2008.10.22)

3度目は
極悪林道ビレッジラインを経て五波峠に上る、そして低速落車(2009.4.19)

といずれも低速落車で怪我もしていない。

私が事故に遭わないためにロードバイクで心がけていることは

・横着しないということ、段差に無頓着に突っ込んだり、路肩に無神経にならないこと。
走りながら水を飲んだり(選手じゃないんだから)、ぞんざいなハンドル操作をしないこと。当然、交通ルールは守ること。

・バイクコントロールできる範囲で走ること、下りで無理なスピードを出したりすると急停車した前の車や路肩の砂に対応できない。そして意識的に自分がまっすぐ走れているかチェックすること(道路の白線を利用してチェック)。

・なるべく車の少ない道を選択すること。車とは競わないこと、対向車や横から出てくる車にはアイコンタクトすること。

・「無事に家に帰ってこそ良き遊び」というのは登山の時から心がけていて、自宅まで数kmの住宅地では信号無視のママチャリ、歩行者が当然にいることを前提に走ること。

もちろん不可抗力の事故もあるので、とにかく慢心せずに集中力をもって走ることをできるだけ心がけている。

昨夜はちょっと眠れなかったので「ロードバイク 落車」でググってブログや動画を見て、復習していた。

ということで今日はカーボンバイクで午前10時過ぎに発進、北上すると朝から出発しただろうロードバイク乗りと多くすれ違う。猛暑も過ぎ、比較的走りやすい。

寄り道しながら道の駅いながわから県道68号線を上って、宝塚上佐曽利まで走り、雨が降る前に引っ返すことにした。

ふと無名の峠を越えてみようと狭い登りの道でトルクを上げて左折すると、
道の真ん中に1m以上の長さの蛇が横たわっている。避けようと反射的に左に寄ると、蛇も驚いて同じ方向に逃げようとする。あっ!轢いちゃったと思った瞬間、後輪がロック。

なんと後輪のギア部分に巻き込まれた蛇がとぐろを巻いている・・・
バイクを持ち上げて後輪を逆回転させるとスルスルと蛇は解けていき、草むらに去っていった。チェーンが外れたようなのでチェックするとパンクしているではないか。

チューブのバルブ部分がブッちぎれている・・・ どうしたらこんなことになるのか。

ギアに蛇の鱗が数枚残っているので取り除いて、チューブ交換。CO2ボンベで空気を注入して後輪をチェック、ホイールの振れ、スポークの損傷はないようだ。

無名の峠はパスして、県道68号線を下り余野街道で休憩していると、アタックザックにクロアゲハが駐まる、夏も終わりなのだろう。

帰宅後、ロードバイクを洗車、とくにギア部分は念入りに(苦笑)
私は蛇年なのでくだんの蛇には申し訳ないことをした、いままで後輪に落ちていた鉄線や枝を巻き込んだことはあるけど、まさにロードバイク生活の「まさか」の1日。

ロードバイク生活も9年目、70歳くらいまでは今のペースで走りたいので、安全走行をするようあらためて思いましたね。

たぶん人生は「9割の注意力と1割の想像力」でそれなりに楽しく生きていける(爆

今日の走行距離 76km

コメント

_ komatyan ― 2015-08-17 00:10

 ご無事で何よりでした! ヘビがギアに巻き付いてなんて状態だと、私には恐くて何もできないかもしれません。それにしてもバルブが飛ぶパンクっていうのも何が起きたんでしょう…。
 「まさか」。そうですね。私は昨年「まさか」に出遭ってしまいましたが、良い「まさか」はイイけど、悪い「まさか」には出遭いたくないものです。本当に「無事是名馬也」だと実感しています。

_ asyuu>komatyanさん ― 2015-08-18 22:56

蛇は苦手ではないですが、好きでもありません(苦笑)
まいったなぁという感じで、ホイールを逆回転するとすんなりと外れてくれたので正直ホッとしました。まあ向こうにとっても「まさか」の出来事だったのでしょうが。
おっしゃるように「無事是名馬也」を続けていきたいですね、貴兄もよきライドを!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
コメントいただく場合にはスパム防止のため、半角数字「0813」を入力してください。

コメント:

トラックバック


はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2017 asyuu. All Rights Reserved.