極上秋晴れツーリング1日目・青垣峠リベンジ編2013-09-22 20:02

極上の秋晴れツーリング記録の1日目です。

9月20日(金)
JR宝塚駅まで自走して駅前で輪行袋にロードバイクを入れる。今回の相棒はクロモリロードのBASSO VIPER。カーボンバイクLAPIERRE SENSIUM 300CPのほうが走りは軽快だけど、丈夫で傷ついてもあまり支障のないクロモリロードを選択しました。
貧脚のボクには100km以上走るにはそれほど極端な差異はないし。

丹波篠山口で福知山行き2両編成のワンマンカーに乗り継いで午前11時にJR石生駅で下車。ロードバイクを組み立てて走り始める。


曼珠沙華の群落が続く中を


加古川沿いに北上。
あまりに気持ちがよくて次々と自分の中の「懐メロ」を歌いながら走ります。
かなり怪しいオジサンです(苦笑)

青垣の旧道沿いにある酒屋さん。この古色蒼然っぷりがいい。

宿泊地の和田山までいろいろなコース取りができるけど、今回は青垣峠を越えることにした。
以前、銀山湖側から青垣峠へと上ったけど峠に着いたときには真っ暗闇で峠の雰囲気がまったくわからなかった。今回はそのリベンジ編です。

行き暮れて、青垣峠(画像編)(2010.11.18走行)

渓流沿いに上っていく。

次第に斜度が強まってくる。

峠に着く頃にはほんまヘロヘロです。リベンジではなく玉砕しました…

峠を越えると生野まで下り基調の道が続く。まさしく「下り坂最高!」

澄んだ水が流れるなか

銀山湖に到着。

生野銀山付近を走る。ちなみに銀山といえばボクは近場の多田銀山が大好きです。
あそこは異界の雰囲気が満ちています。

生野からJR播但線沿いに北上。竹田城跡が見えてきた。遠望すると確かに見事な山城です。

竹田の旧道を走って

JR竹田駅で休憩。

予定より早く和田山に到着したので円山川沿いを走ってから、予約しているビジネスホテルに到着。承諾を得てロードバイクを輪行袋にいれて部屋に入り、入浴してからファミレスでステーキ定食を食べて、することもないので午後8時には就寝。

1日目の走行距離 105Km
では二日目に続きます。


極上秋晴れツーリング2日目・丹後半島アップダウン編2013-09-22 22:35

極上の秋晴れツーリング2日目の記録です。

9月21日(土)
昨夜は午後8時には倒れこむように爆睡。午前3時過ぎには目が覚めてしまった。
しばしボーッとしてから2度寝してしまうと朝寝坊しそうなので珈琲を飲んでから、ロードバイクの発進準備を始める。

地図を眺めながら丹後半島を1周することにした。北摂・丹波・美山とロードバイクで走っているが丹後半島は未走だ。

午前4時半過ぎにホテルを出発。暗いのでR9沿いに東進することにした。
R9は京都ー鳥取間を結ぶ幹線道路であり昼間は交通量が多いので、ロードバイクで走る道じゃない。ただ暗闇のなか山越えをするのはリスクが高いし、明け方は交通量も少ない。

気温14度のなかウインドブレーカーを身につけて国道をひたすら東進。

夜久野の集落を抜けR175に合流する頃、夜明けを迎えた。

R175からR176に入り北上。そこそこ斜度のある道が続く。

ときおり旧道にも入ってみるがそこで「てんやの水」なる名水を発見。
柔らかく飲みやすい水です。

山間部を抜けて与謝峠を思いっきりダウンヒルすると与謝の集落がのびやかに広がっている。

R176から外れて加悦の旧道を北上。府道76号線に入る分岐点に道標がある。
「右峰山街道)に入っていく。

76号線の狭い道を抜けると北近畿タンゴ鉄道の路線に出会う。
見るからに日本人大工が建てた西洋風建築っぽい。

網野を抜けてR178に合流。

やっとこさ日本海に到着。琴引浜という観光地らしい。
見事な秋晴れで風も強くなく、日本海特有の荒れた感じが微塵もない。

連休なのに車も少なく快走路が続く。

屏風岩という名称らしい。

丹後松島

R178をひたすら走って水之江の里浦嶋公園で昼食。
「本庄丼」の地鶏が美味しゅうございました。
ここからはR178を外れ近畿自然歩道沿いに走る。自然歩道といってもアスファルト道で車の往来もほとんど無い。山間部を抜けるのでR178よりアップダウンが激しくなる。

当然、自動販売機などないので途中、山から流れ落ちる水をボトルに入れる。
動物的感?でこれは大丈夫な水でしょう(笑)
暑くなったので頭から水をかぶる。

彼岸花と日本海。

千枚田と日本海。

伊根の集落に到着。

船屋

R178に合流するとやっとアップダウンが緩くなる。

天橋立は自転車通行可なので砂利道を走るが、レンタサイクルに乗った観光客が多くローディのスタイルのボクはかなり浮いていたかもしれません^^;
タイヤをコンチネンタル 4SEASONにしていて正解だったかも。

由良川を渡り、府道55号線を福知山向けて南下。路面は土埃が多く道沿いの家々には台風18号の「越水」の被害が如実だ。何度か走っている55号線が通行可とはいえ、かなり様変わりしている。災害地を写真に撮ることはできないので、走り続けて暮れ落ちてJR福知山駅に到着。

銭湯を探したが見当たらないので(当たり前か)、サイクルジャージからラフなTシャツ等に着替えて駅前で食事して列車に乗車。丹波篠山口まで爆睡。席で態勢を変えようとすると腹筋が痙りそうになった…

丹波快速に乗り換えてJR宝塚駅に到着してロードバイクを組み立て、夜の武庫川沿いを走って帰宅。

走行距離 208km

装備・機材・心構え編は明日でもブログに書いてみます。




はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
Blog(asyuu@forest)内検索

Copyright© 2005-2021 asyuu. All Rights Reserved.